旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・レパード(F30型) 

130222a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1980年に日産から発売された初代レパード(F30型)です。このカタログは83年に発行されたもので、直6・2.8Lがラインナップから外され、V6・3Lターボが追加される前の時期にあたり、3ナンバーグレードが存在しないちょっと中途半端なものです。ちょうどライバルであるソアラにその差をどんどん広げられていた時期のものですね。

 さて、この初代レパード、もともとはセリカXXの対抗馬として世に出されたブルーバードベースのクルマで、デザインも素晴らしく、個人的にはとてもカッコいい高級スペシャリティーカーだと思っていました。しかしながら初代レパード発売の翌年に、トヨタのイメージリーダーとなるべく誕生したソアラがデザイン、中身ともにレパードのさらに上を行っており、ソアラを意識すればするほどレパードのコンセプトがぶれてしまうという、良くも悪くもソアラに振り回されてしまったクルマでしたね。

 ところで、「高級スペシャリティーカー」であるこのレパード、このカタログ中の最廉価グレードである180GXは手元の価格表によると1,548,000円、驚くことにエアコンもパワーステアリングもパワーウインドウも付いていません。実に私好みのグレードですが、レパードに限って言えば、そのようなグレードは用意しないほうが良かったのかもしれませんね。

 初代レパードの「コンセプトのぶれ」を反省し、2代目はスカイラインベースで「打倒ソアラ」、3代目は何をしたかったのかよくわからない「J.フェリー」、4代目はなぜかセド/グロの姉妹車。結局ずっとぶれ続けたレパードでしたが、現在のフーガやスカイラインには初代レパードの「高級スペシャリティーカー」としてのDNAがなんとなく流れているようにも感じられますね。

 先月北米で発表されたインフィニティQ50は次期スカイラインとのことなので、このレパードの流れを汲む最新の「高級スペシャリティーカー」の一台がもうじき日本でも見られそうですね。初心に帰って「エアコン、パワステ、パワーウインドウなし」のグレードを用意したら、今の時代、逆に受けるかもしれませんね。

レパード・4ドアハードトップ・SGX(PF30型)
全長×全幅×全高 : 4630×1690×1355mm
ホイールベース : 2625mm
車両重量 : 1235kg
エンジン : 直6OHCターボ 1998cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


スポンサーサイト
[ 2013/02/22 16:28 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(18)

旧型車・ダイハツ・ロッキー(F300S型) 

130213a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にダイハツから発売されたロッキー(F300S型)です。四駆ブームのさなか、パジェロやサーフ等よりもコンパクトな車体で、スズキ・エスクードが先鞭をつけたライトクロカン分野へ投入されましたが、最初から最後までエスクードの影に隠れ、とても存在感の薄い一生を終えたマイナー車でした。

 さて、このロッキー、カタログではイメージキャラクターの相原勇さんを始め、チャラチャラした若い男女が軟派な雰囲気をそこかしこから振り撒いています。しかしカタログの軟派なイメージとは正反対にクルマ自体はとても無骨で頑丈、硬派な存在で、どちらかというとカタログ中の若い男女ではなく、「通」が好みそうなクルマですね。

 個人的にはこのロッキー、全長をもう少し長くしてトランクスペースを確保し、さらに後部座席ももっと簡易なもの(できれば脱着式)で防水仕様になっていれば、理想的な「仕事グルマ」になるなぁなんて考えてしまいます。脱着式のレジントップやリヤウインドウというのは現実的にはその保管スペースの関係から有効利用できるユーザーは限られてくると思いますが、レジャーという観点からではなく、実用性の面からも様々な可能性が生まれてきそうですね。

 そういえば、先日ダイハツが災害初動支援車を年内に発売するという記事を読みました。災害初動支援車といっても何も特別なクルマではなく、ハイゼットの荷台にヘルメットや消火器、チェーンソー等の道具が30種類以上積み込まれたコンテナを載せたものです。なんでも普段は普通の軽トラとして使用し、いざと言うときにはそのコンテナを積んで初動支援に駆けつけるようです。コンテナ積載にユンボやリフトなどの重機は不要なようですので、地域の公民館等にそのコンテナをひとつ用意しておくと重宝しそうですね。

 昨今、EVやHV車の普及から、それらのバッテリーを非常用の蓄電池として使うという提案が各メーカーから出されるようになってきました。これはこれで、大容量の電池を有効活用するとても良い提案だと思います。そしてハイゼットの初動支援車、これもごく普通の「軽トラの荷台」を有効活用するとても良い提案だと思います。

 ロッキーのように屋根を取り外すことができるような四駆ならさらに活用方法が増えそうですね。さらに、ロッキーに限らず、我々が普段乗っている自分の愛車についても、軍手と懐中電灯を常備しておくだけでずいぶん心強い存在になりそうです。何気なく毎日乗っている我々の愛車ですが、ダイハツの初動支援車を参考にして段ボール箱1箱分の自分なりの「初動支援セット」を準備するのも良いかもしれませんね。

ロッキーSX(F300S型)
全長×全幅×全高 : 3705×1635×1725mm
ホイールベース : 2175mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4OHC 1589cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/02/13 14:40 ] 1990年代ダイハツ | TB(0) | CM(12)

旧車・スズキ・カルタス(AA41S/AB41S/AB51S型) 

130202a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にスズキから発売された初代カルタス(AA41S/AB41S/AB51S型)です。スズキが発売した小型車としては60年代のフロンテ800以来の2台目。ホンダ・シビックのケース同様、二輪メーカーが四輪に参入し、軽自動車から小型車へステップアップするのはなかなか大変だったようですね。

 さて、この初代カルタス、地味で目立たない存在でしたが、このクルマもトヨタ・カムリ等と同様の世界戦略車です。海外では「スイフト」という車名が付けられていた地域もありましたので、現在のスイフトの始祖でもありますね。国内ではあまり存在感がありませんでしたが、米国では「下駄グルマ」としてずいぶん売れていたようです。

 このカルタスは、1981年に業務提携をしたGMとの共同開発車です。1981年と言えばスズキの二輪の中で今なお根強い人気を保ち続けているGSX1100S刀が海外で発売された年。既にバイクでは第一級の存在感を世界中に示していたスズキが小型車に本格参入したのがこのカルタス、そしてこのクルマは海外では「スイフト」と呼ばれていたこともあったというと、なんだか街で見かけるスイフトはスズキの四輪の象徴のように見えてきますね。

 ところで、現在のスイフトは先日世界累計販売が300万台を超えたとの報道がありましたが、そのうちの45%はインドでの販売なんですよね。GMと共同開発したカルタスから始まったスズキの小型車の流れは現在スイフトが担い、今後中国と並ぶほどの巨大な市場と見込まれているインドでカー・オブ・ザ・イヤー(2006年)を受賞するまでになりました。

 初代カルタスが出たとき、個人的にはまったくカッコいいクルマとは思えず、舘ひろしさんをCMに起用してしまったらカルタスのカッコ悪さが余計に目立ってしまうだろう、と思っていました。そんなカルタスからスタートしたスズキ・スイフト、トヨタ・カムリやホンダ・アコードとは異なる分野での日本を代表する世界戦略車に育ってほしいものですね。

カルタス1000・3ドアGS(AA41S型)
全長×全幅×全高 : 3585×1545×1350mm
ホイールベース : 2245mm
車両重量 : 640kg
エンジン : 直3SOHC 993cc 60PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/02/02 12:10 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(18)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。