旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・カルディナバン(T190V型) 

120923a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたカルディナバン(T190V型)です。コロナバンとカリーナバンが統合される形で世に出されました。ステーションワゴンのほうはモデルチェンジされていきましたが、このバンについてはサクシードが誕生した2002年まで販売されましたので、まだ街中でちょくちょく見かけることがありますね。

 さて、このカルディナバン、カローラバンと並んでトヨタ車の中では最後まで生き残った乗用車の名を冠する商用バンですね。現在のプロボックスとサクシードはどちらも乗用ワゴンも用意されているとはいえ、もともとは商用バンとして設計されたものです。さらにこの2台、微妙に相違点はありますが、基本的にほとんど同じ姉妹車です。パブリカバンからクラウンバンまで豊富なラインナップを誇っていたトヨタのライトバンも現在はプロボックス/サクシードのみになってしまったんですね。

 さらに他社を見ても、OEMによる様々な車名が付けられているとはいえ、実質は日産のADバンしかありません。自動車産業黎明期の主役だったライトバンも現在は事実上2車種のみになってしまったんですね。

 昔のライトバンのカタログを見ていると、洋服店、花屋さん、電気屋さん等々、様々な商店でそのライトバンが活躍しているカットが多用されており、その当時の人々の暮らしの様子がとてもよくわかって面白いものでした。ところがこのカルディナバンのカタログには人々の働く姿はどこにも写っていません。『失われた20年』に突入した頃ですので撮影費用が確保できなかったからなのかもしれませんが、商用車のカタログとしてはちょっと面白みに欠けますね。

 書いていてちょっと気付きました。そういえば昔のライトバンのカタログに写っていたような商店って、今ほとんどなくなってしまいましたね。うちの近所の商店街も完全なシャッター街になっており、子供の頃の賑やかだった面影は現在まったくありません。その代わりに発展してきたのが巨大なイオンのショッピングセンター、ヤマダ電機やエディオン等の大型家電量販店、全国区のホームセンター等です。昔賑やかだったライトバンのラインナップが2車種に統合されてしまった状況となんだか通じるものがありそうですね。

 現在ライトバンを製造しているこの2社、実は「高級セダン」と呼ばれるクルマを生産しているのも現状ではこの2社しかないんですよね。クルマだけでなくあらゆる分野で急速に進んでいる合理化・統廃合の波、この流れって本当に人々の生活にとって良いことなのでしょうかね?

カルディナバン・1500UX(T196V型)
全長×全幅×全高 : 4545×1695×1425mm
ホイールベース : 2580mm
車両重量 : 1070kg
最大積載量 : 500kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/09/23 16:47 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

旧車・ヤマハ・DT50 

120916a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120916a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にヤマハから発売され、その後1997年頃まで小変更を繰り返しながら販売され続けた原付バイク、DT50です。写真のモデルはおそらく最終型で、記念すべき私の初バイク、生産終了後、かなりの期間販売店で寝かされていたもので、オドメーターは数キロなのですが、ところどころに小さな錆が発生していました。

 さて、このDT50、一昔前は原付免許を取ったばかりの高校生が初めて乗るバイクの定番の1台でしたが、私が乗ったのは本来の時期とは異なり中年と呼ばれる年齢になってから。ラジコン仲間の溜まり場(飛行場)に乗っていったときなどは、皆が懐かしがってこのDT50で遊んでいました。

 私が出入りしているラジコン仲間は皆ほとんど同じ趣味の流れで、若い頃原付に乗り始め、その後本格的にバイクに凝りだし、そして家庭を持ったりして落ち着いてきたのでバイクを止めたり、またバイクで行き着くところまで行って(大型を所有)、次の趣味としてラジコンヘリへ、という方ばかりです。

 そんな方々ですから、このDTに乗っても、「これぐらいのパワーだと気楽に遊べるから一台あると面白いよね」という反応でした。しかしながら、私にとっては初バイク、「原付なのにこんなにスピード出るのか!」とちょっと怖いぐらいでした。とはいえ、慣れてくると時速60km超えたあたりのちょうど気持ちの良いところでエンジンがぐずり出す(スピードリミッターのため)感覚がどうにも我慢ならず、CDIを交換してリミッターカット、というまるで高校生そのものの行動をして悦に浸っていました。

 甲高い2ストサウンドを響かせながら原付とは思えぬスピード感(スピード感ではなくスピードかも)を堪能していたのですが、ある時、ふと「もしこれでネズミ捕りに捕まったらどうなるんだろう?」と考えたら、急にCDIによるリミッターではなく、精神的なリミッターがかかるようになってしまいました。原付の法定速度って時速30kmなんですよね。

 それ以降、なんだかDTで走るのがちょっと苦痛になってきたので、まだ購入して1年も経っていませんでしたが、全然走らない今のXR50モタードに買い換えました。XRに乗り換えた当初は反対にあまりの走らなさに愕然としましたが、これも慣れればどうということはなく、今はトコトコとのんびり走る快感を堪能しています。

 今、国内もゴタゴタですが、お隣の国における反日行動も心配な雰囲気になってきましたね。こんな時こそ、周囲のムードに流されず、地に足をつけて自分自身の原点を振り返り、自分なりの視点で冷静に物事を判断し、行動していきたいものですね。

120916a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 この写真はミニソーラーでインパクトドライバーのバッテリーを充電しているところ。今、少しずつ母屋以外の建物の棚や家具等に耐震対策を施しています。我が家のミニソーラー、今はダンボールの上に一式を置き、太陽の方向へ向けて定期的にダンボールごと向きを変える「手動太陽追尾型」になっています。周囲の雰囲気がどうなっていようとも自分自身がすべきことが変わるわけではありませんからね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/16 18:56 ] オートバイ | TB(0) | CM(6)

旧型車・トヨタ・セプター(VCV15W型) 

120909a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたセプター(VCV15W型)です。このカタログはいちばん最初に販売が開始されたステーションワゴンのもの、後にセダンとクーペも追加されましたが、このカタログで紹介されているステーションワゴン以外はあまり街でも見かけませんでしたね。

 さて、このセプターステーションワゴン、カタログでも『ステーションワゴンの国でつくりました。』と紹介されているように、米国で生産され、日本に逆輸入されたクルマです。大柄な車体といかにも米国人受けしそうなデザインは、米国の大きな住宅のガレージにとても似合いそうですね。休日には郊外のショッピングセンターに出かけてカートから溢れんばかりの買い物をし、満載のカートからセプターの荷室に荷物を積み込んでいる情景が目に浮かんでくるようです。

 ところが、これが日本のライフスタイルだとなかなかしっくり来ないんですよね。昔、お隣さんがこのセプターステーションワゴンに乗られていました。うちの近所は田舎なのでどのお宅も米国の住宅に負けないぐらい広い敷地があります。そして大柄なセプターでも十分余裕を持って停められる車庫もたいていどのお宅にもあります。しかし、なぜかお隣さんのセプターは浮いていました。

 まあ理由は単純明快で、このあたりのお宅の車庫というのはほとんどが玉葱を吊るしてありますし、軽トラも停めてありますし、トラクターや耕運機等の農機具等も置かれています。だいたいどのお宅も「農作業場兼車庫」になっているんですね。地域によって違いはあるかもしれませんが、この地域では、昔の「馬小屋」が現在そのような「農作業場兼車庫」になっています。純和風の空間にアメリカンスタイルはちょっと馴染まないようですね。

 車庫に馴染むかどうかは別として、このセプターステーションワゴン、いざというときには7人乗れるという点はいいですね。まあ後ろ向きに乗車するサードシートの乗り心地はあまり期待できないとは思いますが、巷に溢れているミニバンの3列目はどれもあまり快適だとは思えません。それならばこれぐらい割り切ったサードシートのほうが普段の使い勝手が向上するかもしれませんね。

セプター・ステーションワゴン・3.0G(VCV15W型)
全長×全幅×全高 : 4820×1770×1475mm
ホイールベース : 2620mm
車両重量 : 1610kg
エンジン : V6DOHC 2958cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/09 16:59 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。