旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ファミリアネオ(BH型) 

120224a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にマツダから発売されたファミリア・ネオ(BH型)です。8代目ファミリアは4ドアセダンと3ドアハッチバックのラインナップがありましたが、そのうちの3ドアハッチバックに対して、斬新なスタイルと、“ネオ”というサブネームが与えられました。“新方向ファミリア”というキャッチフレーズの通り、おそらく当時かなり厳しい経営状態だったマツダとしては、このネオで一発当ててなんとか“新方向”へ抜け出したいと考えていたんでしょうね。

 さて、このファミリア・ネオ、車名を聞いてパッとどんなクルマかが頭に思い浮かぶ方っていったいどれぐらいおられるんでしょう?言い方は悪いですが、もしかしたらオーナーかマツダ関係者か、よほどのクルマ好きぐらいしかファミリア・ネオをすぐに思い浮かべられる方なんておられないかもしれませんね。かく言う私自身も、このカタログを久しぶりに目にするまですっかり存在自体を忘れていました。ファミリアといえばマツダの主力車種なんですが、マツダファンの、そしてファミリアの後継車に現在乗っている私からも存在自体を忘れられてしまうファミリアというのもなかなか凄いですね。まだつい最近のファミリアなのに・・・。

 バブル期、通産省から迎えた社長のもとで多チャンネル化を推し進め、マツダはピンチに陥りました。その後、銀行から社長を迎えて何とか立て直そうとしましたが、多チャンネル化の失敗は大きすぎて立て直すことが出来ませんでした。このファミリア・ネオが発売された頃は銀行管理下の時期で、私の関心はマツダ“車”ではなくマツダ“社”に向いており、新型ファミリアよりも、いつまで頑張れるかという点に興味がありました。それゆえ私の中にファミリア・ネオの印象が残っていなかったのかもしれませんね。

 その後、96年には皆様ご存知の通り、フォードから社長を迎えて新生マツダに向かっていきました。フォードから社長が来られたことが関係しているのかどうかわかりませんが、96年には3ドアハッチバックのネオのみが国内ラインナップから外れ、斬新なスタイルではなく、4ドアセダンと同様の顔を持ったオーソドックスな3ドアハッチバックが加わりました。ということで、このファミリア・ネオ、ほんの短期間しか販売されていなかったんですね。

 ファミリア・ネオの時期もマツダはとても厳しかったようですが、現在も大変なようです。国内生産比率が際立って高いマツダは昨今の円高の影響をもろに受け、4期連続の最終赤字とのこと。財務基盤強化のための大規模な公募増資の話題が連日報道されていますね。当時のように多チャンネル化でピンチになるのはある意味仕方のないことですが、現在のように為替相場という外的要因でピンチになるのはどうにもやり切れない気持ちで一杯です。一マツダファンとして、なんとかこのピンチを乗り切ってほしいものです。

ファミリア・ネオ・インタープレーX(BHA5S型)
全長×全幅×全高 : 4030×1695×1405mm
ホイールベース : 2505mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1489cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/02/24 16:52 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(20)

旧車・トヨタ・スターレット(EP71/NP70型) 

120218a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年にトヨタから発売された3代目スターレット(EP71/NP70型)です。トヨタのボトムレンジを担うスターレットもこの代からカローラ等と同様にFFとなりました。3代目には100PSオーバーのターボエンジンが搭載されたグレードも用意され、“かっとびスターレット”という愛称で走り屋の方々からも人気があったクルマでしたね。

 さて、3代目スターレット、このカタログはモデル末期のものなので“辛口ターボ”というキャッチフレーズが記載されていますが、その言葉通り、本当に辛口なクルマでした。こういう“辛口”(じゃじゃ馬的?)が好きな方にはたまらないクルマなんでしょうが、個人的にはこのクルマは“中辛”ぐらいがちょうど良いのではないかと思っていました。まあそう考える方はノンターボのグレードを選べば良いだけですから、辛口も中辛も甘口も用意してくれていた当時のトヨタはある意味、とても良心的でしたね。

 この“辛口ターボ”、当時近所のガソリンスタンドの息子さんが乗られていました。スタンドへ行くたびに、オーナーが苦い顔で、「また息子が事故を起こした」と何度も愚痴をこぼしていたことを覚えています。スタンドの隣に住居もありましたから、常に生傷の絶えない“辛口ターボ”をよく見ていました。

 最初のうちは板金修理をしていたようですが、そのうちに素人タッチアップだけの修理となり、最後にはガードレールの白と思われる白いラインもそのままで、どこにこすったのか容易に想像できそうな様々な傷を勲章の如く近所に披露していました。

 オーナーはいつも「スターレットが走りすぎるから」と愚痴をこぼしていましたが、息子さんのスターレットを見るたびに、「これはスターレットの性能が問題なのではなく、息子さんの性格か運転技術に問題があるのでは?」と思っていました。(もちろん思っただけで、口には出していません)

 あれから四半世紀が過ぎ、現在そのガソリンスタンドは営業していません。息子さんが亡くなったという話は聞いていませんので元気でおられると思いますが、同居はしていないようです。まだご健在のオーナーが乗られている軽がひっそりと停められた隣の住居を見るたびに、「やっぱりスターレットの性能ではなく息子さんの性格だろう」という思いと、当時の勲章だらけのスターレットを思い出します。

スターレット・3ドア・ターボS(EP71型)
全長×全幅×全高 : 3770×1600×1380mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 790kg
エンジン : 直4OHCターボ 1295cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/18 12:10 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(12)

旧車・スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(BF3/5/A型) 

120210a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にスバルから発売された初代レガシィ・ツーリングワゴン(BF3/5/A型)です。このカタログは91年にマイナーチェンジされた後期型のものなので、前期型とはフロントの形状が少し変わっていますね。ページをめくっていくと、今ではすっかりダイハツ・ミラ・イースの顔となっているブルース・ウィリス氏が、髪の毛フサフサ状態で登場しています。レガシィが誕生したのはまだ最近のような気がしていましたが、ずいぶん時間が経ったものですね。

 さて、スバルのレガシィといえばステーションワゴンブームの立役者で、ツーリングワゴンがすぐに頭に浮かびますが、初代レガシィ誕生時に大々的にPRされていたことは、セダンが10万kmの速度記録を達成したということだったんですよね。セダンとツーリングワゴンの販売比率も、販売開始の89年にはほぼ半々でした。しかしツーリングワゴンの人気が高まってくると徐々にワゴンの比率が高まり、2代目になるとセダン・ワゴン比が1:8ほどになってしまい、レガシィ=ツーリングワゴンというようになってきました。そしてそれではまずいと3代目からセダンにB4というサブネームを与えてテコ入れをし、以後、スポーティセダンとツーリングワゴン、どちらもそれぞれに魅力的なキャラクターを維持していますね。

 ところで、カタログのブルース・ウィリスさんが写っているページには、“豪華さを誇示するようなクルマや、やたらと性能を競うようなクルマは好きではない。ブランドで買ったわけではないし、トレンドに乗ったわけでもない。必要にして十分な性能と装備。そんなところも気に入っている。”と記されています。そして次のGTのページには、“力は誇示するよりも内に秘めておいた方がいい。”との記載があります。

 レガシィは代々人気車種ですから、オーナーの方それぞれにとっての“レガシィである理由”があると思いますが、個人的には上記の部分がレガシィのもっとも大きな魅力だと思っています。

 それにしてもこのカタログは91年のものですから、当時は確かに“豪華さを誇示するようなクルマ”、“やたらと性能を競うようなクルマ”、“ブランドで買ったクルマ”、“トレンドに乗ったクルマ”が溢れていましたね。不況のどん底にある現在でも、不思議と当時以上にこれらのようなクルマが溢れているように感じられるのは気のせいですかね?まあ当時と異なるのはやたらと競っている性能というのが燃費性能である点ですが・・・。

レガシィ・ツーリングワゴン2.0 TURBO GT(BF5型)
全長×全高×全幅 : 4620×1690×1500mm
ホイールベース : 2580mm
車両重量 : 1400kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/10 13:35 ] 1980年代スバル | TB(0) | CM(12)

旧車・トヨタ・セラ(EXY10型) 

120203a01l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a02l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a03l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a04l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a05l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a06l.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にトヨタから発売されたセラ(EXY10型)です。特徴的なガルウィングドアとガラストップを纏い、コンセプトカーそのもののイメージで発売され、大きな話題となりました。もっとも、話題となっただけで、ベストセラーになったという話は記憶にありませんが・・・。

 さて、このセラ、もちろん一番の特徴は憧れのスーパーカーでしかお目にかかることがないガルウィングドア及び、開放的な気分を味わえるガラストップが装備されていることですが、それ以外には特にセールスポイントがありません。先進的なオーディオシステムも特徴のひとつといえなくもありませんが、これはオプションなので、付けなければ高性能なオーディオ機能を堪能することはできません。

 つまりこのクルマ、ガルウィングドアとガラストップが付いたスターレットです。でもこういうクルマっていいですね。高性能エンジン、静粛性、低燃費、高級感、利便性等、それぞれのクルマがあるテーマを基に開発されているわけですが、開発テーマが“ドア”というのは後にも先にもこのセラだけだと思います。

 エコカー一辺倒の現在においては、いかに低燃費を実現するための優れたシステムが導入されているかがカタログで大きく謳われていますが、このセラの場合、最初に謳われているトピックが“ドアの内部に組み込んであるドア操作力温度補償ステー”。なんでも“気温が変化しても、ほぼ同じ力でドアが開閉できるようにしています。”とのこと。

 自動車産業にとってはとても厳しいご時勢になってきましたから、おそらくカタログで最初に表記する機能説明が“ドアのダンパー”というクルマが今後発売されることはまずないでしょうね。

 以上にように、とても個性的なセラでしたが、販売台数は5年半で1万6千台弱。まあほとんど売れなかったレア車の部類に入る台数ですね。それに引き換え車格も価格帯もほぼ同じクルマであるトヨタの新型アクア、1ヶ月で12万台も受注したとのこと。やっぱり今の時代、“ドア”よりも“リッター40km”のほうが必要なんですね。

トヨタ・セラ(EXY10型)
全長×全幅×全高 : 3860×1650×1265mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 890kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/03 17:17 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(16)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。