旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・アコードワゴン(CE1型) 

150125a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にホンダから発売された2代目アコードワゴン(CE1型)です。カタログにも記載されている通り、『ワゴンの本場アメリカという絶好の環境のなか、アメリカ人開発者の自由で大らかな発想』から生まれた生粋のメイド・イン・USA車種であり、米国で生産されたものが国内で輸入販売されていました。

 さて、このアコードワゴン、国内ではかなりの人気車種だったことは皆様ご記憶にあると思います。一般的に海外現地法人にて開発、生産された車種を輸入して国内販売すると不人気車になるケースが多いですが、このクルマは稀な事例でしたね。当時、知人でこの型のアコードワゴンに乗られていた方が、自宅駐車場で盗難に遭ってしまいました。幸い保険に入っていたようで、また同じクルマを購入したようですが、盗難に遭うのも人気車種だからこそですね。きっと同時期のトヨタ・セプターなら盗難に遭わなかったと思います。

 ところで、この型のアコードワゴンは派手なエアロパーツで着飾っておられるオーナーさんがとても多かったような記憶があります。人気車種だから数多くのパーツが販売されたのか、数多くのパーツがあるから人気車種になったのかはわかりませんが、おそらく双方の条件が良い方向へ重なって絶大な人気を勝ち得ることになったんでしょうね。個人的には、ぬめっと垂れ下がっているように感じられるお尻があまり好みではありませんでした。もっとも、その部分がこのアコードワゴンの魅力でもありましたから、人気車種となる秘訣というのはわからないものですね。

 2代目アコードワゴンの時代からさらに時は進み、グローバル経済の度合いも当時とは比較にならないぐらい大きなものになってきました。人、物、金、情報がいとも簡単に世界中を駆け巡り、グローバル企業だけでなく、個人レベルでも簡単に国境を越えられるような時代になりました。私のラジコン仲間は近所の模型店で部品を購入するのと同じ感覚で海外の模型メーカーに部品を発注し、航空便で受け取っています。海外アーティストの楽曲をネット経由で家にいながらにして購入することなどいまどきは高校生でもまったく珍しい行為ではありません。

 しかしながら、いくら国境を越えることがごく普通のことになったといえども、国境の向こう側の人々は言葉も異なれば文化も習慣も異なります。クルマの輸出入が上手くできるからといって文化や習慣の輸出入ができるわけではありません。誰もが手軽に全世界に向けて情報発信できる時代だからこそ、その情報を受け取った側がどんな感情を持つのかということもしっかりと考えて日々の行動を行いたいものですね。

アコードワゴン・2.2Vi(CE1型)
全長×全幅×全高 : 4770×1780×1455mm
ホイールベース : 2715mm
車両重量 : 1370kg
エンジン : 直4SOHC 2156cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


スポンサーサイト
[ 2015/01/25 15:25 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)

旧型車・原付バイクいろいろ 

141127a01.jpg

141127a02.jpg

141127a03.jpg

141127a04.jpg

141127a05.jpg

 今回ご紹介するのは、90年代に発売され、2007年までホンダやヤマハから発売されていた原付バイクいろいろです。上からヤマハ・RZ50、ホンダ・マグナ50、ベンリィ50S、ベンリィCL50(これは生産終了がもう少し早かったはず)です。50ccの原付バイクとはいえ、それぞれなかなかカッコよくていい味出していますね。

 さて、冒頭で2007年まで発売されていたと書きましたが、これらのちょっとカッコいい原付バイクはほとんどが2007年の排ガス規制強化によって生産終了となりました。私が現在乗っているホンダのXR50モタードという原付も、2005年に発売され、2007年にこれらと同時に生産終了となっています。そして現在国内4メーカーから発売されている、いわゆるマニュアル原付と呼ばれているものは、FI化して排ガス規制に対応したホンダのエイプとモンキーの2車種のみ。寂しい時代になってしまいました。

 まあ原付を含めて二輪車の販売台数というのは80年代をピークにずっと減少を続けていましたから、排ガス規制をきっかけに一気に車種整理をしてしまったというところでしょうね。とはいえ、いくら少子化が進んでいるといっても、少なからずバイクに興味を持っている子達もいるでしょうから、彼らには最初から選択肢がないというのもちょっとかわいそうな気がしますね。

 原付ラインナップがここまで悲惨な状況となっている一方、オーバー750ccがホンダだけで15車種、オーバー400ccが13車種となっています。つまり原付免許で乗れるのは2車種、大型自動二輪免許が必要なのは28車種ということです。ホンダ以外もほぼこのような逆ピラミッド型のラインナップ構成になっているようです。大型自動二輪免許が教習所で取得できるようになってからバイクメーカー各社のラインナップは極端になってきましたね。

 各メーカーともに80年代のバイクブームを経験した層をリターンライダーとして必死に取り込もうとしており、それはそれは魅力的な大型バイクばかりが揃っています。実際、大型バイクに限って言えば販売台数も徐々に増えてきているようですね。

 ここで誰もが疑問に感じるところですが、では果たして現在リターンライダーとしてターゲットにされている中高年が高齢となり、バイクを引退したらその先は誰がターゲットとなるのでしょう。ただでさえ少子化なのに新たにバイクに興味を持つ子はほとんどいません。最初から興味を持っていないから再び興味を持つこともありません。昨今よく「持続可能」なる言葉が使われますが、6年生が卒業したら新しい1年生が入ってくるので「持続可能」となるわけで、新一年生が入ってこなければ廃校です。

 バイクにとても強い興味がありながら未だに自動二輪免許を取得していない私は、いわば何十年も1年生で留年を続けている状態です。本来なら豊富な大型ラインナップの中で選択に困るような状態にあるはずの年齢ですが、とうとう教科書も与えられない状態となってしまいました。勉強を続けるには先輩のお古を探してこなければなりません。まあ私自身は先輩のお古がまっさらだったときも知っていますからあまり抵抗はないですが、新一年生はやっぱり新品の教科書で勉強したいものですよね。この先、どうなることやら。

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/11/27 16:55 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(11)

旧型車・ホンダ・HR-V(GH1/2型) 

140711a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にホンダから発売されたHR-V(GH1/2型)です。当時ホンダが提唱していた「J・ムーバー」なる概念に沿ったクルマの第2弾として、トールワゴンのキャパに続いて世に出されたロゴベースのSUVライクなクルマでした。ちなみに、「J・ムーバー」とは、オデッセイ、ステップワゴン、S-MX、CR-Vからなる「生活創造車」で新たな生活の形を提案した次の段階として、「Small is Smart」を念頭に置いた、楽しさ(Joyful)を創造するコンパクトなクルマとのことらしいです。次々とクルマを販売し続けるためにはメーカーももっともらしい口実を考えなくてはならないので大変ですね。

 さて、このHR-V、個人的には運転しやすくて使い勝手も良く、初代オデッセイ等よりもずっと良いクルマだと思っていたのですが、私見とは裏腹にあまり販売は芳しくなかったようですね。このカタログは発売時のものなので3ドアモデルしか載っていませんが、HR-Vは後に5ドアモデルが追加され、さらにモデル後半には3ドアモデルが廃止という、ちょっと変わった運命を辿りました。このクルマのキャラクターとして3ドアモデルがもっともまとまっていると思っていましたので、3ドアモデルが廃止された時にはちょっとホンダの営業戦略に疑問を感じたものでした。このクルマ、発売時の3ドアモデルと生産終了時の5ドアモデルとではずいぶん印象が違うんですよね。

 HR-Vは新型が出ることなくこの代で消滅してしまいましたが、現在ホンダから発売されている新型SUVのヴェゼルが米国ではHR-Vとして販売されるようですね。HR-VはロゴベースのSUV、ヴェゼルはフィットベースのSUVですから成り立ちは同じようなものだとはいえ、両者のキャラクターはずいぶん異なるように感じられます。HR-Vは今までにないJoyfulを持ったコンパクトなクルマとして開発されたクルマ、ヴェゼルはSUVやクーペ、ミニバンそれぞれの良いところを融合させることをコンセプトとして開発されたクルマ、コンセプトが違うとクルマのイメージもずいぶん違いますね。

 ホンダに限らず、新型車が世に出されるときには先代のキープコンセプトであったり、新しい価値観を前面に出したものであったり、複数の要素を融合させたり、またはある要素に特化したりと、それぞれにテーマを持って開発されます。それらのテーマは時代背景に大きく左右されているようですが、クルマの歴史もこれだけ長くなってくると、びっくりするような目新しさを感じることは少なくなってきました。もうじきヤマハがかなりカッコいい125ccの3輪スクーターを発売するようですが、自動車メーカーもそれに匹敵するような新たなテーマを提案してほしいものですね。

HR-V・J(GH1型)
全長×全幅×全高 : 3995×1695×1590mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4SOHC 1590cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/07/11 10:37 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(6)

旧車・ホンダ・インテグラ(DC1/2型、DB6/7/8/9型) 

131028a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年にホンダから発売された3代目インテグラ(DC1/2型、DB6/7/8/9型)です。プロジェクター4灯ヘッドライトが特徴的でしたが、少々不評だったようで2年後のマイナーチェンジでごく普通のホンダ顔に変更されてしまいましたね。まだごく最近のクルマのような気がしますが、もう発売から20年経っているんですね。とはいえ、この代のインテグラの場合、2001年まで生産が続けられましたから、まだ街中でちょくちょく見かけますね。

 さて、この3代目インテグラ、現在でも街でよく見かけるのはやはりモデル途中で「タイプR」が設定されたからだと思います。もともとスポーティなクルマですが、「タイプR」のような象徴的なモデルが設定されると、タイプRだけでなく他のモデルも人気が出て後々まで大切に扱われるようになるんですよね。

 本来このクラスの国産車で、タイプRのような特殊なグレードでないクルマなら、15年、20年落ちで走行距離10万キロ以上というような状態だとまず価格が付きません。でもこのインテグラ、中古車市場ではそのような状態のものでもそこそこいい値段が付いています。結局、人気の高いクルマはオーナーが変わっても10年後、20年後、さらにもっと後まで大切に扱われ、そうでないクルマはまだ十分乗れる状態であっても国内から消滅していくようですね。

 インテグラ・タイプRやランエボ、GT-R等、燃費は悪いですが1台世に出せばそれが何十年も大切に「クルマ」として扱われます。結果として大量に売りさばかれ、エコ替えを繰り返されるエコカーよりもそれらの人気車種のほうがエコなのかもしれませんね。

 自動車税制見直しの議論がチラホラ聞かれるようになり、近々抜本的な変更があるかもしれませんが、おそらくどんどん買い替えを促すような税制になっていくと思います。新品の鉛筆を最初に一度削り、芯が丸くなってきたら再度削ることなく次の新品の鉛筆を削るような消費行動が一般的になってくると、鉛筆メーカーは最初の1cmしか芯が入っていない鉛筆を販売するようになるかもしれません。現実に今のスマホやタブレットは5年、10年と使い続けることは想定されていないような気がします。クルマはそのような性格の製品にはなってほしくないものですね。

インテグラ・3ドアクーペ・SiVTEC(DC2型)
全長×全幅×全高 : 4380×1695×1335mm
ホイールベース : 2570mm
車両重量 : 1100kg
エンジン : 直4DOHC 1797cc 180PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/10/28 10:06 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)

旧車・ホンダ・プレリュード(BA8/9/BB4/1型) 

130427a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 このところちょっと面白くないことがありましたが、それでもしつこく、細々とマイペースで更新をしていこうと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 1992年にホンダから発売された4代目プレリュード(BA8/9/BB4/1型)です。スペシャリティカーとしてのプレリュードの絶頂期は2代目、3代目あたりまででしたので、この4代目はどちらかというと斜陽期のプレリュードでしたね。スポーティクーペとしてはかなりすばらしいクルマだったと思いますが、当時の時代背景、及び顧客がプレリュードに求めていたものとのズレが影響して、先代までほどのインパクトはありませんでしたね。

 さて、この4代目プレリュード、当時、個人的にはプレリュードというより、ホンダ版のフェアレディZ(Z32型)のような印象を持っていました。あの時代に発表されたクルマの多くはバブル期に設計され、発売がバブル崩壊後というパターンが多かったので、株価の目減りによる財布の紐の締め付け(逆資産効果)にも関わらずメーカーは高級品を発表するという、ちょっとお寒い状況が続いていましたね。

 今振り返って考えてみると、クーペ不振が理由でその後、各社のラインナップからクーペが消滅していったのではなく、たまたま趣味性の高いクーペにはその設計にバブルの反映度合いが高く、崩壊後にはその「バブルの着膨れ感」が余計に感じられていたからではないかと思うようになりました。

 この4代目プレリュードを見て日産のZ32が連想されてしまっていたのは、全体の雰囲気が似ているという点ももちろんありますが、自分の中ではZ32はバブリースポーツカーの代表格だったからなんですね。もっともさらにバブリーなNSXというスーパーカーもありましたが、あまりNSXを見る機会がなかったので連想もされませんでした。

 最近連日新聞やニュースを賑わしている「アベノミクス」、今のところ好調に推移しているようで、正月に100万円分の株式を持っていた方は何もせずとも今140万円分ぐらいになっているようですね。百貨店の売り上げも好調のようで、何でも高額品が売れているとのこと。何にもしなくても40万円増えたからヴィトンのバッグでも買おうか、という方が増えているんでしょうね。これがまさしく「資産効果」と呼ばれるもの。資産効果にしても逆資産効果にしても、その株式の所有者は何もしていないんですよね。それでも財布の紐を締め付けたり緩めたり。

 どうも私には自分が何もしていなくても自分の資産が増えたり減ったりするという感覚に付いていけません。根っから百姓の私は地道に苗を植えて「アベノミクス」とは関係なく野菜を収穫しようと思っています。

プレリュード・Si VTEC(BB4型)
全長×全幅×全高 : 4440×1765×1290mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 2156cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/04/27 14:26 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。