旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・セリカ(T230/231型) 

160121_01.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_02.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_03.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_04.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_05.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年にトヨタから発売された7代目セリカ(T230/231型)です。先代よりも少しダウンサイジングされ、かなり特徴的なヘッドライトを備えて登場しました。発表直後はこのヘッドライト形状にとても違和感を感じていましたが、この手の縦長つり目形状は最近の車種でとてもよく見かけますね。そのせいか、たまに街中でこのセリカを見かけてもまったく古さを感じません。まあ、実際まだ比較的新しいクルマですしね。

 さて、1970年代にスペシャリティカーの元祖として登場し、若者を中心としたクルマ好きから代々人気を博していたセリカも、折からのスポーツカー不遇の時代には抗うことができず、この代をもってひとまず打ち止めとなってしまいました。流行というのは恐ろしいもので、人気がなくなるといくら価格を下げてもまったく売れないようですね。このセリカ、ベースグレードは1.8Lで168万円という、かなりのバーゲンプライスでした。さらにテレビCMで「そろそろ買い替えモードじゃない?新しいトヨタに」なんてバンバン煽っていましたがやっぱり売れず、セリカは生産終了。

 セリカを始めスープラ、MR-S、レビン等、一通りスポーツカーがすべてなくなってしまったら、今度はスポーツカー待望論が出て、お待ちかねの86が登場。あると誰も買ってくれないけれどないと欲しいという、消費者もなかなかわがままなものですね。そんなわがままな消費者を相手にしなくてはならないから自動車メーカーも大変です。「そろそろ買い替えモードじゃない?」なんていう控え目なお伺いCMはやめて、もっと直接的に「エコ替え!」と言い出しました。そのCMの是非はともかくとして、エコカー補助金の効果もあり3代目プリウスを始めハイブリットカーがバカ売れ状態。そして満を持して新型プリウスを発表したらなんと計画の8倍も受注してしまい、工場で働いてくれる方が足りません。さあ、困った困った、というのが現在の愛知県です。

 私の感覚では99年に発売されたこのセリカも、86も、先代プリウスもまだまだ新型車種なのですが、世の中の回転は速いものですね。見事にトヨタのCMが功を奏しているようです。200万円のクルマを15年間乗り続ける人が取得にかけるコストは200万円、一方、200万円のクルマを5年乗って下取り100万、追い金100万で買い替える方は15年で倍の400万円コストをかけることになります。まあこんな単純な計算通りにはならないかもしれませんが、現代のクルマは丈夫ですから15年乗り続けても5年ごとに買い替えてもそれほど維持費は変わらないと思います。

 一億総活躍して皆が「買い替えモード」になると経済成長するのかもしれませんが、個人的には買い替え頻度を半分にしてもよいので、活躍も半分にしたいと考えてしまいます。私は根が怠け者なので、できるだけ楽することを考えてしまうんですよね。

 そういえば、先日農家仲間で旅行へ行ってきました。その中には、私の同級生のお父さんがおられます。彼が言うには、息子さん(私の同級生)が実家へ戻って農業を継ぎたいと言っているとのことです。そのお宅は弟さんが継がれているので、「もうお前が帰ってくるところはない」と断ったそうですが、その話を聞いてなんだか複雑な気持ちになってしまいました。彼は東大出で、現在某メガバンクに勤めており、ちょっと前までニューヨークにいたエリート中のエリートです。以前同窓会で会ったときにはそんなことを考えているようには思えませんでしたが、きっといろいろと嫌なことがあるんでしょうね。

 どんどん活躍してどんどん稼いで、それで本人が幸せならそうすれば良いと思いますが、もう稼げなくてもいいから活躍したくない、なんて多くの方が腹の中で考えているような状態での一億総活躍であるのなら、ちょっと軌道修正が必要かもしれませんね。購入して15年経ったクルマでもテカテカに磨いて大切に乗っておられる方って、次々に新型車を乗り換えている方よりも豊かに見えてしまうのは私だけなのかな。まあ考え方は人それぞれですからね。

セリカ・SS-Ⅱ(T231型)
全長×全幅×全高 : 4335×1735×1305㎜
ホイールベース : 2600㎜
車両重量 : 1120㎏
エンジン : 直4DOHC 1795㏄ 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2016/01/22 17:30 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(2)

旧型車・トヨタ・カムリ(V40型) 

150411a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売された5代目カムリ(V40型)です。北米でベストセラーになっている現在の大きなカムリと同じ車名を名乗っているのが信じられないぐらいコンパクトで控えめなセダンですね。この代は国内専用カムリとしての最終型で、このカムリが販売されていた期間に途中から世界標準のカムリがカムリ・グラシアとして併売されることとなりましたから、歴代カムリの中でもちょっと影が薄い存在でしたね。

 さて、この5代目カムリ、当時うちにありました。亡くなった父が最後に乗っていたのがこのカムリでした。病気を患い、大きな手術をした後に、それまで乗っていたクラウンから何を思ったのか、このコンパクトなカムリに乗り換えました。世間体と見栄を重要視する戦前生まれの典型的な『田舎の』重鎮だった父はずっとセドリックやクラウンを乗り換えていましたが、長い入院生活でいろいろと考え方が変わったように感じられました。

 数年後、病気が再発して今度は手術をしてもダメでしたので、このカムリに乗っていた期間はそれほど長くありませんでしたが、亡くなる数ヶ月前にこれに乗って家族で北陸のほうへ旅行へ行き、千里浜なぎさドライブウェイを走ったことはとても懐かしい思い出です。旅行へ行った時にはまだ美味しく物を食べることができ、お酒も飲むことができる状態でしたので、氷見の美味しい魚をたらふく堪能してもらうことができました。思い立ったときにすぐ行動しておかないと、次の機会はないかもしれないということを、この旅行を思い出すたびに実感します。

 ちょっと話がずれてしまいました。このカムリ、うちにあったのは1.8Lのグレードでしたが、とても車両感覚が掴みやすくて運転しやすいクルマでした。まるで教科書に載っているかのような典型的なセダンスタイル、パワーは必要十分で乗り心地は当時のトヨタ車そのもの、車格の割には大きな室内空間とトランクルーム、非の打ち所もない一方、取り立てて強調する点もないクルマでしたね。クルマに存在感がない分、そのクルマに乗って行ったところやドライブ中に話したことなどの記憶が鮮明に残っていますから、それこそがこのクルマのいちばんの魅力かもしれませんね。

 国産車の黎明期からとっかえひっかえクルマを乗り換えてきた父が最後に選んだのはごくごく普通のオーソドックスなクルマ。今でこそダウンサイジングという言葉はあまり抵抗のないものになっていますが、当時は、特に田舎では少なからず抵抗があったに違いありません。以前別の記事で書いたことがあるかもしれませんが、うちで法事をやると見栄っ張りの親戚連中が乗り付けてくる高級車がずらりと並びます。そしてご先祖様の供養そっちのけで自慢大会。父は最後に自分の行動で、ああいう馬鹿者どもは相手にするな、と教えてくれたような気がします。

カムリ・ルミエール(SV40型)
全長×全幅×全高 : 4625×1410×1695mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/04/11 11:30 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(7)

旧型車・トヨタ・クレスタ(X90型) 

141006a01.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a02.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a03.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a04.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a05.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売された4代目クレスタ(X90型)です。この代から3ナンバーのワイドボディ仕様となり、初めて実車を見たときにはずいぶんボテッとしていると感じたものでした。しかしながらそれから20年以上が過ぎ、さらにボリューム感満点のクルマばかりとなった現在、たまにこのクレスタを街で見かけるととても華奢に見えてしまいます。人間の感覚は相対的にしか物事を捉えられないものなんですね。

 さて、この90型クレスタ、当時取引先の会社の方が営業車として乗られていたので、たまに運転させていただくことがありました。とはいえそのクレスタはディーゼルのグレードでしたので、運転感覚が特に印象に残っていることもなく、ただただ「フツーの大きなクルマ」としか思っていませんでした。それからしばらく時が経ち、車検の代車として廃車間際の90型マーク2のツアラーVに乗る機会がありました。姉妹車でほとんど同じようなクルマのはずなのにエンジンが異なるとこれほどクルマの印象が変わってくるものなのかとびっくりした記憶があります。もっとも、個人的にはクレスタクラスのクルマにツアラーVグレードのエンジンなんて必要なのだろうかと感じ、クルマのキャラクターとしてはディーゼルのほうが合っているような気がしました。ディーゼルといっても、さらに一昔前の2.2Lディーゼルのように悲しくなるようなトロさは感じませんでしたし・・・。

 クレスタに限らず、昔も今もほとんどのクルマで異なるエンジンを載せた様々なグレードが用意されています。そしてユーザーは自分の用途にもっとも合っていると思われるグレードを選択します。ディーゼルのクレスタに乗られていた取引先の方は北陸の小さな会社の専務さんで、自社商品の売り込みのために日本全国を飛び回っておられる方でした。私が運転させていただいた時、まだ新しかったにも関わらず既にオドメーターは10万キロを超えており、彼の移動距離に驚いたものです。そのような用途にはディーゼルグレードが最適だったんでしょうね。

 最近また国会が始まって偉い方々が『世のため人のため』にいろいろと議論しているようです。アベノミクスがどうこう、消費税がどうこう、地方創生がどうこう、毎度毎度同じようなことばかり延々と言い合っていますね。まあ頭の良い偉い方々ですからきっと素晴らしいビジョンを思い描いておられることと思います。とはいえ一つ気になっていることは、なんだかツアラーVのグレードしか選択肢がない世の中に向かいつつあるように思えてなりません。ツアラーVのツインターボエンジンは、クレスタのラインナップの中でもっとも高回転、高出力、そしてプレミアムガソリンをもっとも多く消費します。

 そして皆様ご存知の通り、この代や次の代のツアラーVはドリフト族にとても人気が高いクルマです。ドリフトの語源って確か「漂流」でしたよね。人々が高速回転して、高いアウトプットを生み出し、銭をどんどん循環させた結果として、行き着く先が「漂流」ということにならないように、自分自身のコンパスはきちんと持っていたいものですね。


クレスタ・シュフィール(LX90型)
全長×全幅×全高 : 4750×1750×1390mm
ホイールベース : 2730mm
車両重量 : 1380kg
エンジン : 直4OHCディーゼル・ターボ 2446cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/10/06 12:12 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)

旧型車・トヨタ・カレン(ST206/207型) 

140618_01.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_02.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_03.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_04.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_05.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売されたカレン(ST206/207型)です。前年に発売された6代目セリカの姉妹車、というより、北米向けセリカクーペの日本版、というクルマでした。6代目セリカにはカリーナEDとコロナ・エクシヴという姉妹車もありましたが、それら姉妹車群の中でも一際存在感が薄く、「トヨタ・カレン」と聞いてもピンと来ない方がずいぶん多いかもしれませんね。

 さて、このカレン、つい先日近所のスーパーの駐車場で見かけました。オーナーさんがずいぶん大切に扱っているようで、現行車かと思うほど外観はピカピカ、ボディの色褪せもまったく感じられず、タイヤもコーティングしているのか、黒光りしているような状態でした。初めはそのクルマがカレンだとはわからず、今のトヨタにこんなカッコいいクルマってあったかな~と思ってしまったほどでした。

 まだ比較的新しいクルマだとはいえ、98年に生産終了となっているということは、もっとも新しくても既に16年落ちです。ピカピカのカレンを見て、そのオーナーさんのカレンへの愛情を感じるとともに、なぜこんな状態のクルマが様々な制度によって買い替えを促されなくてはならないのかと、常々思っている怒りにも似た感情がふつふつと沸き立ってきました。

 それにしても、販売されていた当時で既にマイナー車のレッテルが貼られていたクルマが、時代を超えてピカピカの状態で目の前に現れると、なんだか不思議なオーラを発しているように感じられますね。当時ベストセラーだったクルマでもこれだけの年数が経つとピカピカの状態で見られるのはかなり稀なことです。先日見かけたカレンのオーナーさん、きっと「珍しいクルマに乗っている」ということに快感を感じるタイプの方かもしれませんね。あれほどの状態のカレンが最近のクルマの中に混じって存在していると、カレンの存在を知っている方でも「トヨタ・カレン」だと認識できず、不人気車だったという過去などどこかへ消え去って、「カッコいいクーペ」にしか見えません。人間の感覚っていい加減なものですね。

 今回のカレンの件でつくづく実感しましたが、ちょっと我々の身の回り、時間の流れが速すぎるような気がします。経済の流れを促すには物のライフサイクルをさらに短くし、金の流れを速めなくてはなりません。物のライフサイクルの短縮化に限界があるのであれば、今度は物を回転させずに金を回転させなくてはなりません。ということで現在では携帯やパソコンのゲームの中で課金がされたり、さらにはカジノ云々なんて言っていますね。その昔、任天堂のゲームウォッチで巨大タコの足を避けながら海底の宝を取ってくるというものがありましたが、海底での動きを速めるウェットスーツを200円で販売、なんて発想は当時ありませんでした。なんだか現代のビジネスって派手で最先端なように見えますが、実際はあってもなくてもまったく困らないものが大半を占めているような気がしますね。時を経ても変わらぬ輝きを放っていたカレンを見て、ちょっといろいろと考え事をしてしまいました。ちなみにカレンという車名は「current」、つまり「現代の」という意味から付けられているそうです。先日見たカレンはまさしく由来どおりの「カレン」でした。

カレン・ZS(ST206型)
全長×全幅×全高 : 4490×1750×1310mm
ホイールベース : 2535mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 180PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/06/18 16:07 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)

旧型車・トヨタ・RAV4(SXA10G型) 

140605a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売された初代RAV4(SXA10G型)です。現在とても人気のある「クロスオーバーSUV」というジャンルが国内で市民権を得るきっかけとなったクルマでしたね。パジェロやサーフのように本格的なオフローダーというわけではなく、あくまでも乗用車ベースで少々腰を高くしてちょっとした悪路走破性も備えたお手軽四駆的な性格が幅広い層に受け入れられ、今や各社からこの手のクルマが次々に世に出され、中でもスズキのハスラーは大人気車種となっているようです。

 さて、この初代RAV4、初めて実車を見たときには、まだ見慣れていないジャンルのクルマだったからか、なんだかチョロQのように見えてしまいました。同じようなショートボディでもパジェロだと立派な四駆に見えるのですが、このRAV4は愛らしいおもちゃのように見えてしまうんですよね。構造的には立派な4WDシステムが装備され、かなりのオフロード性能も持ち合わせていたようですが、愛嬌のある外見から、またキムタクさんがCMキャラクターを務められていたことも手伝っておしゃれなイメージが見事に浸透していきましたね。

 RAV4登場の翌年にはホンダから似たような性格のCR-Vが発売され、この手のクルマが一気に一般化していきました。今やRAV4、CR-Vのみならず、エクストレイル、CX-5、フォレスター等、各メーカーから魅力的なクロスオーバーSUVが発売され、この手のクルマが好きな方にはとても嬉しい状況となってきました。各車それぞれがモデルチェンジの度に大きくなっていきましたが、彗星のごとく現れた軽のハスラーがしっかりダウンサイジング組もカバーし、なかなか熾烈な顧客獲得競争を繰り広げていますね。

 おかげでかつて四駆ブームの時代、街にあれほど溢れていたパジェロやサーフ等の本格四駆車はほとんど見かけることはなくなり、今や四駆といえばこれらクロスオーバーSUVのイメージです。とはいえ、街で見かけるこの手のクルマのうち、4WD車はいったいどれぐらいの割合なんでしょう。ほとんどの車種はFFと4WDのラインナップがあり、売れ筋グレードはFF車だと聞いたことがあります。昔の四駆ブームの時と同様、結局は大部分の方がファッションとしてこの手のクルマを選んでいるんでしょうね。新しくてピカピカのうちだけ乗り、3年後、5年後の車検時には買い替えをしてしまうというオーナーが多い日本においては、この手のクルマの性能をフルに堪能しているのは年式落ちの中古を格安で購入し、少々の擦り傷やへこみも気にせずにアウトドアライフの相棒として活用されている方なのかもしれませんね。

RAV4J(SXA10G型)
全長×全幅×全高 : 3695×1695×1655mm
ホイールベース : 2200mm
車両重量 : 1150kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/06/05 17:03 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。