旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・パルサーワールド 

110428a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年に日産から発売された初代パルサー(N10型)を始め、当時チェリー店で扱われていた日産車のラインナップです。このカタログはパルサーがマイナーチェンジされた1980年にパルサー・ワールドと銘打って発行されたもの。まだレパードTR-Xが投入される前のラインナップですから、パルサー、オースター、チェリーバネットといった、いわゆる大衆車揃いで親しみの持てる面々が並んでいますね。

 さて、この“パルサー・ワールド”には、スカイラインやセドリックといった、当時多くの人々が憧れていたクルマはありません。そして現在、旧車マニアの間で珍重されるような存在となっているクルマもありません。今から30年前の時代に、庶民の間でごく普通に乗られていた“庶民のクルマ”です。
 30年という時が流れ、現在これらに相当するクルマはマーチ、ティーダ、NV200バネットあたりですね。当時、30年後は一体どんなクルマが走っているんだろう?タイヤがなくてホバークラフトのようになっているんだろうか?全部電気自動車になっているんだろうか?そもそもノストラダムスの大予言が本当なら1999年に世界がなくなってしまうから30年後はないんじゃないか?などといろいろ考えていましたが、意外とあまり変わっていないですね。特に現在日産のラインナップにあるボンゴのOEM車、バネットバンなんて、30年前のこのカタログに載せてもあまり違和感がないぐらいです。

 30年前、現在のようにインターネットの時代になるとは考えていませんでした。また携帯電話を小学生が持っているような時代になるとも考えていませんでした。同様に、昔のクルマのほうが良かった、と考える人が少なからず存在する時代になっているとも考えていませんでした。

 震災をきっかけに、トヨタは現在エスティマ・ハイブリットに搭載されているAC電源供給機能を他のハイブリット車にも搭載することを検討し始めたそうです。またルネサスの工場が被災したことにより、マイコン供給がストップして多くの自動車メーカーでクルマが生産できなくなりました。きっと今後クルマそのもののあり方も、そして自動車会社のあり方も大きく変わっていくことと思います。

 今から30年後は、きっと過去30年間の変化よりもずっと大きく変化するでしょうね。それが進歩の方向なのか後退の方向なのかはわかりませんが、その方向は自動車メーカーの考えではなく、日本全体の、言いかえれば我々国民一人ひとりがどういう暮らしを望むかによって決められることになると思います。
 30年後、“リーフ・ワールド”が発行されているのか、“パルサー・ワールド”が発行されているのか、相変わらず“モダン・リビング”と言われているのか、はたまた日産がクルマを生産していないのか、どんな時代になっているんでしょうね。

パルサー・5ドアハッチバック・1400TS-GF(HN10型)
全長×全幅×全高 : 3960×1620×1360mm
ホイールベース : 2395mm
車両重量 : 860kg
エンジン : 直4OHV 1397cc 80PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/04/28 12:01 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(9)

旧型車・三菱・パジェロ(V23/24/43/44型等) 

110421a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された2代目パジェロ(V23/24/43/44型等)です。RVブーム絶頂の頃、その中心的な存在として確固たる地位を築き、今では信じられないことですが月間販売台数が1位になったこともある、三菱がもっとも輝いていた時期のパジェロです。現在でも4代目パジェロが販売されていますが、当時とは異なり、街中ではめったにお目にかかることがありませんね。それもそのはず、現在のパジェロの販売台数は年間3千台へ届いていません。今もっとも売れているプリウスの年間販売台数の100分の1以下です。RVブーム、エコカーブームという時代の流れとはいえ、こういう極端なブームとなるお国柄はちょっと怖い気もしますね。

 この2代目パジェロ、絶頂期のパジェロだったこともあり、個人的にはやはりパジェロといえば2代目が真っ先に頭に浮かびます。今あらためてこのカタログを見ると、“無骨でごつい男のクルマ”に見えるのですが、当時はこのカタログを見てもハイラックス・サーフ同様、ナンパなクルマにしか見えませんでした。その時々の時代背景によって同じものに対する感じ方もずいぶん変わってくるものですね。ブームに左右されず、現在パジェロを購入されておられる方々は本当のパジェロ・フリークだと思います。冷静に考えれば、この手のクルマが販売台数1位になるなんていうのはちょっと異常なことで、クルマの性質を考えれば現在の比率が自然なんでしょうね。

 さて、RVブームの中心に存在していた三菱パジェロ、私はクロカンをしたことがないので本来の四駆性能はわかりませんが、大きさの割りにとても街中で扱いやすいクルマでしたね。視界が広くて車両感覚が掴みやすく、車庫入れもしやすかった記憶があります。当時、パジェロに乗られている女性が知人にいましたが、意外と乗りやすいので流行に敏感な女性はファッションの一部としてパジェロを選んでいたのかもしれませんね。

 まあ、それはそれでいいのですが、そのパジェロの女性、スタッドレスタイヤと交換するときだけ私ともう一人の同僚を自宅に招待してくれました。もちろん何かいいことがあるわけでもなく、食事を作ってくれるわけでもありません。彼女曰く、オートバックスだと結構お金を取られるけど、我々なら缶コーヒー2本で済む、とのこと。そこまで正直に言われるとあまりよい気はしませんが、個人的にはパジェロのタイヤ交換作業はなかなか面白かったです。とはいえ、当時はまだ若かったにも関わらず、あのタイヤの重さには閉口しました。この手の四駆に乗られている方はタイヤ交換やタイヤローテーションはご自分でされているんでしょうかね?

パジェロ・メタルトップ・ワイド・VR(V23W型)
全長×全幅×全高 : 4030×1785×1815mm
ホイールベース : 2420mm
車両重量 : 1780kg
エンジン : V6OHC 2972cc 155PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/21 18:33 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(16)

旧型車・スバル・レガシィB4(BE型) 

110419a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にスバルから発売された3代目レガシィのセダンタイプ、レガシィB4(BE型)です。レガシィといえば1989年の初代登場以来、スバルの看板車種として人気を博してきましたが、ツーリングワゴンの存在感がとてつもなく大きく、セダンはどちらかと言えば影が薄い存在でした。しかしこの3代目からはセダンに“B4”というサブネームが与えられ、以降、レガシィB4はスポーティセダンの代表的な車種として、ツーリングワゴンに劣らぬ存在感を保ちながら現在に至っていますね。

 発売当初のラインナップはターボのRSKとNAのRSのみ。どちらも“ようこそ、4WDスポーツの世界へ。”というB4誕生のキャッチフレーズとともに“4つのドアをもったプレミアムスポーツ”という形で用意されました。ピカイチの性能を誇りながらもこれ見よがしな大きな羽根やど派手なエアロパーツで固められているわけではなく、年配の方が乗られてもまったく違和感のないちょっと控えめなスタイルは、とても好感が持てますね。個人的にもとても好きなクルマの一台です。

 さて、このレガシィB4、3代目の大きな特徴のひとつに、5ナンバー枠に収まっていたという点があります。全長4605mm、全幅1695mmというサイズは、当時すでに3ナンバーが珍しくない時期にあっては、大きな特徴であると同時に、大きな魅力でもありました。現行レガシィがずいぶん大きくなってしまったことについては、いろいろと言われましたがまあ時代の流れということで仕方のないことなのでしょう。
 しかしながら、旧型レガシィからの買い替えで、新型レガシィを選ばずにインプレッサ・アネシスを選ばれる方が多いという話を聞きました。レガシィの大型化はもちろんいろいろな理由があってのことだと思いますが、昨今のダウンサイジング志向の流れは大震災によって更に拍車がかかると思われます。
 かつてのシビックの役割をフィットが担うようになったので、大型化したシビックは国内のラインナップから消滅、という事例が最近ありましたが、レガシィにはそのような方向へ進んでほしくないものですね。

 何はともあれ、このレガシィB4、クルマ好きを惹きつける魅力に溢れた素晴らしいクルマでしたね。質実剛健ながらピリリと辛味の効いたスポーティセダン、そういえばこのカタログに載っているRSKのボディカラーは、“マスタード・マイカ”という名称だそうです。ボディカラーにまで辛味を付けるとは、さすがスバル、やることが徹底していますね。

レガシィB4・RSK(BE5型)
全長×全幅×全高 : 4605×1695×1410mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1440kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/19 14:37 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(2)

旧型車・三菱・ランサーエボリューション5(GF-CP9A型) 

110417a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたランサーエボリューション5(GF-CP9A型)です(本来ローマ数字を用いるべきですが、なぜかローマ数字は文字化けしてしまうので、アラビア数字を使用します)。1992年に4代目ランサーをベースとしたランサーエボリューションが発売されてから、ほぼ1年ごとにモデルチェンジされ、この時点で5代目ランサーベースのエボ5となりました。大きなタイヤやブレーキを収めるためにエボ5からは3ナンバーのワイドボディとなり、その迫力あるスタイルからエボ5は今でも人気が高いクルマですね。

 さて、三菱ランサーエボリューションといえばスバル・インプレッサWRXと並んで、世界中に熱狂的なファンを持つ日本の代表的なハイパフォーマンスカーです。ライバル関係にあるこの2台はお互いに毎年性能アップを続け、WRC撤退後もその勢いは続いていますね。先行き不透明で自粛ムードが日本中に蔓延している今日ですが、この2台はこれからもずっと今の路線を突き進んで行ってほしいものです。

 それにしてもこのエボリューション5、ガンダムチックなスタイルが際立っていますね。当時、仕事の関係で三菱自工の水島工場にちょくちょく出入りしていたのですが、発売前のエボ5を初めて見たとき、これが日本向けランエボの新型だとは思いませんでした。エボ4までは、派手とはいえまだまだ控えめで、いかにも“羊の皮をかぶった狼”という雰囲気がありましたが、これはもう“狼の皮をかぶった狼”、つまり狼そのものですね。三菱自工の方からこれがもうじき発売されるエボリューション5だと聞いたときには、思わず笑ってしまいました。個人的には歴代ランエボの中でも、エボ5がもっとも“ランエボらしい下品さ”を備えていると思います。

 そういえば、当時の三菱には、エボ5に勝るとも劣らないぐらいの“下品さ”を備えたクルマがたくさんありました。ギャランやレグナムのスーパーVR-4、それにFTOやミラージュアスティのバージョンR等、三菱デザインが際立ったエアロパーツで固められた特殊グレードが台数限定で次々と世に送り出されました。カタログはいろいろといただきましたが、それらの実車にはほとんどお目にかかったことがありません。ランエボの台数限定車はすぐに予約でいっぱいになりますが、これらの台数限定車は本当に限定台数を生産したんでしょうかね?ちょっと疑問です。

 相変わらず自動車業界も全然元気がありません。こんな時こそ、“三菱らしい下品さ”をフル動員して、見ただけで思わず笑いが出るようなクルマを出して、世の中を明るくしてほしいものですね。昔はRVRにランエボのエンジンを積んだグレードを出したりしていましたから、コテコテのエアロで固めたRVRエボリューションなんていうのも面白いかもしれませんね。

ランサー・GSRエボリューション5(GF-CP9A型)
全長×全幅×全高 : 4350×1770×1415mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1360kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1997cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/17 17:30 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)

旧型車・日産・スカイラインGT-R(BNR34型) 

110404a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110404a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110404a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110404a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110404a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110404a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年に日産から『人に翼を』という印象深いキャッチフレーズとともに発売されたスカイラインGT-R(BNR34型)です。超人気車種ですので、たまに中古車屋で見かけてもびっくりするようなプライスタグが付いていますね。走行距離が少なく程度の良いものは、年式に関わらず当時の価格と同等か、それ以上のものもあるぐらいです。最後の“スカイラインGT-R”ですから、クルマ好きが特別な思いを寄せる気持ちも納得できますね。

 さて、私自身も個人的には、日産GT-RやレクサスLFAが発売されている現時点においても、クルマとしての存在感は今までに販売された国産車の中で、R34型GT-Rがナンバーワンだと思っています。現行GT-Rは“スカイラインGT-R”ではありませんから、これから新たな“日産GT-R”としての歴史を作っていくことになると思います。“日産GT-R”が伝説的なクルマになるのかどうかはこれから次第ですね。またレクサスLFAについては、性能は抜群なのでしょうが、なにぶん超高額で生産台数も極端に少ないですから、なかなかお目にかかる機会がありません。一度も見たこともないクルマに対しては、憧れたくても憧れようがありませんね。それに数年前に建替えた自宅よりも高価ですし・・・。

 このR34型スカイラインGT-R、友人が乗っていたので何度か運転したことがあります。とはいえ、超高性能車、それも人のクルマなので街中をゆっくり走っただけですから走行性能については私はまったくわかりません。ただひとつ、クラッチがずいぶん重かった記憶があります。高速道路やワインディングロードを走ればきっととても気持ちが良いのだと思いますが、街中ではあまり乗りやすいクルマではありませんでしたね。しかしながら乗りにくくても“GT-Rに乗っている”という満足感が得られましたのでやっぱりすごいクルマですね。

 ちなみにその友人、特別に高給取りというわけではない方でしたが、月給の半分以上をGT-Rのローンと維持費に充てていたそうです。彼曰く「GT-Rのために会社へ行っている」とのことでした。

 福沢諭吉先生が『学問のすすめ』で「人にはおのおの情欲がある。情欲が心身の働きを起こし、情欲を満足させることで幸福をなす。人はみな美服美食が好きで、それらを得るために働く・・・」というようなことを書かれていましたが、彼はまさに福沢先生の教えをそのまま実行していたような分かりやすい方でした。

 今、日本は元気がありません。福沢先生のおっしゃる『体・知恵・情欲・誠実さ・意志』をフル活用してこの危機を乗り切らなくてはなりませんね。世の中には福沢諭吉先生を100億人分寄付される方もおられるようです。最近すっかり情欲がなくなって守りの生活に入っていた私も、情欲を復活させようと思っています。

スカイラインGT-R(BNR34型)
全長×全幅×全高 : 4600×1785×1360mm
ホイールベース : 2665mm
車両重量 : 1540kg
エンジン : 直6DOHC 2568cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/04 16:33 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧型車・三菱・ギャラン(EA/EC型) 

110401a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に三菱から発売された8代目ギャラン(EA/EC型)です。1996年といえば、阪神淡路大震災の翌年です。このギャランは当時戦後最大の自然災害といわれていた阪神淡路大震災の翌年に、『先進の、その先へ。GDIギャラン』という、いかにも希望の持てるキャッチフレーズとともに鳴り物入りで登場し、1996年のカー・オブ・ザ・イヤーを獲得したクルマでした。

 三菱のGDIエンジンがその後どうなったか、そして三菱自動車がその後どうなったかは今日書こうとしている記事内容の趣旨に反しますのであえて書きません。

 実はこのギャラン、当時勤めていた会社で営業車として私にあてがわれていたクルマでしたから、かなりの距離をこれで走りました。個人的には世間で言われていたようなGDIエンジンの問題点に遭遇することもありませんでしたので、スタイル、走行性能含めてとても気に入っていたクルマでした。もっとも、私が乗っていたギャランの場合、給油は会社のカードでしたからもちろんハイオクしか入れていません。それにフルメンテナンス契約のリース車でしたので、ディーラーで頻繁にオイル交換や点検をしていたため、私が知らないうちに不具合部品が交換されていただけだったのかもしれませんが・・・。

 さて、いろいろと問題があったGDIエンジン、そして当時の三菱自動車の体制ではありましたが、阪神淡路大震災、そして地下鉄サリン事件も発生して混乱していた日本が何とか落ち着きを取り戻しつつあった時期に“世界初の”GDIエンジン搭載車を発売してくれたことはクルマ好きの私にとっては嬉しいニュースでした。しかしながら諸問題を抱えていた“世界初”だったため、復興の顔として後の時代に語り続けられる存在とはならなかった点は少々残念でしたね。

 現在、東北関東大震災は未だ全容が掴めておらず、福島原発の問題も長期化の様相を呈してきました。自動車メーカー各社も満足な操業ができていない状態が続いています。今後、エネルギー政策を含めて多くのことがこれまでとは変わった形で展開されていくことが予想されますが、なんとかこの困難を乗り切って、『先進の、その先へ』進んでいかなくてはなりません。

 日産リーフのバッテリーは、満充電だと二、三日ぐらいは一般家庭で消費する電力を賄えるそうです。そして電気自動車やハイブリット車に使われているバッテリーは、クルマに使うには5年から10年が使用期限だそうですが、その廃バッテリーは家庭用蓄電池として十分使用できるとのことで、廃バッテリーを使った安価な家庭用蓄電システムが実用化されようとしているそうです。

 私自身も、倉庫に放ってあった廃バッテリー(私のは普通の12Vバッテリーです)を充電し、インバーターと接続して簡易的な非常用電源を作りました。今、動作試験を兼ねて、その簡易非常用電源にPCを接続してこの記事を書いています。

 被災地や原発避難区域の方々はもちろんのこと、現在は日本中が震災の影響で大混乱しています。皆が知恵を出し、皆が協力して『先進の、その先へ』進んで行きたいと思います。

ギャラン・VR-G(EA1A型)
全長×全幅×全高 : 4620×1740×1420mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 150PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/01 12:06 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。