旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ギャラン(E31/32/33/39A型) 

120127a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年に三菱から発売された6代目ギャラン(E31/32/33/39A型)です。いかにも三菱っぽい逆スラントノーズの精悍なフロントマスクが印象的で、カタログでも“インディビデュアル4ドア”という聞き慣れない外来語のキャッチコピーが使われている通り、個性的な存在でしたね。また皆様ご存知の通り、この代のギャランにはVR-4というスポーティーグレードが用意されており、4G63ターボエンジンが搭載された後のランエボの直接的な祖先としても有名ですね。

 さて、この6代目ギャラン、当時勤めていた会社の同僚に、VR-4ではありませんでしたが、このギャランに乗られていた方がいました。とても個性的な方で、カタログの言葉を使えば“<個>にこだわるインディビデュアリスト”そのもののような方でした。

 その彼、既婚で子供もおられたのですが、どういうわけか離婚され、マンションも子供も手離し、まだしばらく続く養育費の支払い義務を負いながら、ギャラン1台で再スタートを切るとのこと。なんでも田舎出身の彼と都内出身の奥様、価値観が合わなかったそうな・・・。

 その話を聞いたときには、ギャラン1台以外は全て奥様に渡してしまうとは、さすがインディビデュアリスト!と思ったものでした。

 ところが、それからあまり時間が経たないうちに、再婚したから挨拶に行くという連絡がありました。部署は違ったものの、同僚でしたが結婚式には呼ばれていませんし、結婚したという話も聞いていませんでした。

 夜、約束の居酒屋で待っていると、なんと彼はお腹の大きな新しい奥様を連れてきました。うーん、これって、“さすがインディビデュアリスト!”ではなく、価値観が合わないのでもなく、ただ彼が女癖悪かっただけではないのかな?ギャラン以外全て奥様に渡してしまったというのも、本来ならギャランも渡さなくてはならなかったけど、奥様がいらないと言っただけではないのかな?と余計な詮索をしてしまいました。もちろん頭の中で考えただけで口には出していませんが・・・。

 その日は、話題を選びながら無難な会話をし、何とか二人の前でボロを出すことなく過ごせてホッとした記憶があります。ちなみに彼、ギャラン1台で再スタートを切ると言っていましたが、その日の会話で、カローラに買い替えたと言っていました。

 <個>にこだわるインディビデュアリストが再スタートを誓ったはずの相棒、インディビデュアル4ドア・ギャランがあっという間に“できちゃった再婚男のカローラ”に・・・。まあギャランに罪はまったくないのですが、なんだか個人的にはとても好きだったこのギャランがかわいそうでした。

ギャラン・MX(E33A型)
全長×全幅×全高 : 4530×1695×1430mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1160kg
エンジン : 直4DOHC 1997cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/01/27 16:02 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(18)

旧車・ダイハツ・シャレード(G11/G30型) 

120120a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にダイハツから発売された2代目シャレード(G11/G30型)です。このカタログはディーゼル専用のものなので、掲載されているモデルはG30型のみです。この代のシャレードには、イタリアのデ・トマゾがエアロチューンを施した“シャレード・デ・トマゾ・ターボ”という、なんとも個性的で印象深いモデルもありましたね。

 さて、この2代目シャレード、なんといっても一番のトピックは“世界最小。独創の3気筒リッター・ディーゼルエンジン。”ですね。カタログには“燃費チャンピオン、38.0km/l”との記載もあります。もっともこれは60km/h定地走行燃費の数値なので、現在のように10・15モードやJC08モードの数値と単純に比較するわけにはいきませんが、当時これに乗っていた知人によると25km/lを切ることはまずないとのことだったので、走りはともかく、燃費はおそらく現在のエコカーよりも良かったことと思います。

 30年近く昔のクルマでも既に現在のHVカーや第3のエコカーと同等以上の燃費性能を実現していたのですから、その後もこの技術を熟成させ続けていれば今頃どんなコンパクトディーゼルカーが存在していたのだろうかと想像すると、国内でのその後のディーゼル車の扱いがなんとももったいなく感じられますね。

 先日、芥川賞を受賞された作家さんが“都知事閣下と都民各位のためにもらっといてやる”と、なんとも挑発的な発言を受賞会見でされておられました。その発言が関係しているのかどうかはわかりませんが、昔、当時最年少で芥川賞を受賞された都知事閣下は芥川賞選考委員をお辞めになられてしまいました。

 あの芥川賞作家の発言の是非についてはここでは触れませんが、ここらで都知事閣下には各社から最近出始めた次世代クリーンディーゼル車について、何らかの派手なパフォーマンスを一発かましてほしいものですね。ディーゼル衰退のきっかけを作ったとされている都知事閣下ですが、私の記憶では“汚いススを出すディーゼル”はいけないのであって、“綺麗なディーゼル”までいけないとはおっしゃっていなかったと思います。しかしながら、絶大な影響力をお持ちの閣下ですから、“ディーゼル=悪”というイメージだけが残ってしまいました。

 都知事閣下:「うーん、いいねぇ、このクリーンディーゼルのクルマ、排気も綺麗だし、パワーもあるし、燃費もいいし・・・。都庁にも50台ぐらい欲しいねぇ。私のプライベートカーとしても1台欲しいもんだねぇ。」

 メーカーの社長:「都知事閣下と都民各位のために、納入しといてやる!ただし値引きはなしですよ!こんな会見、とっとと止めましょうよ!」

 というようなインパクトのある記者会見が全国ネットで流れれば、きっと国内におけるディーゼルの悪いイメージは一瞬で払拭されると思いますよ。ついでに、シャレード・デ・トマゾ・ターボという車名があるぐらいなら、閣下のプライベートカーと同タイプの車種には○○・SHINTARO・ターボとかいうネーミングもなかなかカッコいいですね。“慎太郎刈り”というヘアスタイルもあるぐらいですから。

シャレード・3ドア・TURBO(G30型)
全長×全幅×全高 : 3595×1550×1400mm
ホイールベース : 2320mm
車両重量 : 720kg
エンジン : 直3OHCディーゼルターボ 993cc 50PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/20 15:05 ] 1980年代ダイハツ | TB(0) | CM(22)

旧車・トヨタ・セリカ(ST160型) 

120117a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にトヨタから発売された4代目セリカ(ST160型)です。同時期に発売されたカリーナED、コロナクーペと姉妹車関係に当たりますが、三者三様でどれもそれぞれに特徴があってカッコよかったですね。個人的にはコロナクーペが一番好きでしたが、このセリカも映画『私をスキーに連れてって』で派手なアクションシーンを披露したこともあり、とても印象に残っているクルマです。最近では姉妹車というと名札が違うだけのクルマが多いですが、このようなそれぞれに特徴があってカッコいい姉妹車というのは大歓迎ですね。

 さてこの4代目セリカ、掲載したカタログはセリカ登場時のものなのでちょっとラインナップが寂しいですが、後にフルタイム4WDのGT-FOURやオープンカーのコンバーティブルといった個性的なグレードが追加されます。セリカの中だけでも魅力的なクルマが選び放題、姉妹車のカリーナEDやコロナクーペ、さらには上級のスープラやソアラ、下級のレビン/トレノと、当時はスペシャリティカーのオンパレードですね。出るぞ出るぞと騒がれながらハチロク1台の話題で2年以上も時間が稼げてしまう現在では考えられない状態です。

 そういえば、セリカもこの代から他車の例に漏れず、FF化されました。個人的にはセリカは4代目、5代目、6代目とどんどんカッコよくなっていったと思っていたのですが、私の思いとは裏腹に人気はどんどん落ちていきました。やっぱりFF化されたのが原因なんでしょうかね。セリカを始めとするFFスペシャリティカーの人気が落ちていく反面、それこそ中古の86レビン/トレノや日産シルビア/180SXは根強い人気を保ち続けました。さらにはセフィーロやローレル、チェイサー等でスポーツ走行(ドリドリ)する文化が生まれてきました。

 そして現在、“スポーツ走行”=“FR車でドリドリ”という図式が出来上がり、“FRでなければスポーツカーではない”というような風潮まで生まれていますね。豆腐屋の漫画が始まり、ドリフト雑誌が出始めたのは90年代後半から、そしてD1グランプリが開催されるようになったのは2000年代に入ってからです。スポーティーカーの人気が落ち、生産中止車種が出始めるようになった時期と完全にかぶっていますね。

 メーカーの言っている“クルマ本来の楽しさ”というのが私にはよくわかりませんが、ユーミンのカセットをかけながら彼女を隣に乗せてこのセリカでスキー場へ向かうドライブは、間違いなく“クルマ本来の楽しさ”を味わっていた時間だと思います。なんといっても“カッコいいスポーツカー”で“彼女とドライブ”ですからね。個人的には、“体育会系”よりも“同好会系”のほうがより“クルマ本来の楽しさ”が味わえるような気がしています。ユーザーの大部分はストイックなアスリートではありませんからね。

セリカ・2000GT-R(ST162型)
全長×全幅×全高 : 4365×1690×1295mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/17 15:03 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

旧車・日産・ブルーバード(U11型) 

120112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に日産から発売された7代目ブルーバード(U11型)です。当時のFF化の流れをこのブルーバードも踏襲することとなり、U11型はブルーバード史上初のFF車となりました。カタログ表紙にも、“スーパー・ジェネレーション”、“劇的進化を遂げて”、“4年ぶりのフルモデルチェンジ。”等、大きく変化したブルーバードであることを大々的に謳っていますね。

 さて、このU11型ブルーバード、確かに先代までとは大きく変化を遂げてはいるのですが、それは中身のことであって、一般的にもっとも人目につく部分、つまりスタイルやCMのイメージキャラクター等は大ヒットした先代910型からそれほど変化しているわけではありません。外見上は先代910型と瓜二つのブルーバードを先代と同じく沢田研二さんが紹介しているCMを見るたびに、「このCMを見てブルーバードが劇的な進歩をしたと感じる方はどれぐらいおられるんだろうか?」と当時疑問に思っていたものでした。

 クルマのCMの場合、フルモデルチェンジしたときはもちろん、マイナーチェンジ時や新たなグレードが出されたときでも“新型○○誕生!”ということでPRされますので、基本的にいつも“新型”なんですよね。大ヒットした910型から外見上大きな冒険をしたくなかったということはもちろんわかりますが、中身がガラッと変わったのですから、もう少しスタイルに手を加えたほうがより“新型”をアピールできたのではないかなぁと個人的には考えていました。

 そんな、“あまりフルモデルチェンジしたとは感じられなかったU11型ブルーバード”でしたが、スタイルはともかく、FF化から始まって3ウェイパワステ、3ウェイアジャスタブルショック、燃費計や燃料残量表示機能等、まるで現在のエコカーの定番機能がこの時代に早くも搭載されていたという点がとても興味深いですね。おまけにドライバーの操舵パターンや運転時間から休憩を促す機能まで装備されているとのことです。得意先回りで激務を強いられている営業マンにとってはなんとも嫌味な機能ですね。

 現在販売されているクルマにはエコ・ノーマル・スポーツのモード切替、エコアシスト機能、エコ運転のコーチング機能、さらにはエコ運転の採点機能等ずいぶんいろいろな機能が付いていますが、それらの機能を全部取っ払ってその分安価に販売してくれないものですかね?と個人的には考えているのですが、このU11型ブルーバードの時代からこの手の小細工がいろいろと考えられていたようなので、メーカー、ユーザー共に本質的にこういう機能が好きなのかもしれませんね。電子制御をあまり信用していない私にはなんとも肩身の狭い時代になってしまいました。

ブルーバード・4ドアハードトップ・ターボSSS-X(U11型)
全長×全幅×全高 : 4500×1690×1370mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1160kg
エンジン : 直4OHCターボ 1809cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/12 16:54 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(18)

旧車・三菱・ミラージュ(C11/12/13A型) 

120108a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に三菱から発売された2代目ミラージュ(C11/12/13A型)です。初代ミラージュがマイナーチェンジの折にミラージュ2となりましたので、フルモデルチェンジでミラージュ3になるかと思いきや、すっきりした“ミラージュ”のみに戻りました。今となってはあの“ミラージュ2”というネーミングは何だったのだろうかと疑問を感じますが、その点、初志貫徹して“10”まで継続しているランエボは凄いですね。

 さて、この2代目ミラージュ、コルディア等と同様、リアホイールアーチの形状にちょっと特徴があるとはいえ、可もなく不可もなくで、初代ほどのインパクトはあまり感じられませんね。CMのエリマキトカゲがちょっとインパクトがありすぎたので、ミラージュ自身が霞んでしまっていたように思いました。しかしながら、Wikipediaによると、「売れ行きは、CMでのエリマキトカゲのヒットとなり、1984年の自動車販売台数1位に輝いた。」とのこと。これ、本当ですかね?私自身、この2代目ミラージュが大ヒットしたなんて記憶が全然ないので、どなたか詳しい方、ご教示頂けるとありがたいです。

 まあ売れたかどうかはともかくとして、三菱ミラージュといえば初代のターボモデルから始まり、代々上級モデルにスポーティーグレードが用意され、ホットハッチの一角という側面もありましたね。今度のタイ生産の新型ミラージュはどうなるんでしょうね。まあ三菱には愛らしいコルトにちょこちょこっと手を加えて攻撃的なガンダムルックのコルト・ラリーアートに変身させてしまうという、卓越した(ちょっと下品な)デザインセンスがありますので、新型ミラージュにもゲテモノが用意されると面白そうですね。

 とはいえ、量販が見込めるコンパクトクラスを海外生産に切り替える一方、国内では主力の水島製作所において2本ある乗用車生産ラインの1本を停止してしまうという現実はなかなか寂しいものがありますね。新型ミラージュがエリマキトカゲの力を借りずとも大ヒットし、タイの工場では生産が追い付かないので、急遽水島製作所のラインを再稼動して3交代制でミラージュを大幅増産、という記事が日経新聞に掲載されることは・・・、あの新型ミラージュではちょっとなさそうな気がします。なんだか新型ミラージュって、新興国メーカーが日本メーカーのデザインを真似て生産したクルマ、に見えてしまうのって私だけですかね?

ミラージュ・1600ターボ・3ドア・GSR-T(C13A型)
全長×全幅×全高 : 3995×1635×1360mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 900kg
エンジン : 直4OHCターボ 1597cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/08 13:45 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(8)

旧車・トヨタ・セルシオ(F10型) 

120104a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 今年1台目は、1989年にトヨタから発売された“高級車の新しい世界基準。”、初代セルシオ(F10型)です。この初代セルシオ、非常にしっかりした作り込みがされている高級車ゆえに現在でも現役の車体が多く、3代目、4代目であろうオーナーの素晴らしい芸術的センスにより、初代セルシオの美しさを見事に封印した下品な姿で“高級車の新しい世界基準。”を形成していますね。まああれはあれで好みの問題ですから他人がとやかく言うことではなく、無意味な光沢インチアップホイール等のアフターパーツ販売によって経済効果が生まれているのでしょうからサブカルチャーとしては良いのかもしれませんね。

 さて、この初代セルシオ、私自身、実は一度もこのクルマを運転したことはないのですが、当時、取引先の社長が乗られていたので、後席に乗せていただく機会は頻繁にありました。初代セルシオといえばその驚異的な静粛性がいつも話題になっていましたが、初めて乗せていただいたときにはやはりその静粛性にびっくりしました。うまく表現できませんが、“クルマが走っていく”というよりも、“空間が走っていく”とでも言いましょうか。トヨタが徹底的に作り込んだ“高級車の新しい世界基準。”だけあって、ただただその素晴らしさに唖然としたことを覚えています。

 当時は中小企業の経営者の多くがこのセルシオや先にブームを作った日産シーマを競うように購入していましたが、そのような高級車に乗られていた経営者の方から、“うちも厳しいのでもうちょっと工事費上げてください”と言われてもまったく説得力がありませんね。セルシオに乗せていただき、その素晴らしさに感嘆する一方、頭の中では“次の案件ではもっと叩けるな”ということばかり考えていました。

 ところでこのセルシオ、初代に乗せていただいたときにはその素晴らしさに驚きすらありましたが、2代目、3代目となるに従い、素晴らしさを感じる度合いが減ってきたように思われました。単に私の感覚が麻痺して素晴らしさに気付かなかっただけなのか、セルシオの質感自体が落ちてきたのかはわかりません。ただ、価格だけは上がっていきましたね。まあいずれにせよ私には縁のないクルマなのでどうでもよいことですが・・・。

 最後にセルシオの価格表を載せました。この価格表について、人によってはいろいろな捉え方があると思いますが、現在この価格で初代セルシオに比肩し得るクルマってありますかね?個人的には、最近の国産高級車の価格設定にはとても疑問を感じています。

セルシオ・C仕様(UCF11型)
全長×全幅×全高 : 4995×1820×1400mm
ホイールベース : 2815mm
車両重量 : 1750kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/04 17:40 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。