旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・プレリュード(BA8/9/BB4/1型) 

130427a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 このところちょっと面白くないことがありましたが、それでもしつこく、細々とマイペースで更新をしていこうと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 1992年にホンダから発売された4代目プレリュード(BA8/9/BB4/1型)です。スペシャリティカーとしてのプレリュードの絶頂期は2代目、3代目あたりまででしたので、この4代目はどちらかというと斜陽期のプレリュードでしたね。スポーティクーペとしてはかなりすばらしいクルマだったと思いますが、当時の時代背景、及び顧客がプレリュードに求めていたものとのズレが影響して、先代までほどのインパクトはありませんでしたね。

 さて、この4代目プレリュード、当時、個人的にはプレリュードというより、ホンダ版のフェアレディZ(Z32型)のような印象を持っていました。あの時代に発表されたクルマの多くはバブル期に設計され、発売がバブル崩壊後というパターンが多かったので、株価の目減りによる財布の紐の締め付け(逆資産効果)にも関わらずメーカーは高級品を発表するという、ちょっとお寒い状況が続いていましたね。

 今振り返って考えてみると、クーペ不振が理由でその後、各社のラインナップからクーペが消滅していったのではなく、たまたま趣味性の高いクーペにはその設計にバブルの反映度合いが高く、崩壊後にはその「バブルの着膨れ感」が余計に感じられていたからではないかと思うようになりました。

 この4代目プレリュードを見て日産のZ32が連想されてしまっていたのは、全体の雰囲気が似ているという点ももちろんありますが、自分の中ではZ32はバブリースポーツカーの代表格だったからなんですね。もっともさらにバブリーなNSXというスーパーカーもありましたが、あまりNSXを見る機会がなかったので連想もされませんでした。

 最近連日新聞やニュースを賑わしている「アベノミクス」、今のところ好調に推移しているようで、正月に100万円分の株式を持っていた方は何もせずとも今140万円分ぐらいになっているようですね。百貨店の売り上げも好調のようで、何でも高額品が売れているとのこと。何にもしなくても40万円増えたからヴィトンのバッグでも買おうか、という方が増えているんでしょうね。これがまさしく「資産効果」と呼ばれるもの。資産効果にしても逆資産効果にしても、その株式の所有者は何もしていないんですよね。それでも財布の紐を締め付けたり緩めたり。

 どうも私には自分が何もしていなくても自分の資産が増えたり減ったりするという感覚に付いていけません。根っから百姓の私は地道に苗を植えて「アベノミクス」とは関係なく野菜を収穫しようと思っています。

プレリュード・Si VTEC(BB4型)
全長×全幅×全高 : 4440×1765×1290mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 2156cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/04/27 14:26 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(8)

旧車・マツダ・オートザム・レビュー(DB3PA/DB5PA型) 

130419a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130419a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130419a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130419a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130419a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130419a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にマツダから発売されたオートザム・レビュー(DB3PA/DB5PA型)です。『なかったと思う、こんなクルマ。』のキャッチフレーズの通り、まん丸で背高、そして極端に短いトランクを備えた『ハイコンパクト2.5BOX』というスタイルのちょっと変わったクルマでしたね。

 さて、このオートザム・レビュー、実車を初めて見たときには私自身も「なかったと思う、こんな(カッコ悪い)クルマ」と思いました。しかし癖のあるチーズを初めて食べたときには思わず吐き出したくなるほど不味く感じても、なぜかもう一度そのチーズを食べたくなってしまう時と同様、このレビューのスタイルも度々見かけるうちに、「これって、もしかしたらマツダ車の中でも隠れた名車ではないか?」と思うようになっていきました。

 このクルマが出た当時は確かにレビューのスタイルに違和感を感じていましたが、このスタイル、ハイトコンパクトが全盛の今見ると、とても「普通」に見えますね。マツダ車にはよくあるパターンなのですが、このレビューも時代を先取りしすぎて失敗した一台なのかもしれませんね。

 そういえば現行型デミオはハイトコンパクト全盛の現在において、車内スペースを犠牲にしてまでもスタイル重視路線に変更したコンパクトカーです。そして現在、もっとも売れているコンパクトカーは決して「ハイト」コンパクトではないアクアです。もちろんこれはハイブリットという付加価値の影響が大きいことは事実ですが、アクアをハイトコンパクトにしなかったのはやはりトヨタとしても考えるところがあったんでしょうね。

 時代を先取りしてパッとしないマツダ、他社の動向を慎重に分析して確実に勝利するトヨタ、うーん、やっぱりトヨタはすごい。新しい一歩を踏み出してもパッとしないことが多かったマツダですが、今は珍しくCX-5、アテンザのディーゼルが気を吐いています。この人気がさらに続いていくのか、もしくは一発屋で終わってハイブリットに飲み込まれていくのか、マツダファンとしてじっくり見守っていきたいと思います。

マツダ・オートザム・レビュー1.5・K1(DB5PA型)
全長×全幅×全高 : 3800×1655×1470mm
ホイールベース : 2390mm
車両重量 : 850kg
エンジン : 直4OHC 1498cc 88PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/04/19 14:00 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(14)

旧車・ダイハツ・ミラ(L70V型) 

130403a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にダイハツから発売された2代目ミラ(L70V型)です。スズキ・アルトとともに軽ボンバン人気を大いに盛り上げた軽自動車の代表的な車種でしたね。ハイトワゴンタイプの軽が主流を占める現在においてもミラやミラ・イース、ミラ・ココア等、その存在感は相変わらずですね。

 さて、この2代目ミラ、当時これに乗っていた会社の同僚から引越しを手伝ってほしいと頼まれたので彼のアパートを訪ねたら、なんと引越しをこのミラで行うと言われて驚いたことがあります。彼によると一度では荷物を運べないから二往復する予定だとのこと。

 千葉から横浜まで、後ろがまったく見えない荷物満載状態での首都高ドライブは助手席に乗っていても生きた心地がしませんでした。とはいえこのミラ、1.3BOXと呼ばれる小さなエンジンルームと直立したリアハッチスタイルのおかげで小さなクルマにも関わらず室内はかなり広く、その積載能力はなかなかのものでした。

 当時の大きなデスクトップパソコンやブラウン管モニタから本棚、布団に至るまで、何でもかんでも詰め込んで千葉・横浜間を二往復、ベッドなどの大型家具さえなければ軽のボンバンも結構使えるなと感心したものです。

 今流行のハイトワゴンタイプはきっとさらに積載能力が高いと思いますので、人気が出るのも納得ですね。おまけに現在の軽は一回り大きくなったうえに装備も充実、そのぶん価格も充実している点は痛し痒しといったところですが、維持費の面からも、軽人気はしばらく続きそうですね。

 『ガラ軽』と言われている日本の軽自動車ですが、その技術を生かして各社新興国市場へ安価な小型車を投入しているようです。1台のカブに4人乗ることが当たり前の国においては、日本の軽なら10人は乗れると思います。日本の優れた軽自動車用プラットフォームをベースとしてそれぞれの国向けの『ガラ軽』を展開するのも面白いかもしれませんね。

ミラ・3ドア・Type-C(L70V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1415mm
ホイールベース : 2250mm
車両重量 : 560kg
エンジン : 直3OHC 547cc 34PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/04/03 16:52 ] 1980年代ダイハツ | TB(0) | CM(11)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。