旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ビスタ(SV10/11型) 

130818a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された初代ビスタ(SV10/11型)です。カムリの姉妹車として登場しましたので4ドアセダンはカムリそっくりですが、ビスタには少し遅れて5ドアリフトバックが追加されました。セダンに比べて全高が低く、見ようによっては幾分スポーティさも感じられますね。

 さてこの初代ビスタ、5ドアのモデルは前年のモーターショーで発表されたコンセプトカーが市販されたものですが、当時、実車を見ると言いようのない不自然さを感じていました。カタログ表紙のようにマツケンさんと多岐川裕美さんのような美男美女が傍らに立っていればそれなりにスポーティでヨーロピアン調の華麗なクルマに見えるかもしれませんが、ビスタ5ドア単体で見ると、どうしてもセダンでもワゴンでもない中途半端なクルマ、に見えてしまいました。かつてアローラインコロナの5ドアハッチで感じた不自然さとまったく同じものが私には感じられてしまいました。

 他の方が同様に不自然さを感じたかどうかはわかりませんが、ビスタの5ドアは次の代ではなくなりました。実用性の面からはとても魅力的な5ドアハッチというボディ形態ですが、デザインを上手くまとめるのはなかなか大変なようですね。そういえば2代続いたアテンザの5ドアハッチも3代目からなくなってしまいましたね。アテンザの5ドアは初代も2代目もとても素晴らしいデザインだと思っていましたので、鼓動デザインの5ドアが見られなくて少々残念です。

 ビスタはその後、カムリと姉妹車関係のまま4代目までモデルチェンジを繰り返し、初の独自設計となる5代目を最後に21年間の生涯を終えました。5代目が生産終了になってから10年経ちますが、まだ3代目以降のモデルは普通に街中で見かけますね。ビスタ店という販売チャネルまで開設した車名でしたが、長期的な展望(vista)がちょっと欠けていたのかもしれませんね。街中でビスタを見るたびにそんなことを考えてしまいます。

 ちょっと話は変わりますが、マイクロソフトのウインドウズ・ビスタもトヨタ・ビスタと同じ意味合いで名付けられています。もしも世界戦略車の車名がカムリではなくビスタのほうだったら、おそらくウインドウズ・ビスタとは名付けられなかったでしょうね。さすがにマイクロソフトも米国でベストセラーとなっているトヨタ車と同じ名前を自社の看板商品には付けないでしょうから。

ビスタ・5ドア・2000VX(SV11型)
全長×全幅×全高 : 4415×1690×1370mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1065kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/08/18 18:02 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(9)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。