旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・1960年代後半のラインナップ 

100601a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100601a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100601a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100601a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100601a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1960年代後半にスズキから発売されていたクルマのラインナップです。このカタログは1966年の東京モーターショーで配布されていたもの。どのクルマも愛嬌があって可愛らしいスタイルをしていますね。さすが『小さなクルマ、大きな未来』のスズキだけあって、この中の小さなクルマ達には大きな未来がありましたが、一番大きなフロンテ800デラックスには大きな未来がありませんでした。軽自動車メーカーだったスズキが小型車に参入しようとして1965年に発売したフロンテ800でしたが、他社の小型大衆車との競争に勝つことができず、1969年に生産終了、一旦小型車から撤退することになりました。この後、1983年にカルタスを発売するまでは軽自動車専業メーカーとして、『軽ナンバーワンのスズキ』を確立していくことになります。
 それにしても3.0m×1.3mの枠内にも関わらず、いろんなボディスタイルが展開されていますね。スズライトフロンテで一家四人がピクニックに興じている写真がありますが、この子達が中学生ぐらいになったら家族揃ってのピクニックはちょっと厳しそうです。まあその頃には声をかけても一緒に来てくれないから問題ないですが。

 さて、この時代の軽自動車を見るといつも疑問に思うのですが、軽トラの最大積載量ってこの頃も現在と同じ350kgなんですよね。このカタログに載っているスズキキャリイと現在のキャリイは名前こそ同じですがまったく別物です。最大出力21PS、最高速度75km/hの軽トラでも350kg、48PS・100km/h余裕で出せる現在のキャリイも350kg。どちらが妥当な積載量なのかは分かりませんが、軽トラの最大積載量っていったいどういう根拠で決められているんでしょうね。
 それに高速道路の最高速度も不思議ですよね。ちょっと前に軽自動車も100km/hになりましたが、それ以前は80km/hでした。しかしながらこのカタログによるとクルマ自体が75km/hしか出せません。当時の法定最高速度ってどうやって決められたんでしょうね。現在でこそ『制限』速度となっていますが、当時の車からするとまったく『制限』されていませんね。
 安全な車社会を実現するために様々な法規制がありますが、それらの法規制は元を辿ると意外とあまり根拠のないものが多いのかもしれませんね。
 現在、自動車が大きく変わろうとしていますが、それを取り巻く様々な法規制も時代に則して柔軟に対応していかなくてはなりませんね。

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

☆Expansion images and unpublishing images have been opend to the public on “Old Car Catalog Collection(Web Version)”☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2010/06/01 14:20 ] 1960年代スズキ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。