旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・レパード(F31型) 

090429a01.jpg

090429a02.jpg

090429a03.jpg

090429a04.jpg

090429a05.jpg

 1986年に日産から発売された2代目レパード(F31型)です。トヨタ・ソアラに対抗するため、初代レパードには存在していた4ドアハードトップをなくし、2ドアハードトップのみが投入されました。しかしながら発売時、まだターボエンジンをラインナップに加えていなかったこともあり、完全にソアラの陰に隠れてしまう存在となってしまいました。
 販売面ではソアラに完敗のレパードでしたが、ある2人の男性により、マニアが熱烈に支持する名車となりました。2人の男性、もうおわかりですね。舘ひろしさんと柴田恭兵さんです。彼らが主演の『あぶない刑事』で主人公が使用するクルマとなったおかげで、このF31型レパードは現在も根強い人気を持ち続けています。それほど古い旧車というわけではないのですが、オークションではこのF31型レパードのカタログが結構いい値で取引されているようですね。
 確かにカッコいいクルマですから、これにあの2人が乗って犯人を追跡するシーンが毎回放送されれば人気がでるのも当然ですね。もし『あぶない刑事』の放送期間がもう少し遅れていて、レパードが3代目のJフェリーになっていたら・・・、きっと主人公のクルマには採用されなかったことでしょう。
 レパードは初代、2代目までは刑事ドラマの主人公が乗ってもおかしくないクルマでしたが、3代目と4代目は性格がガラリと変わり、刑事ではなく悪どい商売で私腹を肥やしている犯人に似合うクルマとなってしまいました。
 それもそのはず、2代目レパードで「レパード」としての開発はいったん中止され、販売の都合上、3代目は北米向けの「インフィニティJ30」がレパードとしてあてがわれたものです。そして4代目は、セドリック/グロリアとほぼ同じクルマに「レパード」の名札を付けただけのものです。当然のことながら、こんなことをしていてはとても商売上成功するはずがありませんので、レパードは4代目を最後に消滅しました。
 それにしてもテレビドラマの影響力というのはすごいものですね。

レパード・アルティマ・V30ツインカム(E-UF31型)
全長×全幅×全高 : 4805×1690×1370mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1460kg
エンジン : V6DOHC 2960cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

スポンサーサイト
[ 2009/04/29 18:12 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(2)

旧車・ホンダ・プレリュード(E-BA4/BA5型) 

090427a01.jpg

090427a02.jpg

090427a03.jpg

090427a045.jpg

090427a05.jpg

 1987年にホンダから発売された3代目プレリュード(E-BA4/BA5型)です。低く流れるようなスタイリングでデートカーの代表車種でした。S13シルビアが発売されるまではデートカーの代名詞といってもいいぐらいでしたね。このクルマが街にあふれていた頃はもう20年も前になってしまうのですが、いまだに私の頭の中では「プレリュード」と聞くと、「シルビア」「テニスサークル」「ディスコ」が連想され、プレリュードに乗っていたナンパな友人の顔が思い出されてしまいます。
 まあイメージはともかく、この3代目プレリュード、技術的にはとてもすばらしいクルマだと思います。なんと言っても世界初の機械式4WSシステムが導入された市販車として有名ですね。恥ずかしながら4WSのクルマには乗ったことがないのでどんな感覚なのかは分かりませんが、カタログによると高速時は前後輪が同方向に操舵されて自然なレーンチェンジを実現し、車庫入れなどの低速時には逆方向に操舵されて小回りしやすくするとのこと。きっとすばらしい技術なんだとは思いますが、もしシステムが故障して常に同方向、同角度で前後輪が操舵されるようになると全く曲がらないクルマになってしまいますね。機械的に操舵しているからこんなことは起こらないでしょうけど。
 個人的には車庫入れ時限定で動作する「後輪用ステアリング」、それもフォークリフトのような広い操舵角があるものを付けてくれたら都会の狭い駐車場に車庫入れするときに便利だと思うのですが、ちょっと操作が難しそうですね。

プレリュード・2.0Si(E-BA5)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1295mm
ホイールベース : 2565mm
車両重量 : 1150kg
エンジン : 直4DOHC 1958cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/27 12:33 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(0)

旧車・昔のオートバイ 

090422a01.jpg

090422a02.jpg

090422a03.jpg

090422a04.jpg

090422a05.jpg

 倉庫の整理をしていたら、昔の自動車雑誌やバイク雑誌がたくさん出てきました。こういうものが出てくるとそちらに注意が向かってしまい、作業が一向に進みません。困ったものです。
 さて、その中の一冊、『オートバイ』誌、1956年1月号をご紹介します。表紙の他は全て1頁広告を抜粋しました。
 現在でこそ国内には4社しかバイクメーカーはありませんが、当時はとてもにぎやかです。ホンダ、ヤマハはもちろんですが、新明和、みづほ自動車、片倉オート、トーハツ、エーブ自動車、富士自動車、中島工業、大槻工業、陸王、丸正自動車・・・、まだまだ他に沢山あるようです。
 私は二輪免許は持っておらず、たまに原付に乗る程度なのであまり単車には詳しくないのですが、53年前のバイクとはいえ、四輪ほど古さは感じませんね。
 現在の二輪車といえば、ビッグスクーターやスーパースポーツ等の現代的なバイクももちろんありますが、ホンダ・スーパーカブやヤマハ・SR等は数十年前からスタイルが変わっていません。それどころか、あえてクラシカルスタイルで発売される新車が数多くありますね。四輪の世界ではハイブリット化一色の感がありますが、その波はそのうち二輪にも波及してくるかもしれませんね。電動アシスト自転車の技術進歩はすごいですから。

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/22 17:40 ] オートバイ | TB(0) | CM(2)

旧車・ホンダ・CR-X(E-EF6/EF7型) 

090421a01.jpg

090421a02.jpg

090421a03.jpg

090421a04.jpg

090421a05.jpg

 1987年にホンダから発売された2代目CR-X(E-EF6/EF7型)です。走りを楽しめるコンパクトスポーツの代表格です。その高い運動性能ゆえについつい無謀な運転をしてしまい、ずいぶんこのクルマで事故った方が多いとのこと。
 CR-Xが悪いわけではなく、80年代後半というのはこの手の運動性能が高いクルマが数多く発売され、おまけに二輪でもホンダ・NSRやスズキ・ガンマ等という2st250ccのロケットバイクが溢れていました。日本全体が好景気だったため、社会人は当然のこと、学生でも比較的簡単に高性能な車やバイクが購入できました。おかげで道路ではレーサー気分の若者がとても元気に走り回っていましたね。
 さてホンダCR-X、クルマ好きにはたまらない車だったのですが、3代目となるデルソルを最後に、他のスポーティーカー同様、消滅してしまいました。しかしながらハイブリットカー「CR-Z」としてCR-Xの後継車が市販されるそうなので、いまからとても楽しみです。

CR-X・1600Si(E-EF7型)
全長×全幅×全高 : 3755×1675×1270mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 880kg
エンジン : 直4DOHC 1590cc 130PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/21 18:17 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(2)

旧車・マツダ・キャロル、トヨタ・パブリカバン、昔の新聞から 

090417a.jpg

090417b.jpg

090417c.jpg

 倉庫の整理をしていたら面白いものを発見しました。昔の新聞紙です。日付を見ると、昭和37年6月26日、「中部日本新聞」となっています。現在の「中日新聞」ですね。昭和37年といえば1962年、今から47年前です。作業を中断して新聞紙に目を通してしまいました。
 すると期待するものが載っているではありませんか。マツダ・キャロルとトヨタ・パブリカバンの大きな新聞広告、1頁の3分の1ほどを占める大広告です。
 キャロルの広告には「水冷エンジン・・・4人乗り・・・軽免許の乗用車として発売以来、圧倒的な好評をいただいておりますマツダキャロル!もっと豪華にして・・・デラックスの登場です」
 パブリカバンの広告には「新発売 全く新しいクラス(七〇〇CC二八馬力)の商用車<パブリカバン>が誕生しました。商用にレジャーに、能率よく働きます。」
 なんとも時代を感じさせるコピーですね。それもそのはず、その紙面の裏には「大鵬、佐田そろって土」、「西鉄、首位東映に挑戦」とあります。相撲記事には柏戸の名前も見えますね。
 キャロルデラックスやパブリカバンが発売されたときは「巨人、大鵬、卵焼き」の時代だったんだな~なんて、旧車カタログを個別にながめているときにはとても味わえないような「時代の臨場感」を味わうことができ、ちょっと得した気分になってしまいました。
 ちなみに発見場所は「長持」の中。「長持」って分かりますかね?180cm×70cm×70cmぐらいの直方体の桐でできた箱で、両端に竿を通せる金具が付いたものです。昔は嫁入りの時にそこへ新婚用具を入れて、担いで行列したらしいです。キャロルやパブリカが走っているときに担いで行列したとは考えられないので、きっと後に中身の整理をした折に下に敷いたんでしょうね。

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/17 15:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)

SUV型の日産スカイライン・クロスオーバーが今夏登場!? 

090416b.jpg
 前々から自動車雑誌にはちょくちょく登場していたSUV型のスカイライン、「スカイライン・クロスオーバー」がとうとう公式発表されましたね。この夏に登場とのこと。クルマ好きの感覚からするとこういう面白いクルマが発売されるということはとても嬉しいことなのですが、マツダびいきのクルマ好きからするとちょっと複雑な気持ちになってしまう出来事です。
 「ラグジュアリークーペとラグジュアリーSUVとの融合から生まれた新ジャンルのスカイライン」とのことですが、これってマツダのCX-7とかなり似ているコンセプトですね。この手のクルマではトヨタがレクサスRXを発表済み、そして今度のスカイライン・クロスオーバー、さらに雑誌ではランエボSUVの発表も報じられています。ビッグネームがこぞって参入してくるわけですから、きっとマツダCX-7は脇に追いやられてしまうことでしょう。
 初代デミオで「ハイトコンパクト」というすばらしい「新ジャンル」を打ち出したマツダ、しかしその後、トヨタ・ヴィッツやホンダ・フィットに主導権を取られてしまいました。アクセラ・スポーツで5ドアハッチの良さを再認識させたマツダ、やはりその後、トヨタ・ブレイド・オーリスやスバル・インプレッサに猛烈な追従を受けてしまいました。
 競争は業界全体を活性化するためにはとても良いことなのですが、マツダってちょっと出すのが早いですね。いいところに目をつけてすばらしいクルマを出すのですが、すぐさま巨人が出てきておいしいところを持っていってしまいます。まあそのおかげで「いつも安価に」すばらしいクルマを堪能できるわけですが。
 マツダさん、今までのように他社が考えないようなすばらしいクルマをこれからも「ちょっと早め」に出してくださいね!

[ 2009/04/16 20:35 ] その他 | TB(0) | CM(0)

旧車・トヨタ・カリーナ(TA40/RA45型) 

090416a01.jpg

090416a02.jpg

090416a03.jpg

090416a04.jpg

090416a05.jpg

 1977年にトヨタから発売された2代目カリーナ(TA40/RA45型)です。このカタログは79年のマイナーチェンジで角型4灯ライトに変わったもの。「走りへの新しき情熱。」というまったくトヨタらしくないコピーとともに紹介されるカリーナのスタイルはいかにもスポーティでよく走りそうに見えますね。
 さて、この2代目カリーナなのですが、実は外見上からもよくわかる部分で、新技術が取り入れられているものがあります。画像を見ればすぐにお分かりですね?そうです。バンパーがウレタンバンパーになっているんです。このカリーナでいうと、3枚目までのハードトップはウレタンバンパー、4枚目のセダンは従来の銀色バンパーに一部クッションを貼り付けてあるもの。ちなみにマイナーチェンジ前の2代目カリーナはクッションなしの銀色バンパーです。
 カタログ中では特別装備としてウレタンバンパーが解説されており、「軽い衝撃を、内部のウレタンフォームがやわらかく吸収して、ボデーにほとんど影響を与えません。またスタイルを引き締めます。」と記載されています。確かに黒いウレタンバンパーのハードトップは引き締まった表情をしていますね。
 現在ではボディ同色の樹脂バンパーが主流で、完全に車体デザインと一体化していますから、どこからがバンパーなのか判別できないようなものも珍しくありません。スタイルはウレタンバンパー時代以上におしゃれになりましたが、その代償として「バンパーをちょっとこすっただけでウン万円」という修理代がかかるようになってしまいました。ある意味バンパーがないのと同じですね。

カリーナ・ハードトップ・1800EFI ST(TA47型)
全長×全幅×全高 : 4435×1630×1345mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 1030kg
エンジン : 直4OHC 1770cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/16 12:39 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(6)

旧車・三菱・ギャランΣ(A131/A133型) 

090413a01.jpg

090413a02.jpg

090413a03.jpg

090413a04.jpg

090413a05.jpg

 1976年に三菱から発売された3代目ギャランです。この代からセダンには「Σ」というサブネームが付きますので、初代ギャランΣでもあります。
 「Σ」というサブネームを浸透させるためなのかどうか分かりませんが、表紙は「Σ」の一文字のみ。かなり手を抜いています。「Σ」といえば数学で頻繁に使うギリシア文字で、ある出版社では「シグマベスト」として学習参考書を展開しているぐらい。文系人間にはちょっとアレルギーのある記号です。そんな記号を車名にしてしまうぐらいですから、三菱の技術者魂はなかなか侮れませんね。
 さて名前はともかく、このギャランΣ、日本車離れしたスタイルのためか、当時実際の大きさよりもずっと大きな車に見えた記憶があります。Σ登場前の三菱車はどちらかというと地味な車が多かったのですが、このギャランΣが成功してからは、ちょっと「派手系」の車が多くなっていきましたね。
 ギャランΣのクーペ版がギャランΛ、かなり派手な車でした。ギャランΛの後継となったスタリオン、とても派手でした。スタリオンの後継となったGTO、派手を通り越していました。
 いろいろな面白い車を発売して車好きを楽しませてくれた三菱ですが、リコール隠し問題後、正統派のすばらしい車を出すようになりましたね。現在のギャラン・フォルティス、とてもいい車だと思います。

ギャランΣ・2000スーパーサルーン
全長×全幅×全高 : 4330×1670×1360mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1130kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆


マイナーチェンジ後ではありますが、当時のCMがありましたので引用させていただきます。

にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/04/13 07:59 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(2)

旧車・三菱・デリカ・スターワゴン(LO33PW型) 

090409a01.jpg

090409a02.jpg

090409a03.jpg

090409a04.jpg

090409a02b.jpg

090409a05.jpg

 1979年に三菱から発売された2代目デリカです。初代は1968年に600kg積みトラックとして発売されました。名前の由来は「デリバリー・カー」を略して「デリカ」とのことです。
 2代目になった折に、乗用ワゴン車は「デリカ・スターワゴン」と名乗るようになり、後にサブネームが「スペースギア」、「D:5」と変更されていくものの、「デリカ」の名は現在も健在ですね。
 さて、この三菱デリカ、その無骨なデザインと卓越した走破性から他のミニバンとは一線を隔した存在としてファンから支持されていますね。現在の「デリカD:5」でもそれは変わりません。硬派なクロカン・ミニバンとしてアウトドアー派の男性の中には熱烈なマニアも数多く存在しています。
 そんな「硬派な」イメージがある三菱デリカですが、このカタログは実に「軟派」です。メカニズム主義の三菱らしくF1とのツーショットや詳細な性能解説ももちろんあるのですが、極小ビキニの女性がなんと数多く写っていることか。
 3枚目と4枚目の画像を見てください。3枚目画像の右ページが折込ページとなっており、それを開くと現れるのは「好きにしてください」といわんばかりの格好で無防備に横たわる美女。カタログコピーにもあるように、確かに『こんな「広がり」は初めて。』です。なんとも男の本能を刺激するストレートなカタログですね。きっとこのカタログを見てデリカを購入し、『こんな「広がり」』を堪能した男性が大勢いることでしょう。
 デリカはその後、四輪駆動バージョンも出て、走破性をどんどん高めていきますが、もしかしたらデリカユーザーから「もっと人目に付かないところまで走れるようにして欲しい」という要望があったからかもしれませんね。

デリカ・スターワゴンDX(LO33PW型)
全長×全幅×全高 : 3990×1690×1800mm
ホイールベース : 2200mm
車両重量 : 1130kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 86PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/09 12:43 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(2)

旧車・日産・プレーリー(M10型) 

090407a01.jpg

090407a02.jpg

090407a03.jpg

090407a04.jpg

090407a05.jpg

 1982年に日産から発売された初代プレーリー(M10型)です。現在主流となっている、いわゆる「ミニバン」の先駆けとなった車なのですが、当時まだ「ミニバン」という言葉が一般的ではなかったため、カタログではあくまでも「セダン」ということになっています。
 スライドドアも8人乗り3列シートも現在のミニバンではごく普通の装備とはいえ、「セダン初のスライドドアがついた」「8人乗れるから新しい。愉快なセダン」というコピーはちょっと違和感がありますね。
 さてこのプレーリー、その後リバティとなり、現在はラフェスタという名前で販売されています。同じ日産には売れ筋ミニバンのセレナがありますが、こちらはもともとバネットというキャブオーバー車が元祖。現在はどちらもボンネットミニバンとなっていますが、セダンの延長としてのミニバン、キャブオーバー型の延長としてのミニバンということで雰囲気はやっぱり違いますね。
 現在はミニバンブームで、日産に限らずどのメーカーもこの手の車はラインナップが豊富です。衝突安全性の問題からほとんどがボンネット型となり、セダン感覚の運転フィーリングをアピールしていますが、乗ってみるとやっぱりセダン感覚からは程遠く、とても中途半端な感じがします。それに目線が高い位置にあるにも関わらず、車両感覚が極めてつかみにくいですね。
 まあ「売れる車がいい車」なのでどんどん売れる車を造ればいいと思いますが、個人的には車体が大きいミニバンはキャブオーバー型のほうがずっと車両感覚がつかみやすくて運転が容易なうえに、中も広いので使い勝手が良いような気がします。
 大柄なうえに車両感覚がつかみにくい現在のミニバン、その点を補完するためにコーナーセンサーやバックモニター、アラウンドビューモニターなどの付加機能が開発されています。運転しにくい車体を造って高価な付加機能をオプションとして追加させる、こんなことをメーカーは考えていないと信じていますが、昔のキャブオーバー型ワンボックスの運転しやすさを実感している身としてはなんだか現在のミニバンは奇妙に感じます。

プレーリー・セダン8人乗り・JW(E-BM10型)
全長×全幅×全高 : 4090×1655×1600mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 975kg
エンジン : 直4OHC 1487cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/07 18:36 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(2)

旧車・日産・サニートラック(B120型) 

090406a01.jpg

090406a02.jpg

090406a03.jpg

090406a04.jpg

090406a05.jpg

 1971年に日産から発売された2代目サニートラック(B120型)です。1971年に発売されたといっても、1994年まで実に四半世紀にわたってほとんどスタイルを変えることなく生産が続けられましたので、現在でも現役のサニトラを目にする機会は多いです。
 このカタログは1988年のもの、すでにシーマやスープラが発売されていた時代の「新車カタログ」とは思えませんね。
 さて、このサニートラック、マニアの間でとても人気が高い名車となっています。クラシックなスタイルゆえに「程度の良い旧車」として楽しまれる方や、小型軽量FRピックアップトラックとしてチューンして走りを楽しまれる方など、色々な楽しみ方をしておられる「サニトラマニア」がおられますね。研究に研究を重ねて生み出した新型車でもなかなか大勢のマニアに支持されるような「名車」になることは難しいのに、あまり変更なく「造り続ける」だけで「名車」になるなんて、人の嗜好というのは分からないものです。
 私の友人に仕事でサニートラックを使っておられる方がみえます。最大積載量が500kgということなので、彼は本当に500kg満載したことがあるそうです。その時の様子は彼曰く「リアサスが沈みきり、フロントサスが伸びきって空を見ながら運転した」とのこと。少々大げさに物事を表現する友人なので話半分で聞かなくてはならないのですが、もしその表現が本当ならきっと過積載してますね。

サニートラック・標準デラックス(B122T型)
全長×全幅×全高 : 3845×1495×1395mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 710kg
エンジン : 直4OHV 1171cc 64PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/06 15:34 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(0)

旧車・日産・フェアレディZ(Z31型) 

090404a01.jpg

090404a02.jpg

090404a03.jpg

090404a04.jpg

090404a05.jpg

 1983年に日産から発売された3代目フェアレディZ(Z31型)です。このカタログは86年のマイナーチェンジ後のものなので、直6ターボの200ZRが載っていますが、基本的にこの3代目からV6エンジンのフェアレディZとなります。
 フェアレディZといえばスカイラインと並んで日産の顔、それどころか国産スポーツカーの代表車種です。さすがにどの代のZもカッコいいですね。高級スポーツカーなので販売台数が見込める車種ではありませんが、あのゴーン社長ですらZの販売を復活させたほどですから、もはや「フェアレディZ」は日本の自動車産業になくてはならない存在なのでしょう。
 ちょっと前に放送された村上龍氏のテレビ番組で、ゴーン社長が「若い頃、Zに憧れ、ああいう車に乗りたいと思っていた」と語っておられました。それぐらい「Z」は日本だけではなく、世界中のクルマ好きを魅了しているんですね。
 現在は6代目となるZ34型が販売されておりますが、自動車雑誌でフェアレディZとポルシェがライバルとして比較されている記事を見て、Zオーナーでなくともちょっと嬉しくなってしまいました。3.7リッターの2シータースポーツですからおそらくオーナーになることはないと思いますが、こういう車が日本で販売されているということだけで「いつか乗ってみたい」と憧れることができます。
 Zを買うことはできなくとも、Zに憧れて車に興味を持ち、自分に手が届く車を購入する人が増える・・・、それも「Zイズム」が浸透した「フェアレディZを造っている日産で造られた車」を購入する人が増える・・・、ゴーン社長の狙いはそこかもしれませんね。

フェアレディZ・300ZR・2シーター(HZ31型)
全長×全幅×全高 : 4405×1725×1295mm
ホイールベース : 2320mm
車両重量 : 1450kg
エンジン : V6DOHC 2960cc 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/04 11:12 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(2)

旧車・日産VW・サンタナ(M30型) 

090402a01.jpg

090402a02.jpg

090402a03.jpg

090402a04.jpg

090402a05.jpg

 1984年に日産から発売されたVWサンタナ(M30型)です。エンブレムからも分かるようにドイツ・フォルクス・ワーゲン社の車を日産がライセンス生産していたものです。
 落ち着いた雰囲気でおしゃれな中年おじ様に似合いそうな車なのですが、車どうこう言う前に、政治臭がプンプンする車です。
 そもそもこのサンタナを日産が生産することになったのは、当時問題になりつつあった貿易摩擦が発端。日本とヨーロッパが協調していることをアピールするために製造販売が始まりました。しかしながら売れなければ造るのをやめるのは世の常、日産は2代目サンタナを製造することなくVW社との業務提携を解消します。その後、VW社はトヨタと業務提携を結びますから、現在ではトヨタのディーラーでVWゴルフ等のカタログが置いてありますね。
 そんな経緯から、このサンタナは貴重な日産・VWコンビのクルマです。しかしながらGMやクライスラーの破綻も現実味を帯びてきた現状においては、このようなメーカー間の様々な協業車が当面乱発されるかも知れませんね。
 今や他社とまったく提携関係を持っていない自動車メーカーなんて世界中でほとんどありませんから、「トヨタ・シボレーカマロ・ハイブリット」とか「日産・ダッチ・ヴァイパーGTR」とかいう、どこの車かまったく見当も付かない車が発売されるかもしれません。
 さすがに「マツダ・リンカーン・コンチネンタル」なんていうのは出ないでしょうけど。

サンタナ・Xi5アウトバーンDOHC(HM30J型)
全長×全幅×全高 : 4530×1690×1395mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1180kg
エンジン : 直5DOHC 1994cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ



[ 2009/04/02 16:29 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。