旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・アベニール(W10型) 

150713a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された初代アベニール(W10型)です。当時そこそこ人気があったプリメーラのワゴンに当たりますが、セダンの新しい方向性を感じさせていたプリメーラとは違って、なんだかいかにもライトバン然とした平凡なステーションワゴンでしたね。CMのキャッチコピーでも『スポーツカーの次に来るもの。』などといかにも新たな時代への提案を強調していましたが、スポーツカーの次に来るものが商用ライトバンもラインナップしているボディタイプのステーションワゴンだとちょっとがっかりですね。

 さて、この初代アベニール、多くの方が上記のように思ったのかどうかはわかりませんが、後のマイナーチェンジ時にはワゴンモデルのみスタイルを大幅に変え、商用バンとの差別化を図ることとなりました。当時、サリューというサブネームが付いたり消えたりと、スタイル同様、アベニール自体の立ち位置がなんとなくふらふらしていたような気がしましたね。

 そんな、個人的にはあまり良い印象を持っていなかった初代アベニールですが、私の知人に今も初代のずんぐりしたアベニールに乗られている方がいます。それもワゴンではなく、ライトバンのほうにです。うちにちょくちょく来てくださる80近くになるおばあさんなのですが、今までは彼女のクルマなどまったく気にもしておらず、ずっと古いADバンだと思っていました。先日、スイカを持ってきてくださったときに何気なく間近でクルマを見たら、アベニールとのロゴが目に留まり、初めてアベニールのバンだと気付きました。「あっ、これ、アベニールだったんだ」、「わからんけどニッサンだわ」。クルマについての会話はこれで終わりました。

 農業をしておられる方で、自宅と畑が離れているから道具一式を常に車に積んでおられるとのこと。当然後部座席はずっと倒されたままで、荷室スペースはかなり汚いです。しかし、そのときに初めて初代アベニールのずんぐりしたスタイルがカッコいいと思い、スポーツカーの次にこれが来てもいいかなとも思ってしまいました。機能をフル活用されている状態のクルマってとてもカッコよく感じてしまうものですね。ちなみに彼女、いつも野良着で畑仕事をしていますが、すごい豪邸に住んでおられ、旦那さんは大きな会社を経営されている方です。たまに近所のスーパーでバッタリ会ったりしますが、そのときにはお互いのカゴの中に、たいてい半額シールが貼られた同じ刺身が入っています。目玉商品がさらに半額になるタイミングを狙って行くから時間帯と買うものがかぶってしまうんですよね。

 先日、年金額が少ないからと不満を漏らし、新幹線で焼身自殺し、何の関係もない他人まで死なせてしまったという事件がありました。その人物の姉曰く、田舎に帰って畑仕事はしたくないと言って都会に留まっていたとのこと。考え方は人それぞれですから人のことをとやかく言うつもりはありませんが、なんだかやりきれない気分ですね。年金額が少ない、生活保護費が少ない、給料が少ない、ボーナスが少ない、果ては株価が下がった、もう生きていけない、どうしてくれるんだ!国内でも、中国でも、ギリシャでも、不平不満のオンパレード。いったいどの部分の歯車が狂ってしまっているんでしょうね。

アベニール タイプ2.0si:(PW10型)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1490mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2015/07/13 20:07 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)

旧型車・日産・スカイラインGT-R(BCNR33型) 

150107a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

     - - - - - - -

 1995年に日産から発売されたスカイラインGT-R(BCNR33型)です。まだまだ新しいクルマだと思っていましたが、1995年1月発売ということは、ちょうど33型GT-Rが世に出て20年になるんですね。オヤジ世代になるとあっという間に1年が過ぎてしまいますが、このGT-Rが世に出た年に生まれた子が来週成人式を迎えると思うと、なんだか複雑な気持ちになってしまいますね。

 さて、この33型GT-R、実は私は街で見かけたことは何度もありますが、一度も実車に乗ったことがありませんし、間近でじっくり見たこともありません。32型と34型は知人が乗っていたのでほんの少し乗ったことはありますが、33型に乗っている知人はいなかったんですよね。巷では32型に比べて大型化したのでどうのこうのと言われていたようでしたが、本当のところはどうなんでしょうね。もっとも、このレベルになってしまうとおそらく私が運転したところで『マイナス21秒ロマン』など感じることはないでしょうからどうでもよいことですが・・・。

 そういえばこのGT-Rの頃から、ニュルブルクリンクでのタイムがどれだけということが高性能の証であるように言われ始めましたね。ポルシェが何秒、GT-Rが何秒等々、きっとすごいことなんだと思ってはいても、ニュルブルクリンクがどんなところなのかまったく知らない私にはいまいちピンと来ずに今日まで至っています。ちなみに、あのタイムというのはドライバーは皆同じ方が運転しているんでしょうかね?恥ずかしながらもし私がGT-Rでニュルを走ったとしても、F1ドライバーが運転する軽トラに負けると思います。今でも時速100キロを超えると頭の中でキンコンキンコン鳴り出してしまうんですよね。

 20年前に、32型GT-Rと比べて21秒速い7分59秒というタイムを記録して、『マイナス21秒ロマン』というキャッチフレーズができましたが、現在の日産GT-Rが記録した最速タイムは7分8秒とのことだそうです。ここで『マイナス51秒のロマン』を感じられる方って、いったいどれぐらいおられるんでしょう?少なくとも私自身はこれらのタイムにまったくロマンを感じることができません。当時500万円前後という超高額車だったGT-Rはデフレ下の失われた20年だったにも関わらず現在は1000万円前後の超々高額車となりました。『マイナス51秒のロマン』を実感するためにはお金がかかるようですね。


スカイラインGT-R(BCNR33型)
全長×全幅×全高 : 4675×1780×1360mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1530kg

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/01/07 17:22 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・ローレル(C34型) 

131128a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に日産から発売された7代目ローレル(C34型)です。高級感を前面に出したメダリスト系とスポーティなクラブS系の2本立てで登場し、メダリスト系には現在の感覚ではレクサスマークにしか見えない立派なL字オーナメントがフードマスコットとして光り輝いていました。ローレルの誇らしげなL字マークを見ると、最近話題になったスカイラインにインフィニティバッジがどうのこうのという問題なんてほんの些細なことに感じてしまいますね。なんといっても日産ローレルにはメーカーの枠を超えて高級感溢れる「レクサスバッジ」が付いていたのですから。

 さて、この7代目ローレル、全体的に控えめなスタイルではありましたが、走りは結構強烈でしたね。とはいえ、その気持ちのよい走りと引き換えに燃費の悪さはかなりのものでしたが・・・。昔このローレルに乗られていた知人がリッター6km、7kmという実燃費をずいぶん嘆いていました。よく彼の運転するローレルに乗せていただいたことがありましたが、燃費の悪さは彼の運転方法にも関係しているのではないか?と常々思いつつ、仕事の関係があった方なのいつも彼の運転及びローレルを褒めまくっていました。

 当時、シーマやセルシオが既に存在していた時期だったとはいえ、ローレルは立派な高級車。私自身、買おうと考えたことすらない手の届かない“大きなクルマ”でしたが、最近街で塗装の剥げかけたC34型ローレルを見ると、とても平べったい小さなクルマに見えてしまいます。このローレル、3ナンバーサイズになったとはいえ、全長で1cm、全幅で2cm5ナンバー枠からはみ出ているだけなんですよね。ほんの20年ほどの間で人間の感覚ってずいぶん変わってしまうものだと改めて実感してしまいます。

 同様に、これからの20年でもずいぶん感覚が変わるんでしょうね。東京モーターショーではまた新たなコンセプトカーがたくさん発表されました。燃料電池車や自動運転車が珍しくない存在となり、前1人、後ろ2人レイアウトのグライダーやハンドルのない電動コミューターが街中を走っている時代、きっとクルマやバイクだけでなく鉄道、自転車、徒歩も含めて、道路自体が高度で複雑な『交通システム』になっているんでしょうね。もしそのような時代になっても私の体が健康な状態であるならば、そんな『交通システム』の中をジャガイモをいっぱい積んだ一輪車(これも自転車と同じく“軽車両”です)を押しながら泥だらけの長靴で歩いてみたいものです。

ローレル・25メダリストVターボ(GC34型)
全長×全幅×全高 : 4710×1720×1380mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1410kg
エンジン : 直6DOHCツインカムターボ 2498cc 235PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/11/28 15:53 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・シルビア(S14型) 

130902a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に日産から発売された6代目シルビア(S14型)です。20年前に発売され、15年前には生産終了になっているクルマにも関わらず、一部のマニアの間では現在も(当時より)非常に人気が高く、年式を考えたら信じられないような価格が付けられた中古車も存在していますね。大人気だったS13型シルビアとは対照的に、「失敗作」とのレッテルを貼られていたS14型でしたが、先のことはわからないものですね。

 さて、このS14型シルビア、言うまでもなく当時の不人気の理由はそのデザインと3ナンバー化されたボディサイズ。デザインについてはマイナーチェンジ時に別物かと思われるほど大胆な変更を施し、サイズについては、次のS15型で5ナンバーに戻してしまいましたね。涙ぐましい努力の結果、S15型ではそれなりにシルビア人気が回復しましたが、さらに大きなスポーツカー不人気の波に飲み込まれ、シルビアは消滅してしまいましたね。86&BRZの話題に必ず付いて回るシルビア復活の噂、果たしてどうなるんでしょうね?

 現在たまに街で見かけるS14型シルビアはちょっと下品な姿になっている車体が多く、ノーマルの美しさを保った姿はなかなかお目にかかることができませんが、改めてカタログ画像を見てみると、当時感じた「ぬべぇ~」とした印象はあまりなく、結構落ち着いた大人のクーペに見えますね。特にリア部分は当時のローレルとそっくりなので、まるでローレルクーペのようにも感じられます。このS14型、デートカーはデートカーでも頭の中が煩悩いっぱいの若者御用達ではなく、子育ても一区切り付いた大人のデートに似合うクルマというのが本来の姿だったのかもしれませんね。

 今改めてカタログを見てみるとそんな考えをすることもできますが、時既に遅し、現存するシルビアはドリドリ仕様ばかり。大人のデートに使おうものなら熟年離婚のきっかけとなってしまいます。先日自宅上空を何機ものヘリが飛びまわっていたので何事かと思えば、翌日の朝刊に近所の高速道路で起きた死亡事故の写真が大きく載っていました。シルビアは任意保険料が高いことで有名なクルマですが、どんなスポーツカーでも任意保険料は他のファミリーカーと同じ、という状況でスポーツカーと付き合っていきたいものですね。

シルビア・K's(S14型)

全長×全幅×全高 : 4500×1730×1295mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1220kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1998cc 220PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/09/02 13:34 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)

旧車・日産・NXクーペ(B13型) 

130612_01.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_02.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_03.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_04.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_05.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売されたNXクーペ(B13型)です。CGを多用したとてもインパクトのあるテレビCMが流されていましたが、日本での販売状況は極めて悪かったようですね。きっと日産社内には、「タイムマシンかもしれない」NXクーペに乗ってもう一度開発前の時間に戻りたいと考えた方もおられたかもしれませんね。個人的には、先代であるサニーRZ-1がとても好きでしたので、このNXクーペのスタイルには非常に幻滅しました。

 さて、このNXクーペ、CMも斬新でしたがカタログも斬新です。普通のカタログは表紙から始まって裏表紙で終わるのですが、このカタログはどちらも表紙で、真ん中に仕様表が来ています。さらにご丁寧に双方の表紙から始まる頁は上下逆になっており、黄色の表紙から頁をめくると途中で「赤い表紙へワープ!」、赤い表紙から頁をめくると途中で「黄色い表紙へワープ!」という、カタログ上でも「タイムマシンによるワープ」を演出しています。この記事ではあえて黄色の表紙からワープせずに順番に頁を並べましたので、途中から上下逆になっていて見づらいかもしれませんが、ご了承を。

 はっきり言ってカタログでのこの演出は迷惑千万で、カタログを見る購入検討者のことをまったく考えていない、メーカーのエゴだったと思います。NXクーペの販売が芳しくなかった原因はそのスタイルだけでなく、当時のそんな日産の姿勢にもあったのかもしれませんね。

 ところで、このNXクーペが実際にタイムマシンだったのかどうかはわかりませんし、タイムマシンなるものが実在するのかどうかも私にはわかりません。しかしながら自分の脳内で、自分が生きてきた過去の時間内に限って、タイムマシンによる時空間移動を想像することは可能ですね。

 例えばNXクーペが発売された1990年に今私が乗っているアクセラが発売されていたらどんなふうに見えたのだろう?とか、90年と言えばハイパワー競争が絶頂の頃でしたから、あの年にミラ・イースが発売されていたらどんな反響があったのだろう?とか・・・。

 複雑怪奇で激動の時代が続いていますが、たまに脳内で過去にタイムスリップして、過去の視点で現在を見てみるのも新鮮でいいかもしれませんね。振り返って考えてみると、昔からずっとその時々にいつも「現在は激動の時代」と言われていたような気がします。「現在は静かで安定した時代」と言われていた時期を、少なくとも私が生きてきた時代の中では思い出せないんですよね。きっと時代はいつも激動していますが、その激動が自分に有利か不利かで捉え方が異なるんでしょうね。

NXクーペ・Type S(HB13型)
全長×全幅×全高 : 4140×1680×1310mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/12 17:06 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。