旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・アスコット(CB1/2/3/4型) 

121119a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にホンダから発売された初代アスコット(CB1/2/3/4型)です。4代目アコードのプリモ店向け姉妹車ですが、アコードともども、同時期に発売されたアコードインスパイアの影に隠れてきわめて存在感が薄かったクルマでしたね。個人的には、アコードとアスコットの区別は簡単にできましたが、アスコットとアコードインスパイア&ビガーの区別はパッと見ではよくわかりませんでした。典型的なバブル期のホンダ顔でしたね。

 さて、この初代アスコット、今となってはその存在すら記憶に残っていないという方が大半だと思いますが、かく言う私自身も、久しぶりにこのカタログを目にするまでは頭の中からアスコットの存在は消えていました。1989年というのはいわゆるクルマの当たり年で、その時代背景を勢いにして数々の名車が世に出された年でしたが、ここまで影が薄いクルマというのも珍しいですね。きっとメーカー側も「出せば売れる」ということで高をくくっていたんでしょうね。

 ほんの20年ほど前には名前を覚えきれないぐらい豊富なラインナップだったホンダのセダンも、今やアコード1台のみ。「時代の流れだから」と一言では片付けられない何かをホンダは見失っていたような気がしてなりません。ホンダって、セダンブームになるとちょっと遅れてセダンばかり、ミニバンブームになるとちょっと遅れてミニバンばかり、軽ブームになるとちょっと遅れて軽ばかり、というラインナップになる傾向がありますね。それぞれの分野でそれなりのヒット作を出してしまうところは流石ですが、これからの時代、このパターンがいつまで通用するんでしょうね。

 このアスコットのカタログの冒頭には「変わりつづけること。走りつづけること。」というキャッチコピーが書かれています。確かにホンダのラインナップは激しく変わりつづけ、会社として必死に走りつづけていることがとてもよくうかがえます。しかしながら昨今にわかに見かけるようになった「政治家として走りつづけるために、その基本方針が変わりつづけている人」が誰からも信頼されなくなるのと同様、変わってはいけないものまで変えてしまうとそのメーカーの存在感が薄くなってしまいますね。ホンダ、そして自動車メーカーに限らず、こんな時代だからこそそれぞれの企業にとっての「変わりつづけるべきことと変わってはいけないこと」をきっちり再確認する必要があるのかもしれませんね。

アスコット・2.0FBT-i(CB3型)
全長×全幅×全高 : 4680×1695×1390mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1290kg
エンジン : 直4SOHC 1997cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?



スポンサーサイト
[ 2012/11/19 15:35 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(8)

加減乗除から乗除を取ると・・・? 

 このブログをご覧のお方は、国産車が1960年代に急激に普及し、カローラ、サニー、そしてコロナ、ブルーバード等々、それぞれのクラスでの競合が切磋琢磨しながら国産車が発展してきた歴史をご存知だと思います。

 ここではもう一歩踏み込んで、その時代になぜあれほどまでの急激な国産車の普及があったのかについて、個人的な考えを書きます。(まぁ、いま、ちょっとほろ酔い気分ですから・・・)

 あの当時、超セレブならまだしも、田舎の「小金持ち」程度ではクルマなど買えません。しかしながら、ミシン販売で一般的になりつつあった「割賦販売」という販売方法がクルマにも適用されるようになり、庶民の年収以上に匹敵するクルマを、庶民が手に入れる術が整えられていきました。(確かこのブログでも、べレットの記事でカタログに大きく記載されているオートローンの部分をご紹介したと思います。)

 クルマの販売が伸び悩む最近では、残価設定型ローンなどという、さらに複雑な割賦販売形態も登場しています。月々何千円で憧れのあのクルマが!というようなキャッチコピーで紹介されていますが、目を凝らしてじっくりその下の細かい文字を見ると、昨今ではまったく保証のない「ボーナス払い」などという文言も書かれているようです。


 先の見えない不景気な世の中が続く今、一度頭の中から加減乗除のうち、乗除を取り払ったらどうでしょうかね?今の世の中、「乗除」の中に、どんな頭の良い方でも理解不能な「( )や、絶対に解のない関数や、条件」が散りばめられており、安易にその「契約」を結ぶことはとても危険です。

 先日、総理大臣が解散を宣言しました。来月の衆院選に向けてこれから普段静かな田舎でも賑やかになるんでしょうね。その件について、昨日あるテレビ局のニュースで、有権者の声として、「景気対策を何とかして欲しい」というようなことが言われていました。

 景気対策って言っても、発展途上の段階ならまだしも、世界のトップを走っていたソニー、パナソニック、シャープがあの状態になっているものを、政治が何とかできるんでしょうかね?個人的には、政治は経済の減速はできても加速はできないと思っています。経済の加速は、どこが政権をとっていようとも、加速するときには加速しますから・・・。これは政権とは無関係で、タイミングの問題だと思います。

 さて、ここで表題に戻ります。「加減乗除」、頭の良い日本人はどんな逆境に置かれても瞬時に「最終的にプラスになる方程式」を考え出してしまいます。しかし、方程式には未知なxやyがあります。ここはひとまず、難しい方程式ではなく、単純に「足し算、引き算」のみで進めたいものですね。

 国家レベルの大きな話ではなく、ミクロの家計部門においても同様だと思います。「入ってくる分よりも出ていく分」が少なければ、どんな不況下でも貯蓄ができます。ここに「何年ローンのクルマ、何十年ローンの住宅」という「乗除」が入ってくるとおかしくなってしまうんですよね。

 偉い方々は「デフレ脱却!」と叫んでおられますが、デフレは脱却しようとして脱却できるものではありません(まあ鎖国でもすれば別ですが・・・)。それよりも、このデフレ状態を楽しんで、我々一人ひとりがマネーに踊らされたかつての生活の反省をするほうが重要なような気がします。100均へ行って、「なんでこれが100円で販売されているんだろう?」と真剣に考えたほうが、次の選挙でも正確な投票ができるような気がしています。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/11/17 20:04 ] その他 | TB(0) | CM(6)

旧車・日産・スカイラインGT-R(BNR32型) 

121109a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売されたスカイラインGT-R(BNR32型)です。197台のみで生産終了となってしまったケンメリGT-R以来、実に16年ぶりのGT-R復活ということで、当時大いに話題になりました。人気車種でしたから現在でもたまに街中で見かけますが、流石に古いクルマなので痛々しい走り屋仕様になっている車体が多いですね。

 さて、このスカイラインGT-R、バブル期で何でもありの時代だったにもかかわらず一際存在感が大きく、出た当初は「羊の皮をかぶった狼」どころか、「化け物の皮をかぶった化け物」のような印象でした。世はバブルでも私自身はバブルにまったく縁がなかったのでもちろん購入したいなどとは考えたことはありませんが、クルマ好きとしては憧れの対象でした。

 当時、何を血迷ったのかこのクルマを購入した友人がおり、何度か助手席には乗せていただいたことがあります。その頃は都内に住んでいたので込み合った都会の道路を走っただけでしたから、このクルマの良さはまったくわかりませんでした。その友人、GT-Rを購入してしばらくしたら今度はホンダのビートも購入しました。何でもGT-Rを処分したわけではなく、街中では走りにくいから普段の足としてビートを追加したとのこと。

 同じような年代でも私はクルマ無しの自転車生活、彼はGT-Rとビートの2台持ち。いったい世の中どうなっているんでしょうね?それにしても不思議なことは、いくらバブルに縁がなかったとはいえ、私は当時、多少は恩恵を受けた商社マン、彼はまったく恩恵を受けなかった公務員でした。やっぱり都内に実家があるということ自体が大いにバブルの恩恵を受けたんでしょうね。若造が500万円もする高級車をポンと買ってしまう当時の都会の方々の姿と、現在中国の都市部で高級車をポンと買ってしまう一部の特権階級の方々の姿がどうもダブって見えてしまいます。

 復活したスカイラインGT-Rは現在日産GT-Rとなり、化け物度をさらに増して国産スポーツカーの頂点に君臨しています。この先、GT-Rがどんな存在になっていくのか、もはや憧れる気持ちも全くなく、怖い物見たさと興味本位で楽しみにしています。

スカイラインGT-R(BNR32型)
全長×全幅×全高 : 4545×1755×1340mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHCターボ 2568cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/11/09 11:26 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(14)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。