旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ユーノスロードスター(NA型) 

110731a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にマツダから発売されたユーノス・ロードスター(NA型)です。小型軽量2シーターオープンスポーツカーとして世界中で大ヒットし、ポルシェやBMW等の高級スポーツカーメーカーが後に類似のライトウェイトスポーツを出すきっかけにまでなったクルマです。現在3代目が発売されており、次期ロードスターは思い切ったダウンサイジングがされるという噂もちょくちょく耳にするようになってきましたが、クルマ好きならずともとても気になる存在ですね。

 さて、この初代ロードスター、クルマ自体のインパクト同様、カタログのキャッチコピーも刺激的です。

“だれもが、しあわせになる”、“2人しか乗れないし、バゲッジもそうは積めないし、ひょっとすると、人とは少し違って見えるかもしれないけど、走らせる楽しさは、これがいちばん。”、“このクルマを手に入れるほんの少しの勇気を持てば、きっと、だれもが、しあわせになる。”
 
 すばらしい文章ですね。“しあわせ”というキーワードを広大な車内スペースや豪華なインテリアと結びつけて紹介しているクルマはたくさんありますが、不便な点をわざわざ強調したうえで“だれもが、しあわせになる”と紹介しているのはこのロードスターぐらいだと思います。実際、何度か運転した限りでは、私自身は“しあわせ”になれました。しかしながら私には“このクルマを手に入れるほんの少しの勇気”がなかったので、“しあわせ”を何度か体験しただけでしたが・・・。

 “しあわせ”も人それぞれで、人によってはこのロードスターでは“しあわせ”にはなれないかもしれません。ある人にとっての“しあわせ”はお隣さんよりも大きなクルマに乗ること、またある人にとっては周囲から「おー、すごい!」と思われるクルマに乗ることかもしれません。そのような買い物を『conspicuous consumption(見せびらかしの消費)』と昔の偉い社会学者が言っていたことを急に思い出しましたが、現在の日本ではそちらの“しあわせ”のほうが優勢で、メーカーもそちらの“しあわせ”を実感しやすいような商品展開をしているように感じられますね。

 最近、電力会社や保安院の“やらせ”問題が新聞紙面を賑わわせています。日本を引っ張っていく指導的立場におられる方々にとっては、国中全ての人間が自分達の望む価値観を持っていてくれると助かるからあのような出来事が起きてくるのでしょうが、なんだか悲しい世の中ですね。もしかしたら我々が“しあわせ”と感じる瞬間の何割かは、“しあわせ”と感じさせられているだけで、本当は彼らにとっての“しあわせ”の肥やしでしかないのかもしれません。

 なかなか何を信じてよいのかわからない世の中になってきてしまいましたが、マツダにはぜひ“2人しか乗れないし、荷物も積めないけど、だれもが、しあわせになる!”と言い続けて、ロードスターをずっと造り続けてほしいものです。ロードスターを運転している時は本当に“しあわせ”ですからね。

ユーノス・ロードスター(NA型)
全長×全幅×全高 : 3970×1675×1235mm
ホイールベース : 2265mm
車両重量 : 940kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/07/31 15:47 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)

旧車・日産・ブルーバード(U13型) 

110726a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に日産から発売された9代目ブルーバード(U13型)です。この代のブルーバードは“ブルーバード×2計画”と呼ばれるよくわからない販売方針から、セダンの「SSS」とハードトップの「ARX」という、スタイルのまったく異なる2種類のブルーバードが存在していました。

 さて、まずセダンの「SSS」から。一言で表現するなら、“やっちまった!”ですね。カタログにも『クラスを超えた存在感、セダンの新しいかたちです』と書かれている通り、確かに存在感のあるセダンの新しいかたちでしたが、存在感がありすぎて、またセダンの新しいかたちすぎて、なかなか人々には受け入れられなかったようですね。

 当時勤めていた会社の営業車にこのブルーバードのSSSがありました。運転しているかぎりは走りもよく、とてもよいクルマだと感じていたのですが、商店のガラスなどに写るブルーバードの姿を見るたびに、ナマズに見えました。どうやら私のセンスでは日産の先進性に付いていけなかったようです。同僚に、このSSSがとてもカッコいいと言っていた方がいたのですが、彼はJフェリーもとてもカッコいいと言っていました。私には大ナマズ、小ナマズにしか見えなかったので、人それぞれ感じ方が異なるものですね。

 その点、もう一方の「ARX」については、「普通にブルーバード」だと感じました。しかしながら「普通すぎるブルーバード」で、いまいち印象に残らないスタイルでしたね。

 冒険しすぎたSSSと冒険しなさすぎたARX、日産は“ブルーバード×2計画”で何をしようとしたのでしょうか?新たなブルーバード像を模索しつつも『ブルーバード』という歴史あるビッグネームでの失敗は許されないから“保険”として二本立てにしたと考えるのが自然ですが、本当のところはどうなんでしょうね。

ブルーバード・2000SSS-G(HU13型)
全長×全高×全幅 : 4585×1695×1405mm
ホイールベース : 2620mm
車両重量 : 1200kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/26 10:32 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

今日から地デジ難民へ突入! 

110724a01.jpg

110724a02.jpg

110724a03.jpg

 本日正午、アナログ放送が東北三県以外の地域では終了しました。自宅のテレビはしばらく前にアンテナ工事もして地デジ化が済んでいるのですが、写真の通り、本日正午をもって私のカーナビのテレビ受信機能はなくなりました。深夜0時にはこの青い画面もなくなるそうですね。

 思い返してみると、このカーナビでテレビ放送を観たのは今日が二度目。一度目は6年ほど前にこのアクセラを購入したとき。「おーっ!テレビが映るじゃないか!」と感動したのがまだ昨日のことのようです。

 それ以来、一度もカーナビでテレビを見ていません。リモコンもグローブボックスにずっと入れたまま。人それぞれの使い方にもよりますが、少なくとも私には車内でテレビを観たいという感覚がありませんので、カーナビがテレビ受信不能になってもまったく困ることはありません。そもそももう一台のデミオに付けてあるサンヨー・ゴリラについては、アンテナの配線すらしてありません。胸を張って地デジ難民になろうと思っています。(どうしてもテレビを観たいときには携帯のワンセグがありますしね)

 まあテレビ放送についてはどうでもいいのですが、カーナビ本来のナビゲーション機能については、完全に依存症になってしまっています。特に名古屋の街中等へ出かけるときには絶対の必需品、これがないと目的地へ到着する自信がありません。まだカーナビがなかった時代には、地図さえあればどこへでも行く自信があったのですが、カーナビに頼るようになってからは地図だけで目的地へ行く自信がなくなってしまいました。文明の利器は人間の能力を退化させているのかも知れませんね。

 カー用品店のチラシではカーナビの地デジ化に関する商品が盛んにPRされていますが、皆様の地デジ化はいかに?

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/24 17:08 ] その他 | TB(0) | CM(12)

旧車・日産・サファリ(Y60型) 

110721a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年に日産から発売された2代目サファリ(Y60型)です。当初は1ナンバー貨物車のみのラインナップでしたが、1991年に3ナンバーワゴンも追加されました。このカタログはそのときのものです。四駆ブームの当時とはいえ、パジェロやサーフはそこらじゅうで見かけましたが、このサファリは流石にあまり見かけませんでしたね。

 さて、この日産サファリ、歴史を遡れば1951年に発売された日産パトロールからの流れを汲んでいますので、かなりの長寿モデルですね。現在国内販売は終了してしまいましたが、今もこの次の代であるY61型が日産パトロールとして輸出されています。最新型のY62型はアラブ諸国のセレブ御用達カーとなっているようで、元気のない日本での販売は念頭に置かれていないようですね。

 それにしてもこのサファリというクルマ、成り立ちからして当然といえば当然ですが、硬派なクルマですね。『「機械式」と「電動」を用意、いずれのウインチも牽引力は強力です・・・自己脱出や他車レスキューに威力を発揮』なんていう文言がカタログに載っているようなクルマはそうそうありませんね。カタログによると、機械式は3000kg、電動は3600kgの牽引力があるそうですから、さりげなく紹介されてはいますが、きちんとした玉掛けの資格を持った方でないと操作がかなり危なそうですね。まあいくら四駆ブームの時代とはいえ、ウインチ付のサファリにファッション感覚で乗られる方はいなかったとは思いますが・・・。

 国内販売が終了した日産サファリですが、現在でも警察や消防で相当数が活躍しているようですね。いざと言うときに頼りになるクルマではありますが、できることならなるべくこの手のクルマが活躍する機会は少ないほうがいいですね。最近は今までお目にかかったことがないような特殊車両ばかりテレビに映っていますから、西部警察で活躍していたサファリの放水車がかわいく思えてしまいます。二度とあのような特殊車両群がテレビに頻繁に映るような出来事が起きないでほしいものですね。

サファリ・ワゴン・エクストラハイルーフ・キングズロード(WGY60型)
全長×全幅×全高 : 4845×1930×1985mm
ホイールベース : 2970mm
車両重量 : 2130kg
エンジン : 直6OHV 4169cc 175PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/22 11:01 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(6)

旧車・マツダ・ユーノスコスモ(JCESE/JC2SE型) 

110715a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にマツダから発売されたユーノスコスモ(JCESE/JC2SE型)です。初代コスモスポーツから数えるとコスモとしては4代目となりますが、バブル期という時代背景もあり、初代以上にインパクトのある(ぶっ飛んだ)クルマですね。ユーノスコスモならコスモスポーツ同様、ウルトラ警備隊に配備されていてもまったく違和感がありません。世界初のGPSカーナビまで搭載されていますから、隊員さん達も迷うことなく目的地まで行けますしね。

 さて、このユーノスコスモ、なんと言っても一番の特徴は3ローターの20B-REWなるツインターボエンジン搭載車の存在ですね。あまりのハイパワーゆえ、市販するには当時の自主規制値であった280PSに収まるようにデチューンしなくてはならなかったほどのエンジンが搭載されたクルマ、私はこのクルマは一度も運転したことがありませんのでどんな運転感覚なのかはわかりませんが、さぞ凄かったことでしょうね。

 3ローターのツインターボエンジン、世界初のGPSカーナビ、高級クーペとしての素晴らしいスタイリング、豪華な内装、2~3km/Lとも言われるしびれる燃費性能、良くも悪くもあらゆる意味で話題満載のクルマだったのですが、当時の存在感はいまいちだった記憶があります。やっぱり“ユーノスコスモ”という名前と当時の販売体制がまずかったんでしょうね。ストレートに“マツダ・コスモ”なり“マツダ・コスモスポーツ”とすればもっと注目度が上がっていたことと思います。あのマツダ5チャンネル体制は全てのマツダ車の存在感を一斉に小さくしてしまいましたね。

 昨今の時代背景を考えると、今後このようなクルマが世に出されることはまずないでしょうから、当時ユーノスコスモに試乗しなかったことをちょっと後悔しています。とはいえ、程度の良い安価な極上中古車が見つかったとしても、乗ってみたいとは思いますが、買いたいとは思いません。燃費性能が全てとは考えていなくとも、やはりハイオク仕様でリッター2~3キロしか走らないクルマでは財布の中身が気になってエンジンのフィーリングを心の底から楽しむことができませんからね。

ユーノスコスモ・20B・Type-E(JCESE型)
全長×全幅×全高 : 4815×1795×1305mm
ホイールベース : 2750mm
車両重量 : 1640kg
エンジン : 水冷直列3ローター 654cc×3 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/15 14:22 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(20)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。