旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・アリスト(JZS147型) 

110816a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売された初代アリスト(JZS147型)です。直列6気筒のツインターボエンジンが搭載された国産最速セダンとして“走りを忘れた大人たちへ”提供されたため、その暴力的ともいえる加速力によって“走りを思い出した大人たち”が世の中に増殖し、高速道路の追い越し車線をとんでもないスピードで駆け抜けていく中高年をよく見かけましたね。

 さて、この初代アリスト、ジウジアーロ・デザインの秀逸さのためか、すでに発売から20年経っているにも関わらず、今見ても素晴らしいデザインですね。せっかく素晴らしいデザインの高性能セダンなのに最近街で見かける初代アリストはあまり似合っていないキラキラのインチアップホイールが斜めに取り付けてあり、デザイン界の巨匠、ジウジアーロ氏にまるで挑戦状を叩きつけているかのようなエアロパーツで固められたアリストの比率が上がっていることはちょっと残念ですね。まああのように着崩しを施すことによってアリストを盗難から守るという意味合いがあるのかもしれませんが・・・。(もっとも、今時初代アリストなんて誰も盗難しませんけどね)

 1988年に“きっと、新しいビッグ・カーの時代が来る”というキャッチコピーとともに日産シーマが発売され、ハイパワー高級セダンの口火が切られました。そしてこの初代アリストで“最速セダン”という現在に至る高級セダンの基礎が確立されました。その後の流れは皆様ご存知の通り、大排気量化、高級化、大型化がひたすら進められ、今やこのクラスの上級セダンはどれに乗ってもアクセルを踏みさえすれば暴力的な加速がとても簡単に、そして上品に味わえるようになりました。

 圧倒的な加速力というものも最初は魅力を感じますが、何度も味わっているとだんだん感覚が麻痺してきます。現在の高級車のようにとても上品に信じられないような加速をするクルマになってくると、“走りを思い出した大人たち”も再び“走りを忘れた大人たちへ”逆戻りしてしまいます。

 行き着くところまで行ってしまったようにも思える現在の高級セダン、次なる魅力を提案するためかどうかはわかりませんが、日産フーガのように踏み込もうとするアクセルペダルを押し戻してくるという、ありがた迷惑な機能まで付くようになってきました。

 高級セダン市場に規範を提供してきたアリストの最新型はレクサスGSの新型としてもうじき登場するようですね。今度はどんな高級セダン像を提案してくれるのでしょうか。現行GSの存在感が少々薄いので、初代、二代目とインパクトのあったアリスト像を提案してもらいたいものですね。まあ私には縁のないクルマですが・・・。

アリスト・3.0V(JZS147型)
全長×全幅×全高 : 4865×1795×1420mm
ホイールベース : 2780mm
車両重量 : 1680kg
エンジン : 直6DOHCターボ 2997cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/08/16 16:05 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(13)

旧型車・トヨタ・MR-S(ZZW30型) 

110803a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年にトヨタから発売されたMR-S(ZZW30型)です。MR-Sという新たな名称になったとはいえ、初代MR2から始まったトヨタ・ミッドシップスポーツカーの3代目にあたるクルマですね。2007年にこのMR-Sが生産終了となってから、現時点ではトヨタブランドのスポーツカーは一台もラインナップに存在していません。何かと噂の多いFT-86が久しぶりのトヨタ・スポーツカーとなりそうですが、いったいどんな形に仕上がってくるんでしょうね。

 さて、このMR-S、発売当時、ネッツ店で行われていた“有料試乗”なるものを利用し、営業マンの同乗なしで遊んだ記憶があります。10年以上前のことなので細かなことは忘れてしまいましたが、確か5~600円の料金で、30分か1時間(ちょっと記憶が曖昧です)自分の好きなコースを走ってよいという制度だったと思います。ごく短時間のレンタカーのような感じですね。なかなかよい制度だったんですが、今でもやっているんでしょうかね?なにぶんこの制度を利用したのはMR-Sが最初で最後、理由は単純明快、このMR-S以降、お金を払ってまでじっくり乗ってみたいと思ったトヨタ車がなかったからですけどね。

 ミッドシップのオープンスポーツカーとはいえ、このMR-Sに積まれているエンジンはプレミオやカローラに積まれているものと同じ1.8リッターの、ごく普通のエンジンです。にも関わらず、運転の楽しさはプレミオやカローラとは比べ物になりません。2人しか乗れず、荷物もあまり積めず・・・、というマツダ・ロードスターと同様の欠点(荷物の積めなさはロードスター以上だと思います)があっても、やっぱりこの手のクルマは運転しているとしあわせになれますね。個人的にはマツダ・ロードスターのほうがずっと好きでしたが、背中の後ろにエンジンがあるというMR-Sならではの特殊な運転感覚はそれなりに捨てがたいものだと感じました。

 MR-Sにしてもロードスターにしても、特別な高性能エンジンが積まれたハイパワースポーツカーではありません。どちらかというとゆるいお手軽なスポーツカーです。このMR-S、ベースグレードの価格が168万円ということからもわかるように、経済的にもお手軽です。(それにしてもミッドシップのオープンスポーツカーが168万円で購入できるというのもある意味すごいことですね。コペンよりも安価です。)

 これほど魅力的なスポーツカーが安価に販売されていても販売不振から生産終了となるご時勢ですから、FT-86って、大丈夫ですかね?2009年の発表時にはかなりの期待を持ってFT-86の情報を追いかけていましたが、最近はまだ発売前だというのにもう飽きが来てしまいました。ターゲットが40~50代、価格が250万円~というような情報をどこかで見た記憶がありますが、もうこうなってくると“86コンセプト”というより、“スープラコンセプト”のような気がしてしまいます。

 新技術など使わずとも、そしてドリフト性能世界一でなくとも、ヴィッツのエンジンやコンポーネントを利用して“ターゲットは20代前半、価格が125万円~”というようなスポーツカーのほうが多くの方から求められているような気がするのは私だけですかね?どうもFT-86については、「開発目標はドリフト性能世界一」という記事を読んでから興味が一気になくなってしまいました。40~50代ともなれば社会的な立場や責任が自然とアクセル操作にリミッターをかけると思うのですが・・・、まあ人によっては思い切り踏み込んでカウンターをあてる方もおられるかもしれませんね。考え方は人それぞれですから。

MR-S(ZZW30型)
全長×全幅×全高 : 3885×1695×1235mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 970kg
エンジン : 直4DOHC 1764cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/08/03 18:22 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。