旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・1965年の広告から 

090830a01.jpg

090830a02.jpg

090830a03.jpg

 今日は衆議院議員総選挙、皆さん投票へは行かれましたか?私は朝一番に行ってきました。投票所にはかなり大勢の方がみえており、今回の選挙に対する関心の高さが感じられました。今夜は夜中までビール飲みながらテレビで選挙特番を見るつもりです。
 政権がどうなるのかは開票が終わってからでないとわかりませんが、今回の選挙、『高速道路無料化』というのもキーワードのひとつとしてあがっていますね。私は年に数回しか高速を使わないのですが、もし無料になれば数回が十数回ぐらいにはなるかもしれません。
 さて、今回取り上げたのは、1965年5月に発行された『毎日グラフ別冊 '65 春の乗用車特集』内に掲載されたファミリア・コルト・デボネアの広告です。
 1965年というのは名神高速が小牧-西宮間で全線開通した年、そしてのびのびになっていた自動車の貿易自由化が実行された年でもあります。
 ファミリアの広告には『名神を一気につっ走る!』、コルトの広告には『高速時代です』と記載されており、当時の時代背景がよく表れていますね。
 またデボネアの広告には『自由化に放つ!=高級車デボネア』とあり、デボネアはアメ車にも比肩し得る高級車だという三菱自動車の自信も感じられます。まさかこのままの形でその後20年以上も造り続けるとは思いませんでしたが。
 雑誌広告や新聞広告はカタログよりもコピーが時事的なので、当時の雰囲気をより味わうことができて面白いですね。

 これらの広告が掲載されてから44年後の現在、国内では『高速道路無料化』という声が上がり、またアメリカではGM、クライスラーが破たんという状態になっています。世の中わからないものですね。
 ところで、この名神を始めとする国内の高速道路は、自動車の普及の後に整備されました。道路が先ではなく、車が先だったんですね。その後、道路が車を育て、車が道路を育てるという繰り返しで現在に至っています。
 今、車はハイブリットやEVという方向へ向かっていますが、高速道路が無料化されれば少なからず車の開発方針に影響を与えそうですね。街乗り用と長距離用の2台を所有できる方なら問題ないですが、現時点でのEVであれば高速を使った長距離ドライブはちょっと無理があります。しかしながらどんな困難にも立ち向かっていくのが日本の優秀な技術者ですから、高速道路無料化となれば、航続距離が500km以上のEVもすぐに開発されるかもしれませんね。これこそ『道路が車を育てる』ですから。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2009/08/30 17:23 ] その他 | TB(0) | CM(2)

旧車・日産・キャブオール(C140型) 

090828a01.jpg

090828a02.jpg

090828a03.jpg

090828a04.jpg

 1960年に日産から発売された中型トラック・キャブオール(C140型)です。初代(C40型)は1957年に発売されました。このカタログはマイナーチェンジされて登場したC140型からフロントデザインが少し変更されたC141型のもので、おそらく1962年頃のモデルだと思われます。
 初代キャブオール(C40型)は、日産初のキャブオーバー型トラックとして、先日ご紹介したジュニアのシャーシー・エンジンを使って造られました。現在トラックといえばこのようなキャブオーバー型が主流ですが、もともとはジュニアのようなボンネット型トラックが主流でした。
 さて、この現在一般的なキャブオーバー型という形、最初は1955年にプリンス自動車(当時は富士精密工業)が「画期的なアンダーシート・エンジン・システム」として誕生させたものです。エンジンの上に運転席を配置することで、車体の全長を変えずに荷室スペースが拡大できるというメリットがありました。ジュニアは全長4660mmで荷台長が2310mm、キャブオールは全長4610mmで荷台長3095mmですから、かなりの差がありますね。
 狭くゴチャゴチャした道路が多いうえに車体の寸法規制も厳しい日本において、この効率的なキャブオーバー型という形はとても好まれ、徐々にトラック=キャブオーバー型というようになっていきました。
 ちなみにキャブオーバー型トラックが一般的なのは日本とヨーロッパで、アメリカでは現在もトラックといえばボンネット型が一般的です。アメ車というのは乗用車もデカイですけど、トラックはさらにデカイですからね。
 同じシャーシー、同じエンジンといってもキャブオールとジュニアはまったく異なるトラックです。効率という観点から見ればキャブオールなのでしょうが、個人的にはジュニアの方が好きですね。

日産・キャブオール・2トン積・標準型トラック(C141型)
全長×全幅×全高 : 4610×1675×1990mm
ホイールベース : 2390mm
車両重量 : 1520kg
エンジン : 直4OHV 1883cc 85PS
最高速度 : 110km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/08/28 16:18 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(3)

旧車・日産・ジュニア(40型) 

090826a01.jpg

090826a02.jpg

090826a03.jpg

090826a04.jpg

 1962年に日産から発売された中型トラック、日産ジュニア(40型)です。初代ジュニア(B40型)は1956年、2代目ジュニア(B140型)は1960年に発売されていますから、この40型は3代目にあたります。
 このようなボンネット式のトラックって最近はほとんど見なくなってしまったからとても懐かしいですね。『中型いちばんの快適な乗り心地』、『ニッサン ジュニアは運ぶ力強さで、重量物の運搬用はもちろん、そのすばらしい乗り心地で、連絡にサービスに、ドライブに広い用途に、ご好評をいただいております。』とカタログに記載されているように、このタイプのボンネット式トラックは乗用車の役目も兼ねていました。
 キャブオーバー型のトラックはお尻の下にエンジンがあるので、広い荷室が確保できる反面、どうしても乗り心地が犠牲になってしまいます。先日クラウン・トラックについて書きましたが、このニッサン・ジュニアも同様に、まだ何台も車が所有できなかった時代にはトラック兼乗用車としての需要に応えていました。
 ちなみにこの40型ジュニアのエンジンはH型とよばれる1883cc4気筒エンジンで、H31型セドリックと同じエンジンです。
 さて、ニッサンジュニアといってもほとんどの方には馴染みがないと思いますが、実は誰もが知っている有名なドラマで主人公の愛車として活躍していました。
 「ああ、あー、ああああ、あー、あー、あ、あー、ああああ、あー」、ちょっとこれでは分かりませんね。「ほたるー、じゅんー」、これで分かります?
 ドラマ『北の国から』で田中邦衛さんが演じている五郎の愛車として登場しています。ドラマに出ていたのはこの40型と、次の代である140型ジュニア(1970年から販売)です。

090826a05.jpg

 あるときは材木を運び、またあるときには純や蛍を駅まで迎えにいく。ボンネット式トラックの用途そのものの使い方がされていましたね。それにしてもあのドラマ、何回観ても泣けてしまいます。
 ドラマは素晴らしかったんですが、ドラマ共演が縁で本当に結婚された純君と結ちゃん、実生活では離婚しちゃいましたね。男と女の問題はわからないものです。

ニッサン・ジュニア・2トン積標準型(40型)
全長×全幅×全高 : 4660×1690×1730mm
ホイールベース : 2800mm
車両重量 : 1500kg
エンジン : 直4OHV 1883cc 85PS
最高速度 : 110km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/08/26 14:26 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(8)

旧車・1969年のトヨペット・ラインナップ 

090824a01.jpg

090824a02.jpg

090824a03.jpg

090824a04.jpg

090824a05.jpg

 1969年に発行されたトヨペット店の総合カタログです。アローライン・コロナや初代コロナ・マークⅡ、トヨエースにハイエースと懐かしい面々が揃っています。
 中でも個人的に一番興味があるのはMS50型クラウンベースのクラウン・ダブルピックとシングルピック、つまりクラウン・トラックです。昔はいろいろな車種にライトバンのみならずこのようなトラックも設定されていましたね。もっとも最後まで販売されていたのは確かサニー・トラックだったと思いますが、現在ではボンネットのあるトラックってすっかり見なくなってしまいました。
 さて、このクラウントラック、カタログによるとダブルピックが「6人乗り/500kg積み ビジネスにレジャーにも使える両刀使いの車」、シングルピックが「3人乗り/750kg積み 乗用車クラウンの魅力をそのまま生かしたトラック」とのこと。クラウンの魅力をそのまま生かしたトラックってなんだかすごいですね。現在は人々の嗜好が多様化していますから、もしかしたら今クラウン・トラックを出したら思わぬヒット商品になるかもしれません。
 現行型クラウンでトラックを造ったらどうなるか・・・、と考えながら、ちょっと作ってみました。

090824image01.jpg

 自分で言うのもなんですが、なかなかカッコいいと思います。こんなカッコいいトラックで市場へ野菜を持っていけば注目の的になるのは間違いなし。コンテナ積んで畑で収穫作業をしていたら通学途中の女子高生からサインを求められるかもしれません。
 トヨタさん、一度ご検討していただけませんか?

クラウン・ロイヤルサルーン・シングルピック(3人乗り/1トン積みぐらい)
全長×全幅×全高 : 存在しない車なので詳細不明
ホイールベース :     同上
車両重量 :    同上
エンジン : 2000ccぐらいを希望

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/08/24 14:40 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(6)

名車・メルセデス・ベンツ・Sクラス(221型) 

090822a01.jpg

090822a02.jpg

090822a03.jpg

 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデル、Sクラスに乗ることができました。といっても自分で運転したわけではなく、助手席に乗せてもらってちょっとドライブしただけですが。
 このSクラス、友人のクルマです。運転を勧められましたが、恥ずかしながら私、左ハンドルでこんなでかいクルマをまともに運転する自信がなかったのでお断りしました。
 そもそも私はこのような超高級車にはまったく縁がありませんので、乗り心地や内外装の質感等についても『すごいね』としか言えず、なにがどう『すごい』のかもよく分かりませんでした。
 レクサス・LSや日産シーマが目指す位置に君臨しているベンツ・Sクラスですから、きっとあらゆる意味で『すごい』のでしょうね。
 さて、同い年の幼馴染で私は1.5リッターのマツダ・アクセラ、彼はベンツ・Sクラス、お互いにクルマ好き同士ですが、随分方向性は異なっています。(えっ、方向性じゃなく経済力だろ!という声が聞こえてきそうですが)
 なにはともあれ、このような素晴らしいクルマに乗る機会を与えてくれた友人に感謝です。ありがとう!

メルセデス・ベンツ・S350(221型)
全長×全幅×全高 : 5075×1870×1485mm
ホイールベース : 3035mm
車両重量 : 1900kg
エンジン : V6DOHC 3497cc 272PS
希望小売価格 : 1041万円

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/22 10:48 ] その他 | TB(0) | CM(6)

ちょっと旧車・日産・180SX(RS13/RPS13型) 

090820a01.jpg

090820a02.jpg

090820a03.jpg

090820a04.jpg

090820a05.jpg

 1989年に日産から発売された180SX(RS13/RPS13型)です。発売当初は1.8リッターのRS13型でしたが、1991年に2リッターエンジン搭載のRPS13型となりました。このカタログは派手なエアロパーツが付くようになった後期型のものです。
 この手の「見るからにスポーツカー」というスタイルのクルマは最近ではフェアレディZぐらいしかありませんから、随分新鮮に感じますね。まあGT-Rもあるとはいえ、あれはスポーツカーではなく完全にスーパーカー、ちょっと別格の存在ですね。
 さて、この180SX、2リッターのターボ仕様が205PS、NA仕様が140PSと、今の感覚からすると特にハイパワーというわけではありません。しかしながら手頃なサイズのFRスポーツカーとして現在でも走り屋の間では姉妹車のシルビアとともに根強い人気を保っています。
 日産の現行ラインナップの中でスポーツカーとして存在しているのはGT-R、スカイラインクーペ、フェアレディZの3台ですが、どれも大排気量のハイパワー車ばかり。GT-Rは別としても、他の2車にはスカイラインセダンに設定のある2.5リッターモデルも加えればもっと売れると思うのですが、皆様いかにお考えでしょう。
 せっかくカッコいいスポーツカーを生産していても、メーカーが自ら門戸を狭くして「スポーツカー冬の時代」を招いているようにしか思えません。
 シルビア後継のミドルサイズスポーツカーが復活するとの話もチラホラ雑誌で見かけることがありますが、いったいどんなクルマになるんでしょうね。個人的には「スペックは平凡だけど乗ってみるととても楽しい!」というようなクルマが出てほしいと願っています。

180SX・TYPE X(RPS13型)
全長×全幅×全高 : 4520×1695×1290mm
ホイールベース : 2475mm
車両重量 : 1220kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1998cc 205PS

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/20 13:37 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(0)

ちょっと旧車・トヨタ・MR2(SW20型) 

090818a01.jpg

090818a02.jpg

090818a03.jpg

090818a04.jpg

090818a05.jpg

 1989年にトヨタから発売された2代目MR2(SW20型)です。コンパクトなミッドシップ・スポーツカーだった初代MR2から比べるとかなり上級移行し、ミドルサイズのスポーツカーとして誕生しました。
 このスタイルはとてもカッコいいと思うのですが、2代目MR2は中身がハイパワー路線となり、初代とはちょっと毛色の異なったスポーツカーになりました。テクニックを駆使し、峠を攻めるような方にはこういうハイパワーミッドシップスポーツカーが歓迎されたのかもしれませんが、後継であるMR-Sの姿からも分かるように、トヨタとしてはちょっと方向性を間違えたと考えたようですね。
 それにしてもこのMR2、1999年まで生産が続けられましたので、10年前なら新車で購入できました。10年前なんてまだ最近のような気がするのですが、ここ数年における自動車業界の様変わりというのはすごいものですね。
 2代目MR2が販売されていた頃、既にスポーツカー冬の時代という言葉が使われ始めていました。今までスポーツカーに憧れていた若者がサーフやパジェロ等の四駆RVに流れ始め、中には新しく出たエスティマやオデッセイというミニバンに乗る若者も出始めました。
 しかし当時、いくらスポーツカーの人気が低くなったからといって、トヨタのラインナップから数年のうちにスポーツカーが消えてしまうなんて考えてもいませんでした。レビン・トレノが消え、スープラが消え、セリカが消え、2007年のMR-S消滅によってトヨタがスポーツカー事業から撤退。
 今から10年後はいったいどうなっているんでしょうね。変化のスピードはどんどん速くなっていますから、「トヨタがガソリンエンジンの生産終了」なんてことになっているかもしれませんね。

MR2・GT-S(SW20型)
全長×全幅×全高 : 4170×1695×1235mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 1270kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1998cc 245PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/18 16:46 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(2)

旧車・日産・セドリック(Y30型) 

090810a01.jpg

090810a02.jpg

090810a03.jpg

090810a04.jpg

090810a05.jpg

 1983年に日産から発売された6代目セドリック(Y30型)です。スタイリングは先代の430型とほとんど変わっていないキープコンセプトのモデルですが、中身に大きな変化がありました。
 永らくセドリックのエンジンは直列6気筒のL型がメインでしたが、この代から直6に代わりV型6気筒のVG型エンジンが搭載されるようになります。現在でこそV6エンジンなど珍しくもなんともないエンジンとなりましたが、国産車でV6が搭載されたのはこのY30型セドリックが初めてです。
 さてエンジンに大きな変更があったとはいえ、このデザインはきわめて保守的な「ジャパニーズ高級車」ですね。プレジデントとセンチュリーを別格とすれば、セドリックとクラウンはいつの時代も「ジャパニーズ高級車」トップの地位を争ってきました。ほとんどクラウンが勝っていましたが、日産セドリックとトヨタ・クラウンの頂点ライバル関係は誰もが認めるところです。「いつかはクラウン」「いつかはセドリック」との思いを胸に秘め仕事に励んだ殿方もきっと大勢おられたことでしょう。
 そんな羨望の目で見られていたセドリックもこの代が最後でした。次のY31型の時代はバブル真っ只中、あのシーマが誕生してしまうんですよね。そしてトヨタからもクラウンより上級のセルシオが誕生、セドリックやクラウンに乗っていても自慢できなくなってしまいました。
 長年続いていた序列がいったん崩れると際限なく崩れ続けていきます。シーマやセルシオに乗られている方に対して自慢するにはベンツやBMWなどの輸入高級車に乗らなくてはなりません。そうなると1000万円オーバーのクルマも珍しくありません。車の価格の感覚がすでに麻痺していますので、トヨタ・日産も輸入車に負けないほどの超高級車・高性能車を開発し、価格も超高級車並みになります。現在レクサスの最上級車、日産GT-Rの最高グレードはともに1500万円を超えています。
 バブル経済崩壊後も自動車メーカーはずっとバブルが続いていたようですね。自動車メーカーにとってのバブル経済はいま、やっと崩壊したのかもしれませんね。

セドリック・4ドアハードトップ・V30ターボブロアムVIP(PY30型)
全長×全幅×全高 : 4860×1720×1410mm
ホイールベース : 2730mm
車両重量 : 1600kg
エンジン : V6OHCターボ 2960cc 230PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/10 17:19 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)

旧車・トヨタ・マークⅡバン(X76V型) 

090805a01.jpg

090805a02.jpg

090805a03.jpg

090805a04.jpg

090805a05.jpg

 1984年にトヨタから発売された5代目マークⅡのバンタイプ、マークⅡバン(X76V型)です。5代目マークⅡは、セダンとハードトップは1988年にフルモデルチェンジされましたが、バンとワゴンは実に1997年までモデルチェンジされずに製造が続けられました。日産のサニー・トラックもこんな感じでトラックだけがずいぶん後まで製造が続けられましたね。
 さて、そんな長寿モデルのマークⅡバンですが、本来の商用車としての用途よりも真っ黒に日焼けしたサーファー達に重宝されたようです。『マーバン』なる言葉で呼ばれていたこともあったようですね。最近は少なくなりましたが、ちょっと前までは派手なアルミホイールを取り付けてちょいと車高を下げたマークⅡバンやワゴンがよく街を走っていました。
 確かに広い荷室のため実用性は高いですし、それなりの大きさがあるクルマなので乗り心地もいいですから人気が出るのもわかります。オーソドックスで直線的なスタイルは一昔前のボルボ・エステートやアメ車のステーションワゴンのような雰囲気もどことなく漂っていますね。しかしながらこのクルマ、ドレスアップの方向を間違えると遺体搬送車に見えてしまうんですよね。
 病院で息を引き取られた方はひとまず葬儀会社の搬送車で自宅へ送られます。最近では黒塗りのエスティマがよく使われているようですが、ちょっと前まではちょうどこのカタログの表紙や2枚目画像にあるような黒いマークⅡバンやクラウンバンが使われていたような気がします。
 ドレスアップの仕方も人それぞれで、黒っぽいイメージが好きな方はボディカラーはもちろん黒ですが、ウインドウのスモークもかなり濃いものにしているようです。黒いマークⅡバンで窓も黒だともう遺体搬送車にしか見えないんですよね。
 幼い頃覚えた行動はオヤジになっても出てしまうようで、いまだに真っ黒なマークⅡバンやクラウンバン(エスティマや霊柩車はもちろんのこと)を見たときには無意識のうちに親指を隠して手を握ってしまいます。
 地域によって異なると思いますが、私が子供の頃には霊柩車を見たら親指を隠さないと親が早く死んでしまうと信じられていましたので、友達みんなが親指を隠していました。
 はたして自分の子供は霊柩車を見たときに親指を隠してくれているのだろうか・・・・。

マークⅡバンDX(YX76V型)
全長×全幅×全高 : 4610×1690×1475mm
ホイールベース : 2660mm
車両重量 : 1150kg
エンジン : 直4OHV 1812cc 95PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/05 17:02 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(0)

旧車・日産・ブルーバード(U12型) 

090801a01.jpg

090801a02.jpg

090801a03.jpg

090801a04.jpg

090801a05.jpg

 1987年に日産から発売された8代目ブルーバード(U12型)です。個人的には歴代ブルーバードの中でもっとも好きなクルマであり、『走り』のイメージが感じられた最後のブルーバードだと思っています。
 「ATTESA」と呼ばれる4WDシステムを搭載したり、ラリー仕様の「SSS-R」をオーテックジャパンがラインナップしたりと、メカニズム的にもイメージ的にも「走り」を感じさせるU12型ブルーバードですが、なんといってもスタイルがすばらしいですね。この次の代であるU13型のSSSがすばらしくカッコ悪いブルーバードでしたから、余計にU12型がカッコよく感じられてしまいます。
 それにしても日産って面白いですね。この時期はF31型レパードやC33型ローレルがあり、それらは皆とてもスポーティでカッコいいクルマでした。しかしながらブルーバードがちょっと変なスタイルのU13型になったと思っていたら、今度はレパードがU13型そっくりのJ.フェリーになり、ローレルまで尻下がりのC34型になってしまいました。まあある意味筋が通っていていいのかもしれませんが、オーソドックスなスタイルを好む日本市場ではちょっと危険なモデルチェンジの仕方ですね。
 その点、現行のラインナップではスポーティ系とコンフォート系が明確に性格分けされているようです。しかしながら残念なことにブルーバードはティアナを初めとするコンフォート系になってしまったようですね。

ブルーバード・4ドアセダン・SSSアテーサリミテッド(U12型)
全長×全幅×全高 : 4520×1690×1375mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1280kg
エンジン : 直4DOHCツインカムターボ 1809cc 175PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/01 13:08 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。