旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・デミオ(DY型) 

150615a01.jpg

150615a02.jpg

150615a04.jpg

150615a05.jpg

150615a06.jpg

 2002年にマツダから発売された2代目デミオ(DY型)です。これ、うちの家族のメインカーです。既に購入からまる10年経っていますが、先日洗車してコーティングしたらまだまだピカピカ。とはいえ、うちのデミオ、洗車するとあちらこちらについている小傷が目立ち、恥ずかしいから拡大画像はアップすることができません。コーナーポールを付けているところからも、メインドライバー(私ではありません)の運転技術を察してください。(まったく、こんな小さなクルマでどうやったら右側のドアをこすることができるんだろうか?流石に近所の目が気になり、コーナーポールの二刀流まではできません。)

 さて、この2代目デミオ、初代デミオでブレイクしたハイトコンパクトスタイルを踏襲し、グローバルなプラットフォームで一新された車体です。初代に比べると明らかに造りが良くなっており、車格も一段上がったかのように感じられるほどです。実際に少々大きく、そして重くなっていますが、数値以上にどっしり感が増しているように思います。

 うちにあるのは1.3Lの4ATモデルですが、大人4人が乗車した状態で高速道路を走っても特に非力さを感じることはありませんし、直進安定性も十分すぎるほどです。一家に一台というファミリーカー用途としては、見栄を張らなければこのデミオでまったく困ることはありません。MTで私しか運転できないアクセラとこのデミオ、一台削らなくてはならないとなったら確実に私のアクセラが削られると思います。

 ところでこのデミオ、3枚目の写真の通り、後席をたたんだ時の荷室スペースがかなり広く、おまけに開口部がとても広いです。うちのデミオは普段からこの状態となっており、毎日この広大なスペースに収穫した野菜を積み込んで出荷しています。コンテナやダンボールを何箱も載せた上に、台車まで積み込むことができるのでとても重宝しています。デミオは3代目、そして現行型の4代目もこの広大な荷室スペースを放棄してしまいましたから、スタイル、性能は魅力的ですが我が家の用途を満たすことができなくなってしまいました。買い替えなくてもいいように、このデミオを大切に扱っていこうと思っています。

 6月に入り、東海地方も梅雨入りして、暑い日が続くようになってきました。写真の通り、ミニトマトも色づき始め、ピーマンは既に出荷を開始しています。いよいよ夏野菜の季節、これからは毎日収穫作業が忙しくなってきます。どんどん収穫してどんどん出荷して、一儲けしなくてはなりません。このデミオにはまだまだ働いてもらわなくてはなりませんね。

デミオ・カジュアル(DY3W型)
全長×全幅×全高 : 3925×1680×1530mm
ホイールベース : 2490mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1348cc 91PS



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2015/06/15 16:26 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(6)

愛車・アクセラのリフレッシュ 

120807a01.jpg

120807a02.jpg

120807a03.jpg

 先日、私の愛車アクセラの7年目の車検をしていただきました。まだ自分では買ったばかりの新車という感覚だったのですが、時が経つのは早いものでもう7年落ちの“新車”になってしまったんですね。

 さて、7年落ちとはいえ、まだ走行距離も2万6千キロ程、どこも壊れていないし今となっては希少なMT車なので、当面乗り続けるために今回は奮発して下回りのスチーム洗浄と塗装もお願いしました。さらにバッテリーがもう危険水域状態だったそうなので、大容量で知られるパナソニックのものに交換しました。(もちろんディーラーだと高いので、激安通販で購入です)

 そんなこんなで今回はずいぶんと金のかかった車検になってしまいましたが、これでアクセラもすっきりとリフレッシュ、足回りのスプリング等はへたり具合は別として、見た目は新車そのものです。何年持つのかはわかりませんが、乗れる限りこのクルマに乗っていこうと思っています。

 そんなすっきりした気分で普段あまり見ることのない車検証をじっくりと見ていたら、あることに気づきました。前回車検時から今回車検時までの2年間で、5千キロ弱しか走っていなかったんですね。そもそもこのクルマ、家族でMTの運転ができるのは私だけで、私以外に乗る人はいません。仕事に使っているわけでも通勤通学に使っているわけでもない完全な“道楽グルマ”です。最近シャープやパナソニックの大規模リストラの話題が新聞を賑わしていますが、我が家においてはおそらくリストラ対象の筆頭になっていると思います。

 普段から質素な生活を心がけている我が家ですが、我が家におけるアクセラの必要性のなさに気付かれないように家族での会話には気を付けなくてはいけないと改めて思いました。もっとも、多少の道楽がなければ毎日の生活が味気ないものになってしまいますから、個人的にはこの程度は許容範囲だと思ってはいますが、家族の感覚はどうなんでしょうね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/07 16:55 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(14)

新型アクセラ・スカイアクティブに試乗してきました。 

111010a01.jpg

111010a02.jpg

111010a03.jpg

 先日マツダから発売された新型アクセラのスカイアクティブに試乗してきました。試乗したのはスポーツの上級グレード、20S-SKYACTIV、215万円也のクルマです。デミオに引き続き、青いエンジンカバーがSKYACTIVの存在感をアピールしていますね。

 デミオではスカイアクティブ技術としてエンジンのみが採用されましたが、このアクセラではさらにスカイアクティブ-ドライブとして新開発の高効率6速ATが採用されています。“かつてないクルマとの一体感、新世代の高効率6速AT”とカタログでは謳われていますが、はたして実際に運転してみるとどうなのか?とても興味があったので今回の試乗はATの機能に神経を集中して行ってきました。

 結論から言うと、このATにケチを付ける人はおそらくいないのではないか、と思うぐらいによくできたATでした。まず変速ショックがありません。Dレンジで普通に走っていると、いつ変速したのかは全然わかりません。ステアリングシフトスイッチを操作して変速すると、エンジン音から変速したことはわかるのですが、ショックがまるでありません。それにとても迅速に変速します。DCTとCVTのいいとこ取りとメーカーが説明しているのも納得できます。

 アクセル操作と車速の変化もとても自然で、“MTのようなダイレクトフィール”も確かに実現されています。まさに非の打ち所のない高効率6速AT。マツダのSKYACTIV-DRIVEってすごいですね。

 それにi-stopも以前のものよりもずっと強化されているようで、かなり頻繁にアイドリングストップ状態となりました。クルマ全体としてもマイナーチェンジ前のアクセラからずいぶん進歩しています。いやあ、マツダの技術者の方々には頭が下がります。すごいっ!

 と、ここまでべた褒めしてきたように、このマツダのスカイアクティブ・アクセラ、本当に素晴らしいクルマでした。

 じゃあ買い替えるかと言われると、自信をもって断言できます。買い替えません。

 私が現在乗っている先代アクセラよりもあらゆる面で進歩していることは確かですが、買い替えを考えるほど劇的に進歩しているとは思えません。それに“MTのようなダイレクトフィール”が実現されていても、やはり“MTのダイレクトフィール”にはかないません。

 スカイアクティブ・アクセラに限ったことではありませんが、現在の自動車業界って“限界効用逓減の法則”に苦しめられていますね。各社とも新しい技術を導入して新型車を開発していますが、新規にクルマを購入される方やよほど古いクルマに乗られている方ならともかく、現在何らかのクルマに乗られている方にとって、わざわざ買い替えを考えるほど魅力的に見えるクルマってあるんだろうかと常々疑問に思っています。

 今までは“より上級車種へステップアップ”という暗黙の買い替え理由がありましたが、現在はコンパクトカーへのダウンサイジングがごく普通に行われ、クラウンからプリウスやフィットに乗り換えても誰も「あの人落ちぶれたね」なんて思いません。それどころか、「環境意識の高い人だね」と思われるほどです。

 エコ意識がさらに高まり、今後は一台のクルマを数十年大切に乗り続ける人が「とっても環境意識の高い人だね」と思われる時代が来るかもしれません。そうなったら困るので政府やメーカーもいろいろと対策を考えなくてはなりませんね。素晴らしい出来のスカイアクティブ・アクセラを試乗しながら、素晴らしいにも関わらず、現在の自分の状況では買い替える理由がないと冷静に考えてしまうと、こんな皮肉っぽい思いが頭に浮かんでいました。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/10 18:49 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(10)

新型アクセラに試乗してきました。その2 

090617b01.jpg

 先日の20Sに引き続き、今日はマイ・アクセラのオイル交換ついでに、新型アクセラ・スポーツ・15Cの試乗をしてきました。現在自分が乗っているアクセラと同じ1.5リッターエンジンにCVTを組み合わせたクルマということで、個人的には2リッターグレードのi-stop技術よりも関心がありました。
 量販が見込める車種だからか、試乗車の15Cにはオプションらしいオプションは何も付いておらず、カーナビの位置にボール紙のカーナビ張りぼてが押し込まれている状態のオーディオレス仕様、そのうえ、i-stop機能が搭載されていないにもかかわらず、左右のドアには大きな『i-stop搭載』のステッカーが張ってある「素」の状態の試乗車です。
 試乗する前は、ある程度のアンダーパワー感を予想していたのですが、実際に運転してみると予想外によく走ります。大柄な車体に1.5リッターという組み合わせにもかかわらず、運転感覚はかなり軽快で、加速性能も十分満足できるレベルです。CVT独特の違和感もそれほど感じることはなく、7速マニュアルモードによる変速もそれなりに遊べます。
 先代アクセラに比べるとロードノイズがかなり減っており、静粛性がとても向上しています。さらにインテリアの質感は2リッターグレードと同等、そして運転席・助手席独立制御のフルオートエアコンやフォグランプ等の標準装備もとても充実しています。
 これだけのクルマが166万円なんて、はっきり言って非の打ち所がありません。プリウス・インサイトによるハイブリット車の価格競争が非ハイブリット車にまで影響していますね。先日スバルから発売された新型レガシィもかなり割安な価格設定がされています。ユーザーにとっては嬉しい限りなのですが、ここまでくるとちょっとメーカーの体力が続くのかと心配になってしまいます。

 さて、文句のつけようがないほどよく出来ている新型アクセラなのですが、やっぱりMTグレードがなくなってしまったことは個人的にとても残念です。もはや加速性能も燃費性能もCVTのほうが上のような気もしますが、それでもMTを残してほしかったですね。
 マツダの営業マン氏によると、現在政府が実施しているエコカー減税があるうちはMTを出したくても出せないとのこと。CVTなら燃費基準をクリアできるけどMTではクリアできないそうです。こうなるとなんだかMT愛好者は反エコの活動をしているようで肩身が狭くなってしまいますね。

アクセラ・スポーツ・15C
全長×全幅×全高 : 4490×1755×1465mm
ホイールベース : 2640mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4DOHC 1498cc 111PS


にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/17 18:02 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(0)

新型アクセラに試乗してきました。 

090613a01.jpg

090613a02.jpg

090613a03.jpg

090613a04.jpg

090613a05.jpg

 6月11日にマツダから発売された新型アクセラ、本日早速試乗させていただきました。試乗したのはスポーツの20Sグレード。話題の『i-stop』が搭載されているグレードです。
 スタイルは新型にフルモデルチェンジしたとはいえ、どこからどう見てもアクセラですね。基本的に先代アクセラのプラットホームを使用したキープコンセプトのモデルなので、普段アクセラに乗っている私としては、まったく違和感がありません。寸法は先代より少し大きくなっていますが、これはバンパーが大きくなっているだけなので、取り回しの感覚が異なるということはまったくありません。
 実際に運転席に座ってみると、先代で問題があった細かな点がいろいろと改善されていることに気付きます。まずオーディオが普通の2DINサイズになっていますので、カーナビでもオーディオでも好きな社外品が簡単に取り付けられますね。それからシフトレバーの位置がちゃんと運転席寄りになっています。先代は海外をメインに設計したためか、右ハンドルなのに左寄りにシフトレバーが付いていました。しかしながら、この影響かどうかわかりませんが、今度はサイドブレーキが左寄りになっています。そのおかげで、同乗した営業マン氏の手に触れてしまいました。助手席に乗っているのが綺麗なご婦人ならうれしい事なのですが、今回のように中年男性が二人で乗る機会も多々ありますので、ちょっと注意が必要です。
 『マルチインフォメーションディスプレイ』というものが、トヨタ車のセンターメーターのような感じで付いているのですが、とてもすっきりしていて特に違和感があるというわけでもありませんでした。ここにアイドリングストップ時間やメンテナンス情報等が表示されるそうです。まあその情報を注意して見るのは大部分の方が最初のうちだけでしょう。
 さて、走り出してからの第一印象は、『アクセラだ!』でした。他車に乗られている方がどのように感じられるのかは分かりませんが、少なくともアクセラオーナーの方が新型アクセラに乗ると、きっとあまりの違和感のなさにびっくりしてしまうことと思います。ボディ剛性、絶妙なステアリング感覚、ブレーキ性能、どれをとっても申し分ないのですが、既にこれらは先代の時点でかなり高レベルでしたから、短時間の試乗コースではどの程度進歩したのかがいまいち判断できません。しかしながら、静粛性はかなり上がっているような気がしました。
 注目のi-stop機能、これもまったく違和感がありません。信号で止まったとき、ごく自然にエンジンが止まり、発進するときもごく自然に始動します。エンジンが0.35秒で再始動するそうですが、普通にブレーキから足を離し、アクセルを踏み込む間に始動します。微妙に『ブルッブルッ』と振動がありますので、エンジン再始動に気付かないということはありませんね。
 当たり前のことですが、エアコンOFF、ラジオやCDも切った状態でアイドリングストップ状態になると、まったく音も振動もなくなってしまいます。奥様や彼女と喧嘩した後の気まずい雰囲気の中でこの沈黙に襲われると、さらに気まずい雰囲気になることは間違いないなと余計な心配をしてしまいました。

 プリウス、インサイトといったハイブリット・カーが話題の中心となっている現在の自動車業界において、i-stop機能がセールスポイントである新型アクセラは、環境性能においてはあまりインパクトがないのかもしれません。しかし昨今の状況を考えると、おそらくエンジンだけで走るアクセラはこれが最後だと思われます。
 今回試乗しての第一印象を『アクセラだ!』と書きましたが、おそらく以降のアクセラでは『アクセラだ!』という第一印象を得ることは出来ないでしょう。ひょっとしたら『プリウスだ!』になるかもしれません。
 この新型アクセラのカタログ2ページには、『マツダは実現します。2015年までに、グローバルで販売するすべてのマツダ車の平均燃費30%向上を。』と書かれています。マツダがグローバルで販売する車の1/3はアクセラですから、アクセラの燃費30%向上は避けて通ることができません。現在2009年、先代アクセラと同じ期間でフルモデルチェンジをするのであれば、次のアクセラは2015年に誕生することになります。きっとハイブリット・アクセラになっているでしょうね。

アクセラ・スポーツ20S
全長×全幅×全高 : 4490×1755×1465mm
ホイールベース : 2640mm
車両重量 : 1340kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 150PS
10・15モード燃費 : 16.4km/L

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/13 14:14 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。