旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・パルサー(N14型) 

120831a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された4代目パルサー(N14型)です。4代目パルサーといえば3ドアハッチのホットモデル、GTI-Rの精悍な姿がすぐに頭に浮かびますが、このカタログは脇役ともいえる4ドアセダンと5ドアハッチ(セダン)のもの、ページをめくっていても結構地味な内容のカタログです。

 さて、この4代目パルサー、顔だけ見ればプリメーラとまったく区別が付きません。当時、いろいろな意味でプリメーラが話題となっており、またスタイルもセダンとしてとてもバランスが取れていましたから、同じ年に発売されたこのパルサーのセダンを見ると、どうも後ろ半分が不自然に見えてしまいました。これが3ドアハッチのパルサーだととてもバランスよく見えましたから人間の感覚って不思議なものですね。まあ、メーカーとしてもパルサーのメインは3ドアハッチと考えていたようで、CM等での露出もいちばん3ドアが多かったような気がしますので、その影響もあるのかもしれませんね。

 ところで、このパルサーの5ドアハッチ、カタログで「5ドアセダン」と記載されているように、セダンのイメージの延長線上にある5ドアハッチバックですね。同時期のクルマではコロナSFやスプリンターシエロもこの系統だと思います。同じパルサーの5ドアハッチでも、次の代のN15型はショートステーションワゴンというような感じの5ドアハッチバックになっていますね。

 一口に5ドアハッチと言ってもいろいろなパターンがあり、現行車種で言えばN14型パルサーのパターンがアテンザやプリウス等、N15型のパターンはインプレッサやアクセラ等ですね。それに加えて現在売れ筋のコンパクトカーはほとんどが「ショート・ハイト・ステーションワゴン」というようなパターンの5ドアハッチです。

 1965年に日本で初めてアローラインコロナの5ドアセダンとして5ドアハッチバックが登場して以来、各メーカーからいろいろな車種が出されましたが、5ドアハッチのクルマが人気車種となることはまずありませんでした。ところが現在は、基本的に販売されているクルマの大半がパターンの違いこそあれ、5ドアハッチバックのクルマです。時代も変わったものですね。

パルサー・5ドアセダン・GTI(HN14型)
全長×全幅×全高 : 4145×1670×1385mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/08/31 16:36 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)

旧型車・トヨタ・ソアラ(Z30型) 

120819a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売された3代目ソアラ(Z30型)です。同時期の他の高級車同様、ソアラも先代からサイズも排気量も一回り大きくなり、価格は二回りぐらい高くなりました。まさにバブリー高級車の代表的な1台でしたね。ソアラは初代、2代目ともに確かに高級車ではありましたが、一生懸命働けば下位グレードぐらいには手が届く程度のクルマでした。しかしながらこの3代目、私の記憶では下位グレードでも300万オーバー、最上級グレードに至っては確か700万オーバーというふざけた価格が付けられていたと思います。こうなると欲しいという欲望すら湧かなくなりますから不思議なものですね。

 さて、この3代目ソアラ、全身にバブリーな衣をふんだんにまとって登場しましたが、時代は右肩上がりではなく右肩下がりに突入、折からのクーペ不振も手伝って販売はあまり芳しいものではなかったようですね。普通の感覚では販売に苦戦したら苦戦の原因を軌道修正してフルモデルチェンジし、次の代で巻き返しを図るような気がするのですが、このソアラ、次の代はバブリー度にさらに磨きをかけ、高級ブランド、レクサスの一員として販売されることになりましたね。案の定、消滅していきましたが、貧乏人の私にはソアラを買う側の感覚、そして造る側の感覚のどちらもが理解できません。きっとセレブな方は貧乏人とは異なる思考回路をお持ちなんでしょうね。

 3代目ソアラの豪華絢爛なスタイルと古き良きバブリー時代を思い出したところで、今、巷で話題になっているウルグアイのムヒカ大統領が6月のリオ+20で行った演説を聞いてみましょう。



 彼のスピーチに賛同できる方、賛同できない方、きれい事だと嘲笑する方、いろいろな捉え方があっていいと思います。同様に時代が下降線を辿る中においても、4Lのソアラに3年乗ったら次は4.3Lのレクサスにしないと気が済まない方は買い換えればいいと思います。

 しかし一方で、4Lのソアラで大満足、これ以上何が必要なんだ、という方には4Lのソアラに30年でも40年でも乗り続けられる選択肢が残されている自動車産業、及び社会の仕組みであってほしいですね。どうも昨今の自動車産業は、大統領のおっしゃる『使い捨て社会』の度合いが進みすぎているような気がします。

 今、国交省は10年後には高速道路の自動走行を実現すべく研究を進めているようですが、こうなったらこの前のアナログテレビ同様、既存の自動走行に対応していないクルマはすべて買い換えなくてはならなくなってしまうんでしょうかね?まあ、もしそうなったら高速道路を走るのやめようと思います。

ソアラ・4.0GTリミテッド(Z31型)
全長×全幅×全高 : 4860×1790×1340mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1630kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/19 17:36 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)

旧型車・日産・ステージア(WGNC34型他) 

120812a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に日産から発売された初代ステージア(WGNC34型他)です。とってもわかりやすい型式が付けられているように、7代目ローレル(C34型)をベースとしたステーションワゴン(WGN)ですね。ローレルはスカイラインともプラットフォームが同じでしたから、この時期はクーペからステーションワゴンに至るまで、あらゆるボディタイプで直6フィーリングを堪能できた良い時代でしたね。当時、それからほんの数年間で、すっかり直6がV6に置き換えられるなんて想像もしていませんでした。先のことは本当にわからないものですね。

 さて、この初代ステージア、初めてこのクルマを見たときの第一印象は、『日産のボルボ』でした。ボルボというのはもちろんボルボ850エステートのことで、直線的なスタイル、長いリアオーバーハングと垂直に近い角度のお尻が自分の中のボルボのイメージと完全に一致していました。なぜか自分の中では“ボルボのエステートは赤”というイメージがあるので、現在改めてこのカタログを見ても、赤のステージアはボルボに見えてしまいます。

 ところで、6気筒といえば、とあるドイツの高級車メーカーの代名詞で、「シルキーシックス」という言葉まで生まれているぐらいに、その滑らかさが特徴とされていますが、実際のところ、4気筒と6気筒の違いというのは、一般的にいかほどのものかという疑問が出てきますね。

 あくまでも個人的な感覚ですが、4気筒と6気筒の違いって、確かにありますね。最近の4気筒のエンジンはとてもスムーズで特に気になる振動があるわけではありませんが、やはり6気筒のエンジンとの差は感じます。

 ちょっと話が飛びますがご了承を。私はスポーツマンでもなんでもありませんが、子供の頃、縄跳びだけは得意でした。二重跳びも三重跳びも、何回跳べるというレベルではなく、どちらも体力が続く限り跳べるというレベルでした。縄跳びって、運動神経よりもリズムの問題で、二重跳びは一度跳び上がる間に「トン、トン」と二回縄を回す、三重跳びは「トン、トン、トン」と三回縄を回す、それだけの違いなんですよね。

 体育の時間に活躍することなど滅多にない私でしたが、縄跳びの時間だけは模範演技をクラスのみんなの前でしていました。当然三重跳びは二重跳びよりも短時間で高く跳びあがりますので、端から見ていると、三重跳びをしている私は卵の殻に入っているようだと言われた記憶があります。縄が卵の殻に見えるぐらい滑らかに残像を残していたんでしょうね。

 話をクルマに戻します。直6エンジンの場合、エンジンの軸が1回転する間にどこかの気筒で3回の爆発が起こります。直4エンジンの場合はその爆発が2回です。ちょっと縄跳びの例えは適切ではなかったのかもしれませんが、二重跳び、三重跳び、ともにできる方にはこの例えの意味がわかっていただけることと思います。「トン、トン」と「トン、トン、トン」、縄の軌跡の見え方(滑らかさ)はまったく違いますからね。

 直6の魅力はさておき、このステージア、カタログでも紹介されているように、“ゾーンボディコンセプト”なる概念の元、前後のオーバーハングをかなり多めに取ってあり、全長4.8mという大柄な車体をまとっています。昔、私の知人がこのステージアの後部に突っ込み、亡くなられました。幸いなことにステージアに乗られていた方は“ゾーンボディコンセプト”のクラッシャブルゾーンのおかげで無傷でした。

 ステージアの異様に長いリアオーバーハングを見るたびに、その事故を思い出すと同時に、最近のコンパクトカーに毛が生えた程度の車体に3列シートを詰め込んだクルマの安全性に疑問を感じてしまいます。3列目に乗り、ちょっと後ろを振り返ったら額がリアウインドウに当たってしまうクルマって、販売して良いのでしょうかね?どこもかしこもリストラ、リストラ、残った社員は激務を強いられ半ば居眠り運転での営業活動が常態化、こんな時代においては、前方のクラッシャブルゾーンよりも、後方のクラッシャブルゾーンを確保したほうがよいと思うんですがね、例えば、このステージアのように。

ステージア・25X(WGC34型)
全長×全幅×全高 : 4800×1755×1490mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1470kg
エンジン : 直6DOHC 2498cc 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/12 09:57 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(15)

愛車・アクセラのリフレッシュ 

120807a01.jpg

120807a02.jpg

120807a03.jpg

 先日、私の愛車アクセラの7年目の車検をしていただきました。まだ自分では買ったばかりの新車という感覚だったのですが、時が経つのは早いものでもう7年落ちの“新車”になってしまったんですね。

 さて、7年落ちとはいえ、まだ走行距離も2万6千キロ程、どこも壊れていないし今となっては希少なMT車なので、当面乗り続けるために今回は奮発して下回りのスチーム洗浄と塗装もお願いしました。さらにバッテリーがもう危険水域状態だったそうなので、大容量で知られるパナソニックのものに交換しました。(もちろんディーラーだと高いので、激安通販で購入です)

 そんなこんなで今回はずいぶんと金のかかった車検になってしまいましたが、これでアクセラもすっきりとリフレッシュ、足回りのスプリング等はへたり具合は別として、見た目は新車そのものです。何年持つのかはわかりませんが、乗れる限りこのクルマに乗っていこうと思っています。

 そんなすっきりした気分で普段あまり見ることのない車検証をじっくりと見ていたら、あることに気づきました。前回車検時から今回車検時までの2年間で、5千キロ弱しか走っていなかったんですね。そもそもこのクルマ、家族でMTの運転ができるのは私だけで、私以外に乗る人はいません。仕事に使っているわけでも通勤通学に使っているわけでもない完全な“道楽グルマ”です。最近シャープやパナソニックの大規模リストラの話題が新聞を賑わしていますが、我が家においてはおそらくリストラ対象の筆頭になっていると思います。

 普段から質素な生活を心がけている我が家ですが、我が家におけるアクセラの必要性のなさに気付かれないように家族での会話には気を付けなくてはいけないと改めて思いました。もっとも、多少の道楽がなければ毎日の生活が味気ないものになってしまいますから、個人的にはこの程度は許容範囲だと思ってはいますが、家族の感覚はどうなんでしょうね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/07 16:55 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(14)

旧型車・ホンダ・ロゴ(GA3型) 

120801a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120801a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120801a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120801a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120801a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120801a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年にホンダから発売されたロゴ(GA3型)です。シティとフィットの間で1代のみ存在していましたが、その平凡なスタイルと相俟ってなんとも存在感の薄いクルマでしたね。低い車高の2代目シティで損なわれた実用性を確保すべく、比較的広い室内空間を実現するパッケージングが採用されましたが、いかんせん、このロゴが発売される2ヶ月前にマツダのデミオが誕生し、実用性という観点からはデミオの評価がすこぶる高かったので、ロゴはなんとも特徴のないクルマとして市場に投入されてしまいました。

 さて、このホンダ・ロゴ、今となっては表紙にデカデカと書かれている『Logoのかんがえ』が少々不足していたために一代限りで消滅してしまった運のないクルマとなってしまっていますが、改めてカタログを見てみても、やっぱり本当に特徴がないですね。この特徴のなさ、個人的にはもうじき国内でもお目にかかることになる三菱のミラージュに同じような思いを抱いてしまいます。まあ実車を見たらまた印象も変わるのでしょうが・・・。

 『Logoのかんがえ』がなかなか受け入れられず、苦戦を強いられたホンダでしたが、『Logoのかんがえ』の足りない部分を徹底的に洗い出し、次のフィットで大成功を収めたあたりは流石ですね。そのフィットも既に2代目が誕生してずいぶん経ちますので、3代続けて同じ路線で進めるのか、それとも何かアッと驚く『FITのかんがえ』を示すのか、どうなるんでしょうね。売れている状態のものはできるだけ変えたくないのが人情ですが、変化を望むのもまた人情、なかなか難しいものですね。

ロゴ・5ドア・G(GA3型)
全長×全幅×全高 : 3750×1645×1490mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 870kg
エンジン : 直4SOHC 1343cc 66PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/01 15:47 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。