旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・レパード(JY33型) 

110927a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に日産から発売された4代目レパード(JY33型)です。ひと目見ればわかるように、Y33型セドリック/グロリアを少し意匠変更しただけの姉妹車です。迷走期の日産を象徴する一台で、高級パーソナルカーとして誕生したレパードは4代にわたってキャラクターをコロコロ変えながら、最後はセド/グロの姉妹車としてその生涯を終えました。

 さて、この4代目レパード、少々セド/グロとは顔が違うと言っても、パッと見はセド/グロそのもの。中身も同じ。レパード4代を振り返ってみると、初代F30型は車名通り『豹』。2代目F31型はさらに研ぎ澄まされて獲物であるソアラを追い掛け回そうと張り切っていましたが少々息切れ。3代目JY32型になると豹の世界に新しく設定された『祝日(J・フェリー)』にのんびり遊んでしまったことを機に獲物を追いかけることをやめ、贅沢を覚えてしまいました。そして最後の4代目は自分が『豹』であることも忘れ、豹の分際で『伯爵家の跡取り息子(セドリック)』と兄弟になって『栄光(グロリア)』を掴んでしまいました。しかしその後、伯爵家に自分が豹であることがばれ、人間社会(日産ラインナップ)から追放されてしまいました。

 その時代時代によってキャラクターが変わるのは致し方ないことですが、やっぱり豹と伯爵家を兄弟にしてしまうのはちょっとやりすぎだったのかもしれませんね。どうせなら豹に祝日を与えた時点で豹の役目を終わらせたほうが良かったのかもしれませんね。

 やりすぎといえば社長(プレジデント)と頂上(シーマ)がいなくなった現在、日産のフラッグシップである、青年となったセドリック少年(フーガ)がスリーダイヤのバッジを付けることが決まったようです。イギリスの伯爵家の方ですので血筋は文句なしですから日本の大財閥のフラッグシップになっても決して見劣りすることはありません。とはいえなんだか自動車業界、つまらなくなってきましたね。セドリックとレパードぐらいの意匠変更でもあればまだ救われますが、三菱の場合、デリカD:2のようにそのままで出しそうですね。まあ日本では長い間セドリック、グロリアというそっくりさんが存在し続けていた過去がありますから日産フーガと三菱版フーガ2台が共存しても特に違和感なく受け入れられるのかもしれませんが・・・。

レパードXV-G(JHY33型)
全長×全幅×全高 : 4895×1765×1425mm
ホイールベース : 2800mm
車両重量 : 1600kg
エンジン : V6DOHCターボ 2987cc 270PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/09/27 17:57 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・AD MAXワゴン(Y10型) 

110920a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に日産からADバンのバリエーションとして発売されたAD MAXワゴン(Y10型)です。“スタイルに新しい遊び感覚を盛り込んだMAXワゴン”とのことですが、日本ではこのようなフルゴネットは一般的ではありませんのでずいぶん違和感を感じるスタイルですね。街で実車を見かけたことはほんの数えるほどしかありませんでしたが、そのときの印象は、“ケンシロウに北斗神拳で秘孔を突かれた悪党の顔”のようだと感じていました。

 さて、このAD MAXワゴン、当時はとてもカッコ悪いクルマだと思っていましたが、今あらためてカタログ画像を見てみても、やっぱり不恰好なクルマですね。とはいえ、各社から似たり寄ったりのトールワゴンが発売されて街に同じようなクルマが溢れている現在においては、ある意味新鮮に感じられないこともありませんね。

 ところでAD MAXワゴンのこのスタイル、ADバンクラスの小型車ではあまり見かけませんが、もう少し大きな車体でこういうスタイルをしたクルマって、よく見かけませんか?地域によって違いがあるかも知れませんが、私が住んでいる地域ではセンチュリーをこのスタイルにしたものをよく街で見かけます。一昔前までは金ぴかの立派な屋根のものが多かったですが、近年はもっとすっきりした、ちょうどこのAD MAXワゴンのような感じのものが多くなってきましたね。私もいつの日か乗せていただくことがあると思いますが、残念ながらその試乗記を書くことは絶対にできないクルマ、もうお分かりですね。

 そんなことを考えながらこのカタログを見ていたら、AD MAXワゴンが秘孔を突かれた悪党というよりも霊柩車に見えてきました。まあそんな話はさておき、90年代初頭という時期は現在主流となっているミニバンやハイトコンパクトの準備段階とも言えた時期で、AD MAXワゴンだけではなく、三菱のミニカトッポやスズキのアルト・ハッスル等、各社“上へ”のスペース確保を試行錯誤していた段階でした。93年に初代ワゴンRが発売されて大ヒットし、ひとまずスタンダードとなるスタイルが確立したわけですが、そういう流れからAD MAXワゴンを見てみると・・・、これがスタンダードにならなくて良かったですね。

AD MAXワゴン・SLX(Y10型)
全長×全幅×全高 : 4270×1680×1810mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4DOHC 1497cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/20 12:28 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(6)

旧車・トヨタ・カローラFX(E90/91/92型) 

110913a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売された2代目カローラFX(E90/91/92型)です。姉妹車のスプリンターを含め、多彩なボディタイプを揃えていたカローラシリーズの中でもひときわ影が薄かった2ボックスタイプのカローラですね。後にランエボやインプレッサと並んでWRCに出場することになるのですが、悲しいことにその代だけ国内販売されず(次の代はランクスとして復活)、代々国内ではパッとしませんでしたね。

 さて、このカローラFX、もともと欧州向けに開発されたものです。欧州ではVWゴルフを始めこの手の2ボックスが確固たる地位を築いているようで、現在でもオーリスのみ販売されている国が多いようです。それもこのカローラFXのように3ドアと5ドアの両方が用意され、心臓部もディーゼル、ガソリン、ハイブリットと多彩なラインナップが揃っているそうです。お国柄に合わせてメーカーもいろいろと戦略を立てているんですね。
 
 ところで、カローラFXの後継に位置づけられている現在のオーリスは、カローラの名称が付いていないことからもわかるように、カローラとはプラットフォームが異なるんですね。ランクスまでは見るからにカローラシリーズの一員というスタイルでしたが、オーリスは本家カローラとずいぶんイメージが違います。本家とのイメージがさらに異なるルミオンもやはりカローラとはプラットフォームが異なりますが、こちらは“カローラルミオン”が正式名称のようです。メーカーの商品展開もずいぶんいい加減なものですね。

 日本のモータリゼーションを引っ張ってきたカローラですが、現在の状況ではカローラ自体が当時のカローラFX並みに影が薄いですね。商用車の代表格であったカローラバンがプロボックスに取って代わられたことが大きいのかもしれませんが、カローラシリーズが販売台数上位に入っているにも関わらず、街であまりカローラを見かけません。

 カローラセダン、ワゴンともにサブネームが付くようになりましたから、カローラFXやカローラランクスからひっそりと“カローラ”の抜けたオーリスになったように、“カローラ”という響きがなくなるのも時間の問題かもしれませんね。ひっそりと“コロナ”がなくなったように・・・。

カローラFX・3ドア・FX-GT(AE92型)
全長×全幅×全高 : 3995×1655×1360mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1020kg
エンジン : 直4DOHC 1587cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/13 15:23 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

理想のクルマ? 



 旧車ネタではありませんが、インドのVST TILLERS TRACTORS LIMITEDという会社の、パワーティラーと呼ばれるディーゼル耕耘機の紹介ビデオです。家畜の動力をディーゼルエンジンに置き換えるイメージが使われているように、ずいぶん古臭い映像に見えますが、このパワーティラーは立派な現行機種で、この会社の製品には日本の三菱重工の技術が使われています。

 現在、日本においては乗用型トラクタが一般的になり、このような歩行型の大型ディーゼル耕耘機(パワーティラー)はあまり使われなくなりました。しかしクボタヤンマー三菱農機イセキともにこれと同様のディーゼル耕耘機を現在も生産しています。日本でパワーティラーというと、耕幅は同様ですがもう少し小型のガソリンエンジンが搭載されたものが一般的で、私が使っているものもそちらの部類に入ります。

 さて、このプロモーションビデオを見てみると、とっても上手にパワーティラーを使いこなしている様子に脱帽してしまいますね。ロータリー作業機による耕耘(一般の方にはこの姿が一番馴染み深いと思います)、トレーラーの牽引、スキ耕、代掻き、果ては動力軸からの動力を使ってポンプを動かし、消毒液噴霧や散水作業までしています。ヤギはトレーラーの牽引やスキ耕ぐらいには使えますが、ポンプの動力としては使えません。それに作業をしない時期にも燃料(餌)が必要ですので、家畜からの代替としてはとても素晴らしいPRビデオに仕上がっていますね。

 現在日本で販売されている乗用型トラクタやディーゼル耕耘機、パワーティラー等ももちろんこのビデオと同様な作業ができます。これらにはPTO軸と呼ばれる作業機用の動力軸が用意されており、様々な作業機を取り付けることによって様々な作業をこなします。

 珍しいところでは、大型トラクタ用ではありますが、“発電機”というのもあります。非常用発電機の多くは普段使わないエンジンを非常時に動かしますので、いざ動かそうと思ったときに動いてくれないケースが多々あるようです。その点、普段使っているトラクタのエンジンなら確実に動力源とすることができます。

 震災を機にトヨタはハイブリット車に、現在エスティマハイブリットに搭載されている1500WのACコンセントを採用していくというようなアナウンスがあったようですが、新型カムリには搭載されなかったみたいですね。震災から半年が経ち、未だ被災地の状態は全然改善していませんが、被災地以外の人々の意識が薄れていかないことを祈ります。

 軽トラから高級車に至るまで、巷にはクルマが溢れています。そのどれもに環境性能のよいガソリンエンジンが搭載されています。ここで話が元に戻るのですが、せっかく信頼性の高い動力源があるのですから、非常時にはその動力を効率的に使いたいものですね。全メーカーが同じ規格のPTO軸を用意しておけば、それに対応する様々な機器がサードパーティーから発売され、まったく新しいクルマの用途が生まれるかも知れません。“低燃費”、“エコ”というキーワードばかりの自動車業界にちょっとうんざりしてきましたので、どこぞのメーカーさん、ちょっと変り種を考えてくれませんかね?

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/11 17:42 ] その他 | TB(0) | CM(6)

旧型車・トヨタ・キャバリエ(TJG00型) 

110904a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年にトヨタから発売されたキャバリエ(TJG00型)です。言わずと知れた日米貿易摩擦解消のためにGMのシボレー・キャバリエを右ハンドル仕様にしてトヨタブランドで売り出した輸入車で、トヨタを代表する不人気車として有名ですね。

 さて、このトヨタ・キャバリエ、2.4リッター車としては破格のバーゲンプライスで販売開始したにも関わらずあまりパッとしませんでした。そこで今度はトヨタ得意のイメージ戦略として、アメ車通で有名な大御所タレントの所ジョージさんをCMキャラクターとして起用しましたが、それでも販売はパッとしません。最後は2.4リッター車で150万以下というちょっと異常な低価格を設定して巻き返そうとしましたが結局売れず、輸入は中止となりました。ぜんぜん日米貿易摩擦は緩和されませんでしたね。

 このように極めて不人気なクルマでしたが、個人的には結構カッコいいと思っていました。特にクーペは私好みで、現行トヨタ車の張りぼてのようなクルマ(例えばルミオン・オーリス等)よりもずっと洗練されていると思います。とはいえ、いくら私が個人的にカッコいいと思っていても売れなければトヨタも販売を続けられないわけで、なかなかかわいそうな運命を辿ったクルマでしたね。

 低価格戦略も通用せず、著名タレントによるイメージ戦略も通用せず、何をやっても売れないクルマ。日産のVWサンタナや三菱のカリスマ等、この手の海外メーカーとの協業によるクルマはほとんどが同じ運命を辿っているようですね。

 ところでシボレー・キャバリエ、このクルマの初代は初代いすゞ・アスカと姉妹車関係にありました。そして2代目アスカはなぜかスバル・レガシィになりました。さらに3代目と4代目はホンダ・アコードとなったところでいすゞが乗用車から撤退したためにアスカはなくなりました。大人の事情とはいえ、いすゞ・アスカってなんだったんでしょうね?

 キャバリエとは関係ない話ですが、先日アメリカの方からメールが来ました。英文メールだったので良く来るスパムメールかと思いましたが、内容を読んでみると、クルマのホームページを運営されておられる方だそうで、参考にしたいから私のWeb版サイトのある車種について、諸元表の拡大ページをアップして欲しいとの依頼でした。
 依頼通り指定車種の諸元表をアップしてその旨メールで連絡したところ、またご丁寧なお礼のメールを頂きました。日本車が国境を超えて世界各国で親しまれていることを再認識したと同時に、インターネットの世界も国境がないという当たり前のことも再認識しました。なんだかすごい時代になったものですね。

 健康で文化的な最低限度の生活を送っていくためには田舎の百姓でも英語とコンピュータの知識は必須になっているようです。ちなみに彼が依頼してきたクルマというのはサンタナです。どこの国にでもマニアはいるみたいですね。

トヨタ・キャバリエ・クーペ2.4Z(TJG00型)
全長×全幅×全高 : 4600×1740×1355mm
ホイールベース : 2645mm
車両重量 : 1310kg
エンジン : 直4DOHC 2392cc 150PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/04 16:37 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。