旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ボンゴフレンディ(SGL型) 

bongo_01.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_02.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_03.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_04.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1995年にマツダから発売されたボンゴフレンディ(SGL型)です。オートキャンプをされる方の間ではかなり人気の高い車種で、後継のクルマがないために現在も大切に乗られている方がたくさんおられるようですね。

 さて、このボンゴフレンディ、やはり最大のセールスポイントは電動で持ち上がるオートフリートップ(AFT)の存在です。AFTを持ち上げれば大人二人が十分に寝られる「二階」ができてしまうという、まるで『ビフォーアフター』で匠がリフォームしたようなクルマですね。AFTが持ち上がった状態のフレンディを見ると、「わずか20秒足らずでキャビンの上にもうひとつの居住スペースが出現します」と言っているサザエさんの声が脳裏に浮かんできてしまいます。

 実際に使い勝手も良かったようで、このAFTの魅力にはまってしまった方はなかなか他のクルマに乗り換えられないと聞いたことがあります。とはいえ、現行のマツダ・ミニバンにはAFTが設定できそうなキャブオーバー型は存在しないので、後継車種の誕生は可能性が低そうですね。個人的には素晴らしい機能だと思いますから、一代限りで消滅してしまったことはとても残念です。

 東日本大震災に限らず、大災害が発生したときにはクルマの中での避難生活を余儀なくされるケースが多々あるようです。そんな時、いつも決まって話題になるのが「エコノミークラス症候群」と呼ばれている疾患。不自然な姿勢で長時間過ごすため、静脈の中に血栓ができてしまうそうですね。ボンゴフレンディのAFTなら完全にフラットなスペースを確保できるのでその心配も少なくなるかもしれません。

 震災後、このような機能が見直されて各社からまた出てくるのかと思っていましたが、なかなかそんな気配はないようですね。それどころか、今はミニバン自体が徐々に落ち目になっているようです。今こそこのカタログの最後のページにあるようなキャンパー仕様で、ルーフにはソーラーパネルを装備してサブバッテリーを充電できるようなクルマがあったらかなり人気(というより、公共施設からの需要)が出そうな気がしますけどね。

 フレンディからはちょっと話が飛びますが、先日ホンダから100ccぐらいの小型バイクが多数同時に発売されました。私は二輪免許がないので乗れませんが、震災後の今、防災を考える上でとても良い話題だと思います。あの手の小型バイクが普及してくれれば、災害時の足としてとても重宝すると思います。震災から時間が経つにつれ、未だまったく復興していないにも関わらず震災や防災の話題が少なくなってきているような気がします。クルマのあり方も、交通インフラのあり方も、目先のことに惑わされずにしっかりと考えていきたいものですね。

ボンゴフレンディ・RF-V(SGL3型)
全長×全幅×全高 : 4585×1690×2090mm
ホイールベース : 2920mm
車両重量 : 1770kg
エンジン : 直4OHCディーゼルターボ 2499cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/06/26 18:42 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(10)

旧車・マツダ・ファミリア(BF型) 

130621a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売された6代目ファミリア(BF型)です。先代が「赤いファミリア」として大ヒットしたモデルでしたので、あまり大きな冒険をせず、デザイン上は先代のイメージを踏襲した無難な新型となっていますね。

 さて、この6代目ファミリア、無難なモデルチェンジではありましたが、何か目立つことをしないと気が済まないマツダの気質なのか、この代ではファミリア史上で唯一のカブリオレが設定されていました。ごく普通のファミリーカーにオープンモデルを設定するという、なかなかマツダらしい思い切った行動でしたね。

 とはいえ私自身、当時ずいぶん話題になった記憶はありますが、ファミリア・カブリオレの実車を見た記憶がありません。先代の「赤いファミリア」同様、この代は「オープンなファミリア」として大ヒット、とはならなかったようですね。まあ実際、カタログ写真で見る限り、オープンにしてもロールバーのようなBピラーが残っていてあまりカッコよくありませんね。それに私の記憶では、価格もずいぶん高かったような気がします。

 このファミリア・カブリオレは大ヒットとはなりませんでしたが、おそらくこの経験は後に発売されるロードスターに大きく生かされたことと思います。1989年に登場したロードスターが小型のオープンスポーツカーとして世界中に影響を与えるほどのヒット作となりましたので、ロードスター登場後はファミリアにカブリオレが設定されることはなくなってしまいましたね。

 ファミリアの後継であるアクセラももうじき早くも3代目になるようですね。今度はハイブリットモデルも設定されるとの噂ですが、ここらで4人乗車できるオープンカーとして久しぶりにアクセラ・カブリオレも見てみたいものですね。同クラスのVW・ゴルフに設定されているゴルフ・カブリオレ、結構カッコいいですからね。

----- 以下、雑談 -----

ファミリアと言えば、意味は「家族」。今日、『内閣府の推計で、家事、育児などの家庭内活動を貨幣価値に換算すると年間で約138兆5000億円となり、これは名目GDPの約3割に相当する。現在、家庭で担っている活動を外部化すれば、大きな経済効果を生む余地がある』とのニュースを見ました。

極端な話、同じ家族構成のA家とB家があり、どちらも専業主婦とする。A夫人がB家の家事を月30万円で請け負い、B夫人がA家の家事を月30万円で請け負えば、A夫人、B夫人ともに以前と同じ家事労働をしているにも関わらず、GDPは月60万円増加する、という考え方ですね。

ベビーシッターや家政婦を雇うのが当たり前、という国もありますから、GDPを上げるという経済効果のためにそのような「家族のあり方」を推奨していくんでしょうかね?

なんでもかんでも貨幣価値に換算・・・なんだか嫌な世の中になってきましたね。貨幣価値に換算できないけど大切なものってたくさんあると思うんですよね。

----- 雑談終わり -----

ファミリア・カブリオレ(BFMS型)
全長×全幅×全高 : 3990×1645×1380mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 1090kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/21 17:56 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(13)

旧車・日産・NXクーペ(B13型) 

130612_01.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_02.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_03.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_04.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_05.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売されたNXクーペ(B13型)です。CGを多用したとてもインパクトのあるテレビCMが流されていましたが、日本での販売状況は極めて悪かったようですね。きっと日産社内には、「タイムマシンかもしれない」NXクーペに乗ってもう一度開発前の時間に戻りたいと考えた方もおられたかもしれませんね。個人的には、先代であるサニーRZ-1がとても好きでしたので、このNXクーペのスタイルには非常に幻滅しました。

 さて、このNXクーペ、CMも斬新でしたがカタログも斬新です。普通のカタログは表紙から始まって裏表紙で終わるのですが、このカタログはどちらも表紙で、真ん中に仕様表が来ています。さらにご丁寧に双方の表紙から始まる頁は上下逆になっており、黄色の表紙から頁をめくると途中で「赤い表紙へワープ!」、赤い表紙から頁をめくると途中で「黄色い表紙へワープ!」という、カタログ上でも「タイムマシンによるワープ」を演出しています。この記事ではあえて黄色の表紙からワープせずに順番に頁を並べましたので、途中から上下逆になっていて見づらいかもしれませんが、ご了承を。

 はっきり言ってカタログでのこの演出は迷惑千万で、カタログを見る購入検討者のことをまったく考えていない、メーカーのエゴだったと思います。NXクーペの販売が芳しくなかった原因はそのスタイルだけでなく、当時のそんな日産の姿勢にもあったのかもしれませんね。

 ところで、このNXクーペが実際にタイムマシンだったのかどうかはわかりませんし、タイムマシンなるものが実在するのかどうかも私にはわかりません。しかしながら自分の脳内で、自分が生きてきた過去の時間内に限って、タイムマシンによる時空間移動を想像することは可能ですね。

 例えばNXクーペが発売された1990年に今私が乗っているアクセラが発売されていたらどんなふうに見えたのだろう?とか、90年と言えばハイパワー競争が絶頂の頃でしたから、あの年にミラ・イースが発売されていたらどんな反響があったのだろう?とか・・・。

 複雑怪奇で激動の時代が続いていますが、たまに脳内で過去にタイムスリップして、過去の視点で現在を見てみるのも新鮮でいいかもしれませんね。振り返って考えてみると、昔からずっとその時々にいつも「現在は激動の時代」と言われていたような気がします。「現在は静かで安定した時代」と言われていた時期を、少なくとも私が生きてきた時代の中では思い出せないんですよね。きっと時代はいつも激動していますが、その激動が自分に有利か不利かで捉え方が異なるんでしょうね。

NXクーペ・Type S(HB13型)
全長×全幅×全高 : 4140×1680×1310mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/12 17:06 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。