旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ギャランΣハードトップ(E15A型) 

140505a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年に三菱から発売されたギャランΣハードトップ(E15A型)です。このクルマは前年にフルモデルチェンジされ、FF化されたギャランΣに追加される形で発売されました。セダンとはボディタイプだけでなく、雰囲気もずいぶん異なりますので、まるで別の車種のような気がしてしまいますね。

 さて、このギャランΣハードトップ、カタログでは冒頭に「トップを知った男のハードトップ。」と、なにやらわかるようでわからない形容が使われている通り、いまいち方向性がよくわからないクルマでしたね。三菱曰く、「ノーブルな顔立ちを強調」し、「上品にコーディネイトしたエクステリア」の「風格あふれる斬新なスタイリング」で「磨きぬかれた高級感を全身で表現」したようです。

 確かに部分ごとに見るととても魅力的です。当時のFF車としては最大のボディサイズ、そして最強クラスの200PSターボエンジンを搭載し(当時の鉄仮面スカイラインターボが205PS)、ソアラに匹敵するような豪華な内装とエレクトロニクス装備等々・・・。とはいえ、全体として見るとなぜか前後のオーバーハングが異様に長くてアンバランスなクルマ見えてしまうんですよね。

 気のせいかもしれませんが、三菱車って上品さや高級感を演出すればするほど下品で安っぽく感じられてしまうんですよね。しかしながら三菱流の上品さや高級感に共感できる方にとっては逆にそれがたまらない魅力となり、このクルマも一部にはコアなファンがおられたようです。もっとも、最近では自社で「上品さや高級感」を演出することはなくなり、それらの要素が必要なクルマは他社から調達するようになりましたから、この感覚のギャップを感じることもなくなりましたね。

 ランエボも現行モデルが最後となるようで、またひとつ「三菱らしさ」が消えてしまいます。久しぶりにギャランΣハードトップの「コテコテ三菱流高級感」のスタイリングを見たら、なんだか少し寂しさを感じてしまいました。今や国内シェア最下位となっている三菱、「トップを知った男」はなかなか三菱を選ばなくなってしまったようですね。

ギャランΣハードトップVR(E15A型)
全長×全幅×全高 : 4660×1965×1375mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4OHCターボ 1997cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2014/05/05 14:16 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(6)

旧車・三菱・ランサー(LNHG/LKHG型他) 

140203a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年に三菱から発売された3代目ランサー(LNHG/LKHG型他)です。カタログで『新セダン類。』と表現されている通り、通常の独立したトランクを持つ4ドアセダンではなく、アテンザスポーツのような5ドアハッチのボディが採用されたクルマです。当時のギャラン同様、精悍な顔つきのなかなかカッコいいクルマでしたね。

 さて、このランサー、実は昔、転勤になってクルマが必要となったときに、事務所の先輩からタダであげてもいいと言われていたクルマです。なんでもクルマを買い替えるので下取り査定をしてもらったが、ほとんど値が付かなかったからとか。当時、それほど年数が経っているわけでもないのでおかしいなぁと思っていましたが、実車を見て納得しました。

 奥様がかなり運転のお上手な方だそうで、ボディのそこらじゅうが波打っています。それも不思議なことに、ボディの右側のほうに多く勲章が付いていたんです。「対向車とこすったんですか?」と先輩に尋ねたところ、なんと数々の勲章は「車庫入れ」で付いたもの。先輩も笑いながら「普通車庫入れでこするのなら左側だよね?どういうシチュエーションでこの傷が付いたのかは俺もわからん。」とのこと。世の中いろいろな才能をお持ちの方がおられるものだと感心した覚えがあります。たまに街中で両サイドにコーナーポールを立てているクルマを見かけますが、きっと先輩の奥様と同じような才能の持ち主が乗られているんでしょうね。せっかくの先輩のご厚意でしたが、このランサーは諦めました。

 ちなみにうちのデミオ、家族の要望で左端にコーナーポールを取り付けていますが、なんと右のドアにうっすらと縞模様が付いています。縞模様の相手はうちの車庫の柱。運転席ドアを柱が押さえつけている状態でSOSが入り、行ってみるとさらに柱に車体を押し付けるようなハンドル捌きをしています。すぐに運転を変わって何とか塗装面に擦り傷が付いただけで済みましたが、おそらくあと5分も悪戦苦闘していれば板金修理コースになっていたと思います。

 デミオの状態を見て、先輩の奥様がランサーをどのように操作していたのかがだいたい理解できました。その手の才能の持ち主は、パニックになるとさらに傷を大きくするように行動してしまうという特徴があるようです。晩飯のときに、ピンチになったらそれ以上クルマを動かさない、という取り決めをしましたが、果たしてどうなることやら。カッコ悪いけどうちも「両側コーナーポール仕様」にしないといけないのかなぁ~。

ランサー・SX SALOON(LNHG型)
全長×全幅×全高 : 4235×1670×1405mm
ホイールベース : 2455mm
車両重量 : 970kg
エンジン : 直4SOHC 1468cc 73PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/02/03 16:36 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(8)

旧車・三菱・シャリオ(D02/3/5/8W型) 

131230a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に三菱から発売された初代シャリオ(D02/3/5/8型)です。トレディアのシャシーを流用して造られた3列シートのRVで、パッと見の印象は着膨れした初代ミラージュのようなクルマでした。その成り立ちからも明らかなように、現在でもたまに見かける後のシャリオ・グランディスよりも一回り小さなクルマでしたね。

 さて、この初代シャリオ、前年に発売された日産プレーリーとともに乗用車感覚ミニバンの先駆けとされていますね。プレーリーのほうが1年早く発売されていますが、シャリオは1979年にモーターショーで発表されていました。ちょうどこんなタイプのクルマが世に出る時期だったんでしょうね。30年前の当時では画期的であった乗用車の車体をストレッチして3列ミニバンにするというこの手法も、初代オデッセイを初め同様の手法で大ヒットした数々のクルマ達により現在ではごく普通の存在となり、街にはこの流れを汲む形状のクルマが溢れています。HVもEVも画期的であったものが一般的となり、着せ替え自動車や自動運転車も世に出ようとしています。クルマの世界において、だんだん“画期的”の余地が少なくなってしまうのかもしれませんね。

 それが理由かどうかはわかりませんが、本日付の中日新聞の一面はトヨタが開発しているリハビリ支援ロボットに関する記事でした。何でも2015年に発売予定で、将来的には医療・介護分野での支援ロボットを自動車に次ぐ中心事業に育てたいとのこと。車輪が付いているかどうかに関わらず、“移動の足”という点ではとても筋が通っていますね。うちも介護で苦労した時期がありましたので、これらの技術の動向にはとても興味があります。介護する側も大変ですが、やがて私自身が介護される側になるでしょうから、その時には“自分の足”ぐらい確保しておきたいですものね。

 現在、自動車業界は一時期の危機的状況を脱し、かなり元気になってきているようです。魅力的な新型車も各社から発売され、納期が何ヶ月待ち、という車種もちょくちょく見かけるようになりました。クルマが世の中で必要とされなくなるような時代はそうそう来ないと思いますから、各メーカーには今以上に魅力的な新型車をどんどん世に出してほしいと思います。同時に、クルマ生産で培った技術を応用してクルマ以外の“画期的な足”もどんどん世に出して欲しいですね。

 ちなみに私の知人に、初代シャリオに今も乗られている方がいます。ボディに艶はほとんどありませんが、現在も普通に走っているようです。便利だけどなくてもあまり困らない“画期的”と、ないと困る“画期的”、クルマの世界では徐々に前者が増えてきているので、各社とも後者への移行を模索しているのかもしれませんね。

シャリオ・MT(D08W型)
全長×全幅×全高 : 4445×1640×1570mm
ホイールベース : 2630mm
車両重量 : 1230kg
エンジン : 直4OHC 1997cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/12/30 14:15 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(12)

旧車・三菱・ランサーフィオーレ(A155/156A型) 

120302a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年に三菱から発売されたランサーフィオーレ(A155/156A型)です。“ランサー”という車名は付けられていますが、ご覧の通りミラージュセダンの姉妹車で、ミラージュの特徴であるスーパーシフトも健在です。同時期にランサーEXも販売されており、こちらの方がランタボの影響で印象が強かったため、ランサーフィオーレは「花」というサブネームが付けられていたにも関わらず、「華」はなかったですね。

 さて、ちょっと印象の薄いこのランサーフィオーレですが、実は姉妹車のミラージュとともに国内初となる新技術が採用されていたクルマです。カタログでも“あっと驚く超低燃費”として紹介されていますが、このクルマには状況によって4気筒のうち2気筒を休止させる機能を持った1400オリオンMDエンジン搭載車が用意されていました。最近ではホンダがインスパイア等のV6エンジンで気筒休止を行っていますが、この機能が国内で初めて採用されたのが1.4Lの直4という小型エンジンだったというのはちょっと意外ですね。

 私はこのランサーフィオーレ及びミラージュの気筒休止エンジン搭載車には乗ったことがありませんのでその運転感覚はわかりませんが、後にMIVEC-MDという発展形が世に出されたものの、それっきりで現在は存在していないようです。おそらくあまり効果がなかった、もしくは何か欠点があったということだったのかもしれませんね。このオリオンMDエンジンについてよくご存知の方がおられましたら、その運転感覚等についてご教示頂けたら幸いです。

 ところで、このカタログには10モード燃費が20.0km/l、60km/h燃費が30.2km/lと記載されています。実際のところはどうだったんでしょうね?

 先日、「e燃費」というサイトを見てびっくりしました。このサイトには様々な車種のオーナーが投稿した実燃費の平均が掲載されており、カタログ燃費と実燃費の達成率なるものも記載されていました。

 それによるとエコカーの代名詞、現行型プリウスの実燃費は18.93km/lで達成率は49.81%、期待の新人アクアは実燃費19.79km/lで達成率49.47%。どちらも燃費性能が良いことは認めますが、達成率が50%にも満たないというのはちょっと問題のような気がしますね。状況によって期待する燃費性能が発揮できないことはもちろん誰もが考慮しますが、平均を取ると半分にも満たないというのは、明らかに誇大広告だと思います。ちなみに50%を割っているのはこの2車だけです。ハイブリット車特有の運転方法でないとカタログ燃費に近づけられないのならその“コツ”をカタログにわかりやすく明記すべきだと思いますし、そうでないのならカタログ燃費の算定方法を根本から改めなくてはならないと思います。どちらも販売台数が半端でないベストセラーカーなので、このまま達成率が50%未満という状況がずっと続くと、やがて大きな社会問題になってしまうかもしれませんね。

ランサー・フィオーレ1400EL(A156A型)
全長×全幅×全高 : 4105×1590×1350mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 820kg
エンジン : 直4OHC 1410cc 82PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/02 13:40 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(16)

旧車・三菱・ギャラン(E31/32/33/39A型) 

120127a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年に三菱から発売された6代目ギャラン(E31/32/33/39A型)です。いかにも三菱っぽい逆スラントノーズの精悍なフロントマスクが印象的で、カタログでも“インディビデュアル4ドア”という聞き慣れない外来語のキャッチコピーが使われている通り、個性的な存在でしたね。また皆様ご存知の通り、この代のギャランにはVR-4というスポーティーグレードが用意されており、4G63ターボエンジンが搭載された後のランエボの直接的な祖先としても有名ですね。

 さて、この6代目ギャラン、当時勤めていた会社の同僚に、VR-4ではありませんでしたが、このギャランに乗られていた方がいました。とても個性的な方で、カタログの言葉を使えば“<個>にこだわるインディビデュアリスト”そのもののような方でした。

 その彼、既婚で子供もおられたのですが、どういうわけか離婚され、マンションも子供も手離し、まだしばらく続く養育費の支払い義務を負いながら、ギャラン1台で再スタートを切るとのこと。なんでも田舎出身の彼と都内出身の奥様、価値観が合わなかったそうな・・・。

 その話を聞いたときには、ギャラン1台以外は全て奥様に渡してしまうとは、さすがインディビデュアリスト!と思ったものでした。

 ところが、それからあまり時間が経たないうちに、再婚したから挨拶に行くという連絡がありました。部署は違ったものの、同僚でしたが結婚式には呼ばれていませんし、結婚したという話も聞いていませんでした。

 夜、約束の居酒屋で待っていると、なんと彼はお腹の大きな新しい奥様を連れてきました。うーん、これって、“さすがインディビデュアリスト!”ではなく、価値観が合わないのでもなく、ただ彼が女癖悪かっただけではないのかな?ギャラン以外全て奥様に渡してしまったというのも、本来ならギャランも渡さなくてはならなかったけど、奥様がいらないと言っただけではないのかな?と余計な詮索をしてしまいました。もちろん頭の中で考えただけで口には出していませんが・・・。

 その日は、話題を選びながら無難な会話をし、何とか二人の前でボロを出すことなく過ごせてホッとした記憶があります。ちなみに彼、ギャラン1台で再スタートを切ると言っていましたが、その日の会話で、カローラに買い替えたと言っていました。

 <個>にこだわるインディビデュアリストが再スタートを誓ったはずの相棒、インディビデュアル4ドア・ギャランがあっという間に“できちゃった再婚男のカローラ”に・・・。まあギャランに罪はまったくないのですが、なんだか個人的にはとても好きだったこのギャランがかわいそうでした。

ギャラン・MX(E33A型)
全長×全幅×全高 : 4530×1695×1430mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1160kg
エンジン : 直4DOHC 1997cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/27 16:02 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(18)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。