旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ダイナ(RU20/30/BU20/30型他) 

110630a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にトヨタから発売された4代目ダイナ(RU20/30/BU20/30型他)です。先代まで続いたセミキャブオーバー型が改められ、この代からは現在のトラックと同様のキャブオーバータイプとなりましたので、古いクルマとはいえ、パッと見は現代的なトラックとなっていますね。このカタログは1980年にマイナーチェンジされ、ワイドキャブ車が追加されたときのものなので、ラインナップには少々大きなグレードもありますが、基本的には小型トラック。にも関わらず、大型トラックのようなチルトキャブが装備されているのは、メカ好きにはたまりませんね。

 さて、このダイナ、一部に車両総重量が5トンを超えるものがありますので、それらは除外しなくてはなりませんが、大部分のグレードは中型免許ができた現在でも普通免許で運転が可能です。全長5990mm、全幅1995mmともなれば結構大きなトラックですので、免許制度が変わった現在においても、普通免許の守備範囲は意外と広いんですね。

 逆に、中型免許ができる前は普通免許で車両総重量8トンまで運転可能でしたから、全長12メートルの4t積みスーパーロングのトラックまで運転可能でした。クラウンコンフォートで教習を受けた人間が、全長12メートル、幅2.5メートルの4トントラックを運転するのはやっぱりちょっと無理があったみたいですね。個人的には中型免許の設定はとても妥当だったと思います。

 ちなみに私は大型免許を持っていますが、取得したのは中型免許ができる前です。教習車は確か5.5トン積みトラックでしたから、現在では中型にあたる車両です。免許取得後、大型トラックはもちろん、4トントラックすら一度も運転したことはありません。“昔とった杵柄”という諺がありますが、少なくとも私は現在10トン積みトラックを運転する自信はまったくありません。もし何らかの理由で大型トラックを運転する必要に迫られたときには、もう一度教習所へ行って練習しなくてはなりませんね。

 現在、東日本大震災の被災地では、大型免許取得のために教習所へ通っておられる方が急増しているそうです。津波で職場が消滅してしまったから失業してしまい、新たに生まれた雇用が瓦礫撤去作業のため、ダンプを運転できるように大型免許を取得されているそうです。

 大型免許を取得され、瓦礫撤去作業で活躍された方々の“大型免許”は、私が持っているような“ペーパー杵柄”ではなく“本物の杵柄”になることと思います。お体には十分気をつけて、取得された大型免許をフル活用して復興のため存分にご活躍ください。

ダイナ・ワイドキャブ・ジャストロー・ロング(BU35型)
全長×全幅×全高 : 5990×1995×2120mm
ホイールベース : 3290mm
車両重量 : 2280kg
最大積載量 : 2.0t
エンジン : 直4ディーゼル 2977cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/06/30 10:47 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(6)

夏のバイクは結構不快かも。 



 このところ連日の厳しい暑さに加え、また親戚のゴタゴタに巻き込まれてとってもストレスが溜まっています。高齢になって幼児退行現象が出ているのかどうかわかりませんが、70過ぎている人間にも関わらず、まるで駄々をこねる小学生のような人物が身近におり、家族ともども大迷惑を被っています。あの人物に何十年我が家は迷惑を掛けられてきたことか・・・。

 さて、そんなときにはバイクを飛ばしてスカッとしようと思い、今日、30分ほど走ってきました。しかしながら私のバイクはご存知の通り原付バイク、どんなに頑張っても時速60km以上はでません。向かい風だと時速50kmも怪しいぐらいの素晴らしいバイクです。おまけに今日は35度ほどの猛暑日。走っている時はなんとか耐えられますが、止まると体中から汗が噴き出てきます。夏のバイクは運転自体は面白いものの、結構不快感を伴いますね。思ったよりもスカッとしませんでした。もっとも私のは原動機付自転車ですから、自動二輪車だったらまた違うのかもしれませんね。

 それにしても最近の暑さ、なんとかならないものですかね。まだ6月だというのに連日の猛暑日、夏本番が来たら一体どうなってしまうんでしょう。今年はできる限りエアコンを使わずに過ごそうと思っていましたが、もう既に毎日使っています。“スーパークールビズで厳しい暑さを乗り切ろう”なんて巷では言われていても、現時点で私はTシャツ一枚しか着ていませんのでこれ以上のクールビズだとランニングシャツ一枚(裸の大将みたいですね)、もしくは上半身裸(変質者ですね)となってしまいます。田舎の百姓をしている私も、流石にこれ以上のクールビズはできません。この先どうやって夏の暑さを乗り切ろうか・・・、頭が痛くなってきます。

 ところで、今、ランニングシャツから“裸の大将”という言葉が無意識に出てきましたが、“裸の大将”というのはご存知の通り、山下清画伯の放浪記をモデルとしたテレビドラマです。芦屋雁之助さんがおにぎりを食べるシーンが印象的でした。最近では良く似たお笑い芸人の方がとても上手に“裸の大将”を演じられておられますね。

 私は絵画の世界はよく分かりませんので、山下清画伯がどんな方なのかは存じ上げません。それに、ゴッホやピカソやモネといった方についても、それらの方の絵画の何が素晴らしいのかはまったく分かりません。

 絵画っていったい何なんでしょうね。それこそ山下清やゴッホやピカソやモネといった歴史に名を残す超一流の画伯が書かれた絵画が歴史的な価値を見出されるのは素人でもなんとなく分かります。ピカソの『ゲルニカ』なんて、絵画についてはまったく素人の私でも大枚叩いて欲しいと思っています(もちろん私の大枚では買えません)。

 しかしながら、歴史に名を残す“超一流”の絵画なら確かに価値があるのかもしれませんが、歴史に名を残さない“一流”の絵画は、はっきり言って『粗大ゴミ』です。いや、売れないにも関わらず、莫大な相続税がかかってしまう以上、『粗大ゴミ以下のゴミ』です。

 かつて、日本画壇の最高峰に君臨されておられた奥村土牛先生のご子息が、先生がお亡くなりになられた後、『相続税が払えない』という書籍を上梓されました。歴史に名を残す“超一流”でも残されたご遺族は大変だったみたいですね。

 ちょっと今日はいつもとずれた話になってしまいました。この猛暑の中、バイクで走って体中から汗が噴き出し、帰宅後ヘルメットを脱いだらなんとヘルメットの内装が頭にへばりつき、まるでカツラをかぶる前の歌舞伎役者のようになっていたみたいで、家族から大笑いされました。まあ内装洗濯可能なヘルメットなので特に私は気にしませんが・・・。

 時速60kmしか出ない3.3PSの原付バイクですが、私には欠かせない存在です。この“大人のおもちゃ”に今までどれほど助けられたことか・・・。

 今、原付バイクはほとんど絶版になってしまいました。私のように中年オヤジでも自動二輪の免許を持っていないバイク好きがいますので、何卒魅力的な原付バイクをもっと販売してくれませんかね?クルマの選択肢がなくなった、バイクの選択肢がなくなった、では楽しみが何もないじゃないですか!

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/28 21:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

旧車・トヨタ・ビスタ(V20/21型) 

110622a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された2代目ビスタ(V20/21型)です。姉妹車のカムリが登場時にはセダンのみだったのに対して、こちらはハードトップとセダンの二本立てでスタートし、ハードトップをメインとすることでカムリとの差別化を図っていました。とはいえ後にカムリにもハードトップが追加され、結局“どっちでも同じ”というトヨタ得意の典型的な姉妹車となってしまいましたね。

 さて、姉妹車云々は置いておき、このビスタ、特にハードトップタイプはなかなかカッコいいですね。当時はカムリともどもマーク2三兄弟の影に隠れて少々存在感が薄かったのですが、改めてカタログを見てみるとマーク2のようにもカリーナEDのようにも見えてそのどちらでもなく、おまけに“2000GT”なるグレードまでありますね。“さわやかな走りを演出する、おとなのグラン・ツーリスモ。”このカタログは25年前のものですが、当時よりも今のほうがこのビスタが“おとなのグラン・ツーリスモ”に見えてしまうのは気のせいですかね?

 ところでこのビスタ、古いといってもまだ25年しか経っていませんから特別旧車というわけではありません。しかし諸元表を見ると、ATのないグレードはありますが、MTのないグレードはありません。ミドルクラスのセダンで全グレードにMTが設定されているのって、現在の感覚ではとても新鮮ですね。

 またしつこくMTネタになってしまって恐縮ですが、最近新型車を見に行ってもあまりムラムラッと来ないのは(あくまでも私個人の話です)、MTがないからです。
 AT限定免許ができたのが1991年、しかし現在でも7割程の方はMTで免許を取得していると聞きます。にもかかわらずここ10年でMTグレードは激減どころか消滅しつつあります。なんとかならないものですかね?
 走りを極めたいからMTを選択、という人ばかりではなく、ATのクルマだと居眠りしてしまうからMTを選択、という人間も少なからず存在します(私を含めて、特に中年以上に多い)。
 メーカーもそういう人間のために居眠り状態を察知したら警報を出すような機能を開発してくれているようですが、そんな警報装置よりもMTグレードを用意してほしいものです。

 現在辛うじて用意されているMT車は超高性能スポーツカーかコンパクトカーのどちらかです。普通の中年オヤジが選ぶ普通のクルマ、そう、ちょうどこのビスタのようなクラスからはMT車がなくなってしまいました。寂しいものですね。

ビスタ・ハードトップ・2000GT(SV21型)
全長×全幅×全高 : 4520×1690×1370mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/22 16:01 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

旧型車・三菱・ミラージュアスティ(CJ1A/2A/4A型) 

110607a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1995年に三菱から発売された5代目ミラージュの2ドアクーペモデル、ミラージュ・アスティ(CJ1A/2A/4A型)です。このクルマ、昔しばらくの期間、愛車として乗っていました。モータースポーツでも活躍していたハイパワーモデルもありましたが、もちろん私が乗っていたのは廉価グレードの1.3リッターモデル、アスティVというクルマです。

 さて、このミラージュアスティ、当時、転勤でとある地方都市勤務となり、普段の足&片道350km程の帰省の足として手頃なクルマを検討していました。長距離走行が主目的だったので軽は却下、基本的に自分ひとりが乗るだけなので、大きなクルマや高価なクルマも除外。そんな時に、『カープラザ20周年記念特別限定車、アスティ1.3V、オーディオを特別装備して99.8万円』という新聞広告を発見。特別価格からさらに強引に値引きをさせ、諸経費込みで100万ぐらいで購入しました。実はこの時点では試乗どころか実車も見ていませんでした。

 納車された実車をじっくり見てみると、スポーティなクーペスタイルとは裏腹にタコメーターはなく、タイヤはライトバン御用達の155SR13という、なかなかしびれるクルマです。1.3リッターのSOHCエンジンは“88PS”という“ハイパワー”を発揮することはカタログで確認していましたので過度な期待はしていませんでしたが、往復700kmの帰省の足として本当に使えるだろうかと少々不安になった記憶があります。

 納車時の第一印象はあまりパッとしませんでしたが、しばらく乗ってみると予想に反してなかなか面白いクルマだったのでひとまず安心。そして何度か帰省を繰り返すうちに、このクルマのいちばんの魅力を発見することができました。
 このクルマ、燃費が異常に良かったです。カタログ燃費は19.2km/Lでしたが、20km/L超えることはざらで、街中メインでも15km/Lを下回ることはまずありませんでした。もっとも良かったときは、27km/Lということもありました。現在のプリウスやインサイト並ですね。

 アスティVの燃費の良さを体験していたので、最近の燃費性能を前面に出したエコカーのPRも個人的には少々物足りなく感じてしまい、例のエコカー補助金の時には大いに疑問を感じていました。私が乗っていたミラージュアスティも“13年以上経過した車”にあたりましたからね。

 燃費の良さ以外にもこのクルマ、楽しい思い出がいっぱいです。非力なエンジンゆえ、高速の長い上り坂等では徐々にスピードが落ちてきます。そんな時、ギアを一段落とす前にエアコンのスイッチを切ると、背中をグッと押されるような加速をします。パワーの絶対量が少ないからエアコンに使われる出力の比率が高いんでしょうね。
 タコメーターが付いていないから自然と“耳タコ”の感覚も研ぎ澄まされていきます。エンジン音と、加速の伸び、頭打ちの様子から“エンジンのいちばんおいしいところ”というのがとてもよく分かりました。
 
 1トンを切る軽量で小柄な車体、スポーティなクーペスタイル、驚異的な燃費性能、フル装備で100万円以下という低価格、マイナー車ではありましたが、たまに街で見かけるともう一度運転したくなってしまいます。

ミラージュ・アスティV(CJ1A型)
全長×全幅×全高 : 4230×1690×1365mm
ホイールベース : 2415mm
車両重量 : 950kg
エンジン : 直4SOHC 1298cc 88PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

110607a07.jpg
(まだどこかで元気に走っているのだろうか?)

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/07 13:19 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。