旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(BF3/5/A型) 

120210a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にスバルから発売された初代レガシィ・ツーリングワゴン(BF3/5/A型)です。このカタログは91年にマイナーチェンジされた後期型のものなので、前期型とはフロントの形状が少し変わっていますね。ページをめくっていくと、今ではすっかりダイハツ・ミラ・イースの顔となっているブルース・ウィリス氏が、髪の毛フサフサ状態で登場しています。レガシィが誕生したのはまだ最近のような気がしていましたが、ずいぶん時間が経ったものですね。

 さて、スバルのレガシィといえばステーションワゴンブームの立役者で、ツーリングワゴンがすぐに頭に浮かびますが、初代レガシィ誕生時に大々的にPRされていたことは、セダンが10万kmの速度記録を達成したということだったんですよね。セダンとツーリングワゴンの販売比率も、販売開始の89年にはほぼ半々でした。しかしツーリングワゴンの人気が高まってくると徐々にワゴンの比率が高まり、2代目になるとセダン・ワゴン比が1:8ほどになってしまい、レガシィ=ツーリングワゴンというようになってきました。そしてそれではまずいと3代目からセダンにB4というサブネームを与えてテコ入れをし、以後、スポーティセダンとツーリングワゴン、どちらもそれぞれに魅力的なキャラクターを維持していますね。

 ところで、カタログのブルース・ウィリスさんが写っているページには、“豪華さを誇示するようなクルマや、やたらと性能を競うようなクルマは好きではない。ブランドで買ったわけではないし、トレンドに乗ったわけでもない。必要にして十分な性能と装備。そんなところも気に入っている。”と記されています。そして次のGTのページには、“力は誇示するよりも内に秘めておいた方がいい。”との記載があります。

 レガシィは代々人気車種ですから、オーナーの方それぞれにとっての“レガシィである理由”があると思いますが、個人的には上記の部分がレガシィのもっとも大きな魅力だと思っています。

 それにしてもこのカタログは91年のものですから、当時は確かに“豪華さを誇示するようなクルマ”、“やたらと性能を競うようなクルマ”、“ブランドで買ったクルマ”、“トレンドに乗ったクルマ”が溢れていましたね。不況のどん底にある現在でも、不思議と当時以上にこれらのようなクルマが溢れているように感じられるのは気のせいですかね?まあ当時と異なるのはやたらと競っている性能というのが燃費性能である点ですが・・・。

レガシィ・ツーリングワゴン2.0 TURBO GT(BF5型)
全長×全高×全幅 : 4620×1690×1500mm
ホイールベース : 2580mm
車両重量 : 1400kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/02/10 13:35 ] 1980年代スバル | TB(0) | CM(12)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。