旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・アコード・サルーン(SJ/SM型) 

130317a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にホンダから発売された初代アコード・サルーン(SJ/SM型)です。初代アコードは3ドアハッチバックが1976年に発売され、翌77年に3BOXセダンのアコード・サルーンが追加されました。シビックよりも大きな車格を持つアコードでしたが、シビックにあった5ドアハッチは結局出されなかったんですね。

 さて、この初代アコード・サルーン、当時、3ドアハッチのアコードは上品で大きなシビックだなぁと思っていたのですが、サルーンのほうはなぜかとても平凡なクルマに見えてしまいました。3ドアのアコードを野球部やサッカー部に例えるなら、サルーンは囲碁部や将棋部といったところでしょうか。前から見れば同じ顔なのですが、後ろから見るとスポーツカーとタクシーぐらいの違いに見えてしまったんですね。(個人的な印象の問題ですので、囲碁部や将棋部だった方々、くれぐれも真に受けないで下さい。)

 3ドアハッチのほうが先に出されたこともあって初代サルーンには少々違和感を感じていましたが、当時は「クルマの基本はセダン」という意識が根底にあったため、ホンダも最上級車種であったアコードに5ドアハッチではなくセダンを設定したんでしょうね。もっとも、後のアコードはセダン中心で進んでいきましたから当時の選択は正解でしたね。

 ところで、ホンダ・アコードといえば今ではトヨタ・カムリと並ぶほど世界中で愛されているグローバルカーです。1.6Lの3ドアハッチバックから始まったクルマだとはまったく思えないほど大きく立派なクルマとなり、最新型の北米版アコードに至ってはV6・3.5L、全長4862mm、全幅1849mmという堂々たる車格を誇っています。

 アコードに限らず、他のクルマもモデルチェンジのたびに基本的に大きく立派になっていきますが、現在、三本の矢で云々と言っているものが目指しているのも根本的には同じ車名のクルマがどんどん大きく立派になっていく社会なんでしょうね。まあそのような社会のほうが見た目で判断できるから、本当に豊かかどうかは別として、豊かな社会に見えるんでしょうね。

 このアコードのカタログの最初の頁に、「車格」から「車質」へ、という表現があります。「車格」は見ればわかりますが、「車質」は見るだけではわかりません。クルマに限らず、「格」から「質」へ判断基準を移行することはまだまだ難しいようですね。

アコード・サルーンEX(SM型)
全長×全幅×全高 : 4345×1620×1360mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4OHC 1750cc 90PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/03/17 15:38 ] 1970年代ホンダ | TB(0) | CM(12)

旧車・ホンダ・シビック(SC/SF/SH/SG型) 

130114a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1972年にホンダから発売された初代シビック(SC/SF/SH/SG型)です。このカタログはモデル末期のものなので、全車CVCCエンジン搭載となっています。初代シビックは、軽自動車ではそれなりの存在感を示していたものの小型車部門ではいまいちだったホンダを、「小型車のホンダ、ここにあり!」というぐらいにまで高めた立役者ですね。そんなホンダの看板車種だったシビックでしたが、残念ながら2010年に国内のラインナップからは消滅してしまいました。国内においては、肥大化したシビックが生き残る余地がなかったんでしょうね。

 さて、この初代シビック、合理的な設計思想が受けて大ヒットしたクルマですが、ホンダの現行ラインナップの中で、もっともこれに車格も走行性能も近いクルマというのは、意外にもN-ONEなんですよね。初代シビックの1.2Lモデルと、N-ONEのターボモデルを比較すると、車体の大きさはほぼ同じ(背はN-ONEのほうがかなり高いです)、エンジン出力も馬力・トルクともにほぼ同じです。

 「シビック」という車名にこだわらず、純粋に物理的なアウトプットだけで判断すると、初代シビックの時代から現在までの期間で、排気量は半分にダウンサイジングされているんですね。ホンダに限らずほとんどのメーカーが今まで同じインプットでアウトプットを増大させる方向へ進んできましたから、車名で判断するとどれもがどんどん大きなクルマになってきました。

 しかし昨今は欧州メーカーを中心にアウトプットを維持してインプットを減らす「ダウンサイジング」という流れが加速してきており、マークXクラスの車体で1.4Lというクルマまであります。国内においては先日発売された新型クラウンのハイブリットがこの流れですね。個人的には200PS、300PSといった高性能競争にはまったく興味がないので大歓迎なのですが、自動車メーカーの本音としてはおそらく嫌な風潮でしょうね。

 アウトプットを現状維持してインプットを減らす・・・、この風潮はおそらく自動車に限らずあらゆる分野で進んでいくと思います。「成長」の概念が徐々に変わりつつあるんでしょうね。しかしながら「給料を現状維持して出勤日数を半分に」というダウンサイジングが実現すればとても楽しい毎日が送れると思うのですが、現実は「勤務時間が増大して給料はダウンサイジング」。新たな先進国像を実現するにはまだまだ前途多難のようですね。


シビック・1200・3ドアDX(SC型)
全長×全幅×全高 : 3560×1505×1325mm
ホイールベース : 2200mm
車両重量 : 685kg
エンジン : 直4OHC 1238cc 65PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2013/01/14 18:23 ] 1970年代ホンダ | TB(0) | CM(12)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。