旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・シグマ(F13A/F15A/F17A型) 

151103a01.jpg
(画像クリックで拡大)

151103a02.jpg
(画像クリックで拡大)

151103a03.jpg
(画像クリックで拡大)

151103a04.jpg
(画像クリックで拡大)

151103a05.jpg
(画像クリックで拡大)

151103a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に三菱から発売されたシグマ(F13A/F15A/F17A型)です。シグマという名称は従来ギャランのサブネームとして使われてきましたが、このクルマに限って言えばギャランとは独立したセダンであり、ディアマンテの姉妹車にあたります。ハードトップボディのディアマンテに対してセダンボディのシグマ、という位置づけでしたが、ディアマンテに比べてずいぶん存在感が薄かったですね。いや、存在感が薄いというよりも、存在そのものがあまり知られていなかったような気もしますね。「三菱シグマ」と聞いてこのクルマがすぐに頭に浮かぶ方っていったいどれぐらいおられるんでしょうね。

 さて、この三菱シグマ、とても影の薄いクルマでしたが、これでも四半世紀前にはディアマンテとともに(ついでに?)日本カーオブザイヤーに選ばれているんですよね。売れたかどうかは別として、ここまで影の薄いカーオブザイヤー受賞車というのも珍しいですね。限定1000台のランエボ・ファイナルエディションが完売した時点で三菱のセダンはひとまずなくなってしまいました。現在三菱ブランドとして販売されているセダンは日産のシーマとフーガのみ。ほんの四半世紀の間にずいぶん変わってしまったものですね。1990年といえばバブル経済最後の年、その後日本は「失われた20年」と呼ばれる時代に突入していくわけですが、三菱のセダンも「失われて」しまいましたね。

 失われたものがある一方、新たに生まれたものもたくさんありましたね。ウインドウズ、インターネット、携帯電話、スマホ、ネットショップ等々、またクルマの世界ではナビ、ETC、ハイブリット車、EV、FCV、さらには自動運転技術等々。新しい技術によって様々な分野でより便利に、効率的に、そして「人手を煩わせることなく」快適な生活ができるようになってきました。すさまじいスピードでそれらの技術が普及していくので、我々は安価に最新技術の恩恵を受けることができるようになりました。

 ほとんどの分野で「人手が不要」になっていくので、それらの仕組みを作る側とそれらの仕組みを利用する「だけ」の側には大きな隔たりができてきました。この隔たりを世間では「格差」と呼んでいるようです。誰もが仕組みを作る側に回ろうと血眼になっており、2番ではなく1番でなくては意味がない社会がグローバル規模で広がってきているようです。「地球儀を俯瞰する」と、地球上を覆い尽くそうとしている既存の仕組みを全否定し、新たな仕組みを形成しようとしている勢力が様々な地域でテロと呼ばれる活動を起こしているようです。

 三菱シグマが(ついでに)カーオブザイヤーを受賞してからの四半世紀でこれだけ変わってきたのですから、これから四半世紀経った後にはもっと変わっているでしょうね。その変わりようが我々の望む姿なのかどうかは誰にも予想できないことですが、どんな姿になろうとも我々は飯を食ってトイレで出して、夜は布団でぐっすり眠らないと生きていけませんので、最低限、それらは誰もができる状態であってほしいものですね。もっとも、誰もがこの最低限の営みを確保することって、実はとっても難しいことなんですけどね。

三菱・シグマ・30R-SE(E-F17A型)
全長×全幅×全高 : 4740×1775×1425㎜
ホイールベース : 2720㎜
車両重量 : 1600㎏
エンジン : V6DOHC 2972㏄ 210PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2015/11/03 10:59 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(2)

旧型車・三菱・レグナム(EA1W/EC5W型他) 

150906a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に三菱から発売されたレグナム(EA1W/EC5W型他)です。同時期に登場した8代目ギャランのステーションワゴン版で、ギャラン同様、精悍な顔つきをしており、当時そこそこ人気があった車種だったような記憶があります。個人的にはとてもカッコいいクルマだと思っていましたが、その後のGDIの不具合やリコール問題等で徐々に影が薄くなっていき、中古車市場に流れてからは同クラスのワゴンの中でかなり格安に販売されるケースが多くなっていたようですね。

 さて、このレグナム、2002年8月に生産終了となっていますから最終モデルでも13年落ちとなっており、現在街中で走っているものや中古車屋で販売されているものはすべて自動車税が割増しとなるクルマです。まだ新しいクルマのような気がしていましたが、13年って意外とすぐに経ってしまうものですね。そういえば私のアクセラも現在11年目に突入、13年経過も目前ですが、これと言って不具合もなければ調子が悪いと感じたこともありません。

 中古車サイトでレグナムを検索してみると、1.8Lモデルはほとんど諸経費のみのような金額、V6ツインターボのVR-4でも物によってはとても安価な車両が簡単に見つけられます。もちろん前オーナーがどんな使い方をしたのかはわかりませんし、車庫が屋根付きだったかどうかだけでも年数が経つと状態に大きな差が付くようですので、それなりにリスクはあると思います。しかしながら、ある程度の知識と見る目がある方ならば、割増し自動車税を考慮に入れてもあまりお金をかけずに快適なカーライフを送ることが可能かもしれませんね。

 このところ世界的に株価が不安定な状態になっており、アベノミクスの終焉だなんだと週刊誌が面白おかしく書いているようです。アベノミクスの是非は置いておくとして、その説明でよく言われていた「トリクルダウン」(いわゆる、お金持ちがお金を使えば下々までその恩恵がしたたり落ちる、というやつですね)について思うところがあります。アベノミクスが想定していた「お金のトリクルダウン」がうまく機能しているのかどうかはわかりませんが、昨今の急速な技術進歩によって「技術のトリクルダウン」は確実に機能していますね。

 走行3万キロに満たないレグナムが一桁万円で販売されていますし、アマゾンでは著作権の切れた文学作品をスマホで読みやすい形式のファイルにして無料で配信してくれるし、GYAOでは見逃しドラマを配信してくれるから『花咲舞』を見るためにレコーダーを買わなくても済むし、Windows10はタダだし(先日アップグレードしました)・・・。「最底辺」である私のところにはなかなかお金はトリクルダウンしてきませんが、「技術のトリクルダウン」を享受して何とか毎日を過ごしています。株価のように思惑で激しく上下するものに依存するトリクルダウンよりも、しっかりと蓄積されたものが下流へしたたり落ちてくるもののほうが確実ですからね。「技術のトリクルダウン」、身近なところにたくさんあるようですよ。

レグナム VR-4 type S(EC5W型)

全長×全幅×全高 : 4740×1760×1470㎜
ホイールベース : 2635㎜
車両重量 : 1570㎏
エンジン : V6 DOHC 2498㏄ 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/09/06 16:34 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(6)

旧型車・三菱・ミラージュ(CA4A/3A/1A型他) 

150213a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された4代目ミラージュ(CA4A/3A/1A型他)です。精悍な顔つきでミニギャランを思わせる先代のスタイルから一変し、丸みを帯びたかわいらしいデザインになりました。当時のテレビCMでは、チィ兄ちゃんと呼ばれていた頃の福山雅治さんとまだあどけなさが残っている深津絵里さんがイメージキャラクターとなっており、そのあまりのさわやかカップルぶりに羨ましさを通り越して不自然さすら感じたものでした。それにしてもあのお二人、あれから20年以上経っているのに相変わらずさわやかですね。

 さて、この4代目ミラージュ、キーコンセプトは『ピュア・イノベーション』とのことです。「虚飾をすて、素地の美しさをを本質から磨きぬいた」デザインが美しいかどうかは個々の好みによりますが、少なくともさっぱりして飽きの来ないクルマのようには思えますね。虚飾に満ちた新型ミニバンなどと比べれば個人的にはずっとこのミラージュのほうが好ましく感じられます。最近の押しの強いコンパクトカーほど存在感もありませんが、意外とサスペンションなどの要素はこちらのほうが立派なものが付いていたりするんですよね。

 ところで、虚飾といえば、最近はクルマに限らずあらゆるものが虚飾に振り回されているような気がしますね。景気回復するためにお金を使え、デフレ脱却するためにお金を使え、地方創生するためにお金を使え、雇用を確保するためにお金を使え・・・。世の中そんな掛け声の大合唱です。既に身の回りの必要な物が揃っている人間は「虚飾」の部分にお金を使うしかありません。なんだかフォアグラ生産農家が無理やりガチョウに餌を与えている光景が頭に浮かんでしまいます。

 虚飾の部分で成り立っている経済は結局のところ虚飾でしかありません。この4代目ミラージュのように、「虚飾をすて、素地の美しさを本質から磨きぬく」ことに目覚めてしまった時点で経済は崩壊します。逆に言うと、普段から虚飾に頼らない自分の生活を確立しておけば、虚飾の経済が崩壊したとしても自分の生活を守ることができるんですよね。これは何も山にこもって自給自足の生活をするということではなく、自分の生活の中で虚飾の部分とそうでない部分を認識しておくことだと思います。

 ちょっと話がずれてしまいました。久しぶりになんともさっぱりした4代目ミラージュの地味なカタログを眺めていたら、妙に清清しい気持ちになりました。このところ、残酷な海外のニュース等が多く、あまり良い話を聞きません。こんな時こそ、たまには自分自身の「虚飾をすて、素地の美しさを本質から磨き抜いて」、自分の中でそれぞれのニュートラルを再確認しておく必要があるのかもしれませんね。自分の中のニュートラルを見失ってしまうと、巨大な虚飾に飲み込まれてしまいかねませんからね。

ミラージュ・スーパーR(CA4A型)
全長×全幅×全高 : 3950×1690×1365mm
ホイールベース : 2440mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/02/13 16:24 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)

旧型車・三菱・パジェロイオ(MRDC/MRXC型) 

141101a01.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a02.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a03.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a04.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a05.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたパジェロイオ(MRDC/MRXC型)です。当時のパジェロ人気にあやかる形で一足先に軽自動車のパジェロミニ、さらにそれをベースとした1.1Lのパジェロジュニアが販売されていましたが、軽ベースの中途半端な登録車ではなく、ミドルクラスのSUVとして新設計した上で世に出されたのがこのパジェロイオです。兄貴分のパジェロに負けず劣らず精悍な顔立ちをしており、個人的にはかなり好感を持っていたクルマでした。

 さて、このパジェロイオ、カタログで『JUST MY SIZE』と謳っている通り、運転している分には大きすぎることも小さすぎることもなく、ちょうどお手頃サイズ。それに極めて見切りの良いスタイリングのためとても運転しやすいクルマでした。とはいえそう思えるのはあくまでも「運転しているときだけ」であり、後席やトランクスペースはちょっと小さすぎるような気もしました。そのような声が上がったのかどうかはわかりませんが、発売後すぐに5ドアモデルが追加され、モデル途中で3ドアが廃止、生産終了時には5ドアのみという、以前に紹介したホンダ・HR-Vと同じような歩みを辿りました。ほぼ同時期の2台がまったく同じようにラインナップ構成を変えていったという歴史の流れは面白いですね。

 パジェロイオは残念ながら1代限りで姿を消してしまいましたが、『JUST MY SIZE』というコンセプトはメーカー問わずよく出てきますね。最近では軽自動車にクラスを超えた高級感を持たせたり、また人気のレヴォーグもこの類です。大きくなりすぎたから国内の道路事情に合わせて小型化する、あるいは大きなクルマが高級車とは限らない、軽やコンパクトにもダウンサイジングユーザーが納得できる満足感を、等々、狙いはそれぞれのクルマによって様々です。ただ一つ言えることは、多くの方々が今乗っているクルマよりも大きく、高性能なクルマを求めていた時代とは異なり、『JUST MY SIZE』を望んでいるということですね。

 かつて多くの方々は『いつかはクラウンに』と思っており、その考え方が『正しい』ことでした。そして現在もあの手この手を使って、『いつかはクラウン=正』という価値観を人々に取り戻させようと必死です。トヨタが先日発売したエスクァイアなる新型車の顔を見たら思わず笑ってしまいました。あれはクラウンのパロディですかね。なんだか昔のローレルスピリットを見ているようです。

 大儲けを見込んでメガソーラーを建設したら接続保留され、国民年金は65歳まで納付延長が検討され、さらにそのお金の価値自体も黒田バズーカで一瞬のうちに変わってしまう時代です。クルマの大きさだけでなく、あらゆる意味での『JUST MY SIZE』を自分の胸にしまっておきたいものですね。頭の良い方々は本当に油断も隙もないですから・・・(おっと、そういえば隙だらけの方も何人かおられましたね。うちわとか観劇会とか)。


パジェロイオ・ZR(MRXC型)
全長×全幅×全高 : 3675×1680×1700mm
ホイールベース : 2280mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 130PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/11/01 17:21 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)

旧車・三菱・エメロード(TNXW/TRXW型他) 

140117a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に三菱から発売されたエメロード(TNXW/TRXW型他)です。ダイヤモンドのディアマンテに引き続き、エメラルドのエメロードという宝石シリーズ第二弾として、ギャランベースの流麗な4ドアハードトップが世に出されました。しかしながらバブルも既に崩壊し、ディアマンテのように成功することなく、どちらかというと不人気車で影が薄かったですね。

 さて、このエメロード、当時知人がイメージカラーである緑色のV6モデルに乗っていました。外見から想像される通り、確かに天井の低い室内は少々圧迫感がありましたが、走りも良く、車体もしっかりしていてクルマとしてはなかなか良かったと思います。緑色なんて自衛隊車両の色だと思っていましたが、このエメロードの緑色は高級感があってなかなか良い色でした。不人気車であまり売れていなかったことが幸いし、宝石同様希少性がありましたから余計にエメロードの緑色が美しく見えたのかもしれませんね。

 エメロードが売れなかったので宝石シリーズは打ち止めになってしまいましたが、もしもエメロードがヒットしてさらに第三弾が出ていたとするなら、誕生石の順番から言って次はパールになるはずです(4月・ダイヤモンド、5月・エメラルド、6月・パール)。ランサーベースの真珠も見てみたかったような気がしますね。想像するだけでエメロード以上の希少性を発売後すぐに確保できるようなクルマが誕生しそうで面白そうです。

 ところで、この「宝石」というもの、個人的にはまったく関心がないので私が持っている「宝石」はガラス切りの先っぽについているダイヤモンドの欠片ぐらいですが、時代に関係なく多くの方が欲しがる不思議な存在ですね。古代ローマの時代でも現代でもダイヤモンドやエメラルドは「宝石」であり、富の象徴です。デパートのジュエリー売り場ではちっちゃなガラス玉のようなものに信じられない値段が付いています。価値の分からない私には文字通り「豚に真珠」。幸いなことにうちは家族全員が「豚に真珠」状態なのでいろんな意味で助かっていますが・・・。

 個人的には三菱のエメロードのほうが宝石のエメラルドよりもずっと美しいと思っていましたが、今では街で見かけることもほとんどなく、おそらく大部分のエメロードが既に鉄くずになってしまっていると思います。エメロードに限らず、何かの縁で付き合うことになった愛車ですから、石ころでは出すことのできない美しい光沢をできる限り長く保ち続けるようにしてあげたいものですね。

エメロード・スーパーツーリング-R(TNXW型)
全長×全幅×全高 : 4610×1730×1370mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1310kg
エンジン : V6DOHC 1998cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



----- 以下、雑談 -----

140117a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 この写真、私にとっての「宝石」です。ペットとしての飼い猫ではなく、うちの周辺をうろついている野良猫です。よく庭で昼寝しており、カメラを持って近づいていくといつもポーズを取ってくれます。餌をやったことはないので何を食べて生きているのかはわかりませんが、常に数匹うろついています。

 よく似た模様の猫が昔からいますが大きさがちょくちょく変わっています。結構代替わりしているんでしょうね。ちなみに私が子供の頃からいました。昔の家は隙間だらけでしたのでコタツで寝ていたら知らないうちに隣で寝ていたこともしばしば。ご先祖様の頃からずうずうしいDNAがずっと続いているんだと思います。

 相変わらず世間では「成長戦略」とか「デフレ脱却」とか、「誰もが収入アップ」とか叫んでいますが、ダイヤモンドやエメラルドを「宝石」と思っている限り、「成長してデフレ脱却して誰もが収入アップ」しても誰も幸せにはならないと思います。より大きく美しい「宝石」を求めるだけですから。

 ダイヤモンドやエメラルドよりも美しい「宝石」って、意外と身の回りにたくさんあるような気がします。そんな「宝石」に囲まれて毎日を過ごすのもなかなかいいものですよ。

----- 雑談、終わり -----

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/01/17 13:59 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。