旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・ビガー(AD型) 

vigor_01.jpg
(画像クリックで拡大)

vigor_02.jpg
(画像クリックで拡大)

vigor_03.jpg
(画像クリックで拡大)

vigor_04.jpg
(画像クリックで拡大)

vigor_05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年にホンダから発売された初代ビガーです。「vigor」等といかにも活気に満ちた車名が付けられていますが、基本的にはベルノ店向けの2代目アコードで、セダン、ハッチバックともにヘッドライトが少々異なるのみの姉妹車です。せっかく精力的な名前を付けたのですからもう少しアコードとの差別化が欲しかったですね。

 さて、この初代ビガー、クルマとしてはアコードそのものですが、やっぱり車名が素晴らしいですね。カタログに「どこまで磨き上げるか。怠惰でいてはこの活力は生まれない。」とのフレーズがありますが、この文章を読んでちょっと笑った方はあるものの存在を知っておられる方ですね。

 私は幸いなことのその「あるもの」を使用せずに済んだのですが、一昔前までは内容の信憑性に疑問符の付くような類の週刊誌には決まってその「あるもの」の通販広告が出ていましたね。「どこまで磨き上げるか。怠惰でいてはこの活力は生まれない。」繰り返しこのフレーズを引用してしまいましたが、もうその「あるもの」はお分かりですね。思い浮かばない方は、検索エンジンに「ビガー」と入力すれば候補ワードの最初に出てきますのでご確認を。

 車名ネタでちょっと脱線しすぎましたが、アコードとビガー、ヘッドライトが異なるだけですが、個人的にはこの代はビガーのほうが好きでした。80年前後というのは角型4灯のヘッドライトがひとつの潮流のような時期でしたので、他社のクルマでもマイナーチェンジを機に角型4灯に変更というパターンが多かったですね。またレパードとレパードTR-X、パルサーとリベルタ・ビラ等、アコードとビガー同様、ヘッドライトの違いだけで姉妹車展開されていたクルマも結構ありましたね。

 こういう展開が可能となったのも、すべて1979年に小糸製作所で異形ヘッドランプの生産が開始されたからだと思います。部品メーカーの新技術によってクルマの潮流も大きく変わるものですね。今後は徐々にLED化していくと思いますが、クルマにどんな表情を持たせられるようになるんでしょうね。ちなみに世界初のLEDヘッドランプを製造販売したのもやっぱり小糸製作所。不安定な経済状況が続いていますが、地に足を付けて技術を追求していってほしいものですね。

----- 以下、雑談 -----

 先日記事を書いたときに、雑談で株価の上がり方が気持ち悪いぐらいだと書いたら、その直後から暴落してしまいました。アベノミクス賛成派は「一時的な調整だ」と言っていますし、反対派は「それ見たことか!」と騒いでいます。
 経済の専門家と言われている方々は、気象予報士と違って起きてしまったことにもっともらしいストーリーを付けることは得意ですが、これから起きることを予想することは極めて不得手です。
 経済状況を予想することはとても困難なことですが、ごく稀にかなり正確に予想できる方もおられるようです。しかしながらそのような方は決してテレビや新聞で自説を明らかにはしません。もちろん著書も出しません。そして損もしません。
 最近なんとなく、そのような方は予想をしているのではなく、その方が望む方向へ動かしているのではないかと思うようになってきました。経済って怖いですね。

130530a01.jpg

 昨年の今頃、ジャガイモの花の写真を載せましたが、今年も順調に育っています。すくすくと育つ畑の野菜たちを見ていると、経済一辺倒の社会でいいのかなぁ~と、とても疑問に思ってしまいます。

----- 雑談、終わり -----

ビガー・サルーン・VXR(AD型)
全長×全幅×全高 : 4455×1665×1375mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 975kg
エンジン : 直4OHC 1829cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/05/30 17:51 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(15)

旧車・ダイハツ・アプローズ(A101/111S型) 

130521a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130521a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130521a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130521a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130521a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130521a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にダイハツから発売されたアプローズ(A101/111S型)です。1989年といえば各社から華やかな新型車が多数発売されたクルマにおける当たり年でしたが、ダイハツも、その地味なスタイルとは裏腹にこのアプローズで華やかにマスコミに取り上げられました。

 さて、このアプローズ、ダイハツとしては久しぶりの独自開発小型車で、当時のバブリーな雰囲気に流されずに極めて質実剛健な設計がされていました。「Back to the basic --- 基本へ立ちもどろう、という潮流。いま時代は確実に、ベーシックなものを大切にする方向へ進んでいます。・・・」カタログに書かれている通り、個人的にもリアのスーパーリッド等、地味ながらもキラリと光る部分に興味を持っていました。

 ところがダイハツのアプローズに対する熱意が高すぎたためか、テレビCMで『喝采・アプローズ』と叫びすぎたためかはわかりませんが、このクルマ、発売直後からリコールがちょこちょこ出されていました。中でも燃料タンクの不具合が原因で発火事故が起きてしまったのはちょっと不運でしたね。『喝采・アプローズ』が『火災・アプローズ』になってしまいました。様々な不具合の中でも発火事故というのは極めて顧客に対する印象が悪く、その後どんなに対策を施そうともそのイメージはなかなか払拭されません。

 いずれにせよ、不具合が華やかにマスコミに取り上げられてしまうと、どうしても我々にそのクルマに対する先入観ができてしまい、本来そのクルマが持っている良さが見えなくなってしまう点は否定できないですね。

 歴史は繰り返すと言いますが、三菱の窮地を救うべく鳴り物入りで登場したアウトランダーPHEVの発売直後に同社EV用電池が工場で発火事故。ダイハツ・アプローズと同じ運命を辿るのかどうか、興味深いですね。それにしてもアプローズの場合はガソリンが燃えるという分かり易い発火事故ですが、ボーイング787から始まった最近の発火事故はすべて電池がらみで、いずれもはっきりとした原因特定には至っていないようです。EVやHV車等、電池を多用するクルマがどんどん増えてきていますので、これからは今までとは異なる発火事故が起きてくるかもしれませんね。

----- 以下、雑談 -----

 このところの急激な株価上昇は気持ち悪いぐらいですね。私もほんの少々株式を持っていますが、1ヶ月の上昇分のほうが1年間の農業所得より多いぐらいです。もっとも私の場合、数十年ずっと持ったままなので、ある時期は数日で1年間の農業所得より多いぐらい目減りもしましたが・・・。
 今の上昇はもちろんアベノミクスとかいうもののおかげですが、これって不思議ですね。私は何もしていないのにお金持ちになったり貧乏人になったり。
 強い経済って、こういうことなんですかね?連日ニュースで報道されている『最高値更新』という言葉を聞く度に疑問を感じてしまいます。「強い農業」、「農家の担い手育成」、農家の私には気持ちの良い言葉がよく聞かれるようになってきましたが、おそらく無理でしょうね。パソコンの前で株式の売買をしたほうがずっと楽にたくさん稼ぐことができますから。

----- 雑談、終わり -----

アプローズ・16Ri(A101S型)
全長×全幅×全高 : 4310×1660×1375mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 990kg
エンジン : 直4OHC 1589cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/05/21 10:37 ] 1980年代ダイハツ | TB(0) | CM(4)

旧車・マツダ・ペルソナ(MA8P/MAEP型) 

130507a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年にマツダから発売されたペルソナ(MA8P/MAEP型)です。カリーナEDのヒットに触発されて出されたカペラベースの4ドアハードトップ車ですが、後発だけあってそのインテリアにはかなり力が入っていましたね。

 さて、このペルソナ、カタログによると『初めに、美女ありき。』ということで開発されているようで、助手席に乗った女性が美しく足を組めるようにグローブボックスを廃したり、女性がタバコの煙を嫌がらないように灰皿を廃したりと、かなり女性を意識したクルマになっています。きっと当時流行っていたジュリアナのボディコン女達がこのペルソナの助手席で太もも丸出しにして足を組んでいたんでしょうね。そこまで考えるのならさらにもう少し気を利かせて助手席の座面の前方に角度調節できる小さなミラーを付けてくれると運転席の殿方もいろんな意味で楽しめますね。もっともそんなクルマには女性は乗ってくれないでしょうけど。

 ところでこのペルソナのカタログ、バーグマンのごとく・・・。の頁にとても良いことが書かれています。ちょっと長いですが引用します。

 「クルマの進歩をスペックの数値でしか語れないとしたら、それはクルマ自体にとっても、またクルマを愛する私達にとっても、不幸なことだと言わなければならないでしょう。数値は進歩を裏づけるものであって、決して目的であってはならない筈です。肌で感じ、眼で、そして心で計れる驚きや喜びや悲しみ。それらがあっての進歩。数値を絶対的なものとし、崇拝するようなクルマ造りでなく、心で受け止められるクルマ造り。言わば、私達の感情や生理にとって、意義の高いクルマを造ってみたい。という志が、この《ペルソナ》開発の根底に流れていました。・・・」

 この文章で言われている「数値」は当時の時代背景としてエンジンのパワーを指していると思われますが、現在重視されている燃費性能に置き換えてもとても納得できる文章ですね。このペルソナのカタログには『すべての技術と性能は、官能的表現のために。』と書かれていますが、現在のクルマも、カタログの冒頭から『官能的表現』がずっと紹介され、最後の仕様表にさり気なく「JC08モード燃費:50km/L」と書かれるようになってほしいものですね。

ペルソナ・タイプA(MAEP型)
全長×全幅×全高 : 4550×1695×1335mm
ホイールベース : 2575mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/05/07 15:30 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。