旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・デミオ(DW型) 

120728a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年にマツダから発売された初代デミオ(DW型)です。コンパクトな車体にも関わらず広々とした車内空間を確保し、その高い実用性からマツダとしては珍しくヒット車となり、当時かなり厳しかった経営状態の改善に貢献しました。この初代デミオが提唱した『小さく見えて、大きく乗れる』というスタイルはその後のコンパクトカーの主流パッケージングとなり、現在ではホンダ・フィットを始めとする売れ筋コンパクトがその特徴をさらに熟成させていますね。

 さて、この初代デミオ、きらりと光る新技術が採用されているわけでもなく、さらに当時危機的状況だったマツダのクルマですから、人に自慢できるブランドがあるわけでもありません。しかし『小さく見えて、大きく乗れる』という新たな価値観が受けてヒットしました。

 うちにはこの次の代のデミオがあるのですが、実際に乗ってみると確かに便利です。コンパクトな車体ですから狭い田舎道でもまったく苦になりませんし、後席を畳んだ状態での積載スペースはとても広く、農業をしていながら軽トラの必要性を感じないほどです。特にこだわりがなければこの手のコンパクトカーが一台あれば実用上、まったく不足を感じませんものね。

 この初代デミオがヒットした事例からもわかるように、新しい価値観を提案し、それが受け入れられればたとえ安っぽいクルマであっても、また潰れそうなメーカーのクルマであっても売れるんですよね。今、自動車メーカーの首脳から8月にも終了しそうなエコカー補助金を延長させようという声が上がっているようですが、あの姿勢は何とかならないものでしょうかね。

 とはいえ、初代デミオが提案した『コンパクトでありながら高い実用性』という価値観がさらに進み、『コンパクトでありながら高い実用性、そのうえ低燃費で維持費も安い』という軽自動車やコンパクトカーに人気が集中するようになったのは果たして良かったのか悪かったのか。『大は小を兼ねる』ではなく、『小は大を兼ねる』になってしまったので、よほどの魅力がなければ便利なコンパクトカーから他のクルマへの買い替えなんて考える必要がありませんからね。

 現在自動車メーカーが直面している問題は、円高や少子化や若者のクルマ離れといったものではないのかも知れませんね。

デミオ・GL-X(DW型)
全長×全幅×全高 : 3800×1670×1535mm
ホイールベース : 2390mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4SOHC 1498cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/07/28 16:52 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(8)

我が家のミニソーラー、運用開始。 

120723a01.jpg

120723a02.jpg

 先日、「メガソーラーよりもミニソーラー?」ということで昨今のメガソーラーブームについて思うところを書きましたが、何事も実践第一、ということで、早速うちでミニソーラーを作ってみました。もう既に実践されている方が大勢おられますので「いまさら」の話題ではありますがご勘弁を。

 写真でもおわかりの通り、中国製の安価な20Wソーラーパネル、安価なチャージコントローラー、そして廃バッテリーをつなげただけのごくごく簡単なものです(ちなみに設置場所も濡れ縁に置いただけ)。工夫したところといえば、バッテリーに直射日光が当たらないように段ボール箱をかぶせ、さらに充電中に発生する水素が充満しないように天井を少し開いているということだけです。工夫でもなんでもないですね。

 ソーラーパネルからのケーブルには、2pinカプラーを付け、チャージコントローラーとバッテリーを介さず、直接ソーラーパネルを使う時にも簡単に接続を変更できるようにしましたが、実際にはソーラーパネル直接の使用はかなり限定的となってしまうようです。

 試しに100均で買ったDCのUSB充電器からアイポッドタッチの充電を試みましたが、日光がよく当たっているときには充電できても、雲がかかると充電が中断され、微妙なときには開始、終了の音がピロリンピロリンと鳴りっぱなしになることもありました。使用する機器に負担を与えないためにも、やはりバッテリーを介しての使用が無難なようですね。

 まだまだ運用開始したばかり、これからこのソーラーパネルのもっとも有効な使い方を模索していこうと思っています。私、結構こういうの好きなんですよね。電気について詳しいわけでもなんでもありませんが、今まで知らなかったことを知る楽しみというか、生きていればずっと勉強の連続で、勉強すれば自分にどんどん知識が溜まっていきます。これほどの快感はありませんよね。

 始めたばかりのソーラー、始めてもいない天ぷら廃油、始めぬうちにどんどん燃料(果樹や庭木の剪定した枝等、今までは地域の焼却場へ持っていっていましたが、ここ最近は畑の片隅に薪として積んでいます)が溜まっていくバイオマス発電、限られた時間の人生ですから、とことん楽しみたいものですね。たとえ社会がどんな状況になったとしても・・・。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2012/07/23 21:22 ] その他 | TB(0) | CM(4)

旧型車・三菱・デリカスペースギア(HS/NS型) 

120718a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に三菱から発売されたデリカスペースギア(HS/NS型)です。パジェロベースで開発されたミニバンということで抜群の悪路走破性を誇り、現在も多くのファンから愛されている名車ですね。ラジコン仲間の一人がこれの4WDロングに乗られており、その5メートル超の全長と2メートル超の全高から、いつも見るたびに“象”を連想してしまいます。しかしながらその方も190cm近い大柄な体格なので、彼とデリカのツーショットではまったく違和感がないから不思議です。

 さて、このデリカスペースギア、草食系男子ならぬ草食系エコカー全盛の現在、たまに街で見かけるととてもワイルドで頼りがいがありそうに思えますね。パジェロやサーフが街に溢れていたころにはそれほど感じませんでしたが、ごついRVがすっかり影を潜めてしまった現在ではスペースギアの存在感が際立っているように思います。後継のD:5もこの路線を継承してとても精悍なイメージがありますが、いかんせん、その後に追加された草食系の弟分2台の存在がちょっとデリカのイメージを崩してしまっているような気がしてなりません。もっとも、フーガやシーマも並んでいる三菱のラインナップにイメージもなにもありませんけどね。

 最近よく思うのですが、カタログ燃費の数値に特化したエコカー、これはこれでとても良いと思いますので、この手のクルマに乗り換えるのがエコだと考える方はどんどん乗り換えてその方なりのエコを追及されれば良いと思います。現在の日本の方針もその方向だと思います。

 しかしながらその一方で、現在の社会システムがかなりほころびかけており、主流派の価値観がいつ反主流派になるのかまったくわからないとても不安定なバランスの中に置かれていることも事実だと思います。

 そんな時代においては、現状のシステムの中でうまく立ち回る術を持つと同時に、社会がどんなシステムになっても生き抜く逞しさと知恵を普段から鍛えておかなくてはならないような気がします。東南アジアやアフリカ等で、何十年も前の日本車がまだ現役で使われており、部品が壊れてもバッテリーを直列に配線し、その場で溶接して修理し、また走り出してしまうという、そんな逞しさと知恵を我々も学ぶ必要があるのかもしれませんね。便利で豊かになるにつれ、自分自身で生きる力と知恵が徐々に退化し、豊かさが破綻すると同時に生きることができなくなってしまう社会って、とっても怖いですよね。

デリカ・スペースギア・4WDロング・スーパーエクシード(HS型)
全長×全幅×全高 : 5085×1695×2070mm
ホイールベース : 3000mm
車両重量 : 2090kg
エンジン : V6OHC 2972cc 185PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/07/18 16:17 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)

メガソーラーよりもミニソーラー? 

 7月から再生エネルギーの固定価格買取制度が始まり、うちの近所でも屋根に太陽光発電を導入される方をよく見かけます。うちにもちょくちょく太陽光発電の営業マンが来られ、屋根に載せる太陽光発電のセールスのみならず、遊休地への事業用発電設備の設置まで勧めてきます。今まで顔を知らない客というのはたいていが怪しげな宗教の布教かアパート経営のセールスばかりでしたが、最近では太陽光発電のセールスばかりです。

 確かに1kWあたり42円で20年間(事業用の場合)にわたって確実に電力会社が発電した電力を買い取ってくれるのなら、畑で野菜を作っているよりも楽で良い暮らしができるかもしれません。しかしながら私は太陽光発電にはとても興味がありますが、メガソーラーと呼ばれるような大規模な太陽光発電システムにはちょっと疑問を持っています。

 相応の蓄電設備とセットになったメガソーラーで、昼夜とは言わないまでも、例えば朝7時から夜7時までは確実に何ワット発電できる、という大規模太陽光発電なら良いですが、現在乱立されている事業用の太陽光発電はそのようなものではありません。

 あるメガソーラーの紹介では、一般家庭に換算すると何千軒分の発電量、という形で規模の説明がされていましたが、当然のことながら夜は発電しませんので、そのメガソーラーが稼動すれば何千軒分の電力がその発電所だけで賄えるという意味ではありません。

 数年前、自宅を建て替えたときに私は太陽光発電は導入しませんでした。理由は停電時にあまり当てにならない設備だったからです。停電時には1.5kWまで使える自立運転モードというものがあるとはいえ、曇っていたり、また当然ながら夜には使えません。1.5kW程度ならクルマのバッテリーに直結するタイプのインバーターが手頃な価格で売っていますので、ガソリンを消費するとはいえ、クルマのオルタネーターのほうがより確実に電力を供給してくれます。

 個人的には、メガソーラーの乱立は脱原発を進めるどころか、反対に脱原発を困難にする方向へ進んでいるのではないかと考えています。メガソーラーの規模が大きければ大きいほど、天候などの影響で発電できないときの担保の規模も大きくなってしまいますからね。

 ソーラー発電は素晴らしい技術ですから、現在の熱病のごときブームが去って見向きもされなくなってしまうことを危惧しています。

 広大な敷地にメガソーラーを作るのではなく、例えば各家庭で冷蔵庫と最低限の照明分として500ワットぐらいは、ソーラーパネルと蓄電池で賄えるような、電力会社と独立した小規模発電を確保するほうがずっと有用な気がします。

 また公共分野としては、信号機や街灯等をそれぞれソーラーパネルとバッテリーで駆動するようにしておけば大規模停電が起きても混乱を最小限に抑えることができます。

 ブラックアウトが発生したら大変なことになる、というのが原発再稼動の大儀ですので、『ブラックアウトしてもかまいませんよ!』という社会を各企業、各家庭が構築すれば、脱原発の議論もより論理的に進められるように思います。

 原発反対だからメガソーラー、という風潮にちょっと疑問を感じていたのでちょっと思うところを書いてみました。それに、1kWあたり42円で20年間にわたって電力を購入してくれるというこの制度、人と人の約束事ほど当てにならないものはありませんからね。まして現在の政府が作った制度となればなおさらです。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/07/11 17:28 ] その他 | TB(0) | CM(12)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。