旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・セリカ(ST180型) 

110530a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にトヨタから発売された5代目セリカ(ST180型)です。先代のST165型セリカでは、映画『私をスキーに連れてって』の劇中でステアリング性能が少々物足りず雪の壁に何度も車体をぶつけた挙句、最後はひっくり返ってしまいましたので、その反省からか、この5代目セリカにはトヨタ車初となる4WSが搭載されることとなりました。

 さて、この5代目セリカ、せっかく4WSまで装備して雪道での走行性能を向上させたにも関わらず、これが販売されていた頃には既にスキー場への足はパジェロやハイラックスサーフ等の四駆SUVが主流となっており、『セリカでスキー』というブームは長続きしませんでしたね。まあユーミンの曲をBGMにジャンプしたり、渋滞の度にスピンターンされたりしたら危険ですからあのようなブームは続かないほうがいいですが・・・。

 スキー場では先代ほど活躍しなかった5代目セリカでしたが、現実のラリーでは先代以上に大活躍しましたね。次の代のセリカがWRCではパッとせず、その後は参戦車両がカローラになったため、5代目はWRCでもっとも活躍したセリカとなりました。とはいえ、このセリカ、バブル期で他に派手なクルマがたくさんあった時期だったためか、なんだか影が薄かったですね。

 4代目セリカと5代目セリカ、クルマとしては5代目セリカのほうがずっと素晴らしいと思います。しかしながら人気は4代目セリカのほうが高かったような気がします。大ヒットした映画やTVドラマの劇中で使われたクルマはたいてい人気車種となり、場合によっては社会現象といわれるほどのベストセラーカーになったりします。

 クルマの良さに惹かれて多くの方が購入し、ベストセラーカーとなるのが本来の流れですが、セリカの例のようにイメージ戦略も重要みたいですね。

 ところで、最近は映画やドラマで誰々が乗っていたクルマ、ということで人気車種になったクルマってあまり思い浮かびませんね。GT-Rはミッチーが乗っても乗らなくても人気車種となる運命のクルマですから別として、同じく『相棒』の中で結構活躍していたティアナが販売台数の上位になったという話は聞いたことがありません。ベストセラーカーの顔ぶれはいつも同じような面々で、映画の主人公が乗るようなクルマは皆無です。これも時代の流れなんですかね。

セリカGT-FOUR(ST185H型)
全長×全幅×全高 : 4430×1745×1305mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1460kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 225PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/05/30 16:12 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(11)

旧車ではありませんが、iPod touch。 

110527a01.jpg

110527a02.jpg

 クルマとは全然関係ない話ですが、昨日、今更ながらアイポッド・タッチなるものを購入しました。私は音楽をほとんど聴かないのでいちばん小さな容量の8ギガモデル。久しぶりに約2万円という高額な買い物をしました。

 箱をあけてびっくり。分厚いマニュアルがぎっしり入っているパソコンや携帯電話とは対照的に、マニュアルは小さな紙切れだけ。充電器すら入っていません。本当にこんなものが使えるのだろうか・・・。

 そもそもアイポッドの購入を考えたのは、無線LAN機能でインターネットにつながり、すぐに立ち上がるネット端末が欲しかったから。携帯電話でもできないことはないらしいのですが、毎月パケホーダイの下限に収まっている私の場合、携帯でネットにつなげるとすぐに料金が上がってしまいます。

 私の家は母屋とは別の建物に光回線が引いてあり、そこから無線LANで母屋にあるPC数台にネット接続しています。そしてこのブログを書いている部屋は、回線が引いてある別の建物のほう。夜ちょっとネットを確認したい時など、その建物まで行くのが面倒、かといって母屋にある別のパソコンを立ち上げるのも面倒、ということで安価なネットブック等を物色していましたが、なかなかこれといってめぼしいものがありませんでした。

 そんな中、友人がアイフォンという携帯電話でのインターネット接続を見せてくれ、それとよく似たアイポッドタッチなるものの存在を教えてくれました。

 巷で人気があるようで、無線LANの設定方法などを親切に解説してあるサイトが山のようにあり、取説がなくても特に困ることなく設定完了。自分のサイトがアイポッドの画面に映ったときにはちょっと感動しました。カタログの拡大画像も指二本で広げるようにすれば拡大され、カタログの文章まで読めてしまいます。世の中すごいものを考える頭の良い方がおられるものですね。

 最近のクルマのカタログにはオーディオ関係のページに必ずといっていいほど『アイポッド接続端子』のような言葉が載っていますが、その理由がわかったような気がします。

 この手の分野の進歩は凄まじいですから、今後はクルマにもどんどんこういう技術が入ってくるんでしょうね。どこぞのメーカーが最近出した新型車の売りは確か“タッチパネル”でしたし・・・。

 アナログ派の私には付いていけない時代がもう既に到来しているんだとアイポッドを触ってみてつくづく実感しました。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/27 10:52 ] その他 | TB(0) | CM(6)

旧型車・スズキ・アルトワークス(HA22S/12S型) 

110521a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にスズキから発売された5代目アルトのホットモデル、アルトワークス(HA22S/12S型)です。5代目アルトは2000年のマイナーチェンジ時にワークスが廃止されたので、このモデルが最後のアルトワークスとなり、その後は役目をKeiワークスへ譲ることとなりましたね。

 さて、アルトワークスは1987年に2代目ベースで初めて登場し、そのときのDOHCインタークーラーターボエンジンの出力が64PS規制の発端となりました。従ってその後、代を重ねても出力こそ向上されませんでしたが、徐々に熟成されて軽ホットモデルとして根強い人気を誇っていましたね。
 三菱のミニカ・ダンガンやダイハツのミラ・TR-XX等のライバル車も実に賑やかで、軽自動車と言えども乗ってみるとその運転の楽しさに魅了されてしまうクルマが各社から販売されていました。個人的にはこれらのクルマは良く走りすぎて、“楽しい”よりも“怖い”と感じていたものでしたが・・・。

 久しぶりに今の軽ホットモデルはどうなっているんだろうかと、現行のKeiワークスをスズキのホームページで確認しようとしたら、あれっ、Keiが載っていない。なんと2009年の9月末で生産終了したとのこと。全然知りませんでした。ならばワークスはアルトに戻ったのかと思ってアルトを見てみると、アルトにもワークスというグレードはありません。どうやら消滅していたみたいです。
 それならライバル車は?ということで三菱のホームページを見てみると、なんとミニカが載っていない!今年の3月末でミニカが生産終了となっていたなんてびっくりです。

 個人的に軽自動車にはあまり興味がないこともあり、自動車雑誌を立ち読みするときでも軽のニュースはしっかり読んでいないということもありますが、ここ数年でずいぶん軽自動車の世界も様変わりしたようですね。

 相変わらず64PSのターボエンジンを積んだ車種は用意されているようですが、当時のアルトワークス等と比べると車重が大体200kgぐらい重くなっているようです。以前知人が乗っているエブリィワゴンを運転したときには、これがアルトワークスと同じ64PSのターボエンジンを積んでいるクルマだとはとても思えませんでしたので、他の“軽ホットモデル”の運転感覚はどうなんでしょうね。

 それにしても今の軽自動車って、どのメーカーのものも似たようなクルマばかりのうえ、びっくりするような価格のものが多いですね。そんな今の軽自動車ではありますが、ホンダのアクティ・トラックには少々惹かれました。T360時代から続いている“農道ポルシェ仕様”は今も健在なんですね。766,500円かぁ。ちょっと無理だな~。

アルトワークス・RS/Z(HA22S型)
全長×全幅×全高 : 3395×1475×1450mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 670kg
エンジン : 直3DOHCターボ 658cc 64PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/21 14:20 ] 1990年代スズキ | TB(0) | CM(19)

旧型車・ホンダ・オデッセイ(RA1/2型) 

110511a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にホンダから発売された初代オデッセイ(RA1/2型)です。現在4代目まで進化を続けていますが、いずれのモデルも人気車種で、ミニバンブームの中心に存在している一台ですね。RVに出遅れていたホンダが“ミニバンメーカー”へ成長するきっかけになったクルマです。

 さて、この初代オデッセイ、当時ミニバンなるものを造っていなかったホンダがアコードのプラットフォームを流用して3列シート車を造ったら、思わぬ大ヒットとなったクルマです。トヨタの初代エスティマがミッドシップレイアウトの天才タマゴとして華々しくデビューした割には発売当初あまり芳しくなかったのとは対照的ですね。この初代オデッセイの成功によってホンダは味をしめ、この後、ステップワゴンやSM-Xといったちょっと品のないミニバンを連発していきますが、そのどれもが大ヒット。そして今や立派な“ミニバンメーカー・ホンダ”となっていますね。

 大ヒットとなった初代オデッセイですから、きっと素晴らしいクルマなのでしょうが、個人的には“良いクルマが売れるクルマではなく、売れるクルマが良いクルマ”という意味での“良いクルマ”にしか思えず、未だにオデッセイの魅力がわからずにいます。スタイル?走行性能?取り回しのよさ?使い勝手?いったい初代オデッセイが大ヒットした理由は何なのでしょうね?オデッセイファンの方々には怒られてしまいますが、私にはこのオデッセイ、“運転しにくい肥満体アコード”としか思えませんでした。取って付けたような3列目シートの横にはスペアタイヤが立てて置かれており、いかにも“急いでミニバンを造りましたよ!”と訴えかけられているように感じた記憶があります。(好みは人それぞれですから、オデッセイファンの皆様、ご気分を害さないでくださいね。)

 ミニバンブームも最近のエコカーへの流れから以前ほどではなくなってきているように感じられますが、今後はどうなっていくんでしょうね。原発事故をきっかけに原発への不安が高まり、私が住んでいる中電管内の浜岡原発も停止されることとなりました。東電管内の電力不安から中電管内へ生産をシフトしようとしていた自動車メーカー各社、今度は関電管内へシフトするのでしょうか?現状では停止される原発は浜岡だけですが、安全に不安があるために停止させるということは、当然浜岡以外の原発に波及することも考えられます。

 1トンのクルマよりも2トンのクルマは単純に考えて材料が2倍必要です。それぞれの原材料、部品を加工する工程のほとんどで電力が必要とされるわけですから、否応なくダウンサイジングが求められそうですね。もっとも、メーカー側のダウンサイジングだけではなく、我々も“近所のコンビニへ大きなミニバンに乗って缶コーヒーを買いに行く”という生活を改めなくてはなりませんね。

オデッセイ・Lタイプ・7人乗り(RA1型)
全長×全幅×全高 : 4750×1770×1675mm
ホイールベース : 2830mm
車両重量 : 1510kg
エンジン : 直4SOHC 2156cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/11 15:30 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(10)

旧車・マツダ・コスモ(HB型) 

110503a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年にマツダから発売された4代目コスモ(HB型)です。2ドア/4ドアハードトップ、そして4ドアセダンと3タイプが発売されましたが、このカタログはその中の4ドアハードトップのもの。カッコいいといえばカッコいいといえなくもないですが、個人的にはちょっと微妙なスタイルのクルマだと思っていました。理由は単純明快、この2灯ずつのリトラクタブルライトが違和感ありありで、ライト点灯時のコスモはお世辞にもカッコいいとは思えませんでした。

 さて、マツダのコスモといえば初代は言わずと知れたあのコスモスポーツ、トヨタ2000GTに匹敵する存在感を備えているといっても過言ではないほどの名車でしたね。そのコスモスポーツの流れを汲み、マツダの象徴となるべきスペシャリティカーとして存在し続けるはずだったのですが、どうもこの3代目の存在のおかげでキャラクターが不明瞭になってしまったような気がしています。

 ご存知の通りこの3代目コスモは4代目ルーチェと姉妹車の関係にあり、特に4ドアセダンは違和感満点の4灯リトラクタブルライトすらない、ルーチェそっくりの広島ベンツ風セダンでした。せめて姉妹車関係であってもルーチェは4ドアのみ、コスモは2ドアのみという具合にすればコスモのキャラクターを守れたのではないかと思えるだけに、個人的にはこの3代目コスモの存在はとても残念でした。

 マツダが3代目コスモを成功と考えたのか失敗と考えたのかはわかりませんが、4代目コスモは初代コスモスポーツ以上にぶっ飛んだ存在感を放つユーノス・コスモとして登場しました。広島ベンツ風セダンと同じ車名を冠するクルマとはとても考えられないユーノス・コスモが4代目として登場したということは、おそらくマツダもこの3代目コスモについてはちょっと反省したんでしょうね。

 とはいうものの、生真面目なマツダ、3代目コスモの平凡さを一気に払拭しようと考えたのか、ユーノス・コスモではぶっ飛びすぎて3ローターエンジンまで搭載してしまいました。おかげで燃費はリッター2、3キロもざらというなんとも素晴らしいクルマとなり、ユーノス・コスモを最後にマツダからコスモというクルマが消えてしまいました。どうもコスモが消えた原因はこの3代目にあったような気がしてなりません。

 現在マツダの乗用車には昔から続いている車名のクルマは一台もありませんが、シナリあたりなら十分にかつてのコスモのイメージに合致しますので、もしシナリが市販されることとなるのであれば、コスモという車名を復活させるのもいいかもしれませんね。いくら新生マツダとはいえ、昔から続いている車名のクルマが他社からのOEM車と、かなり昔から造り続けているボンゴだけというのはちょっと寂しいですからね。

コスモ・4ドアハードトップ・XG-X(HBSHE型)
全長×全幅×全高 : 4640×1690×1360mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1175kg
エンジン : 直4OHC 1970cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/03 14:47 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。