旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・シーマ(FGY32型) 

120428a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に日産から発売された2代目シーマ(FGY32型)です。1988年に『きっと新しいビッグカーの時代が来る』というキャッチフレーズとともに登場して『シーマ現象』なる言葉まで生まれるほどの社会現象となった大ヒットカーの新型として登場しました。初代の面影があるといえばあるし、ないといえばないようなデザインの高級車ですね。

 バブル景気という時代背景もあり、『新しいビッグカー』として大成功を収めた初代シーマが誕生してから、そのブームに乗るべくトヨタのセルシオを始めとして各社から『新しいビッグカー』が誕生しました。初代シーマのキャッチフレーズの通り、本当に『新しいビッグカーの時代』が来たんですね。

 後発の他社製ビッグカーはそのどれもが初代シーマよりも『ビッグカー』でしたので、日産が焦ったのかどうかはわかりませんが、この2代目シーマは、「プラス100ccの余裕」という、昔どこぞのメーカーが使っていたキャッチフレーズと同様の大排気量エンジンが搭載されました。まあ初代カローラが「プラス100ccの余裕」といっていたころは1Lに対して1.1Lのことでしたが、4Lに対して4.1Lになったところで下々にはその差なんてよくわかりませんけどね。

 さて、この2代目シーマ、個人的にはあまり強い印象は残っていません。初代が強烈な印象を残し、この2代目が出る前に日産からはさらに上級のインフィニティQ45なる高級車が発売されました。そしてシーマがモデルチェンジをした2年後にセドリック/グロリアがY32型となり、その姿が2代目シーマとそっくりでした。クルマとしてはきっとすばらしかったんでしょうが、なんだか記憶にはあまり残らないクルマでしたね。

 ところで、4代目にていったん打ち止めになっていた日産シーマ、5代目が誕生するみたいですね。なんでもハイブリット専用車で、三菱自工にもOEM供給されるとのこと。日産のHPでスタイルやスペックを確認してみましたが、個人的な印象では、この2代目シーマと意味合いがよく似ているような気がします。フーガとシーマが並んでいたらどちらがフーガでどちらがシーマかはよくわかりませんね。そもそも現行フーガがでかすぎるのに、それよりも大きなフーガのロングホイールベース版を発売するっていう感じですね。

 『きっと新しいビッグカーの時代が来る』というのはこういうことだったんでしょうかね。新型シーマの記事を読んだら、なんだかシャープが国内最大級の80型テレビを発売するという記事とダブっているように思えてしまいました。80型テレビって、どんなお宅の方が購入されるんでしょうかね?横幅1.8mほどあるそうです。畳と一緒ですね。うちはおそらく世間一般からするとかなり大きな家屋ですが、80型テレビを置く場所はありません。『新しいビッグカーの時代』というのも、概念をもう一度考え直さないといけないような気がしています。クラウンクラスの車体で排気量660cc、加速は3000ccと同等、カタログ燃費でなく実燃費が25km/l、こんなクルマが『新しいビッグカー』の定義となるような風潮になってほしいものですね。

---本文ここまで。以下番外編---

 最近、町内の雑用や農作業、おまけに6年ほど使っていたメインのデスクトップパソコンが急に壊れてしまった、ということが重なり、ちょっとてんてこ舞いしています。カタログをスキャンしたりこのブログを書いていたパソコンが壊れてしまったので、急遽、価格コムで調べたとても安価な東芝のノートPCを購入しました。購入金額39,900円、サテライトB551という機種で、ウインドウズ7プロフェッショナル搭載のビジネスノートPCです。余分なソフトは付いていませんが、インテルのCore i3搭載の結構使える機械です。マイクロソフトのHPからダウンロード版のウインドウズ7プロを購入すると39,690円、ウインドウズ7プロ搭載の最新ノートPCを購入すると39,900円。うーん、なんだか世の中の仕組みがわからなくなってきました。ちなみにこのPC、今年の2月に発売されたばかりのもので、メーカー希望小売価格は20万円強のものらしいです。旧型の在庫処分ならともかく、なんでこういう仕組みになっているんでしょうかね?
 まあ、何はともあれ、今までスキャンしたカタログデータは壊れてしまったデスクトップPCのHDDから無事抽出することができました。これが一番気になっていたんですよね。元データはブログにアップしている拡大画像の4倍ほどの大きさ、それを縮小して拡大画像として使っています。これまでスキャンしたのは何百冊にもなりますから、そのデータがPC故障と同時に消滅してしまったら泣くに泣けません。定期的に外付けHDDやDVDにバックアップは取っていましたが、PCって、壊れるときには急に壊れるんですね。IT社会の脆弱さを実感したここ2週間ほどでした。皆様も交通事故に気をつけると同時に、くれぐれもPCデータのバックアップは定期的に行うようにしてください。私が使っていたデスクトップPCというのは、耐久性を重視してサーバー用途として使う機種を選んでいましたが、このざまです。
 カタログデータ抽出は何とかできたけど、次は弥生会計のデータを抽出せねば!と日々奮闘しております。

---番外編、終わり---

シーマ・リミテッド(FGY32型)
全長×全幅×全高 : 4945×1780×1435mm
ホイールベース : 2815mm
車両重量 : 1730kg
エンジン : V8DOHC 4130cc 270PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/04/28 20:32 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(12)

旧車・三菱・ランサー(CB6A/4A/3A型他) 

120422a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された4代目ランサー(CB6A/4A/3A型他)です。カタログには大きく『走りのランサー』と謳われていますが、スタイルはごく平凡でオーソドックスなコンパクトセダンとして登場しました。先代がギャランVR-4を思わせる精悍なスタイルでしたから、ちょっとおとなしくなったイメージでしたね。

 さて、この4代目ランサー、おとなしいスタイルとは裏腹に、クルマとしては確かに『走りのランサー』だったと思います。当時勤めていた会社でこの代のランサーを営業車として使っていた時期があり、7万キロほどこのクルマで走り回りました。グレードは1.5のMXサルーンだったと思います。

 コンパクトで軽量な車体と必要十分なエンジン、そして足回りがしっかりしていたために、高速走行から市街地走行はもちろんのこと、積雪のある山道でも音を上げずに『走りのランサー』を大いに発揮してくれていました。当時担当していた県が海岸地域、平野地域、山岳地帯とすべて揃っていた地域でしたので、まるでランサーの耐久テストをしながら仕事をしていたような感じでした。

 私が乗っていたのは1.5のDOHCだったと思いますが、このランサー、下は1.3のSOHC、上は1.6のV6や205PSのターボまで選り取りみどり、そしてギャランVR-4のエンジンを載せた初代エボリューションまで存在していたぐらいなので、車体や足回りに余裕があったんでしょうね。こういう高性能モデルが用意されているクルマの下位グレードというのは、車体がエンジンパワーを十分に許容範囲に置いているから走っていてとても安心できます。余裕があるから自然と耐久性も高まるのかもしれませんね。

 このランサー、『走り』以外にももうひとつとても大きな魅力がありました。まあこの点についてはドライバーの体格が関係するので一般的な魅力とはいえないかもしれませんが。実はこのランサー、身長170cm、体重60kgの私には、シートを倒したときのヘッドレストの位置がすこぶる快眠をもたらしてくれる枕の位置になるんです。

 当時から昼食後の15分はいつも昼寝をするようにしていたのですが、ランサーのシートで眠る昼寝の気持ちよさといったら、言葉では表現できないぐらいです。ある時、本社から上司が来て一緒に顧客を訪問することがありました。ランサーで出かけ、昼食後、上司ともどもシートを倒していつもの昼寝。アラームで目を覚ました時に上司が発した言葉は、「○○君って、のび太のようにすぐ熟睡するんだな。シート倒してから2秒後にはもういびきかいてたよ」でした。

 入社したばかりの新人の時に仕事を仕込んでいただいたのはその上司、昼食後の昼寝を勧められたのもその上司、仕事の内容はともかく、昼寝の習慣だけは完全にマスターしたところを上司に報告することができました。今まで何台ものクルマに乗ってきましたが、いまだにこのランサー以上に気持ちよく眠ることができるクルマに出会ったことがありません。もう一度ランサーのシートで昼寝をしてみたいものです。

ランサー・MX SALOON(CB3A型)
全長×全幅×全高 : 4270×1690×1385mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 990kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/22 17:16 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)

旧車・マツダ・センティア(HDES/EP/5S/5P型) 

120413a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にマツダから発売された初代センティア(HDES/EP/5S/5P型)です。バブル期、各社が次々と5m級の高級セダンを発売する流れの中、マツダからもルーチェの後継として全長4925mmのフラッグシップサルーンとして登場しました。シーマ現象を巻き起こした初代シーマは全長4890mm、その後、初代セルシオ、二代目レジェンド、そしてこの初代センティアと、すべて初代シーマよりも大きいんですよね。大きいことは良いことだ、という当時の風潮がなんだか懐かしくなってきます。

 さて、この初代センティア、売れたかどうかは別として、個人的には当時各社から発売されていた5m級高級車の中では一番カッコいいと思っていました。もちろんマツダびいきということもありますが、マツダ車ゆえに、当時の高級車からプンプン醸し出されていた“成金オーラ”があまり感じられない点がかえって上品に見えたんですね。まあ当時のマツダ車の場合、“成金オーラ”や“バブリー全開”といったイメージはすべてユーノス・コスモが担っていたので、このセンティアが余計に上品で落ち着いたカッコよさを醸し出していたのかもしれませんね。

 個人的にはもっと評価されてもよいクルマだと思っていたのですが、いかんせん、当時のマツダはご乱心の時期で、同じクルマをアンフィニ・MS-9という車名でも販売していたんですね。フラッグシップとはもともと艦隊司令官が乗り込む旗艦という意味ですので、旗艦が二隻あって、それぞれに別の司令官が乗っているような一つの艦隊がまともな軍事作戦を遂行できるはずがありません。案の定、二隻の旗艦は両方とも沈没してしまいました。

 あまり芳しくない末路を辿ったセンティアでしたが、やっぱりこのデザインは他の高級車とは一線を画すすばらしいものだったと思います。まあそれゆえに居住性やトランク容量も一線を画していましたが・・・。このクルマ、アクセラをちょっと点検に出したときに、短時間でしたが代車で借りたことがあります。その時の印象は、“カッコいい、デカい、低い、狭い”でした。アクセラもそれほど室内空間が広いほうではありませんが、センティアはさらに一回り狭く、圧迫感を感じるほどでした。デザインと居住性はなかなか両立しないものですね。

 それにしてもアクセラの代車としてセンティアをあてがってくれるとは・・・、ちょっと得した気分でした。それに味を占め、ちょくちょく点検に出してしまい、その度にボラれてしまいます。ディーラーにとって良い鴨になってしまっていますね。

センティア・EXCLUSIVE(HDES型)
全長×全幅×全高 : 4925×1795×1380mm
ホイールベース : 2850mm
車両重量 : 1640kg
エンジン : V6DOHC 2954cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/13 12:54 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(12)

旧車・ホンダ・レジェンド(KA7型) 

120406a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にホンダから発売された2代目レジェンド(KA7型)です。1985年に登場した初代レジェンドはホンダ初の高級車として世に出され、クラウン・セドリックの層をターゲットにしていましたので、基本的には5ナンバー枠での高級車でした。しかしこの2代目はバブル期のシーマ現象の波に乗るべく最初から3ナンバー高級車として設計され、全長4940mmという堂々たる体躯で登場しました。

 さてこの2代目レジェンド、「ホンダが本気になって高級車を手がけたらこんなに立派なクルマができるんだぞ!」という意気込みを体現したような立派なクルマなのですが、この2代目が出た当時、なぜか初代に比べて印象が薄くなったような気がしました。“スーパー・レジェンド”という立派なキャッチフレーズと共に華々しくデビューしたにも関わらず、です。

 まあこれは私が個人的に感じていただけなので、多くの方々は異なる見解をお持ちだと承知の上でその理由を書くと、当時から現在に至るまで、ホンダのアコードクラス以上のクルマはデザインが似すぎているんですよね。大きさこそ違えど、顔立ちや雰囲気はそれぞれがそっくりです。そのうえ、当時はアスコットやビガー等といったアコードの姉妹車も数種類ありましたので、ホンダのクルマは近づいて名札を見ないと良くわかりませんでした。ちなみに現在も、アコード、インスパイア、レジェンドの判別を瞬時にできません。特にインスパイアとレジェンドは、大きさも同じですから近くで見てもよくわかりません。

 その点、初代が登場した1985年時点では、アコード及びその姉妹車はリトラクタブル・ヘッドライトでしたから、初代レジェンドの印象がはっきりと残ったのかもしれませんね。

 ところで、以前レジェンドが生産中止になるという報道を見た記憶があったのですが、あの話って、一体どうなったんでしょうね?あの報道が流れた後でもマイナーチェンジされ、現在もラインナップにあるみたいですので、誤報だったんでしょうかね。まあ私にはあんなに大きくて高価なクルマは縁がないのでどちらでも良いことですが・・・。

レジェンド・α(KA7型)
全長×全幅×全高 : 4940×1810×1405mm
ホイールベース : 2910mm
車両重量 : 1590kg
エンジン : V6SOHC 3206cc 215PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/06 13:27 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(24)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。