旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・スカイラインGT-R(KPGC110型) 

150313a01.jpg

150313a02.jpg

150313a03.jpg

150313a04.jpg

150313a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150313a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1973年に日産から発売された2代目スカイラインGT-R(KPGC110型)です。この型のGT-Rはわずか4ヶ月の間に197台が生産されたのみの幻のGT-Rであったことは皆様ご存知の通り。残念ながら私はこのスカイラインGT-Rのカタログは持っておりません。過去に見た記憶もないので、倉庫を隈なく探しても出てこないと思います。ということで、写真は京商製の1/18ミニカーです。普段は応接間の棚に飾ってあるので、親戚の子供がおもちゃ代わりにして遊ぶこともたまにありますが、奇跡的にまだ無傷です。もっとも、ショーケースに入れて飾ってあり、子供でもそれなりの高級感を感じるようで、「西部警察ごっこ」はしないようですから助かっています。

 さて、このスカイラインGT-R、恥ずかしながら私は公道で実際に走っているところを見たことがありません。箱スカGT-Rは何度か見ましたが、やはり台数として約10分の1しか存在していないクルマですから、希少価値としては相当なものなんでしょうね。このミニカーを購入したのはかれこれ7、8年前のことですが、おそらく私自身もケンメリGT-Rに対してはその希少性への憧れを無意識のうちに持っており、箱スカではなくてこちらを選んだのだと思います。

 それにしてもこの手のミニカーって、とても精密にできていて重量感もあって素晴らしい出来なんですが、高いですね。テレビでショーケースにずらりと並べておられるマニアの方が紹介されているのを見たときに、漠然と自分の部屋もあんな感じにしてみたいと思って初めて購入したのがこのケンメリGT-R。その時点で私の財布は底を尽き、一旦終了。数年後、念願の2台目としてRX-8を購入し、そこで財布の底と同時に意識も底を尽き、永遠に終了となりました。そのような経緯から、うちの応接間には何の関連もないケンメリGT-RとマツダRX-8が2台仲良く並んでいます。

 当時のプリンスのラインナップ小冊子によると、ケンメリGT-Rが生産終了となった後は、GTX-E S TypeというグレードがGT-Rの立ち位置を継承したようですね。とはいえ、クルマ好き、特にスカイラインやGT-Rに夢中だった方々は、まさかその後、R32の時代までGT-Rが出ないなんて夢にも思わなかったでしょうね。現在は日産GT-Rとして更なる進化を遂げ、世界中から愛されるスーパーカーになっています。もはやかつてのGT-Rに憧れた人々が興味を持つようなクルマではないような気がしないでもありませんが、あれはあれで「日産GT-R」として新たな伝説を作っていくんでしょうね。うちの応接間に加わる予定は、・・・きっとないでしょうね。

スカイライン・2000GT-R(KPGC110型)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1380mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1145kg
エンジン 直6DOHC 1989cc 160PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


スポンサーサイト
[ 2015/03/13 16:40 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(6)

旧車・日産・ブルーバード(910型) 

131113a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131113a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131113a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131113a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131113a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131113a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年に日産から発売された6代目ブルーバード(910型)です。ブルーバードの黄金期とも言えるほどの大ヒット作で、ブルーバードという車名を聞いたら真っ赤な910型SSSが頭に浮かぶ方も多いことと思います。昔ミスターこと長嶋茂雄氏が立教大学時代に「赤鉛筆の色は何色?」と問われ、「青」と答えたとのエピソードを聞いたことがありますが、この910型については、「青い鳥は何色?」と問われたら「赤」と答えてしまうぐらい、910型ブルの真っ赤なSSSは強い印象が残っていますね。

 さて、この910型ブルーバード、大ヒットした名車だけあって、今見てもセダンの王道ともいえるそのすっきりした直線的デザインに惚れ惚れしてしまいます。このようなスタイルのクルマに好感を抱く方が多かったということは、きっと人間の感覚は基本的に「シンプル・イズ・ベスト」なんでしょうね。カーブ、シュート、スライダー、フォークと、いろいろな変化球にもそれぞれの魅力はありますが、やはりもっとも心に強く訴えてくるのはど真ん中のストレート、と言ったところですね。

 ブルーバードからも日産からもちょっと話題がずれますが、東京モーターショーでスバルから発表されたレヴォーグというクルマ、あれなんて完全にこの910型ブルのように、「初心に帰って直球ど真ん中」のクルマのように思えます。あのクルマを見て、発表されたばかりの新型車なのに「懐かしい」と感じた方もきっと多かったのではないかと個人的には感じています。人々の「ど真ん中」は意外と変わらないものですね。

 ところで、最近ニュースでは自動車関係の税金の話題が賑やかですね。軽自動車の増税が話題の中心ですが、13年超の古いクルマに対してもしっかりと更なる増税が課されるようですね。910型ブルーバードはタクシー用の車種については14年間生産され続けましたので、どういう根拠で13年を超えると「古くて環境性能が悪いクルマ」となるのかはちょっとわかりませんが、今後はますます「古いクルマ」を大切に乗り続けることが困難な時代になっていくようですね。

 古いクルマに増税して買い替えを促さなくても、メーカーがより魅力的なクルマを開発して顧客が乗り換えたいと思うクルマを世に出せば良いだけのような気がしますが・・・。そもそも新しいクルマが「良いクルマ」とは限らないですしね。この910型ブルーバードが大ヒットしたのは、同じく大ヒットした510型の原点に戻ってその良さを時代に合わせてアレンジしたからです。つまり当時で言えば、610型や810型よりも510型のほうが良かったんですよね。

 910型ブルーバードやスバルのレヴォーグのようなパターンはこれまでも、そしてこれからもどんどん出てくると思います。そう考えると、いくら経済活性化のためとはいえ、あからさまな買い替え促進策には疑問を感じてしまいますね。多少カタログ燃費は良くなっているかもしれませんが、なんと言っても「良くないクルマ」に買い替えさせられるのですから。

ブルーバード・セダンターボ・SSS-S(P910型)
全長×全幅×全高 : 4510×1655×1385mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1115kg
エンジン : 直4OHCターボ 1770cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/12/13 13:32 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(25)

旧車・日産・チェリーF-2(F10型) 

130106a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 今年の一回目は、1974年に日産から発売された2代目チェリーF-2(F10型)です。このカタログはクーペ専用のものですが、他に2ドアセダンと4ドアセダンが用意されており、日産初のFF車であった初代同様、3タイプのボディタイプが用意されていました。

 さて、このチェリーF-2、特徴的なスタイルだった初代からは一回り大型化され、サニーとほぼ同格のクルマになりました。スタイルも同時期の3代目サニーと似ていましたから初代チェリーほどのインパクトはなかったですね。その影の薄さが影響したのかどうかはわかりませんが、チェリーという車名はこの代で消滅し、後継はパルサーへ譲ることになりました。

 この代では似ているとはいえ、まだFFのチェリーとFRのサニーという大きな違いがありましたが、80年代に入ってからはサニーもFF化され、パルサーとサニーはスタイルが少し異なる姉妹車となっていきました。さらに90年代に入ってからはほぼ車名のみが異なる姉妹車となり、現在はどちらも消滅してしまいましたね。

 ところでこのチェリーF-2、石油ショック後の時代だったということもあり、一部のグレードに「エコノメーター」なるメーターが付いている点は面白いですね。カタログによると「運転席にいながらにして、その時々のエンジンの負荷状態が目でわかる」とのこと。ちょうどタコメーターの位置に付いているので、現在のハイブリットカーに付いているエコメーターとまったく同じですね。

 チェリーF-2が発売されてから40年近くが経とうとしており、もちろんクルマ自体は格段の進歩を遂げていますが、ヒューマンインターフェイスにおける部分でのアイデアはそれほど変わっていないようにも思えますね。

 今年はどんな新型車が出てくるのでしょう?旧来の延長線上で熟成を重ねたものだけでなく、あっ!と驚くようなまったく新しい価値観も見てみたいものですね。


チェリーF-2クーペ・1400GX-L(F11型)
全長×全幅×全高 : 3840×1500×1315mm
ホイールベース : 2395mm
車両重量 : 810kg
エンジン : 直4OHV 1397cc 80PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2013/01/06 14:18 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(12)

旧車・日産・セドリック(330型)その2 

120309a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1975年に日産から発売された4代目セドリック(330型)です。330セドリックについては以前に本カタログのご紹介をしましたが、二谷英明夫妻が表紙のカタログが見つかりましたので、再度ご紹介させて頂きます。

 セドリックといえば二谷英明、というぐらいセドリックと二谷さんはお似合いですね。230、330、430、Y30と4代にわたってイメージキャラクターをされていたので当然といえば当然ですが、やっぱり二谷さんの落ち着いた雰囲気と高級車セドリックのイメージが合致していたからこれほどまでしっくり馴染んでいたんでしょうね。そんな二谷さんも今年の1月にお亡くなりになられてしまいました。セドリックがフーガになって久しいですが、二谷さんまでおられなくなってしまうとは、なんだかとても寂しいと同時に、時の流れを感じますね。

 さて、久しぶりに『特捜最前線』で活躍されておられた二谷さんを思い出しながらこのカタログを眺めていたら、カタログ内のあるフレーズが妙に心に響きました。4枚目の内装写真の下に書かれている、『これ以上なにをお望みですか?』という部分です。

 “ぜいを尽くした装備類。厳選されたシート。活動の、思索の、そして憩いの時をゆたかに演出するセドリックです。”ゆえに“これ以上なにをお望みですか?”が全文ですね。確かに当時の330セドリックは『これ以上なにをお望みですか?』というぐらいの高級車でした。しかし多くの人々が『さらにあれもこれも』と望んでいたようで、現在のフーガは当時の330セドリックとは比べようもないほどの超高級車になっています。いったいこの流れはどこまで続くんでしょうね?

 あの大震災から1年が過ぎようとしています。原発事故についても、政府は収束宣言をしましたが、ど素人の私にはとても収束しているようには思えません。自動車産業についても、震災後、確かトヨタはエスティマハイブリットに搭載されている1500W電源機能を他のHV車にも広げていくというようなことを言っていた記憶がありますが、東北復興の象徴として東北で生産されているHV車のアクアには搭載されていないようですね。

 原発事故でこれほどの被害を出しながら、日本の原発を海外に輸出すると言っている方もおられますし、経済界の偉い方はなんとか停止中の原発を再稼動させようと必死ですし・・・、なんだか思わず『これ以上なにをお望みですか?』と問いかけたくなってしまいます。

 中途半端なものをどんどん作ってどんどん売って、そして飽きが来たらまた新しい中途半端なものをどんどん作って売って・・・、という経済活動をしていけば確かに経済は活発になります。経済が活発になれば税収も増えるし、もう既に破たんしてしまっている年金制度も、ばれる前に見かけ上の体裁を整えることが出来るかもしれません。そのサイクルを維持するためにはやっぱり大量のエネルギーが必要となります。ゆえに人口の少ない田舎で原発を運転しなくてはなりません。・・・この流れから脱却することはやっぱり不可能なんでしょうかね?

 震災を機に私自身、ずいぶん考え方が変わりました。クルマへの興味も以前より少なくなってきていると思います。カッコいいクルマ、低燃費なエコカー、便利なスマートフォン、綺麗な画面の液晶テレビ、魅力的な製品がどんどん世に出され、生活が豊かになることはとても良いことだと思います。ただ、それら魅力的な製品群が世に出される一方で、負の側面もたくさん生み出されていることも忘れないようにしたいものですね。

 人口減少が確実になっている現在、かなり可能性が低い大幅な経済成長を目指すのもひとつの手ですが、ほどほどのところで社会をうまく回すバランス感のある舵取りも必要な気がします。一度あらゆる立場、あらゆる環境の方に一斉にアンケートを取ってみるのも良いかもしれませんね。『これ以上なにをお望みですか?』、本当に必要な製品、サービス、制度が浮き上がってくるかもしれませんね。

セドリック・4ドアハードトップ・2800SGL(KPF330型)
全長×全幅×全高 : 4785×1705×1430mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1465kg
エンジン : 直6OHC 2753cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/09 12:19 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(31)

旧車・日産・パルサーワールド 

110428a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年に日産から発売された初代パルサー(N10型)を始め、当時チェリー店で扱われていた日産車のラインナップです。このカタログはパルサーがマイナーチェンジされた1980年にパルサー・ワールドと銘打って発行されたもの。まだレパードTR-Xが投入される前のラインナップですから、パルサー、オースター、チェリーバネットといった、いわゆる大衆車揃いで親しみの持てる面々が並んでいますね。

 さて、この“パルサー・ワールド”には、スカイラインやセドリックといった、当時多くの人々が憧れていたクルマはありません。そして現在、旧車マニアの間で珍重されるような存在となっているクルマもありません。今から30年前の時代に、庶民の間でごく普通に乗られていた“庶民のクルマ”です。
 30年という時が流れ、現在これらに相当するクルマはマーチ、ティーダ、NV200バネットあたりですね。当時、30年後は一体どんなクルマが走っているんだろう?タイヤがなくてホバークラフトのようになっているんだろうか?全部電気自動車になっているんだろうか?そもそもノストラダムスの大予言が本当なら1999年に世界がなくなってしまうから30年後はないんじゃないか?などといろいろ考えていましたが、意外とあまり変わっていないですね。特に現在日産のラインナップにあるボンゴのOEM車、バネットバンなんて、30年前のこのカタログに載せてもあまり違和感がないぐらいです。

 30年前、現在のようにインターネットの時代になるとは考えていませんでした。また携帯電話を小学生が持っているような時代になるとも考えていませんでした。同様に、昔のクルマのほうが良かった、と考える人が少なからず存在する時代になっているとも考えていませんでした。

 震災をきっかけに、トヨタは現在エスティマ・ハイブリットに搭載されているAC電源供給機能を他のハイブリット車にも搭載することを検討し始めたそうです。またルネサスの工場が被災したことにより、マイコン供給がストップして多くの自動車メーカーでクルマが生産できなくなりました。きっと今後クルマそのもののあり方も、そして自動車会社のあり方も大きく変わっていくことと思います。

 今から30年後は、きっと過去30年間の変化よりもずっと大きく変化するでしょうね。それが進歩の方向なのか後退の方向なのかはわかりませんが、その方向は自動車メーカーの考えではなく、日本全体の、言いかえれば我々国民一人ひとりがどういう暮らしを望むかによって決められることになると思います。
 30年後、“リーフ・ワールド”が発行されているのか、“パルサー・ワールド”が発行されているのか、相変わらず“モダン・リビング”と言われているのか、はたまた日産がクルマを生産していないのか、どんな時代になっているんでしょうね。

パルサー・5ドアハッチバック・1400TS-GF(HN10型)
全長×全幅×全高 : 3960×1620×1360mm
ホイールベース : 2395mm
車両重量 : 860kg
エンジン : 直4OHV 1397cc 80PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/28 12:01 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。