旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・オースターJX(T11型) 

130729a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年に日産から発売されたオースターJX(T11型)です。オースターとしては2代目となりますが、この代は『日産のFF世界戦略車・第2弾』という位置付けもあり、「JX」(未来へ向かってジャンプ、の意味らしい)というサブネームが付けられています。

 さて、このオースターJX、立派なサブネームを付けてもらった2代目ではありますが、カタログの表紙を見ていただくとお分かりの通り、「JX」が小さな文字になっています。実は1983年に大幅なマイナーチェンジが行われ、それを機に「JX」の表記が小さな文字になりました。そして1985年、3代目への移行時には「JX」は取り除かれます。さらに、その3代目を最後にオースターも消滅します。『日産のFF世界戦略車・第2弾』は意外と短命で終わってしまいましたね。

 オースターJXが海外でどのような評価を受けていたのかはわかりませんが、少なくとも国内ではパッとしませんでしたね。今改めてカタログを見てみると、3ドアハッチのほうなどはもう少し街で見かけてもよかったような気がしないでもありませんが、恥ずかしながらこのカタログを久しぶりに見るまでは存在すら忘れていました。オースターと言えば、初代の印象はかなり残っていますが、2代目、3代目の印象はほとんど残っていません。ずいぶん影の薄い『世界戦略車』ですね。

 綾小路きみまろさんじゃありませんが、「あれから30年」、グローバル経済が進み現在日本の街中で見かけるクルマのほとんどが『世界戦略車』です。世界戦略車でないクルマといえば大トヨタが造る国内専用車と軽自動車ぐらい。今はインターネットが発達していますから、検索エンジンで「nissan usa」、「nissan uk」、「nissan de」等と入力すれば気軽に海外で日本車メーカーがどのような展開をしているのか知ることができます。各国向けのカッコいいクルマがあるのかと期待したくもなりますが、意外と普段見ているクルマばかりなんですよね。

 グローバル経済がここまで進んできたのなら、右側通行か左側通行か、また各々の道路標識なども世界共通にしてしまったほうが便利かもしれませんね。昔、東京からある地方へ転勤になった時、どんな地域なんだろうとワクワクしていましたが、国道沿いの風景は東京近辺や生まれ育った愛知とまったく同じ。全国チェーンのお店の看板が見慣れた順序で並んでいました。今後はそれと同じことが世界中でどんどん進んでいくんでしょうね。それが良いことなのかどうかは「これから30年」経った頃にはわかるかもしれませんね。

オースターJX・ハッチバック・1800GT-EX(T11型)
全長×全幅×全高 : 4240×1665×1365mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4OHC 1809cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/07/29 18:19 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)

次期アクセラって素晴らしくカッコいい。 



 先日北米で発表された新型のMazda3(アクセラ)って素晴らしくカッコいいですね。CX-5、アテンザと続くSKYACTIV&鼓動デザインの流れを踏襲した新世代マツダ車の第三弾とのことですが、今まで自動車雑誌などで紹介されていた予想CGのどれよりも正式発表されたものがカッコいいと思います。

 大きくなったアテンザの例に漏れず、アクセラも全幅が1800mm近くになり、ホイールベースは2700mmもあるということなので、もはや全然コンパクトとは思えませんが、このクラスの「コンパクト」カーは海外メーカーも含めてそれぐらいのサイズが主流になっていくんでしょうね。

 現状、国産のこの手のクルマはインプレッサが頭一つ先を行っているように感じますが、この秋にも発売されるという新型アクセラ、ディーゼルやハイブリット等、話題満載ですのでとても楽しみですね。プレゼン動画を見ているとなぜかフェイスブックを起動している画面が映っていますが、マツダが新型アクセラに初めて搭載するというカーコネクティビティシステムなるものがどんなものなのかも興味深いですね。

 リーマンショック後、現行型アクセラが発売されたときには運悪く現行型プリウスと現行型インサイトが思い切った価格戦略でハイブリット戦争を始めた時期と重なってしまい、アイドリングストップだけのアクセラは出鼻をくじかれた形になってしまいましたが、今度は今CX-5やアテンザで絶好調のディーゼルやマツダ初のハイブリットをこの素晴らしい鼓動デザインに組み込んで世に出します。

 かつて「赤いファミリア」で一世を風靡したマツダ、マツダファンの私でも個人的にはマツダ車が月販1位になることなどもう二度とないと思っていましたが、新型アクセラはもしかしたら「赤いアクセラ」としてかつての「赤いファミリア」ブームを再現するかもしれませんね。それにしても私の初代アクセラはまだ走行距離が3万キロ未満、未だに自分では新車の気持ちでいますが、もう次の次の代が出るんですね。時間が経つのは早いものですね。





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/07/03 15:10 ] その他 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。