旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・Z(PA1型) 

121027a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にホンダから発売された2代目Z(PA1型)です。2代目とはいえ、車名が同じということだけで1970年に登場した初代Zとは何の関連もなく、初代の面影もまったくありません。UM-4(UNDERFLOOR MIDSHIP 4WD)と呼ばれる新構造とカタログで大きく紹介されていますが、ホンダの軽トラ・アクティは1983年から同じ構造のミッドシップ4WDを採用していますので、特にこれが新構造というわけではありません。

 さて、このホンダZ、目新しいように見えて特に目新しい部分があるわけでもないクルマですが、私が今までディーラーで「エンジン見せて」とお願いして唯一断られたクルマです。軽トラなら荷台のメンテナンスハッチを開けるだけで見られますが、きっと面倒臭いのでしょうね。エンジンを眺めるのが好きな私にはちょっと残念なクルマです。

 残念といえばこのクルマ、軽自動車ですが異様に価格が高いです。手元の価格表によると、1,148,000円から1,698,000円。完全にカローラクラスの価格帯ですね。『プレミアムな軽、はじまります。』ということでもうすぐ発売されるN-ONEの情報がチラチラ出されるようになりましたが、N-ONEの価格は1,150,000円からとのこと。ホンダって10年以上前にも今回同様、車名復活でプレミアムな軽をはじめていたみたいですね。

 N BOXが結構売れているようですし、ビートの復活も社長が明言されているようなので、今後ホンダの『プレミアムな軽』がどんどん街に溢れてくると思いますが、軽自動車があまりにプレミアムになってしまうと軽の優遇税制についての議論がまた激しくなりそうですね。個人的には身近なクルマとして『プレミアムでない軽』をもっと充実させて欲しいと思っています。軽自動車に軸足を移しつつあるホンダ、今後はどんな展開をしていくんでしょうね。

以下、余談

121027b01.jpg
(画像クリックで拡大)

この写真、うちの『プレミアムでないホンダ』です。小型の車軸型管理機で、車輪を外して車軸にローターを付け、抵抗棒を地面に押し付けながら畑を耕していく機械です。抵抗棒を外して畝立て器を取り付ければ、様々な大きさの畝を簡単に作ることができる優れもの。20年ほど前に購入し、うちでいちばんよく使う農機具です。先日車軸からオイル漏れがあったのでオイルシールを初めて交換しました。
個人的には、この管理機同様とは言わないまでも、もっと構造をシンプルにしてコンピュータ制御も極力なくし、メンテナンスのしやすいクルマを世に出して欲しいと思っています。極端な話、軽自動車レベルならパワステ、パワーウインドウは不要、もちろんMT。余分な装備がなければそれだけ壊れる部分もありませんからね。まあどんどん軽が『プレミアム』になっていく昨今ではなかなか難しいかもしれませんね。

ホンダ・Z(PA1型)
全長×全幅×全高 : 3395×1475×1675mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直3SOHC 656cc 52PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/10/27 15:46 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(20)

普通に考えたら・・・? 

 普通に考えたら、今の御時世、人を率いるトップには誰もなりたくないと思うのは私だけですかね~。まあ、世の中には頭の良い方がたくさんおられるので、「自分ならこの窮状を解決することができる」との強い信念をお持ちできっと皆さんトップの座を狙っておられるんでしょうね。

 本日は、齢80になられる作家のお爺様まで衆院選への出馬を発表されたそうです。皆さんお元気なことで何よりですね。

 このところ、「近いうち」云々が話題になっており、国民を導くべき頂点におられるような方々がまるで小学生の学級会のようなみっともない会合を開いておられるようです。国会議員って暇な職業のようですね。

 そんな思いで新聞を読んでいたら、急に私が小学校へ通っていた頃のある出来事を思い出しました。大したことではないのですが、ある日、教頭先生がうちに来られ、私の父にPTA会長になって欲しいとのお願いをされました。

 もちろん父はそのようなことがあまり好きではない人間でしたので、「私よりももっと適任の方がたくさんおられるでしょう?」と頑なに断っていました。

 頑なに断る父に対して、教頭先生がこうおっしゃいました。「やりたがっている方はたくさんおられるのですが、そのような方にはやって欲しくないんです。そのような方がやられると、学校運営が目茶苦茶になってしまうんです。」

 結局、父が引き受けることになったのですが、子供心に「大人の世界」を始めて感じた出来事でした。おかげで卒業式の時など、父が父兄代表の挨拶をするので、自分の卒業証書授与の場の緊張以上に父の挨拶のことが気になって気が気ではありませんでした。でも何とか無事にこなしてくれたようで、その日は本当の意味で「家族そろってお疲れさん」の晩飯でした。

 いったい、今の「偉い方々」、何をしているんでしょう。復興増税が復興と無関係なところに回されているなど、読んでいて不愉快な記事ばかりが新聞で報道されていますが、なんだか読んでいるこちらが恥ずかしくなってきますね。

 ちょっとクルマとは全然関係のない話題で申し訳ありませんが、ご了承を。いつもの愚痴です。

 以前書いたことがあると思いますが、本年度、私は地域の農事実行組合の役員をやっています。政治家の世界は皆が「やりたい、やりたい」の会合のようですが、地域の役員会では皆が「やりたくない、やりたくない」の会合です。「やりたがり~」の方は、やっぱりそれなりの責任と結果を求められてしまいますからね。今、国のトップで「やりたがり~」を主張されておられる面々、その「責任と結果」を十分自覚しておいて欲しいものですね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/10/25 20:11 ] その他 | TB(0) | CM(4)

旧型車・三菱・アスパイア(EA1A/EC1A型) 

121016a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたアスパイア(EA1A/EC1A型)です。カープラザ店向けのカリスマ後継車ということですが、ご覧の通りギャランそのものです。私の記憶ではアスパイアのCMは見たことがありませんので、おそらくテレビCMもなかったと思います。三菱関係者以外でこのクルマの存在を認識されていた方っていったいどれぐらいおられるんでしょうね。

 さて、このアスパイア、なんだか存在自体が現在の三菱自動車の姿を先取りしていたように感じられますね。カープラザ店という販売店があったので、その系列で中型セダンを販売するために名前の異なるギャランが投入され、カープラザ店がなくなったらアスパイアも消滅。

 この流れが現在はさらに進み、三菱自動車という販売店があるからそこで販売するためにソリオ、NVバネット、シーマ、フーガ等を名前を変えて投入、・・・その先はちょっと記載を控えます。

 先日、パジェロやギャランフォルティスの一部改良があったようです。一部改良といえば聞こえは良いですが、実質的にはグレード整理です。ギャランフォルティスが登場したときには個人的にとても良いクルマだと思っていたのですが、エコカー減税の影響か、知らないうちにエンジンがダウンサイジングされており、MTグレードもなくなり、おまけにお買い得グレードもなくなり、現在のラインナップを見る限り、まったく魅力を感じないクルマになってしまいました。

 三菱自動車、いったいどうしちゃったんでしょうね?『いいもの ながく』というとても共感できるキャッチフレーズを掲げ、10年10万kmの特別保証サービスというメニューも用意しているとはいえ、かなりの車種に上るOEM車はその対象外。昨今の情勢ではどの自動車メーカーも先の見えない迷走状態が感じられますが、三菱は特にその傾向が強いですね。

 新型ミラージュがどの程度の人気を獲得するのかはわかりませんが、このアスパイアのように中途半端に誕生したクルマではなく、誰もが『いいもの ながく』と思えるような基幹車種が登場してほしいものですね。

アスパイア・Viento(EA1A型)
全長×全幅×全高 : 4660×1740×1420mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/10/16 16:31 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)

旧型車・三菱・ギャラン(E54/64/84A型他) 

121002a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に三菱から発売された7代目ギャラン(E54/64/84A型他)です。先代の引き締まったスタイルからは一転して、まるで先代型の風船にもう一息空気を注入して少し膨らませたような感じのふくよかなスタイルで登場しました。3ナンバーのディアマンテが大好評だったので、きっとギャランも3ナンバー化すれば誰もが飛びつくという算段だったのでしょうね。そういえばこの時期に登場したこのクラス以上のクルマはどれもがこのギャランのように、引き締まった先代からちょっとボテッとした3ナンバーの新型、という感じで登場していましたね。それぐらいに、『3ナンバーの魔力』が世間に蔓延していたのでしょうね。

 さて、この7代目ギャラン、実はこのクルマも昔、会社の営業車としてしばらく乗っていた時期がありました。たまに上司と同行するときなどはよく『○○君もとうとう3ナンバーのクルマがあてがわれるようになったか、偉くなったな。』と冷やかされていたものです。こんな会話があったことからもわかるように、当時の『3ナンバー』という言葉の響きはちょっとした魔法の言葉だったようですね。

 とはいえ、私が乗っていたのは1.8Lで鉄チンホイールのいかにも“営業車”というグレードのもの、全幅が3センチほど広くて3ナンバーが付いていても、運転している限りには5ナンバー車との違いなどまったくわかりませんでした。まあ本当に偉い人は5ナンバーでも3ナンバーでも軽でも偉いですし、偉くない人はいくら3ナンバーに乗っていても偉くないですからね。

 ところで先ほども書いたように、この時期にモデルチェンジしたクルマは他社も含めてほとんどが3ナンバー車として新型が登場しました。しかしながら、ホンダ(アコード)とマツダ(クロノスからカペラ)は、次のモデルチェンジで5ナンバーに戻っているんですよね。今考えると、『3ナンバー』という言葉の響きの賞味期限って意外と短かったですね。

 現在の「魔法の言葉」は「エコカー」、この言葉の賞味期限はどれぐらい続くんでしょうね。当時、あらゆるクルマのカタログに「ワイドボディ」という言葉が並んでいたのと同様、現在はあらゆるクルマのカタログに「エコカー」にまつわる言葉が並んでいます。ここまで「エコ」が一般的になると「エコ」だけでは人々にそのクルマの魅力をPRすることはできません。

 こうなってくるとマイナーチェンジされたホンダのCR-Zのように、『ボタンを押すとエンジンもモーターも最大出力になって3L並みの加速が味わえます」という飛び道具が次々と出てくるんでしょうかね?この機能を紹介する記事を読んだとき、思わず映画『マッドマックス』シリーズのニトロ噴射装置を思い出してしまいました。個人的にはなんだか進んでいる方向がずれているような気がしてなりません。

ギャラン・V6 2000・MX(E54A型)
全長×全幅×前高 : 4610×1730×1400mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : V6DOHC 1998cc 170PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2012/10/02 12:08 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。