fc2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧型車・三菱・RVR(N23/13W型他) 

121202a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された初代RVR(N23/13W型他)です。『RVの三菱』として三菱自動車が元気だった頃に発売されただけあって、ランエボと同等のエンジンを積んだハイパワーモデルやオープントップモデルなどのバリエーションも豊富でしたね。

 さて、この初代RVR、ご存知の通り、同時期のミニバン・シャリオのショート版で、ミニバンとしてはもっともメインであるセカンドシート部分が省かれていますので、基本的に4人乗りです。当時はRVブームということもあってそこそこ売れていたようですが、今落ち着いて考えてみると、なんとも中途半端なクルマでしたね。とはいえ、このクルマのように無駄の多い遊び心のあるクルマがごく普通に設計されていたというのは、バブル期はやはりメーカー、ユーザーともに心に余裕があったからだと思います。

 RVRは初代、2代目とシャリオのショート版という形で販売されていましたが、2002年に一旦生産終了となり、2010年になって現行の3代目が発売されました。現行型はシャリオベースではなく、今風の言葉で言えばコンパクトSUVという形となりました。この「コンパクトSUV」というジャンル、最近徐々に人気が出てきているようですね。

 奇抜なスタイルが受けている日産のジューク、クリーンディーゼルの魅力をアピールしている日産エクストレイルやマツダCX-5等、この分野には昨今の状況下においても奮闘している車種が目立ちますね。発売当初は目立っていた現行RVRも最近はめっきり存在感が薄くなってしまいましたので、ここはぜひ兄貴分の新型アウトランダーで巻き返してほしいものです。ところであの新型アウトランダー、なんだか初代デボネアの面影を感じてしまうのは私だけですかね?どうもシーラカンスをガンダムチックにしたような顔に見えてしまいます。

 まあ何はともあれ、すっかり存在感が薄くなってしまった三菱自動車、どんな分野でもよいので救世主となるべき1台が欲しいものですね。

RVR・X3(N23W型)
全長×全幅×全高 : 4320×1695×1690mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1420kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1997cc 230PS

--- 以下、余談 ---

 今月の衆院選に向けて各党、各候補者がそれぞれの主張をメディアで叫んでいます。その多くが、落ち着いて考えてみると何を主張しているのかよくわからない、という内容になっているように感じられます。はっきりした主張だと、それが達成できなかったときの言い訳に困るからこのようになっているとは思いますが、ここまで曖昧な主張ばかりでは選択のしようがありませんね。
 個人的にひとつ引っかかっていることがあるのですが、どの政党も手段こそ違えど、経済成長を目指すと言っているように思われます。様々な各党の主張を実現するためには経済成長という前提が必要なのでしょうね。きっと初代RVRが出た頃のような社会状況になれば山積する諸問題の大部分が解決できるという考えなのだと思います。
 これだけたくさんの政党がごろごろと出てきたのですから、ひとつぐらい「経済成長を前提としない」政党があっても良いような気がするのですが・・・。各党の政策実現の前提が経済成長であるなら、経済成長しなければどの党の政策実現も困難になってしまいますね。
 それから、介護や農業を「これからの成長産業」と言っている方って、介護や農業をやったことがあるんでしょうかね?親の面倒や畑仕事を嫌がって都会に出て行き、その都会で仕事がなくなったからといって、他人の親の面倒や他人の畑で百姓仕事なんてできるんでしょうかね?
 今、世の中が閉塞しているとか言われていますが、私自身は特に閉塞しているとは感じていません。閉塞感を感じているのは、本来自分がすべきことの面倒な部分を他人に押し付けたり後回しにしたりして、美味しい部分のみを享受してきた方々だと思います。それらの方々は、それぞれの属するシステムがうまく回転しているときには非常に快適な生活ができますが、一旦システムが止まったり、そのシステムからはじき出されると即生活が破綻してしまいます。
 一票の投票先をじっくり考えると同時に、我々一人ひとりが、自身及びその家族、またそれぞれがお住まいの地域の数十年先の将来像までじっくりと考えたいものですね。

--- 余談終わり ---

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/12/02 15:10 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(14)

旧型車・三菱・アスパイア(EA1A/EC1A型) 

121016a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたアスパイア(EA1A/EC1A型)です。カープラザ店向けのカリスマ後継車ということですが、ご覧の通りギャランそのものです。私の記憶ではアスパイアのCMは見たことがありませんので、おそらくテレビCMもなかったと思います。三菱関係者以外でこのクルマの存在を認識されていた方っていったいどれぐらいおられるんでしょうね。

 さて、このアスパイア、なんだか存在自体が現在の三菱自動車の姿を先取りしていたように感じられますね。カープラザ店という販売店があったので、その系列で中型セダンを販売するために名前の異なるギャランが投入され、カープラザ店がなくなったらアスパイアも消滅。

 この流れが現在はさらに進み、三菱自動車という販売店があるからそこで販売するためにソリオ、NVバネット、シーマ、フーガ等を名前を変えて投入、・・・その先はちょっと記載を控えます。

 先日、パジェロやギャランフォルティスの一部改良があったようです。一部改良といえば聞こえは良いですが、実質的にはグレード整理です。ギャランフォルティスが登場したときには個人的にとても良いクルマだと思っていたのですが、エコカー減税の影響か、知らないうちにエンジンがダウンサイジングされており、MTグレードもなくなり、おまけにお買い得グレードもなくなり、現在のラインナップを見る限り、まったく魅力を感じないクルマになってしまいました。

 三菱自動車、いったいどうしちゃったんでしょうね?『いいもの ながく』というとても共感できるキャッチフレーズを掲げ、10年10万kmの特別保証サービスというメニューも用意しているとはいえ、かなりの車種に上るOEM車はその対象外。昨今の情勢ではどの自動車メーカーも先の見えない迷走状態が感じられますが、三菱は特にその傾向が強いですね。

 新型ミラージュがどの程度の人気を獲得するのかはわかりませんが、このアスパイアのように中途半端に誕生したクルマではなく、誰もが『いいもの ながく』と思えるような基幹車種が登場してほしいものですね。

アスパイア・Viento(EA1A型)
全長×全幅×全高 : 4660×1740×1420mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/10/16 16:31 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)

旧型車・三菱・ギャラン(E54/64/84A型他) 

121002a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121002a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に三菱から発売された7代目ギャラン(E54/64/84A型他)です。先代の引き締まったスタイルからは一転して、まるで先代型の風船にもう一息空気を注入して少し膨らませたような感じのふくよかなスタイルで登場しました。3ナンバーのディアマンテが大好評だったので、きっとギャランも3ナンバー化すれば誰もが飛びつくという算段だったのでしょうね。そういえばこの時期に登場したこのクラス以上のクルマはどれもがこのギャランのように、引き締まった先代からちょっとボテッとした3ナンバーの新型、という感じで登場していましたね。それぐらいに、『3ナンバーの魔力』が世間に蔓延していたのでしょうね。

 さて、この7代目ギャラン、実はこのクルマも昔、会社の営業車としてしばらく乗っていた時期がありました。たまに上司と同行するときなどはよく『○○君もとうとう3ナンバーのクルマがあてがわれるようになったか、偉くなったな。』と冷やかされていたものです。こんな会話があったことからもわかるように、当時の『3ナンバー』という言葉の響きはちょっとした魔法の言葉だったようですね。

 とはいえ、私が乗っていたのは1.8Lで鉄チンホイールのいかにも“営業車”というグレードのもの、全幅が3センチほど広くて3ナンバーが付いていても、運転している限りには5ナンバー車との違いなどまったくわかりませんでした。まあ本当に偉い人は5ナンバーでも3ナンバーでも軽でも偉いですし、偉くない人はいくら3ナンバーに乗っていても偉くないですからね。

 ところで先ほども書いたように、この時期にモデルチェンジしたクルマは他社も含めてほとんどが3ナンバー車として新型が登場しました。しかしながら、ホンダ(アコード)とマツダ(クロノスからカペラ)は、次のモデルチェンジで5ナンバーに戻っているんですよね。今考えると、『3ナンバー』という言葉の響きの賞味期限って意外と短かったですね。

 現在の「魔法の言葉」は「エコカー」、この言葉の賞味期限はどれぐらい続くんでしょうね。当時、あらゆるクルマのカタログに「ワイドボディ」という言葉が並んでいたのと同様、現在はあらゆるクルマのカタログに「エコカー」にまつわる言葉が並んでいます。ここまで「エコ」が一般的になると「エコ」だけでは人々にそのクルマの魅力をPRすることはできません。

 こうなってくるとマイナーチェンジされたホンダのCR-Zのように、『ボタンを押すとエンジンもモーターも最大出力になって3L並みの加速が味わえます」という飛び道具が次々と出てくるんでしょうかね?この機能を紹介する記事を読んだとき、思わず映画『マッドマックス』シリーズのニトロ噴射装置を思い出してしまいました。個人的にはなんだか進んでいる方向がずれているような気がしてなりません。

ギャラン・V6 2000・MX(E54A型)
全長×全幅×前高 : 4610×1730×1400mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : V6DOHC 1998cc 170PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2012/10/02 12:08 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(6)

旧型車・三菱・デリカスペースギア(HS/NS型) 

120718a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に三菱から発売されたデリカスペースギア(HS/NS型)です。パジェロベースで開発されたミニバンということで抜群の悪路走破性を誇り、現在も多くのファンから愛されている名車ですね。ラジコン仲間の一人がこれの4WDロングに乗られており、その5メートル超の全長と2メートル超の全高から、いつも見るたびに“象”を連想してしまいます。しかしながらその方も190cm近い大柄な体格なので、彼とデリカのツーショットではまったく違和感がないから不思議です。

 さて、このデリカスペースギア、草食系男子ならぬ草食系エコカー全盛の現在、たまに街で見かけるととてもワイルドで頼りがいがありそうに思えますね。パジェロやサーフが街に溢れていたころにはそれほど感じませんでしたが、ごついRVがすっかり影を潜めてしまった現在ではスペースギアの存在感が際立っているように思います。後継のD:5もこの路線を継承してとても精悍なイメージがありますが、いかんせん、その後に追加された草食系の弟分2台の存在がちょっとデリカのイメージを崩してしまっているような気がしてなりません。もっとも、フーガやシーマも並んでいる三菱のラインナップにイメージもなにもありませんけどね。

 最近よく思うのですが、カタログ燃費の数値に特化したエコカー、これはこれでとても良いと思いますので、この手のクルマに乗り換えるのがエコだと考える方はどんどん乗り換えてその方なりのエコを追及されれば良いと思います。現在の日本の方針もその方向だと思います。

 しかしながらその一方で、現在の社会システムがかなりほころびかけており、主流派の価値観がいつ反主流派になるのかまったくわからないとても不安定なバランスの中に置かれていることも事実だと思います。

 そんな時代においては、現状のシステムの中でうまく立ち回る術を持つと同時に、社会がどんなシステムになっても生き抜く逞しさと知恵を普段から鍛えておかなくてはならないような気がします。東南アジアやアフリカ等で、何十年も前の日本車がまだ現役で使われており、部品が壊れてもバッテリーを直列に配線し、その場で溶接して修理し、また走り出してしまうという、そんな逞しさと知恵を我々も学ぶ必要があるのかもしれませんね。便利で豊かになるにつれ、自分自身で生きる力と知恵が徐々に退化し、豊かさが破綻すると同時に生きることができなくなってしまう社会って、とっても怖いですよね。

デリカ・スペースギア・4WDロング・スーパーエクシード(HS型)
全長×全幅×全高 : 5085×1695×2070mm
ホイールベース : 3000mm
車両重量 : 2090kg
エンジン : V6OHC 2972cc 185PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/07/18 16:17 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)

旧車・三菱・ランサー(CB6A/4A/3A型他) 

120422a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された4代目ランサー(CB6A/4A/3A型他)です。カタログには大きく『走りのランサー』と謳われていますが、スタイルはごく平凡でオーソドックスなコンパクトセダンとして登場しました。先代がギャランVR-4を思わせる精悍なスタイルでしたから、ちょっとおとなしくなったイメージでしたね。

 さて、この4代目ランサー、おとなしいスタイルとは裏腹に、クルマとしては確かに『走りのランサー』だったと思います。当時勤めていた会社でこの代のランサーを営業車として使っていた時期があり、7万キロほどこのクルマで走り回りました。グレードは1.5のMXサルーンだったと思います。

 コンパクトで軽量な車体と必要十分なエンジン、そして足回りがしっかりしていたために、高速走行から市街地走行はもちろんのこと、積雪のある山道でも音を上げずに『走りのランサー』を大いに発揮してくれていました。当時担当していた県が海岸地域、平野地域、山岳地帯とすべて揃っていた地域でしたので、まるでランサーの耐久テストをしながら仕事をしていたような感じでした。

 私が乗っていたのは1.5のDOHCだったと思いますが、このランサー、下は1.3のSOHC、上は1.6のV6や205PSのターボまで選り取りみどり、そしてギャランVR-4のエンジンを載せた初代エボリューションまで存在していたぐらいなので、車体や足回りに余裕があったんでしょうね。こういう高性能モデルが用意されているクルマの下位グレードというのは、車体がエンジンパワーを十分に許容範囲に置いているから走っていてとても安心できます。余裕があるから自然と耐久性も高まるのかもしれませんね。

 このランサー、『走り』以外にももうひとつとても大きな魅力がありました。まあこの点についてはドライバーの体格が関係するので一般的な魅力とはいえないかもしれませんが。実はこのランサー、身長170cm、体重60kgの私には、シートを倒したときのヘッドレストの位置がすこぶる快眠をもたらしてくれる枕の位置になるんです。

 当時から昼食後の15分はいつも昼寝をするようにしていたのですが、ランサーのシートで眠る昼寝の気持ちよさといったら、言葉では表現できないぐらいです。ある時、本社から上司が来て一緒に顧客を訪問することがありました。ランサーで出かけ、昼食後、上司ともどもシートを倒していつもの昼寝。アラームで目を覚ました時に上司が発した言葉は、「○○君って、のび太のようにすぐ熟睡するんだな。シート倒してから2秒後にはもういびきかいてたよ」でした。

 入社したばかりの新人の時に仕事を仕込んでいただいたのはその上司、昼食後の昼寝を勧められたのもその上司、仕事の内容はともかく、昼寝の習慣だけは完全にマスターしたところを上司に報告することができました。今まで何台ものクルマに乗ってきましたが、いまだにこのランサー以上に気持ちよく眠ることができるクルマに出会ったことがありません。もう一度ランサーのシートで昼寝をしてみたいものです。

ランサー・MX SALOON(CB3A型)
全長×全幅×全高 : 4270×1690×1385mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 990kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/22 17:16 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。