旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・ディアマンテワゴン(K45型) 

120330a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に三菱から発売された初代ディアマンテワゴン(K45型)です。ヒット作となった初代ディアマンテのワゴンバージョンなのですが、このクルマは4ドアハードトップとは異なり、オーストラリア三菱で生産されたものを輸入するという形で国内販売されました。

 さて、この初代ディアマンテワゴン、大ヒットしてカー・オブ・ザ・イヤーまで獲得した初代ディアマンテのステーションワゴンという恵まれた位置付けのクルマであるにも関わらず、ずいぶんと印象が薄かったですね。まあ理由は、輸入車であるということやクルマ自体に問題があったのではなく、営業戦略上のミスだったのではないかと個人的には考えています。

 そもそも初代ディアマンテが人気車種となったのは、“安価に乗れる憧れの3ナンバー車”という理由からだったと思います。ところがこのワゴンは、345万円のV6・3000ccグレードのみで国内販売をスタートしました。この価格、当時のクラウン・ステーションワゴンの上級グレードよりも高価でしたから、なにもクラウンよりも高い金出してまで“安価に乗れるディアマンテ”に乗る必要はないと多くの方が思ったことでしょうね。

 流石に三菱もすぐに失敗に気付いたようで、翌年に260万円ほどの廉価グレードを追加します。しかし時すでに遅し、最初に付いてしまったイメージななかなか覆すことができず、ディアマンテワゴンはずっとパッとしない状態が続きました。そしてモデルチェンジで2代目になった後、最終的には廉価グレードのみというラインナップとなり、とうとう国内でのワゴン輸入販売は終了してしまいました。

 個人的にステーションワゴンという形態のクルマは好きなのですが、このディアマンテワゴンの扱いを見ていると、当の三菱自身がステーションワゴンを“おまけ”という位置付けとして考えていたように思えてしまいますね。ステーションワゴン人気がかなり低くなってしまった現在においても人気車種であり続けているレガシィを世に送り出したスバルとは、おそらくステーションワゴンに対する思いが異なるんでしょうね。

 そういえばディアマンテワゴン同様、輸入車として国内販売されているトヨタのアベンシス、あのクルマって売れているんでしょうかね?個人的にはトヨタのステーションワゴンとしては珍しく、素晴らしくカッコいいクルマだと思います。あれでも販売が芳しくないのであれば、国内においてステーションワゴンが復権することはかなり難しいかもしれませんね。

ディアマンテ・ワゴン(K45型)
全長×全幅×全高 : 4785×1780×1515mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1590kg
エンジン : V6SOHC 2972cc 165PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/03/30 16:42 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)

番外編・ドコモのスマートフォン 

120327a01.jpg

 クルマとは全然関係のない話ですが、今話題のスマートフォンなるものを購入しました。購入理由は月々の携帯料金を節約するため、というおそらく世間一般の方々とは異なる理由です。現在、携帯各社はスマートフォンの顧客を取り込もうと必死らしく、極端な低価格で端末をばら撒いているようです。私が購入した金額もポイントを差し引いたら8000円弱。ドコモのSH-12Cという昨年発売されたものらしいですが、こんなものが8000円で買えるなんて!と少々驚いております。

 それにしても携帯電話の料金体系というのは不思議なものですね。なんでも新機種を購入すれば半額の料金プランが適用されるとのこと。この端末を購入するにあたって、今まで使いもしないのに契約していたiモードとパケホーダイを解約しましたので、月額980円だけになりました。私の場合、メールは電話番号のショートメールしか使わないし、外出先でネットに接続してどうこうという機会もありませんので、spモードも未契約、ゆえにパケホーダイも不要という、ずいぶんすっきりした料金プランになりました。今まで相当ぼられていたみたいですね。

 そもそも『無料通話分1050円はそのままで980円』というのはなんとも矛盾した表現で、どういうカラクリになっているのかはわかりませんが、こういう表現がまかり通るということは、この980円という金額もきっとぼられているのでしょうね。

 まあ料金体系についての疑問はさておき、このスマートフォンという機械は凄いですね。以前購入したアイポッドタッチにもびっくりしましたが、このアンドロイドというものもそれに負けず劣らず面白い機械です。写真では画面にこのブログを表示させていますが、これ、端末に向かって「旧車カタログコレクション」と話しかけると音声を認識してグーグル検索の結果が表示され、そこからこのブログに辿りつくことができてしまったんです。

 ほんのちょっと前の音声認識なんて、例文を長々と読んで声の癖を覚えこませ、その上でゆっくり丁寧に話しかけても誤変換ばかりだったのに、今では普段の会話と同様の話し方でほぼ完璧に認識されてしまいます。「コマツナの栽培方法」、「チンゲンサイの作り方」等、私だけでなく他の家族が次々に語りかけてもほとんど誤変換がありません。これならナイト2000のようなクルマができるのも時間の問題かもしれませんね。

 ちなみにこの端末、GPS機能が付いていてナビにもなるとのことだったので一度試してみましたが、自宅で目的地を設定すると道案内が始まるものの、自宅から出てしばらくすると『データ接続が失われました』と言われ、道案内が終わります。ナビとして使う場合はspモードとパケホーダイは必須みたいですね。まあうちのクルマは2台ともナビが付いているのでうちには不要ですが。

 昔、アラン・ケイという科学者が誰もが使えて持ち運びできるコンピュータということで“ダイナブック構想”を掲げていましたが、アイポッドタッチやこのアンドロイドはもうその先へ進んでいるようですね。今のところ、性能や見た目は劇的に変化していても仕組みは昔のコンピュータと同じなのでなんとか私も付いていけますが、仕組み自体が変わることもありえるかもしれませんね。楽しみ半分、怖さ半分、さて、コンピュータの将来は?おそらくクルマの将来にも大いに関連してくると思いますので、この分野の動きにも注目したいものですね。



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/27 13:20 ] その他 | TB(0) | CM(6)

旧型車・日産・ミストラル(R20型) 

120323a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に日産から発売されたミストラル(R20型)です。このクルマはスペインで生産され、ヨーロッパでは1993年からテラノ2として販売されていたクルマが、国内で輸入販売されたものです。きっと当時のRVブームに乗っかるためにはタマ数が多いほうがよいという考えで国内販売に踏み切ったんでしょうね。

 さて、この日産ミストラル、ボテッとして締りがなく、言っちゃ悪いですがあまりカッコよくないですね。ヨーロッパではこういうのが受けるのかも知れませんが、個人的にはちょっと受け付けないデザインでした。RVブームだった当時、パジェロやサーフには及びませんでしたが、日産にはテラノがあり、それなりに存在感を示していたような記憶があります。

 そこへちょっと微妙なスタイルのミストラルを投入、なんだかこのクルマ、私にとっては日産の四駆というよりも、当時何種類かあったいすゞの変り種RVの1台というような感覚でした。このカタログは国内販売された当初のものですが、ミストラルは後にマイナーチェンジされて丸型ヘッドライトに変更されます。丸目となったミストラルはさらに締りがなくなり、案の定、国内販売は終了してしまいましたね。

 国内での販売が終了した後も、ヨーロッパでは販売が続けられました。やっぱりデザインの好みというのは国、地域によって異なるものなんですね。

 今後、日本メーカーだけではなく、世界各国の自動車メーカーが『世界戦略車』という形でクルマを販売していくことが主流となっていくと思います。ポルシェやフェラーリ等は、そのとんがった個性自体が『世界戦略』なのでポルシェらしさ、フェラーリらしさがより増していくでしょうね。ベンツやBMWもどちらかといえばその系統ですので、より“らしさ”が増していくと思います。

 大変なのは個性自体が『世界戦略』とならないメーカーです。こちらはどの地域でもある程度受け入れられるように無難な線でまとめなくてはならないので、“らしさ”がどんどん減っていきます。ミストラルが受け入れられる地域と受け入れられない地域の双方でそれなりに成功するラインって、かなり難しいような気がします。

 日産マーチに三菱ミラージュ、あの手のクルマをいかに低コストで世界中にばら撒くか、ということが自動車メーカーの主要課題となるのであれば、近い将来には中国やインドの自動車メーカーが世界中を席捲しそうですね。今以上に高級車と大衆車の差が開き、極端に二極化したクルマ社会。まあそれはそれで面白そうですね。もちろん私が乗るのは大衆車のほうですが・・・。

日産・ミストラル・Type X(Y-R20型)
全長×全幅×全高 : 4675×1755×1805mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1910kg
エンジン : 直4OHVディーゼルターボ 2663cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/23 16:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・スプリンターリフトバック(TE61/62/KE60型) 

120316a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1976年にトヨタから発売されたスプリンター・リフトバック(TE61/62/KE60型)です。1974年にセダンとクーペでスタートした3代目スプリンターに、新たなボディタイプが追加される形で誕生しました。クーペの後部を膨らませて大きなハッチを付けたようなスタイルですね。

 さて、このスプリンター・リフトバック、カッコいいといえばカッコいいですが、微妙といえば微妙です。3ドア、5ドア問わず、当時の後部ハッチを持つクルマの多くは、極めて平面に近い形状のハッチが装備されていましたから、きっとその不自然な平面さがクルマ全体のまとまり感を欠けさせる原因になっていたんでしょうね。

 カタログにこんな記載があります。
 『かまぼこを、どう切るか。という議論。・・・ちょうど、かまぼこをまっすぐに切るか、斜めに切るかによって断面の面積が変わるように、開口部の大きさと全体のプロポーションとの関係が追求されつづけていた。』
 この記述からもわかるように、当時のリアハッチ型のクルマは、『どこでスパッと切るか』が重要な命題だったんですね。ゆえにどこで切っても“切り口”が浮いてしまっていたような気がします。

 その点、現在は包丁でスパッと切った後に切り口を全体のまとまりから浮かないように丁寧に修正していますから、一見するとセダン、クーペといわれてもまったく違和感がないようにまとまっています。アテンザ・スポーツなんて、うまくまとまっているリアハッチ型の代表例ですね。

 ところでこのスプリンター、クーペとリフトバックについてはあまりフロントマスクがカッコよくありません。まるで寸詰まりのフェアレディZのようです。当時街でスプリンター・リフトバックを見かけると、なぜかカマキリのように見えました。カマもないし大きな目が付いているわけでもありませんが、どういうわけかカマキリとイメージがかぶっていたんですよね。なぜカマキリに見えたのかは自分でも未だによくわかりません。

 そんな、個人的にはちょっと微妙と思われたスプリンター・リフトバックでしたが、あらためてカタログを見てみると、リアゲートに腰掛けるアグネス・ラムさんがなんとも自然に感じられるようなヤング向け(ちょっと表現が古いですね)のデートカーに見えてしまうから不思議です。それに相手役が『竜馬伝』で武市半平太役の大森南朋さんを足蹴にしていた容堂公の近藤正臣さんというのも新鮮ですね。

 このカタログは36年前のもの、ずいぶん時が過ぎましたが、つい最近、このカタログに載っているアグネス・ラムさんそのもののお姿をテレビで拝見したような気がします。たしかパチンコ台のCMだったかな?ヤングな近藤正臣さんが容堂公になられたぐらいですから、ヤングなアグネス・ラムさんもきっと当時の“ラムちゃん”から変わっているんでしょうね。自分の記憶の中には、パチンコ台のCMだけをとどめておきたいと思います。

スプリンター・リフトバック・1600GS(TE62型)
全長×全幅×全高 : 4120×1600×1320mm
ホイールベース : 2370mm

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/16 14:32 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(20)

旧車・日産・セドリック(330型)その2 

120309a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1975年に日産から発売された4代目セドリック(330型)です。330セドリックについては以前に本カタログのご紹介をしましたが、二谷英明夫妻が表紙のカタログが見つかりましたので、再度ご紹介させて頂きます。

 セドリックといえば二谷英明、というぐらいセドリックと二谷さんはお似合いですね。230、330、430、Y30と4代にわたってイメージキャラクターをされていたので当然といえば当然ですが、やっぱり二谷さんの落ち着いた雰囲気と高級車セドリックのイメージが合致していたからこれほどまでしっくり馴染んでいたんでしょうね。そんな二谷さんも今年の1月にお亡くなりになられてしまいました。セドリックがフーガになって久しいですが、二谷さんまでおられなくなってしまうとは、なんだかとても寂しいと同時に、時の流れを感じますね。

 さて、久しぶりに『特捜最前線』で活躍されておられた二谷さんを思い出しながらこのカタログを眺めていたら、カタログ内のあるフレーズが妙に心に響きました。4枚目の内装写真の下に書かれている、『これ以上なにをお望みですか?』という部分です。

 “ぜいを尽くした装備類。厳選されたシート。活動の、思索の、そして憩いの時をゆたかに演出するセドリックです。”ゆえに“これ以上なにをお望みですか?”が全文ですね。確かに当時の330セドリックは『これ以上なにをお望みですか?』というぐらいの高級車でした。しかし多くの人々が『さらにあれもこれも』と望んでいたようで、現在のフーガは当時の330セドリックとは比べようもないほどの超高級車になっています。いったいこの流れはどこまで続くんでしょうね?

 あの大震災から1年が過ぎようとしています。原発事故についても、政府は収束宣言をしましたが、ど素人の私にはとても収束しているようには思えません。自動車産業についても、震災後、確かトヨタはエスティマハイブリットに搭載されている1500W電源機能を他のHV車にも広げていくというようなことを言っていた記憶がありますが、東北復興の象徴として東北で生産されているHV車のアクアには搭載されていないようですね。

 原発事故でこれほどの被害を出しながら、日本の原発を海外に輸出すると言っている方もおられますし、経済界の偉い方はなんとか停止中の原発を再稼動させようと必死ですし・・・、なんだか思わず『これ以上なにをお望みですか?』と問いかけたくなってしまいます。

 中途半端なものをどんどん作ってどんどん売って、そして飽きが来たらまた新しい中途半端なものをどんどん作って売って・・・、という経済活動をしていけば確かに経済は活発になります。経済が活発になれば税収も増えるし、もう既に破たんしてしまっている年金制度も、ばれる前に見かけ上の体裁を整えることが出来るかもしれません。そのサイクルを維持するためにはやっぱり大量のエネルギーが必要となります。ゆえに人口の少ない田舎で原発を運転しなくてはなりません。・・・この流れから脱却することはやっぱり不可能なんでしょうかね?

 震災を機に私自身、ずいぶん考え方が変わりました。クルマへの興味も以前より少なくなってきていると思います。カッコいいクルマ、低燃費なエコカー、便利なスマートフォン、綺麗な画面の液晶テレビ、魅力的な製品がどんどん世に出され、生活が豊かになることはとても良いことだと思います。ただ、それら魅力的な製品群が世に出される一方で、負の側面もたくさん生み出されていることも忘れないようにしたいものですね。

 人口減少が確実になっている現在、かなり可能性が低い大幅な経済成長を目指すのもひとつの手ですが、ほどほどのところで社会をうまく回すバランス感のある舵取りも必要な気がします。一度あらゆる立場、あらゆる環境の方に一斉にアンケートを取ってみるのも良いかもしれませんね。『これ以上なにをお望みですか?』、本当に必要な製品、サービス、制度が浮き上がってくるかもしれませんね。

セドリック・4ドアハードトップ・2800SGL(KPF330型)
全長×全幅×全高 : 4785×1705×1430mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1465kg
エンジン : 直6OHC 2753cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/09 12:19 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(31)

旧車・三菱・ランサーフィオーレ(A155/156A型) 

120302a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年に三菱から発売されたランサーフィオーレ(A155/156A型)です。“ランサー”という車名は付けられていますが、ご覧の通りミラージュセダンの姉妹車で、ミラージュの特徴であるスーパーシフトも健在です。同時期にランサーEXも販売されており、こちらの方がランタボの影響で印象が強かったため、ランサーフィオーレは「花」というサブネームが付けられていたにも関わらず、「華」はなかったですね。

 さて、ちょっと印象の薄いこのランサーフィオーレですが、実は姉妹車のミラージュとともに国内初となる新技術が採用されていたクルマです。カタログでも“あっと驚く超低燃費”として紹介されていますが、このクルマには状況によって4気筒のうち2気筒を休止させる機能を持った1400オリオンMDエンジン搭載車が用意されていました。最近ではホンダがインスパイア等のV6エンジンで気筒休止を行っていますが、この機能が国内で初めて採用されたのが1.4Lの直4という小型エンジンだったというのはちょっと意外ですね。

 私はこのランサーフィオーレ及びミラージュの気筒休止エンジン搭載車には乗ったことがありませんのでその運転感覚はわかりませんが、後にMIVEC-MDという発展形が世に出されたものの、それっきりで現在は存在していないようです。おそらくあまり効果がなかった、もしくは何か欠点があったということだったのかもしれませんね。このオリオンMDエンジンについてよくご存知の方がおられましたら、その運転感覚等についてご教示頂けたら幸いです。

 ところで、このカタログには10モード燃費が20.0km/l、60km/h燃費が30.2km/lと記載されています。実際のところはどうだったんでしょうね?

 先日、「e燃費」というサイトを見てびっくりしました。このサイトには様々な車種のオーナーが投稿した実燃費の平均が掲載されており、カタログ燃費と実燃費の達成率なるものも記載されていました。

 それによるとエコカーの代名詞、現行型プリウスの実燃費は18.93km/lで達成率は49.81%、期待の新人アクアは実燃費19.79km/lで達成率49.47%。どちらも燃費性能が良いことは認めますが、達成率が50%にも満たないというのはちょっと問題のような気がしますね。状況によって期待する燃費性能が発揮できないことはもちろん誰もが考慮しますが、平均を取ると半分にも満たないというのは、明らかに誇大広告だと思います。ちなみに50%を割っているのはこの2車だけです。ハイブリット車特有の運転方法でないとカタログ燃費に近づけられないのならその“コツ”をカタログにわかりやすく明記すべきだと思いますし、そうでないのならカタログ燃費の算定方法を根本から改めなくてはならないと思います。どちらも販売台数が半端でないベストセラーカーなので、このまま達成率が50%未満という状況がずっと続くと、やがて大きな社会問題になってしまうかもしれませんね。

ランサー・フィオーレ1400EL(A156A型)
全長×全幅×全高 : 4105×1590×1350mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 820kg
エンジン : 直4OHC 1410cc 82PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/02 13:40 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(16)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。