旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ダイナ(Y50/60型) 

120627a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年にトヨタから発売された5代目ダイナ(Y50/60型)です。発売当初は丸型ヘッドライトでしたが、このカタログが発行された1988年の時点では角型に変更されています。バブル絶頂期に発行されたカタログなのでイメージキャラクターにはいかにもギャラが高そうなマイク・タイソン氏が起用されていますね。ヘビー級のボクサーが写っているととても力強そうなトラックに見えますが、これがもしフライ級のボクサーだと全然力強そうに見えません。イメージキャラクターってやっぱり重要ですね。(とはいえ、タイソン氏の次は確かシブがき隊のふっくんだったような気が・・・)

 さて、今回ダイナを取り上げたのは、このトラックについて何か書くためではなく、ディーゼルエンジン単体の写真で、いちばんカッコよく写っている絵を探していたらこのカタログに行き着いたというだけの理由です。ポーズを決めたタイソン氏と並んで写っているTAFディーゼルエンジン、とても力強そうでトヨタのイメージ戦略は大当たりですね。

 実は今、ディーゼルエンジンにとても興味を持っています。といっても、CX-5等の最新クリーンディーゼルエンジンではなく、“ディーゼルエンジンを天ぷら廃油で動かすこと”についてです。公共の路線バスや市町村のクルマではたまに見かけますが、個人でも天ぷら廃油仕様に改造して実際に乗られている方もおられるようですね。

 まだ勉強を始めたばかりでこの件については知識も技術もまったく持ち合わせていないので詳しいことは何も書けませんが、とりあえずポンコツのディーゼル耕運機でも調達してきていろいろと実験してみようと考えています。そして将来的には農機もクルマも天ぷら廃油、さらに中国製の安価なソーラーパネルと廃バッテリーを組み合わせた独立系太陽光発電システムを構築して、その予備電源としてのディーゼル発電機も天ぷら廃油、農作業をしながらこんな下らない妄想ばかりしています。晩酌しながら家族にこの壮大な計画を語っても「よそから天ぷら廃油貰ってくるなんて恥ずかしいからやめて」と言われていますが、女には男のロマンというものが理解できないんですよね。

 震災から時間が経つにつれ、産業界も以前の大量生産・大量消費モデルへ戻り、政界も政局ゲームの場に戻りつつあるようですが、私はすっかり“クルママニアックス”から“防災マニアックス”に変わってしまいました。高価なリチウムイオン蓄電池や日産リーフから家庭へ電源を供給するシステムも開発されているようですが、私は貧乏人なので、廃品やガラクタで強固な防災システムを構築しようと思っています。人間、生きている限りいつまでも勉強しなくてはいけないものですね。

ダイナ150・スーパーシングルジャストロー・1.25t積(LY50型)
全長×全幅×全高 : 4430×1695×1965mm
ホイールベース : 2255mm
車両重量 : 1450kg
エンジン : 直4ディーゼル 2446cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/06/27 15:58 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

旧車・トヨタ・スプリンター(E90型) 

120617a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売された6代目スプリンター(E90型)です。姉妹車カローラとともにフルモデルチェンジされましたが、スプリンターのほうが多少メリハリの強い意匠が施され、グレード毎の価格もこちらのほうが微妙に高く設定されていたようですね。当時、このスプリンターの5ドアハッチであるシエロの購入を真剣に考えていたこともあり、個人的には歴代スプリンターの中でも好きなクルマです。

 さて、このスプリンター、『すべてにひとクラス上のクオリティを求めて、いま、新しい高級セダンの誕生です。』、『より優雅に、豪華に、高級に。全身は心地よい贅沢で満たされている。』、『いつまでも愛し続けることのできる、高品質セダンの新しい姿です。』等々の文面から分かるように、キーワードは『高級セダン』です。カローラ/スプリンターといえば大衆車の代表車種ですが、この代はあくまでも『高級セダン』、当然のごとく、当時の高級セダンの証である「下品なエンジ色の内装」も用意されています。

 当時はエンジ色の内装が高級セダンの定番でしたが、現在ではさすがに高級車でもこの色の内装を見ることはほとんどなく、代わりに「木目」が高級車の定番になっていますね。もっとも本物の木目が使われているのは一部の本当の高級車だけで、ほとんどが「木目調プラスチック」、さらに親切なことに、印刷技術が進歩した現在では、その「木目調プラスチック」にもしっかりと序列を付けてくれています。クラウンクラスになると、本物と見分けが付かないほどの「木目調プラスチック」、カローラクラスだとおもちゃの鉄砲のグリップを思わせる「木目調プラスチック」。メーカーもなかなかしたたかですね。

 とはいえ、バブル期に主流だった、銀座の超高級(ぼったくり)クラブのソファーを連想させる「エンジ色の内装」によって高級感を演出するよりも、木が好きな日本人の感性に訴えかける「木目調プラスチック」による演出のほうが好感が持てますね。新型カローラ・アクシオのルグゼールなんてとっても分かりやすい高級感の演出で、あそこまで割り切ってやられるとかえって拍手をしたくなってしまいます。

 そういえばホンダが『高級セダン』2車種を販売終了するとの報道がありましたが、こんな時代ですからそもそも『高級セダン』を欲しがる人がもう少ないんでしょうね。まあホンダの2車種の場合、「こんなの日本で売ってどうすんの?」というようなクルマですから当然の帰結にも思えますが・・・。

 時代はどんどん変化していますが、それに応じて変化する人と頑なに変化しない人がいます。現状維持を主張する人と現状打破を主張する人、いろいろな立場の方がおられますが、それぞれの根底には「経済」というキーワードがあるようです。でもここでいう「経済」とは本来の「経世済民(世をおさめ民をすくう)」という意味での「経済」ではなく「経済成長」の意味だけのような気がします。ほんの一側面のみから「経済」を考えると、歪な社会になってしまうかもしれませんね。現在よく耳にする「経済」が、本当は「経世済民」のほんの一側面だけなんだということを認識して、「経済」とうまく付き合っていきたいものですね。

スプリンター・1500・SEサルーン(AE91型)
全長×全幅×全高 : 4215×1655×1365mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1498cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/17 14:48 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)

「綺麗なお花」のその後。 

120615a01.jpg

 以前、このブログで「たまには綺麗なお花でも。」というタイトルの記事を書き、ジャガイモの花の写真を載せました。先日、試し掘りをしてみたところ、もうジャガイモができているようだったので、明日からしばらく雨が続くということもあり、今日、一輪車一杯分だけジャガイモを収穫しました。

120615a02.jpg

 うちはジャガイモについては出荷用ではなく自家消費用として作っているだけなので植え付けも少量で育て方も適当なんですが、この写真の真ん中に写っている半分に切られた種芋一個がこれだけの量のジャガイモになるというのはなんとも面白いですね。大体毎年一輪車に四、五杯分のジャガイモが収穫でき、うちではジャガイモを買ったことがありません。

 まあジャガイモなんてスーパーでもとても安価に販売されていますから、必要なときに必要な分量だけ購入するほうがずっと効率的ではありますが、自分が食べる分は自分で確保できる、という状態でいられるととても安心できるんですよね。ジャガイモは栽培が比較的簡単で、あまり手間もかからないので家庭菜園ができる環境におられる方にはぜひ栽培をお勧めします。ジャガイモは保存ができますので、とりあえずこれがあれば社会がどうなろうとも飢え死にはしませんからね。

120614a02.jpg

 さて、この写真は私が畑仕事しているときにいつも使っているAMのポケットラジオです。どちらも安価なアナログ方式で、左側が確か1000円ぐらい、右側が500円ぐらいだったと思います。エンジン駆動の農機を使うときにはまったく聞こえないので使いませんが、今日のように収穫作業の時にはたいてい作業着のポケットに入れてNHKを聞いています。

 現在はスマートフォン等のとても高性能な情報端末が巷に溢れていますが、個人的にはこのアナログAMポケットラジオが最強の情報ツールのような気がしています。ちなみに左側のパナソニックのものは、単三乾電池2本で24時間付けっぱなしにしても1週間は電池が持ちます。さらにAMラジオの特徴として、雷が近づいてくると雑音が入りますので、気象庁の竜巻注意報よりも早く積乱雲の接近を察知することができます。

 作業中にこのラジオで国会中継を聞いていると、結局のところ、自分の生活は自分で守っていくしかないという結論に至ってしまいます。経済危機に見舞われても生活を確保し、大規模災害に見舞われても生き残るべく対策を各々がしておかなければなりませんね。

120614a01.jpg

 この写真、試し掘りで収穫したジャガイモを使ったじゃがバターです。北海道の定番メニューを参考にイカの塩辛をトッピングしてみましたが、さすが定番メニューだけあってとてもおいしかったです。「いまさらロウソクの生活には戻れない」ということでどんどん原発が再稼動しそうな雰囲気になってきましたが、言葉だけで「安全を確保」するのではなく、本当に「安全を確保」して、このジャガイモのような「持続的な大地からの恵み」を断ち切ってほしくないものですね。個人的には、「ロウソクの生活に戻る」のではなく、「LEDの生活に進む」ことを考えればよいのではないかと思っていますが・・・。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/15 17:18 ] その他 | TB(0) | CM(4)

旧車・スバル・インプレッサ(GC型) 

120611a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にスバルから発売された初代インプレッサのハードトップセダン(GC型)です。20年前に発売されたとはいえ、このモデルは2000年まで販売されていましたからまだ街中でもよく見かけますね。インプレッサといえば高性能なWRXの存在感が極めて大きいですが、このカタログで紹介されているノーマルモデルの地味なスタイルも個人的にはとても好きです。

 さて、この初代インプレッサ、下位グレードのCFなどはまるで銀行の営業車のように地味な小型セダンに見えますが、初代レガシィと共通部分が多く、レガシィの小型版ともいえるクルマです。ライバルの三菱ランサー同様、この手のクルマの廉価グレードって内容を考えるととてもお買い得なんですよね。

 ちなみに同時期のインプレッサやランサーと競合するはずのカローラ、メーカーの規模が大きいだけあってグレード展開のバリエーションが豊富で、営業車用の廉価グレードにはしっかりと4速MTや3速ATといった廉価グレード用トランスミッションまで用意してくれているんです。まあユーザーにとってはあまり嬉しくない配慮ですね。

 上級車種のパーツをアレンジしてお手頃サイズにまとめるというインプレッサの成り立ちは現在も同様で、現行型インプレッサもレガシィを始めとする上級車種のパーツをうまくまとめてとてもよいクルマに仕上がっていますね。個人的には現行型インプレッサのG4は現在販売されている国産車の中で大きさ、価格、内容等を含めてもっともバランスが取れた良いクルマではないかと思っているほどです。あの内容で150万円台(1,554,000円)のグレードがあるんですものね。スバルって大したメーカーだ、と感心しながらスバルのホームページを見ていると、ルクラとかいうOEMの軽自動車にはインプレッサよりも高い価格(1,555,000円)が付いています。やっぱりスバルって大したメーカーだ、と改めて感心してしまいます。クルマの価格というのは電気料金と同じぐらいよくわからないものですね。

-----以下、ちょっと独り言-----

 今日で震災から1年と3ヶ月が過ぎました。未だ全然復旧の見通しが立っていない諸問題が山積している状況ですが、直接被災していない人々の意識の中ではすでに風化が始まっているような気がしてなりません。巨大地震による津波で街が消滅し、「絶対安全な原発」が爆発する様子を我々はリアルタイムにこの眼で見ました。巨大な竜巻が発生して住宅が基礎ごとひっくり返ってしまう場面もこの眼で見ました。また、国内の災害ではありませんが、10年ちょっと前にはアメリカで高層ビルにジェット旅客機が突っ込む様子もリアルタイムでこの眼で見ました。どれも常識で考えれば「想定外」ですが、その「想定外」の出来事が現実に起きていますから、「想定外」という言葉はもはや使ってはいけないんですよね。

 そもそも「想定」している災害が起きるのなら誰も被害には遭いません。「想定外」の災害だから被害が発生するのだと思います。高層ビルの建設でも、ボーイング767が突っ込んでも大丈夫なように、なんて設計されていなかったと思います。ゆえに、我々一人ひとりの防災に対する考え方も、「安全性が確認された耐震住宅だから安心」という感覚ではなく、どんな耐震住宅に住んでいようとも「危険性を認識して」常に防災を意識する必要がありますね。大きな被害に遭ってから「想定外」だったから・・・、なんて後悔しても遅いですからね。

-----独り言、終わり-----

インプレッサ・ハードトップセダン・1.5CX(GC1型)
全長×全幅×全高 : 4350×1690×1405mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : SOHC水平対抗4気筒 1493cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/11 17:26 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(6)

ヤマハ・テッセラクトはどうなった? 

101021a01.jpg
(画像クリックで拡大)

 2007年の第40回東京モーターショーでヤマハが参考出品車として発表したテッセラクトです。この年のモーターショーは日産GT-Rが展示されるということで、私も名古屋で開催されたときに見に行ったのですが、個人的にもっとも惹かれたのはGT-Rではなく、このテッセラクトでした。

 動力源はV型2気筒エンジンとモーターのハイブリットということでしたが、動力源が何だろうとそんなことはどうでもよく、ただただこのメカメカしさにノックアウトされ、真剣に市販を熱望していました。しかし残念なことに、その後のモーターショーで「市販予定車」としてテッセラクトの改良品が発表されることはなく、この話題が上がることもなくなってしまいました。

 まあテッセラクトが発表された後、リーマンショックが起きて自動車産業そのものが冷え込んでしまいましたからもうこのような乗り物が世に出ることなんてないんだろうな~と私自身も半ば諦めていました。

 先日、「超小型車」という規格が新しく設けられ、原付と軽自動車の間に位置する1人から2人乗りの電気自動車がこの夏にも公道走行可能になるというようなニュースを見ました。地方の高齢者が近場の足として利用することを前提に置いているようですが、想定しているイメージはコムスよりも少し大きな車体のようですね。

 このニュースを見てから、私の中でテッセラクトへの熱望がまた甦ってきました。超小型車の規格、ぜひ成功させて、新たな車両区分として定着してほしいものですね。まだ十分使えるクルマを次から次へと買い換えさせて経済を回転させるよりも、こういう新たなジャンルを確立して経済を回転させるほうがずっと健全ですし、新たなジャンルが生まれることによって新たな文化も生まれ、今の閉塞感を打破することにつながっていくと思います。

 「超小型車」というジャンルが確立すると、現在の軽自動車や普通車の販売台数は減少するかもしれません。しかしそれはそれでいいと思います。超小型車に負けないように軽自動車がより魅力的なものになり、超小型車や軽自動車に負けないように普通車がより魅力的なものになっていけばいいだけの話です。「超小型車が1台あれば十分だよね」という状況になるのであれば、そもそも現在の軽自動車や普通車がそれだけ無駄な存在だったということですからね。

 数日前、ちょっと用事があり、京都まで往復300km程の行程をデミオで走ってきました。高速主体のドライブで大人4人が乗るということだったので1.3Lのデミオではちょっと厳しいかな~と思っていましたが、パワー不足を感じることもなく、とても快適に走ることができました。自動車雑誌では評論家の方が「多人数乗車や長距離移動の機会が多いのなら1.5Lモデルを」なんて書かれていますが、1.3Lでも十分ですね。

 さらに言えば、京都の街中って、デミオでも大きすぎますね。それこそ「超小型車」が欲しくなってきます。京都市内をクラウンクラスのクルマで走る方って、ちょっと尊敬してしまいます。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/07 16:38 ] オートバイ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。