旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スプリンター(TE60/KE60型) 

100429a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1974年にトヨタから発売された3代目スプリンターです。この代のスプリンターは当初30型カローラに対して40型スプリンターという型式で発表されましたが、排ガス規制の関係でエンジンが改良され、カローラが30型から50型へ、スプリンターが40型から60型へ型式変更されました。型式は変わりましたが、スタイルは変わっていませんので、40型と60型、どちらも3代目スプリンターです。このカタログは1977年のトヨタオート店総合カタログなので、掲載されているスプリンターは全て60型です。
 もともとカローラのクーペ版として登場したカローラ・スプリンターがスプリンターの始まり。その後スプリンターという独立した車種となり、スプリンターにセダンを追加、カローラにはクーペを追加、それぞれが様々なボディバリエーションを揃え、姉妹車としてモデルチェンジを繰り返していきました。トヨタはこんな形で車種をどんどん増やしていくパターンが多かったですね。
 さて、先日最終型のスプリンタートレノを個人的に最もカッコいいと思っているトレノだということで紹介しました。あくまでも個人的な好みなのですが、歴代で最もカッコ悪いと思っているトレノがこの代のトレノです。
 当時このスプリンタートレノを見て、整形手術に失敗したフェアレディZのようだと思っていました。当時のZ(S30型)で前を走っている車のオカマを掘っちゃうときっとこのトレノみたいになるんだろうなと考えていた記憶があります。久しぶりにこのスプリンタートレノの姿を見ても、やっぱりカッコいいとは思えませんね。現在の感覚では、中国メーカーがフェアレディZを真似てスポーツカーを造るとこのトレノのようになるんだろうなあと思えてしまいます。
 個人的な好みの話は別として、この時代はトレノだけでなく、クルマ全般に厳しい時代でした。大気汚染問題が表面化し、排出ガス規制が年々強化され、メーカーはその対応に追われていた時期でした。現にこのトレノも最初のTE47型が出てからすぐに生産中止に追い込まれ、1年ほどの空白期間をおいた後にTE61型が誕生、さらに1年後、再度厳しくなった規制に合わせたTE65型へと変更されました。ある意味とてもかわいそうな時代のスポーツカーですね。

 それぞれの時代における問題点を解決しながら進歩してきたクルマたち。当時20年後にスプリンタートレノがあれほどカッコよくなっているとは(最終型のことです)考えもしませんでしたが、それを最後に消滅するとはもっと考えていませんでした。
 そういえばこのトヨタオートのカタログに載っている車で、現在残っているのは商用車のタウンエースとライトエースのみ、乗用車は全て消滅してしまいましたね。それに「トヨタオート」という販売店名自体もなくなってしまいました。若者向けという位置付けで始まった「トヨタオート店」は現在「ネッツ店」となっていますが、「若者のクルマ離れ」の時代、どんな展開をしていくのか楽しみですね。

スプリンタークーペ・トレノGT(TE61型)
全長×全幅×全高 : 4070×1615×1310mm
ホイールベース : 2370mm
車両重量 : 955kg
エンジン : 直4DOHC 1588cc 110PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2010/04/29 11:29 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

旧型車・トヨタ・スプリンタートレノ(AE111/110型) 

100426a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100426a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100426a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100426a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100426a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100426a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100426a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1995年にトヨタから発売された最終型のスプリンタートレノ(AE111/110型)です。TE27型から始まり、カローラレビンとともにクルマ好きから愛されてきたコンパクトスポーティーカーのスプリンタートレノは、この型が2000年に生産終了となった時点でトヨタのラインナップから消滅することとなりました。
 トレノと言えば多くの方は豆腐屋のAE86型を頭に思い浮かべることと思いますが、個人的にはハチロクよりもAE91/92型やこのAE111/110型のほうが好きです。運転テクニックのある方にとってはFRであるハチロクのほうが好ましいのかもしれませんが、私はヒール&トゥもできないしドリフトもしたことがないのでハチロクの良さがいまいち理解できません。どう見てもハチロクより最終型のほうがカッコよく見えてしまいます。
 ということで、このAE111/110型が販売されていた頃、あまりのカッコよさからディーラーで見積もりをしていただいたことがあります。折しもスポーツカー冬の時代と言われ、若者の興味がRV中心で、ワゴンRが世に出た頃でした。
 私が見積もりを依頼したのは当然のごとく最廉価グレードのFZという1.5リッターMTのモデル、メーカー希望価格は1,298,000円のクルマです。なんと第一回目からマツダもびっくりの約34万円という値引きを提案してきました。いかにスポーティークーペの販売不振が深刻だったのかがわかりますね。結局当時乗っていたミラージュアスティとの違いがよくわからず、私も購入はしませんでしたが・・・。
 
 さて、今見ても素晴らしくカッコいい最終型のスプリンタートレノ、まだ街でちょくちょく見かけますが、このクルマももう「13年以上落ち」のクルマになってしまうんですね。
 先日、テレビでトヨタのCMを見て、久しぶりに不愉快な気分になりました。こども店長のCMで、13年前の飯島直子さんの映像が出てくるCMです。あのCM、「そろそろ買い換えようか」と悩んでいる夫婦のクルマはX100系のマーク2です。この型はツアラーVを始め、今でも根強い人気を誇っている車種ですね。エコ替えCMの時もそうでしたが、なぜかトヨタは見ている人間を不愉快にさせるCMをよく流しますね。あのCM、結局のところ、特定車種のCMではなく、「13年以上前のクルマからの買い替えなら25万円の補助金が出る」ということのCMです。借金してでも欲しいと思われるようなクルマを販売すればこんな消極的なCMなど流す必要はないでしょうに・・・。
 それに飯島直子さんは13年前も美人ですが、今もまったく年齢を感じさせないほどお綺麗です。少なくとも私のような中年オヤジには13年の歳月を感じさせるようなキャラクターではありません。13年という期間を実感させたいのなら、現役時代の貴乃花関と現在の貴乃花親方の姿のように、もっと違いがはっきりしている方でないとあまり意味がありませんね。

 話がちょっとずれてしまいましたが、この最終型スプリンタートレノも、現在の買い替え促進の流れによって急速に街から姿を消しそうですね。この年代のクルマはよほどの人気車でないと中古車市場でも大切に扱われず、すぐに海外行きとなってしまいますから、将来、90年代の車がゴソッと日本から消えているかもしれませんね。

スプリンタートレノ・BZ-R(AE111型)
全長×全幅×全高 : 4305×1695×1305mm
ホイールベース : 2465mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1587cc 165PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/26 14:53 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)

旧車・トヨタ・タウンエース(R20/30型) その2 

100422a01.jpg
1982年11月 (画像クリックで拡大)

100422a02.jpg
1982年11月 (画像クリックで拡大)

100422a03.jpg
1985年10月 (画像クリックで拡大)

100422a04.jpg
1985年10月 (画像クリックで拡大)

100422a05.jpg
1988年8月 (画像クリックで拡大)

100422a06.jpg
1988年8月 (画像クリックで拡大)

 手元にないと思っていた2代目タウンエース発売時の本カタログが出てきたので、先日に引き続いて2代目タウンエースについてもう少し。このタウンエース、モデルライフが異様に長かったのは先日申し上げた通り。そこで今日はマイナーチェンジ毎の本カタログを並べて変化を見ていこうと思います。
 最初の2枚は1982年に2代目タウンエースが誕生したときのもの、次の2枚は1985年に1度目のマイナーチェンジがされ、4WDが追加されたときのもの、そして最後の2枚は1988年に2度目のマイナーチェンジがされたときのものです。
 この後、1992年にはさらに大幅なマイナーチェンジがなされますが、カタログが見当たらないのでご勘弁を。
 
 こうして順に見てくると、商用車っぽい初期型から徐々に高級感溢れるワンボックスに変化していることがよくわかりますね。誕生時には設定のなかったスカイライトルーフが最初のマイナーチェンジ以降、タウンエースの個性であるかのように表紙に写っていますね。さらにこのスカイライトルーフも、1985年モデルではサンシェードが着脱式でしたが、1988年モデルではスライド式に改良されています。
 このタウンエースを見る限り、ユーザーの声を反映した理想的なモデルチェンジが繰り返され、徐々に満足度の高いクルマに成長しているように思われますね。
 クルマをモデルチェンジ毎に買い換えて改良点を実感することなど普通の庶民には不可能なことですが、こうしてカタログを並べて改良点を見つけ、そこにはどんな苦情や要望があったのだろうと思いを巡らすことは庶民にも可能ですし、とても楽しいことでもあります。

 さて、先日頂いたコメントで、東京のトヨタのショールームではカタログを自販機で販売しているところがある、ということをご教示していただきました。自動車カタログなんてタダでもらうのが当然と思っていた私にはとてもびっくりしたことでした。それに冊子の自販機といえば、頭の中に思い浮かぶのは田舎のドライブインに設置してあるビニ本の自販機ぐらい。一度見てみたいものです。絶対に買うことはありませんが・・・。

 まあ自動車カタログがこの先すべて有料化されるとは思いませんが、もしもそうなったら私の自動車カタログコレクションは終了です。そうならないことを祈るしかありませんね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/22 14:36 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

旧車・トヨタ・タウンエース(R20/30型) 

100420a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100420a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100420a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100420a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100420a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された2代目タウンエース(R20/30型)です。この2代目タウンエース、マイナーチェンジを繰り返しながら異様に長期にわたって生産が続けられ、最終的にフルモデルチェンジされたのは1996年と、14年も後のこととなります。
 このカタログは1982年11月、2代目タウンエースが発売された時のものなので、洗練された豪華さが溢れていた後期型とは異なり、初代の野暮ったさがちょっと滲み出ているように感じられますね。
 初代で商用バンを無理やり乗用車風に仕立て、ワンボックスRVというスタイルを提案したタウンエース、この2代目ではひたすら豪華さを追求するかのごとくマイナーチェンジを繰り返していきました。今も昔も豪華さを追求するモデルチェンジはトヨタの得意とするところですね。
 この2代目タウンエースも後期型にはよく乗っていたのですが、確かに初代と比較してずいぶん運転感覚も乗り心地も乗用車風になっていました。フロアシフトが採用されただけではなく、足回りもインテリアの雰囲気もそれなりにセダンっぽくなっていましたから、運転していても初代で感じられた商用車っぽさはあまり感じられませんでした。
 とはいえ「セダンっぽい」雰囲気が感じられるだけでセダンではありませんから、このクルマでワインディングを楽しもうという気になることはありませんでしたが。こんなクルマで山道をグリグリしたら横転してしまいますからね。

 さて、「横転」と言えば、アメリカの『コンシューマー・リポート』誌は日本車を横転させるのが好きな団体ですね。正確に言えば「横転の恐れあり」と烙印を押すのが好きみたいですね。かつてのサムライ(ジムニー)のときも『コンシューマー・リポート』誌でした。そして今度はレクサスGX460が「横転しやすい」ので「購入しないように」とのこと。
 「極低速で急ハンドルを切らなくても(直進しても)横転の恐れあり」なら確かに問題ですが、「高速で急ハンドルを切ったら横転の恐れあり」なんて当たり前のことだと思うんですが・・・。思いっきり重心が低いF1マシンでもレース中に横転事故を起こすことがあるように、どんなクルマでも「横転するように運転すれば」必ず横転します。
 まあ詳細な内容を把握しているわけではありませんからこの件についてあまり突っ込んだことは言えませんが、軽ワンボックスやこのタウンエースのようなクルマが街に溢れている国の人間からすると、『コンシューマー・リポート』誌の横転ネタにはちょっと違和感を感じてしまいますね。
 『コンシューマー・リポート』誌の方々が軽のハイトワゴンやミニバンばかりが走っている日本のクルマ事情を見たらびっくりして卒倒してしまうかもしれませんね。

 『オー、マイ、ガーッ!軽ワンボックスハ横転シヤスイデス!ミニバンハ横転シヤスイデス!現ニ交通事故ノニュース写真デハ、イツモワンボックスガ横転シテイルデハアリマセンカ!日本ノ消費者ノ皆サン、急ハンドルキッタラ横転ノ恐レガアリマスカラ購入シナイデクダサイ!』

 なんて言いそうですね。

タウンエース・ロイヤルラウンジ(YR20G型)
全長×全幅×全高 : 4285×1670×1955mm
ホイールベース : 2235mm
車両重量 : 1340kg
エンジン : 直4OHV 1812cc 95PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/20 16:32 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(16)

旧車・トヨタ・コルサ(L30/31型) 

100415a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100415a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100415a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100415a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100415a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100415a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された3代目コルサ(L30/31型)です。毎度のことながら、姉妹車関係にあるカローラ2、ターセル、コルサの3台はまったく見分けがつきませんね。
 スターレットとカローラの中間という微妙な位置に3車種も同じようなクルマをラインナップしていたのですから影が薄いのも当然といえば当然のこと。少しでも存在感を出そうとしたのかどうかはわかりませんが、この代には1.5リッターターボエンジンを搭載し、リトラクタブルライトでスポーティに仕上げたリトラというグレードが設定されました。コンパクトな車体にスポーツカーのようなリトラクタブルライトとターボエンジンの組み合わせ、とても運転が楽しそうなクルマですね。

 さて、このリトラクタブルライトのコルサ、私にとってもとても思い出深いクルマです。私、このコルサに轢かれそうになったことがあります。
 もう10年以上も前の話ですが、転勤族のサラリーマンとしてある地方都市の営業所に勤務していた頃、毎日駅まで徒歩通勤していました。ある朝、駅にほど近い狭い道路を駅へ向かって歩いていたところ、その道路ではありえないようなエンジン回転数と思われるエンジン音が背後から聞こえてきました。
 びっくりして後ろを振り返ると、白いコルサが猛スピードで突っ込んできました。「私もとうとう命を狙われるほどビッグになったか・・・」などと考える余裕はなく、ジャンプ一番、反射的に横っ飛びして難を逃れることができました。その時に持っていたカバンがコルサに接触し、かなり大きな音がしました。
 数十メートル先で急ブレーキをかけて停車したコルサ、そこから降りてきたのは片腕で持ち上げられそうなほど小柄でヨボヨボのご老人でした。「まあ怪我もなかったし勘弁してやるか」と思っていたところ、なんとそのご老人、開口一番、

 「こら、どこ見て歩いとるんだっ!クルマに傷が付いただろっ!修理代よこせっ!」と言ってくるではありませんか。

 頭に来て文句のひとつでも言ってやろうと思いましたが、「待てよ、ここで私がこのご老人に対して怒鳴ったら、どう見ても私がヨボヨボのおじいさんを恐喝しているように見えてしまうではないか!」と考え、その場は怒りを表に出さずにすぐ近くの駅前交番までご老人に同行していただきました。

 交番に着いてもそのご老人、「修理代出せ」の一点張り。だんだん私も頭に来て「もう少し避けるのが遅かったら私は大怪我、ひょっとしたら死んでいたのかもしれないんですよ。」とちょっと強い口調で彼に言いました。するとご老人、

 「文句があるんなら死んでから言え!まだ死んでないだろっ!」

 ここで今まで優しく接していた私の顔つきはちょっと変わりました。同様に呆れながら話を聞いていたお巡りさんも顔つきが変わりました。こういう言葉を言ってしまうと、交通事故の話ではなく、違う犯罪の話になってしまうんですよね。

 このご老人、流石に私らの顔つきの変化を見て、自分の発言の意味を察したようです。急に態度が軟化し、「まあ私もちょっと急いでてお兄さん(私)に迷惑かけちゃったかな・・・」

 お巡りさんによると、このご老人、近所で一人暮らしをされておられるとのこと。孤独を紛らわすのならもう少し別の方法があるだろうに・・・。あの時二日酔い状態で反射神経が鈍っていたら、今頃このブログを書いていることはできなかったでしょうね。

コルサ・3ドア・GPターボ(EL31型)
全長×全幅×全高 : 3910×1635×1370mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 900kg
エンジン : 直4OHCターボ 1456cc 115PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/15 13:26 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

旧車用品・クラリオン・カーステレオ 

100412a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100412a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100412a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 先日、ホンダレンタカーの記事でポータブルレコードプレーヤーに触れましたが、その関連で、今日はクラリオンの4トラックカーステレオをご紹介します。
 現在カーオーディオはオートバックス等で大きな売り場面積を占めるカー用品の代表格となっていますが、歴史こそ古くても、意外と普及したのは最近になってからのことです。
 日本で最初にカーステレオを販売したのは当時「帝国電波」という社名だったクラリオンで、1964年に4トラックカーステレオを発売しました。このカタログは1966年のもので、多少スタイルが初代と異なりますが、ほぼこんな形をしたものでした。
 しかしあまり普及はしませんでした。その後、8トラックカーステレオが発売されましたが、これもあまり普及しませんでした。観光バスなどでは見かけたことはありましたが、自家用車に取り付けている方は私の周りにはいませんでしたね。
 その後、カセットテープのカーステレオをちょくちょく見かけるようになりましたが、誰もが取り付けるようになったのは1980年代に入ってからです。それまでは基本的にラジオだけでしたね。クラウンやセドリックでも、一部の上級グレードにしかカセットデッキは付いていませんでした。

 1980年代に入ってから誰もがカーステレオを取り付けるようになったのは、おそらくレンタルレコード屋の存在が関係していると思います。1980年に日本で始めてのレンタルレコード店が誕生し、その後全国で急速に増えていきました。レンタルレコード屋でLPを借りて自宅でカセットテープに録音し、それをクルマに持ち込んでドライブ中にカーステレオで流すというスタイルが一般的になっていきましたね。
 さて、レンタルレコードからカセットテープに録音し、カーステレオで好きな音楽が聴けるようになりましたが、好きな音楽は自分の部屋でも聴きたい、ということで、カセットテープのダビングが簡単にできるダブルカセットのラジカセが一般的になってきたのもこの頃です。カー用品の一つであるカーステレオの変遷も社会の動きと密接に関連していますね。

 その後、コンパクトディスク、MDと移り変わり、現在ではiPodとの連携がカーオーディオには欠かせない機能となってきました。メモリやHDDに何千曲分もデータが入るようになり、ディスクやカセットの入れ替えも不要になりましたが、この先はどうなっていくんでしょうね。個人的にはあまり運転中に音楽を聴かないのでラジオが付いていれば十分ですが・・・。

 話は変わりますが、カタログでカーステレオにセットしてある「ロンドンデリーの歌」って、



 これですよね。聴きながら運転したら眠くなってしまいそうです。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/12 16:28 ] その他 | TB(0) | CM(2)

旧車・ホンダS600のレンタカー 

100409a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100409a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1965年頃に発行されたホンダレンタカーのパンフレットです。2シーターオープンカーばかりをレンタカーとして用意するなんてずいぶんホンダも粋なことをするなあと言うのは冗談で、この時期、ホンダには乗用車がS600しかありませんでしたからこうなっているだけですね。
 ホンダS600の懐かしさもさることながら、1枚目の画像でカップルの手元にある小物もずいぶん懐かしいものですね。ポータブルレコードプレーヤーでBGMを奏でながら、恋人と一緒にコーラを飲んだりミカンを食べたり・・・。うーん、羨ましい!
 しかしながら写真に写っているのはどう見てもEPのドーナツ盤なので、BGMは1曲で終わってしまいます。1曲終わったら裏返して2曲目、2曲目が終わったら次のレコードと入れ替え・・・、ちょっとデートのBGM用としては無理がありそうですね。
 さて、面倒なレコード盤の入れ替えも手際よくこなして愛を深め合った二人、とうとうゴールインしてハネムーンへ出かけました。2枚目の画像にもあるように、ハネムーンでもホンダレンタカーのS600が大活躍です。
 現在でこそハネムーンはハワイやグアム等の海外が定番ですが、当時は飛行機に乗ったとしても行き先は国内です。愛知県あたりだと九州が定番でした。
 無事ハネムーンも終了し、新婚生活を楽しんでいたら友人からグループ旅行のお誘いが。ここでもやっぱりホンダレンタカー・S600の力を借ります。グループ旅行といっても、ホンダS600は1台に二人しか乗れませんから、レンタカーの台数が異様に増えてしまいます。2枚目の一番右の写真、いくらカッコいいS600でもこれだけまとまって置かれていると全然ありがたみがありませんね。なんだか怪しげな新興宗教団体に見えてしまいます。

 現在では考えられないことですが、乗用車を1車種しか製造していないメーカーがレンタカー事業を展開するとこういうパンフレットになるんですね。自分の借りた車がどれだかわからなくなってしまいそうです。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/09 15:59 ] 1960年代ホンダ | TB(0) | CM(4)

旧車・トヨタ・マーク2(X80型) 

100406a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a06.jpg
(画像クリックで拡大)


 1988年にトヨタから発売された6代目マーク2(X80型)です。好景気だった時代背景もあり、当時販売台数はカローラよりも多く、日本で最も売れていた車でした。
 自動車学校の教習車といえばほぼこのクルマでしたから、初めて運転したクルマがこのマーク2という方も多いことと思います。5ナンバー枠一杯の車格は当時ずいぶん大きく感じましたが、5ナンバー枠に収まるマーク2はこれが最後で、次の代からはワイドボディの3ナンバー車となり、代を重ねる毎にでかくなっていきました。
 現在でもたまに現役の80型マーク2を見かけますが、今は他のクルマがみな大きくなりましたから、当時大きく感じた80型マーク2もずいぶん小さく感じてしまいますね。

 さて、個人的な印象ですが、私はこの80型マーク2を見ると、『ザ・日本車』と思わず言いそうになってしまいます。日本独特の小型車枠に日本独特のデザインセンスとハイテクを組み込み、日本独特の最大公約数的思考で見事にまとめ上げられたクルマ。まさに『ジャパニーズ・スタンダード』です。
 これまで数多くの国産車が販売されてきましたが、この時期までは5ナンバー枠で様々なデザインが試みられてきました。直線的になったり曲線的になったりと、その時代の流行によって様々なクルマが生まれてきました。その集大成がこの80型マーク2だったと個人的には思っています。

 1989年に自動車税の課税基準が変更され、以降に発売されるクルマは5ナンバー枠にとらわれる必要がなくなりました。そうなるともうデザインが世界基準となり、最近発売されたこのクラスのクルマはほとんどが『欧州車的』になってきましたね。この先はどうなっていくことやら。デザインの流行が国内のブームではなく、世界規模のブームによって移り変わっていくことは確かでしょうね。なんといっても現在もっとも大きな自動車市場となっているアジアの大国では流行のデザインを即座に取り入れてしまいますからね。BMWそっくりの『BNW』やトヨタそっくりの『TOYODA』が日本で販売されるようになるかもしれませんね。

マーク2・ハードトップ・グランデG(GX81型)
全長×全幅×全高 : 4690×1695×1375mm
ホイールベース : 2680mm
車両重量 : 1480kg
エンジン : 直6DOHC 1988cc 170PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/06 16:01 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。