旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・ルキノ(HB14/FB14型) 

111119a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に日産から発売されたルキノ(HB14/FB14型)です。見ての通りB14型サニーのクーペ版で、あまりカッコよくなかったこの代のサニーの顔がそのまま使われたクーペです。当時、江口洋介さんが『ルキノって、いいかも。』と語っているCMが流れていましたが、残念なことに、個人的には一度も『ルキノって、いいかも。』とは思えませんでした。

 さて、ルキノが発売されてからほんの15、6年しか経っていませんが、街で見かけるクルマの面々はガラリと変わりました。そんな中で久しぶりにルキノのカタログを見ていたら、不覚にも『ルキノって、いいかも。』と思ってしまいました。当時、どこからどう見てもカッコいいと思えなかったのに、どうして“いいかも”と思ってしまったんでしょうね。

 冷静にカタログをじっくりと見てみると、やっぱりカッコいいとは思えません。しかし久しぶりにカタログを開いたときには“カッコいいかも”と思ってしまいました。これはやはり、男子が圧倒的多数を占める工業系の学校等に数人の女子がいると、みんなかわいく見えてしまうのと同じ状況なんでしょうね。この場合、美人か美人でないかは問題ではなく、男子か女子かというのが問題なのであって、女子というだけでひとつのブランドになります。

 同様に、頭の中からお手頃の国産クーペが消えていた私が久しぶりにルキノのカタログを開いたときには、クーペというだけで“いいかも”と思ってしまい、クーペとしてカッコいいかどうかまで考えが及ばなかったんですね。

 と、ここまでルキノのカタログを久しぶりに見た瞬間に感じたことを書いてきましたが、書いているうちに完全に頭が当時の感覚に戻りました。サニーのクーペはこのルキノが最後となるのですが、まあ当然と言えば当然の帰結ですね。やっぱりクーペなのに全然カッコよくないですから。

 先々代のRZ-1は素晴らしくカッコいい車だと思っていました。次のNXクーペの時には“日産、どうしちゃったの?”と思いました。そしてこのルキノの時には、“これなら販売しないほうがいいでしょ?”と思いました。案の定、激安な価格設定にも関わらずあまり売れず、消滅していったわけですが、これはクーペが売れないからではなく、ルキノがカッコ悪いから売れなかったんだと思います。

 利便性の高いコンパクトカーや軽が充実してきたこともあって、このクラスのクーペがますます国内で受け入れられない土壌が整ってきましたね。今度のモーターショーで発表されるトヨタの小型ハイブリット車・アクアは160万円台から提供されるそうです。街で見かけるクルマのワンパターン化がまた一段と加速されそうですね。5年後にもう一度ルキノのカタログを見たら、今度は本気で“ルキノって、いいかも。”と思ってしまうかもしれません。

ルキノ・GG(FB14型)
全長×全幅×全高 : 4285×1690×1375mm
ホイールベース : 2535mm
車両重量 : 1000kg
エンジン : 直4DOHC 1497cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

- - - - - - - - -

 ルキノともクルマとも全然関係ない話ですが、ルキノのCMをYou Tubeで探していたときに、何の偶然か、昔からずっと探していた音楽のビデオを発見しました。歌手も曲名もわからなかったので探しようがなく、手がかりは「昔の映画で流れていた曲」というだけ。さらにその映画がどんなタイトルだったのかも覚えていませんでしたので、周りの友人に聞いても当然わかりません。CDを買おうとレコード屋の店員の前でアカペラを披露したこともありましたが、天性の音痴ゆえ、店員さんも判別不能。You Tubeってすごいですね。曲名は『Tonight Is What It Means To Be Young』だそうです。今夜は曲名通り、いい気分で眠れそうです。



- - - - - - - - -

スポンサーサイト
[ 2011/11/19 17:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(13)

旧型車・トヨタ・ヴィッツ(SCP10型) 

111113a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年にトヨタから発売された初代ヴィッツ(SCP10型)です。言わずと知れたコンパクトカーの代名詞的存在で、まだ最近のクルマですから現在でもそこらじゅうで現役の初代ヴィッツが走っていますね。

 さて、この初代ヴィッツ、初めて実車を見たときには“デカッ!”が第一印象でした。寸法的には決して大きくないのですが、全高が高いのでそう感じられたんでしょうね。実際に乗ってみると、全高の高さから想像できる通りの広々とした室内空間があり、後席を倒せば荷物も結構積み込むことができます。それなりによく走るし、燃費も文句なし。ベストセラーになるのも当然ですね。

 このヴィッツや、後にホンダから発売されたフィット等が切磋琢磨し、現在では“コンパクトカー”というジャンルで各社から次々にこの手のクルマが発売され、国内では激戦区となっています。各メーカーとも、数が見込めるジャンルなので必死ですね。

 ところで、ヴィッツといえば、国内だけではなく、海外でもヤリスとして製造・販売が行われている世界戦略車です。中国では現在でもこの初代ヴィッツが製造販売されているようですね。

 当面、新興国市場を中心にもっとも競争が激化すると思われるこのクラス、日産はマーチを海外生産に移しました。三菱も新型ミラージュを海外生産にて世界販売するようですね。トヨタのヴィッツはどうなるんでしょう?ヴィッツに興味はなくとも、愛知県民としてはヴィッツの動向にとても興味があります。今のところトヨタは何とか国内生産比率を出来るだけ高く(と言っても半分以下ですが。日産、ホンダは3割以下)維持していますが、グローバル競争がさらに激しくなるとどこまで維持できるものか・・・。

 テレビを付ければTPP、ラジオを付けてもTPP、パソコン立ち上げてもトップニュースでTPPと、このところTPPネタばかりですね。まあこの先どうなるのかはまったくわかりませんが、参加の方向で進めておられるようなので経済界の偉い方々はホッとしているんでしょうね。

 政界の偉い方々は“国益のため”と言っていますが、経済界の偉い方々は“国益のため”とは考えていないと思います。経済のグローバル化はもはや止めることができないものなので、TPP云々は別として遅かれ早かれ行き着くところまで行くんでしょうね。

 県内で生産されたカローラが世界中で走っていると考えると誇らしく思いますが、中国で造られたヴィッツが世界中で走っている、タイで造られたマーチやミラージュが世界中で走っている、と考えてもなんだかあまり誇らしく感じませんね。まあメーカーにとってはどこの国で造ろうとも“自社”で造ったクルマが世界中で走れば誇らしいのでしょうけど・・・。

 私が子供の頃、この地域の小学生は遠足でトヨタの工場見学へ行き、お土産でトヨタ2000GTのプラモデルを貰うというのが通過儀礼のようなものでした。今は引率の教諭や工場の方は子供達にどうやって説明しているんでしょうね。社会科見学の一環ですから、正直に“現在は海外生産の比率を増やしています”って説明しているんでしょうかね?

ヴィッツ・5ドア・U(SCP10型)
全長×全幅×全高 : 3610×1660×1500mm
ホイールベース : 2370mm
車両重量 : 860kg
エンジン : 直4DOHC 997cc 70PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/11/13 19:02 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

国産車に夢を・・・ 

111105a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111105a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111105a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111105a04.jpg
(画像クリックで拡大)

 昔の自動車雑誌を読んでいたら、とても面白い記事が書かれていたのでご紹介します。1961年6月号の『モーターマガジン』誌、表紙には「特集 国産車に望む」と、なにやらとても興味深い主題が掲載されています。

 当時の識者の方々がそれぞれの切り口から当時の国産車への要望等を書き連ねておられたのですが、その中でも個人的にとても目に留まったのが、五十嵐平達氏の「国産車に夢を・・・」でした。50年以上前の雑誌でしたので全文を載せましたが、著作権等の絡みで問題があるのであれば即、削除しますので、関係者の方々、ご連絡願います。

 五十嵐平達氏といえば、トヨタ博物館に行かれたことがある方はご存知だと思いますが、トヨタ博物館そのものの設立にとても尽力され、氏が蒐集された資料が五十嵐文庫として同館に所蔵されていることでも有名ですね。

 さて、そんな第一級の自動車評論家が半世紀前に考えていたこととは・・・、以下、本文から抜粋「簡単に言えば外車に比して味がない、種類が少ない、要するにみんなタクシーにも使える車ばかりだということになってしまうのである。自家用車というものにはもっと型式が限定用途のもの(クーペやロードスター)が含まれるべきだと思うし、なかにはそのような型式専門の車(軽のマツダクーペの如く)が造られてもよいと思うのである。」・・・「戦争中に戦車か貨物船でも造る計画みたいな単一車種生産計画のみを買手に押しつける軍需省的なやり方はどうにもいただけない。大メーカーにとって単一車種がいかに有利であるかは十分にわかるし、それが結局のところ儲けるのには合理的とは思うが、30年代の国産車にはクーペやロードスター、フェートンの類がちゃんとカタログモデルに含まれていた事を思うと今のメーカーはずいぶんガメツクなったものだと思う。」

 この氏の文章、50年前に書かれたものなのですが、今読んでもその通りですね。まあ今はたまたま自動車産業がとても厳しい時代だからそうなっているだけなのかもしれませんが・・・。それにしても、現在でも頑なにお手頃価格でロードスターを販売しているマツダ、50年前も同様に五十嵐氏のような卓越したお方から一目置かれていたとは、流石というか偏屈というか・・・。

 半世紀を経て氏の文章を読んでみると、なんだか不思議な感覚になってしまいますね。当時は観音開きクラウンや縦目セドリックの時代です。でもクルマ好きの方が感じられていたことは現在のクルマ好きが感じていることと同じです。50年の時が過ぎ、産声をあげたばかりの国産自動車業界から世界一の国産自動車業界へと発展しましたが、どうして国内のクルマ好きが思うところは当時と同じなんでしょう?とても不思議です。(マツダだけ当時から異端扱いされているのはなんだかあまり不思議に感じないところが、個人的にはとても嬉しく思います)

 いろいろと示唆に富む氏のご指摘ですが、個人的にとても気に入ったのは、「最小限、2扉とコンバーティブルは準備すべきだし、カスタムボディ専用の半製品(ドアや内張り、ガラス等は無く、塗装は下塗り止り)位の便宜を計ってもアッセンブリー・ラインでそんなに不合理なものではない。その位買手の事を考えても別に損はしないはずであろう。」という部分です。

 これ、常々私が考えていたことと同じで、こうすれば光岡自動車のような会社がもっと増えてくると思います。個性的なクルマが日本市場に増えるのと同時に、為替水準に左右されない内需向けの自動車産業が盛んになります。大手自動車メーカーが頂点に君臨し、部品メーカーがそれを支えるという現在の構図では、下請けを海外メーカーに変更することによって一気に産業空洞化が進んでしまいますが、自動車関連の町工場が自動車メーカーよりも上流にあれば、内需向けのクルマをずっと世に出し続けることができ、街に画一的なクルマが溢れるという状態にもなりません。地域経済も雇用も確保され、日本独自の自動車文化を育むことも出来るようになります。

 氏も書かれているように、「もっと雲に乗ったようなドリームを放言するのも自動車マニアの楽しみのひとつといえるかもしれない。」とのことですので、雲に乗って一自動車マニアがドリームを放言してみました。前途多難なこの先、いったいどうなるんでしょうね?

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/11/05 20:32 ] その他 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。