旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スバル・インプレッサ(GC型) 

120611a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にスバルから発売された初代インプレッサのハードトップセダン(GC型)です。20年前に発売されたとはいえ、このモデルは2000年まで販売されていましたからまだ街中でもよく見かけますね。インプレッサといえば高性能なWRXの存在感が極めて大きいですが、このカタログで紹介されているノーマルモデルの地味なスタイルも個人的にはとても好きです。

 さて、この初代インプレッサ、下位グレードのCFなどはまるで銀行の営業車のように地味な小型セダンに見えますが、初代レガシィと共通部分が多く、レガシィの小型版ともいえるクルマです。ライバルの三菱ランサー同様、この手のクルマの廉価グレードって内容を考えるととてもお買い得なんですよね。

 ちなみに同時期のインプレッサやランサーと競合するはずのカローラ、メーカーの規模が大きいだけあってグレード展開のバリエーションが豊富で、営業車用の廉価グレードにはしっかりと4速MTや3速ATといった廉価グレード用トランスミッションまで用意してくれているんです。まあユーザーにとってはあまり嬉しくない配慮ですね。

 上級車種のパーツをアレンジしてお手頃サイズにまとめるというインプレッサの成り立ちは現在も同様で、現行型インプレッサもレガシィを始めとする上級車種のパーツをうまくまとめてとてもよいクルマに仕上がっていますね。個人的には現行型インプレッサのG4は現在販売されている国産車の中で大きさ、価格、内容等を含めてもっともバランスが取れた良いクルマではないかと思っているほどです。あの内容で150万円台(1,554,000円)のグレードがあるんですものね。スバルって大したメーカーだ、と感心しながらスバルのホームページを見ていると、ルクラとかいうOEMの軽自動車にはインプレッサよりも高い価格(1,555,000円)が付いています。やっぱりスバルって大したメーカーだ、と改めて感心してしまいます。クルマの価格というのは電気料金と同じぐらいよくわからないものですね。

-----以下、ちょっと独り言-----

 今日で震災から1年と3ヶ月が過ぎました。未だ全然復旧の見通しが立っていない諸問題が山積している状況ですが、直接被災していない人々の意識の中ではすでに風化が始まっているような気がしてなりません。巨大地震による津波で街が消滅し、「絶対安全な原発」が爆発する様子を我々はリアルタイムにこの眼で見ました。巨大な竜巻が発生して住宅が基礎ごとひっくり返ってしまう場面もこの眼で見ました。また、国内の災害ではありませんが、10年ちょっと前にはアメリカで高層ビルにジェット旅客機が突っ込む様子もリアルタイムでこの眼で見ました。どれも常識で考えれば「想定外」ですが、その「想定外」の出来事が現実に起きていますから、「想定外」という言葉はもはや使ってはいけないんですよね。

 そもそも「想定」している災害が起きるのなら誰も被害には遭いません。「想定外」の災害だから被害が発生するのだと思います。高層ビルの建設でも、ボーイング767が突っ込んでも大丈夫なように、なんて設計されていなかったと思います。ゆえに、我々一人ひとりの防災に対する考え方も、「安全性が確認された耐震住宅だから安心」という感覚ではなく、どんな耐震住宅に住んでいようとも「危険性を認識して」常に防災を意識する必要がありますね。大きな被害に遭ってから「想定外」だったから・・・、なんて後悔しても遅いですからね。

-----独り言、終わり-----

インプレッサ・ハードトップセダン・1.5CX(GC1型)
全長×全幅×全高 : 4350×1690×1405mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : SOHC水平対抗4気筒 1493cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/06/11 17:26 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(6)

旧型車・スバル・レガシィB4(BE型) 

110419a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110419a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にスバルから発売された3代目レガシィのセダンタイプ、レガシィB4(BE型)です。レガシィといえば1989年の初代登場以来、スバルの看板車種として人気を博してきましたが、ツーリングワゴンの存在感がとてつもなく大きく、セダンはどちらかと言えば影が薄い存在でした。しかしこの3代目からはセダンに“B4”というサブネームが与えられ、以降、レガシィB4はスポーティセダンの代表的な車種として、ツーリングワゴンに劣らぬ存在感を保ちながら現在に至っていますね。

 発売当初のラインナップはターボのRSKとNAのRSのみ。どちらも“ようこそ、4WDスポーツの世界へ。”というB4誕生のキャッチフレーズとともに“4つのドアをもったプレミアムスポーツ”という形で用意されました。ピカイチの性能を誇りながらもこれ見よがしな大きな羽根やど派手なエアロパーツで固められているわけではなく、年配の方が乗られてもまったく違和感のないちょっと控えめなスタイルは、とても好感が持てますね。個人的にもとても好きなクルマの一台です。

 さて、このレガシィB4、3代目の大きな特徴のひとつに、5ナンバー枠に収まっていたという点があります。全長4605mm、全幅1695mmというサイズは、当時すでに3ナンバーが珍しくない時期にあっては、大きな特徴であると同時に、大きな魅力でもありました。現行レガシィがずいぶん大きくなってしまったことについては、いろいろと言われましたがまあ時代の流れということで仕方のないことなのでしょう。
 しかしながら、旧型レガシィからの買い替えで、新型レガシィを選ばずにインプレッサ・アネシスを選ばれる方が多いという話を聞きました。レガシィの大型化はもちろんいろいろな理由があってのことだと思いますが、昨今のダウンサイジング志向の流れは大震災によって更に拍車がかかると思われます。
 かつてのシビックの役割をフィットが担うようになったので、大型化したシビックは国内のラインナップから消滅、という事例が最近ありましたが、レガシィにはそのような方向へ進んでほしくないものですね。

 何はともあれ、このレガシィB4、クルマ好きを惹きつける魅力に溢れた素晴らしいクルマでしたね。質実剛健ながらピリリと辛味の効いたスポーティセダン、そういえばこのカタログに載っているRSKのボディカラーは、“マスタード・マイカ”という名称だそうです。ボディカラーにまで辛味を付けるとは、さすがスバル、やることが徹底していますね。

レガシィB4・RSK(BE5型)
全長×全幅×全高 : 4605×1695×1410mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1440kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/19 14:37 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(2)

旧型車・スバル・フォレスター(SF9/SF5型) 

101214a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101214a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101214a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101214a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101214a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101214a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1997年にスバルから発売された初代フォレスター(SF9/SF5型)です。このフォレスターを初めて見たとき、2代目レオーネ・ワゴンの姿が脳裏に浮かび、自分の中のスバルのイメージそのままを形にしたようなクルマだと感じたものでした。
 現行の3代目フォレスターはずいぶんと貫禄のあるSUVになったとはいえ、まだ一目見てスバルのフォレスターだと認識できる程度にはスバルらしさは残っていますね。先日マイナーチェンジされて新世代ボクサーエンジンが初めて搭載されたことで話題になっていますが、これからもどんどん煮詰めていって素晴らしいフォレスター像を構築していってほしいものです。
 
 さて、人によって『スバルらしさ』というものは異なるものと前置きしたうえで自分の中の『スバルらしさ』を言うと、先ほど書いたように2代目レオーネ・ワゴンのように、『ちょっと車高の高い無骨な4WDのステーションワゴン、もちろん水平対向エンジン搭載』というような感じです。初代フォレスターはまさにぴったりなクルマでした。
 現在のラインナップを見ても、今やスバルのイメージリーダーとなっているレガシィやインプレッサはもちろんのこと、ミニバンであるエクシーガやSUV色を強めた現行フォレスター等、ステーションワゴンに限らずそれぞれにスバルらしさを持っていて魅力的なクルマばかりですね。
 
 ところが先日発売されたトレジアや2008年に発売されたデックス、他社からのOEM車なので仕方がないとはいえ、スバルの六連星マークが付いていると違和感ありありですね。トレジアやデックスを見ていると、なぜか『タンスにゴンゴン』のCMに出ている沢口靖子さんを思い出してしまいます。あのCMは『沢口靖子』という清純派美形女優のイメージと役柄のギャップを売りにしたCMです。まさかスバルが六連星が最も似合わないであろうbBやラクティスに六連星を付けて受けを狙ったとは思いませんが、個性的なメーカーゆえに他社と共通のクルマをラインナップに入れることはなかなか難しいものですね。

 トヨタと共同で開発を進めているFT-86、トヨタの中でも飛びぬけて強烈な個性を持っている『ハチロク』のイメージと自動車メーカーの中でもかなり個性的なクルマ造りをしている『スバル』のイメージ、双方損なうことなく両メーカーにとって看板車種となるような形で市販できるといいですね。FT-86はトヨタファン、スバルファン、そしてスポーツカーファンがとても楽しみにしているクルマですから。

フォレスター4WD・T/tb(SF5型)
全長×全幅×全高 : 4450×1735×1580mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1420kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1944cc 240PS





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/12/14 12:01 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(2)

旧車・スバル・インプレッサWRX(GF/GC型) 

100513a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にスバルから発売された初代インプレッサ(GF/GC型)です。このカタログは1999年に発行された最終型WRXのものなので、STiバージョンも6となった段階のものです。人気車種ですから現在でもよく街で見かけますね。
 WRCでの活躍もあり、ランエボと並んで世界中で根強い人気を誇っているジャパニーズ高性能スポーツカーです。『バランスで抜き去る。』『OVER 7000rpmで聴く歌。』『シフトアップのたびに、リミットまで回してみたくなる。』等、現在主流のエコカーとは正反対の言葉ばかりが並んでいるので、読んでいてとても面白いですね。
 スバル・インプレッサと三菱・ランエボ、スバルと三菱がWRCから撤退した現在でも、それぞれにお互いまったく譲らず高性能路線を突き進んでいます。どちらもとっても濃いキャラクターなので、双方が熱烈なマニアに支持されていますね。この二台、どの時代のものでもとてもカッコいいです。
 
 さて、現在はエコカーブームの真っ只中。今も双方が高性能バトルを繰り拡げているといっても、クルマ社会全体から見ると、これらに興味を持っている人間はかなり少数派です。インプレッサやランエボをカリカリチューンしてクルマ談義に花を咲かせている方々はオタクとして見られて女性から敬遠されることもあるそうですね。特にこのスバル・インプレッサはオタク度合いが高いと巷では評判です。
 でもそれほど熱烈なマニアが生まれるクルマって素晴らしいですね。インプレッサとランエボ、販売台数がどれだけ少なくなろうとも、これからもずっと今の濃いキャラクターを続けていって欲しいものです。

 シビック・タイプRは今夏販売終了とのこと、マツダのRX-8も欧州では販売終了がアナウンスされていますから、国内販売もいつまでされるかわかりません。エコカーの対極にあるこれらのクルマはやっぱり存続が難しいのかもしれませんね。
 しかしいくら少数派となろうとも、これらのクルマに興味を持つマニアは必ず存在しています。受注生産という形であっても販売を続けて欲しいものですね。

 2009年度、国内販売台数トップのプリウスは277,485台販売されました。軽を除いて考えると、2位のフィットが173,154台なので、ダントツの販売台数ですね。ちなみにスバル全車(軽以外)の国内販売台数は80,542台、愛するマツダは170,772台なので、スバルとマツダの全てを合わせてもプリウスの台数に届きません。大トヨタ全体では1,524,865台と流石に多いですが、あれだけ豊富なラインナップを揃えているトヨタの中でも、プリウス率が18%もあります。
 いくらエコカー減税の効果やエコカーブームがあるとはいえ、この状況はちょっと異常ですね。プリウスが売れているからといって各社一斉にプリウス化するのではなく、このインプレッサのように、コアなファンを抱えた車種はぜひその濃いキャラクターをひとつの「文化」として捉え、独自路線を貫いて欲しいものですね。多種多様なクルマがあってこそクルマ社会全体が面白いのですから。

インプレッサ・WRX Type R STi Version 6(GF-GC8型)
全長×全幅×全高 : 4350×1405×1800mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 280PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/05/13 17:54 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。