旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・セドリック(H130型)でラリー 

120509a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120509a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120509a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 1968年5月号の『ニッサングラフ』という広報誌から、サファリラリーで活躍するセドリック(H130型)のご紹介です。セドリックでラリーと言ってもあまりピンときませんが、国産自動車黎明期の頃は、観音開きクラウンやH130型の先代であるH31型セドリックもラリーに参戦していました。ちなみにこの紙面で紹介されている第16回サファリラリーが、セドリックで参戦した最後のサファリラリーで、以降はブルーバード、フェアレディZ、バイオレット等へバトンタッチされていきました。

 それにしてもタイトルの通り“92台のなかの7台”しか完走できなかった過酷なラリーで、うち2台がセドリックというのも凄いですね。日産が“またも実証した世界最高水準の日産技術”と誇らしげに謳っているのも納得できてしまいます。セドリックからはあまり連想できない大きな前照灯やヘッドライトガードを装備して疾走する姿はなかなかカッコいいものですね。

 高級車セドリックといえども、このようにサファリラリーを走破するほどの基本性能を秘めているから、後にさらに過酷な『西部警察』シリーズのカーチェイス要員としても活躍できたんでしょうね。“カー・ブレーカー(車こわし)”と呼ばれるラリーでも完走できるようなセドリックを次々に破壊していった『西部警察』のアクションシーンはよほど過酷だったんでしょうね。


120509a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120509a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 さて、セドリックがサファリラリーで大活躍した1968年といえば、今から44年前。紙面をめくっていくと面白い記事が載っていました。初代ローレル発表会の様子を伝える記事で、なんと400勝投手の金田氏とホームラン王の王氏の姿が写っています。金田投手は確かスワローズ時代に350勝ぐらいあげておられたはずですから、「巨人軍の選手」として紹介されている当時はおそらく380勝か390勝ぐらいあげられていたスター中のスターだったはずです。その金田投手の手にはローレルのカタログが入っていると思われる紙袋が提げられています。なんだか現在と感覚が違いますね。

 当時のローレルは確かに現在の1800ccのクルマとは位置づけがかなり異なりますが、プロ野球のスター選手が興味を持たれるような特別な存在ではなかったような記憶があります。物価が異なるとはいえ、そもそも現在のように億単位の年俸を貰う選手なんていませんでしたからね。

 この広報誌が出されてから44年、その間にセドリック、ローレルはなくなり、プロ野球のスター選手はフェラーリに乗るようになりました。街に溢れているのはローレルと同じ1800ccのエンジンとハイブリットシステムが積まれたプリウス。世の中変わったものですね。

 話を戻してセドリックのラリー、現在のフーガが当時のセドリックのようにラリーで疾走する姿を見てみたいものですが、車体が大きくなりすぎたためにきっと無理でしょうね。ラリーの参戦車両って、各社相談したように徐々に下位車種に移行しているようですが、これって、すべてのクルマが大きくなっていくので、使いやすい大きさが自然と下位に移行しているんですよね。個人的にはラリーに限らず普段の生活でも同様だと思います。まあ、この先どうなっていくんでしょうね?


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/05/09 15:05 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・ダットサンサニー・フルオートマチック(B10型) 

100809a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100809a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100809a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100809a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100809a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1967年に日産から発売された初代サニー(B10型)のオートマチック車、ダットサン・サニー・フルオートマチックのカタログです。同時期にトヨタから発売されたカローラのトヨグライド車は2速ATでしたが、こちらはさすが技術の日産、クラス初の3速ATが搭載されています。
 この時代はまだATが一般的ではありませんでしたから、カローラもトヨグライド版のカタログが独立して発行されていましたし、サニーもこのようにAT版カタログが独立して発行されていました。
 カタログの文章だけを読んでいけばとても素晴らしいトランスミッションのように思えますが、実際にはそれほど良いものではなかったようですね。当時のATは“遅い、うるさい、燃費が悪い、値段が高い、壊れやすい”等、悪い面が何拍子も揃っていましたね。
 40年以上の時が過ぎた現在、ATの技術進歩はすさまじく、現行車のオートマチックトランスミッションは素晴らしいものばかりです。多段化が進み、コンピュータによって最適な制御が行われ、エンジンの性能がフルに引き出されるようになりました。さらにCVTという無段変速機や、デュアルクラッチトランスミッションも誕生しました。MT好きの私はもう完全に時代に取り残されてしまっています。

 今月私のアクセラは5年目の車検となります。車検を通すか買い換えるか、当初アテンザワゴンやギャランフォルティスに目を付けていたのですが、これらの車種からことごとくMTグレードが消滅してしまったので、結局車検を通すことにしました。おそらく7年目も、9年目も、事故らない限り車検を通し続けると思います。ここまで来たら思いっきり時代に取り残され続けるのも一興ですね。

 さて、ダットサン・サニーといえば、海外のドラッグレースで大活躍しているようですね。



 こういうのを見ていると、とても元気が出てきます。クルマって、いろんな楽しみ方があるんですね。

ダットサン・サニー1000 4ドアフルオートマチック(B10型)
全長×全幅×全高 : 3820×1445×1345mm
ホイールベース : 2280mm
車両重量 : 695kg
エンジン : 直4OHV 988cc 56PS
最高速度 : 130km/h

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/08/09 16:29 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・ブルーバードバン(V510型) 

100107a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100107a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1967年に日産から発売されたブルーバードバン(V510型)です。このカタログは一枚物の簡易的なものなのですが、限られた紙面の中にとてもユニークな文章で『ニュー・ブルーバード・バン』の特徴が余すことなく記載されてとても面白いです。表裏とも拡大画像を用意しましたので、ぜひご一読ください。
 510型ブルーバードは歴代ブルーバードの中でも大成功を収めたモデルのひとつですが、同時期にトヨタから発売されていたコロナと『BC戦争』と呼ばれる激しい販売合戦を繰り広げたことでも有名なモデルですね。
 『BC戦争』の激しさは商用車であるバンでもあからさまに感じられます。
 以下、カタログ文面から引用
 「荷室を見て・・・例えば30cmのダンボールなら横に4個も並び、コロナバンより1個多く積めます。」
 「商機を逃がさず・・・ご商売上手のあなたなら、ニュー・ブルーバードバンと他車との大きな差がきっとおわかりいただけるはずです。コロナバンをしのぐ高出力、経済的な燃費、ブルーバード、ダットサン商業車で立証ずみの耐久性・・・」
 いやはや、なんとも露骨な表現のオンパレードです。ライバル車名をそのまま出し、「コロナバンを選ぶなど言語道断、ちょっとおかしいんじゃないの!」とでも言いたげな表現ばかりです。
 最近では新型プリウスのカタログで、ホンダ・インサイトを想定したハイブリット車を、二人乗り自転車の絵でこき下ろしていた表現が少々問題となりましたが、このブルーバードバンの露骨さは新型プリウスなどまったく比ではありませんね。きっと今こんなセールスコピーを配布したら大問題となることでしょう。

 現代の自動車カタログはCGや合成写真等を駆使して視覚的にとても素晴らしいものばかりですが、昔のカタログも広報担当者が知恵を絞った素晴らしい文章で商品説明がされているので読んでいて面白いですね。

『ご商売熱心なあなたにとくにご試乗頂きたいのです』などと書かれたら、試乗しない方は『ご商売熱心でない』方になってしまいますものね。

ダットサン・ブルーバードバン・デラックス(V510型)
全長×全幅×全高 : 4115×1560×1440mm
ホイールベース : 2420mm
車両重量 : 945kg
エンジン : 直4OHC 1296cc 72PS
最高速度 : 140km/h

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/01/07 16:19 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(0)

旧車・日産・ダットサン・キャブライト(A220型) 

091218a01.jpg
(画像クリックで拡大)

091218a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1964年に日産から発売された3代目ダットサン・キャブライト(A220型)です。1958年に初代キャブライトが誕生し、A20型、A120型、そしてこのA220型と進化してきましたが、1968年に発売されたA320型からは名称が「キャブスター」となりましたので、「キャブライト」としてはこれが最後の車です。
 このカタログは写真ではなくイラストで描かれたものですが、整備されたばかりの高速道路を背景に19型テレビジョンを満載して新型キャブライトに乗っている笑顔の3人を見ていると、当時の日本がいかに希望に満ちた状況であったのかがわかりますね。この3代目キャブライトが発売された1964年というのは東京オリンピックが開催された年であり、白黒テレビジョンの普及率が90%に達しようとしていた頃でした。まだまだほとんどの人々が貧しかった頃ですが、皆が欲しい物を手に入れるためにがむしゃらに働いていましたね。
 あの頃のほうが良かったなどという気は毛頭ありませんが、最近は「欲しい物」というのがあまりありませんね。もちろん新型マークXが欲しい、ロードスターが欲しい、と言い出せば切りがないですが、別にそれらがなくても困りません。農業をしていると、食べ物に困るということも特にありません。ファッションにもこだわりがなく、趣味が「自動車カタログの蒐集」という生活をしていると、まったくお金を使わない日というのも結構あります。こんな人間ばかりになってしまうとますます経済が停滞してしまいますね。

ダットサン・キャブライト・標準型トラック(A220型)
全長×全幅×全高 : 3840×1608×1710mm
荷台寸法 : 2020×1492mm
車両重量 : 890kg
最大積載量 : 1000kg
エンジン : 直4OHV 1046cc 40PS
最高速度 : 90km/h

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/12/18 12:44 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(2)

旧車・日産・キャブオール(C140型) 

090828a01.jpg

090828a02.jpg

090828a03.jpg

090828a04.jpg

 1960年に日産から発売された中型トラック・キャブオール(C140型)です。初代(C40型)は1957年に発売されました。このカタログはマイナーチェンジされて登場したC140型からフロントデザインが少し変更されたC141型のもので、おそらく1962年頃のモデルだと思われます。
 初代キャブオール(C40型)は、日産初のキャブオーバー型トラックとして、先日ご紹介したジュニアのシャーシー・エンジンを使って造られました。現在トラックといえばこのようなキャブオーバー型が主流ですが、もともとはジュニアのようなボンネット型トラックが主流でした。
 さて、この現在一般的なキャブオーバー型という形、最初は1955年にプリンス自動車(当時は富士精密工業)が「画期的なアンダーシート・エンジン・システム」として誕生させたものです。エンジンの上に運転席を配置することで、車体の全長を変えずに荷室スペースが拡大できるというメリットがありました。ジュニアは全長4660mmで荷台長が2310mm、キャブオールは全長4610mmで荷台長3095mmですから、かなりの差がありますね。
 狭くゴチャゴチャした道路が多いうえに車体の寸法規制も厳しい日本において、この効率的なキャブオーバー型という形はとても好まれ、徐々にトラック=キャブオーバー型というようになっていきました。
 ちなみにキャブオーバー型トラックが一般的なのは日本とヨーロッパで、アメリカでは現在もトラックといえばボンネット型が一般的です。アメ車というのは乗用車もデカイですけど、トラックはさらにデカイですからね。
 同じシャーシー、同じエンジンといってもキャブオールとジュニアはまったく異なるトラックです。効率という観点から見ればキャブオールなのでしょうが、個人的にはジュニアの方が好きですね。

日産・キャブオール・2トン積・標準型トラック(C141型)
全長×全幅×全高 : 4610×1675×1990mm
ホイールベース : 2390mm
車両重量 : 1520kg
エンジン : 直4OHV 1883cc 85PS
最高速度 : 110km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/08/28 16:18 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。