旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・プリウス(NHW10型) 

130326a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1997年にトヨタから発売された初代プリウス(NHW10型)です。皆様ご存知の通り、世界初の量産ハイブリット車で、構造もスタイルもインテリアも全てが当時の常識とは一線を画した「未来のクルマ」として、「21世紀に間にあいました」。当時、有名なハリウッドスターが自身の環境意識をアピールするためにプリウスを購入していたということでも話題になりましたね。

 さて、この初代プリウス、ハリウッドスターではありませんが私の身近でも、うちに出入りしているがめつい坊主が法事の折、これに乗って現れました。高尚な説教と自身の行動がまったく合致していないことで有名な坊主ですが、自身の似非環境意識をアピールするために檀家から巻き上げた金で決して安くはないプリウスを購入したんでしょうね。その坊主、先代は本当に人格者でカブに乗って檀家を回られていたのですが、どら息子に代わってからは寄付の話ばかり。ムカつくから今ではできるだけ早く説教を切り上げさせるように仕向けています。

 それにしても、初代プリウスが登場したときには、10数年後に街がプリウスだらけになっているなんて想像もできませんでしたね。正確に言うと、3代目登場時にトヨタの思い切った価格戦略とエコカー補助金が相俟って爆発的に普及したのですが、現状のプリウスだらけの道路を見ていると、あれはエコカー補助金ではなく「プリウス補助金」だったのではないかと思ってしまうほどですね。

 初代プリウスは年間販売台数が1万から2万台程度、現在は月に2~3万台程度、まったく世の中わからないものですね。少なくとも日本においてはクルマ=プリウスのような図式になってしまっています。良いか悪いかは別として、「エコカーとは何か?」という問いに対する多くの方々の解は、ハイブリットのプリウスだったんですね。もっとも、確かに今のプリウスは良く出来ていますからね。

 初代プリウスが誕生してから15年が過ぎ、今や珍しくもなんともないハイブリット車はその選択肢をどんどん増やしています。やがてさらに進んだプラグインハイブリット車もごく普通の存在となり、新たなエコカーも登場してくるんでしょうね。「22世紀に間にあいました」というキャッチフレーズで登場するのはどんなクルマなんでしょうね。私が見ることはまず無理ですが、もしその頃にまだ4つのタイヤで走る乗り物が存在しているのなら、一度あの世から戻って見てみたいものですね。

----- 以下、余談 -----

130326.jpg

 この写真、私の愛車です。この一年、地域の組合の役員をやっていたこともあり、かなりこの自転車で走り回りました。数年前の購入時は片側スタンドで荷台無しだったのですが、今年は荷物を運ぶ機会も多かったので両立スタンドと荷台を取り付けました。「エコカーとは何か?」への個人的な解は、「今あるクルマを末永く大切に使い、自転車で済ませられる用件にはクルマを使わない」ということに落ち着きました。
 一年間、雑用に振り回されましたが先日引継ぎも終わり、やっと開放されました。いろいろと大変でしたが、近場の足としての自転車の有用性を再認識することができたので個人的にはとても良かったと思います。
 「エコカーとは何か?」の解は人それぞれ異なると思いますので、一度自分自身のライフスタイルを振り返り、自分なりの解を考えてみるのも良いかもしれませんね。

----- 余談終わり -----

プリウス(NHW10型)
全長×全幅×全高 : 4275×1695×1490mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 58PS
モーター : 交流同期電動機 30.0kW

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/03/26 14:36 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(7)

旧車・ホンダ・アコード・サルーン(SJ/SM型) 

130317a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にホンダから発売された初代アコード・サルーン(SJ/SM型)です。初代アコードは3ドアハッチバックが1976年に発売され、翌77年に3BOXセダンのアコード・サルーンが追加されました。シビックよりも大きな車格を持つアコードでしたが、シビックにあった5ドアハッチは結局出されなかったんですね。

 さて、この初代アコード・サルーン、当時、3ドアハッチのアコードは上品で大きなシビックだなぁと思っていたのですが、サルーンのほうはなぜかとても平凡なクルマに見えてしまいました。3ドアのアコードを野球部やサッカー部に例えるなら、サルーンは囲碁部や将棋部といったところでしょうか。前から見れば同じ顔なのですが、後ろから見るとスポーツカーとタクシーぐらいの違いに見えてしまったんですね。(個人的な印象の問題ですので、囲碁部や将棋部だった方々、くれぐれも真に受けないで下さい。)

 3ドアハッチのほうが先に出されたこともあって初代サルーンには少々違和感を感じていましたが、当時は「クルマの基本はセダン」という意識が根底にあったため、ホンダも最上級車種であったアコードに5ドアハッチではなくセダンを設定したんでしょうね。もっとも、後のアコードはセダン中心で進んでいきましたから当時の選択は正解でしたね。

 ところで、ホンダ・アコードといえば今ではトヨタ・カムリと並ぶほど世界中で愛されているグローバルカーです。1.6Lの3ドアハッチバックから始まったクルマだとはまったく思えないほど大きく立派なクルマとなり、最新型の北米版アコードに至ってはV6・3.5L、全長4862mm、全幅1849mmという堂々たる車格を誇っています。

 アコードに限らず、他のクルマもモデルチェンジのたびに基本的に大きく立派になっていきますが、現在、三本の矢で云々と言っているものが目指しているのも根本的には同じ車名のクルマがどんどん大きく立派になっていく社会なんでしょうね。まあそのような社会のほうが見た目で判断できるから、本当に豊かかどうかは別として、豊かな社会に見えるんでしょうね。

 このアコードのカタログの最初の頁に、「車格」から「車質」へ、という表現があります。「車格」は見ればわかりますが、「車質」は見るだけではわかりません。クルマに限らず、「格」から「質」へ判断基準を移行することはまだまだ難しいようですね。

アコード・サルーンEX(SM型)
全長×全幅×全高 : 4345×1620×1360mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4OHC 1750cc 90PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/03/17 15:38 ] 1970年代ホンダ | TB(0) | CM(12)

旧車・ダイハツ・シャレード(G10型) 

130308a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にダイハツから発売された初代シャレード(G10型)です。低燃費の4ストローク直列3気筒エンジンと小型ながら優れたパッケージングの車体を組み合わせ、オイルショック後の省エネ時代に当時のダイハツとしては珍しくヒットしたクルマでしたね。

 さて、この初代シャレード、ヒットしたダイハツ車という意味でもインパクトが強かったですが、実は採用された1リッターの4ストローク直列3気筒エンジンが後の軽自動車を含めたコンパクトカーに大きな影響を与えたんですよね。

 今でこそ軽自動車や1リッタークラスのクルマでは直列3気筒エンジンが当然のように採用されていますが、初代シャレードが発売された時点では、このクルマが世界で唯一の4ストローク直列3気筒エンジン搭載車でした。

 「ダイハツが長年の研究と数々のテストを重ね、世界に先がけて実用化したコンパクトで高性能な4サイクル3気筒1000ccエンジン。クリーンで、しかもパワフル。そして何よりも、限りある大切なガソリンを一滴もムダにしない抜群の低燃費が、国内はもちろん、海外でもいま注目を浴びています。」

 カタログからの抜粋ですが、まるで昨今販売されているエコカーのカタログの文面のようですね。ちなみに10モード燃費は19km/L、60km/h定地走行燃費は28km/Lです。36年前のクルマでこの数値ですから、現在なら27km/Lとか30km/Lとかケチなこと言わずに50km/Lぐらい実現していてほしいものですね。

 ところで、直列3気筒エンジンが初代シャレードまで採用されなかった理由はもちろんその振動のためです。シャレードではバランスシャフトで振動対策をしましたが、その後、各メーカーはコストと振動の妥協点をどこにするかが問題となっていきました。しかし昨今はアイドリングストップ全盛のエコカー時代となり、もっとも振動が目立つ低回転アイドリング中はエンジンを止めてしまうという究極の振動対策が施されるようになりました。このシャレードのことを思い出しながら今の軽自動車のエンジンを眺めてみるのもなかなか面白いかもしれませんね。

シャレードXTE・5速(G10型)
全長×全幅×全高 : 3530×1510×1360mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 665kg
エンジン : 直3OHC 993cc 60PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/03/08 16:55 ] 1970年代ダイハツ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。