旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ファミリアワゴン(BW型) 

131014a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売されたファミリアワゴン(BW型)です。このカタログは1990年に発行されたもの、90年といえばファミリアのセダンやハッチバック等は次の代に移っていますが、バンとワゴンはモデルチェンジされずにこのタイプがひっそりと94年まで生産され続け、その後、バンのみが日産ADのOEMとなって存続し続けました。

 さて、このファミリアワゴン、とっても地味で存在感もあまりありませんが、実は長いファミリアの歴史上、「ファミリアワゴン」としてマツダ製の乗用ワゴンが存在したのは60年代の初代とこのモデルだけ。ファミリアとしては最後の代となるモデルにS-ワゴンなるボディタイプが存在していましたが、あれは現在のアクセラスポーツ同様、5ドアハッチバックでした。ファミリアワゴンってありそうでなかったんですよね。もっともあった時期でも存在感は薄かったですが。

 あらためてカタログを眺めてみても、やっぱり地味で存在感がなく、どう贔屓目に見ても商用バンにしか見えませんね。最終型ファミリアのS-ワゴンのCMでは刀を持った侍のような俳優さんが旧来の商用バン型のシルエットを刀でどんどん削ぎ落としていき、最終的に「ショートワゴン」という5ドアハッチバックを誕生させるような演出をしていましたが、あの方向性はマツダにとっては大成功でしたね。このファミリアワゴンのスタイルを見ていると、私自身も刀を振り回して余分な部分を削ぎ落としたくなってしまいます。(ちなみに今回は地味だからかどうかわかりませんが、このモデルのCM動画は見つかりませんでした。)

 最終型ファミリアでこの不恰好な商用バンスタイルから決別してセダンと5ドアハッチにボディタイプを集約し、アクセラへバトンタッチして3代目となる新型アクセラも国内での予約が始まったようです。販売が始まったらきっとマツダの店長から電話がかかってくると思います。2代目の時には「MTグレードがない」という理由で断りましたが、今度は1.5LにもMTグレードが復活しているようです。ここは究極の理由(本当の理由)、「金がない」で断るしかありませんね。

ファミリアワゴン・XGi(BWMR型)
全長×全幅×全高 : 4220×1645×1420mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 1100kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/10/15 15:31 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(2)

旧車・マツダ・ファミリア(BF型) 

130621a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売された6代目ファミリア(BF型)です。先代が「赤いファミリア」として大ヒットしたモデルでしたので、あまり大きな冒険をせず、デザイン上は先代のイメージを踏襲した無難な新型となっていますね。

 さて、この6代目ファミリア、無難なモデルチェンジではありましたが、何か目立つことをしないと気が済まないマツダの気質なのか、この代ではファミリア史上で唯一のカブリオレが設定されていました。ごく普通のファミリーカーにオープンモデルを設定するという、なかなかマツダらしい思い切った行動でしたね。

 とはいえ私自身、当時ずいぶん話題になった記憶はありますが、ファミリア・カブリオレの実車を見た記憶がありません。先代の「赤いファミリア」同様、この代は「オープンなファミリア」として大ヒット、とはならなかったようですね。まあ実際、カタログ写真で見る限り、オープンにしてもロールバーのようなBピラーが残っていてあまりカッコよくありませんね。それに私の記憶では、価格もずいぶん高かったような気がします。

 このファミリア・カブリオレは大ヒットとはなりませんでしたが、おそらくこの経験は後に発売されるロードスターに大きく生かされたことと思います。1989年に登場したロードスターが小型のオープンスポーツカーとして世界中に影響を与えるほどのヒット作となりましたので、ロードスター登場後はファミリアにカブリオレが設定されることはなくなってしまいましたね。

 ファミリアの後継であるアクセラももうじき早くも3代目になるようですね。今度はハイブリットモデルも設定されるとの噂ですが、ここらで4人乗車できるオープンカーとして久しぶりにアクセラ・カブリオレも見てみたいものですね。同クラスのVW・ゴルフに設定されているゴルフ・カブリオレ、結構カッコいいですからね。

----- 以下、雑談 -----

ファミリアと言えば、意味は「家族」。今日、『内閣府の推計で、家事、育児などの家庭内活動を貨幣価値に換算すると年間で約138兆5000億円となり、これは名目GDPの約3割に相当する。現在、家庭で担っている活動を外部化すれば、大きな経済効果を生む余地がある』とのニュースを見ました。

極端な話、同じ家族構成のA家とB家があり、どちらも専業主婦とする。A夫人がB家の家事を月30万円で請け負い、B夫人がA家の家事を月30万円で請け負えば、A夫人、B夫人ともに以前と同じ家事労働をしているにも関わらず、GDPは月60万円増加する、という考え方ですね。

ベビーシッターや家政婦を雇うのが当たり前、という国もありますから、GDPを上げるという経済効果のためにそのような「家族のあり方」を推奨していくんでしょうかね?

なんでもかんでも貨幣価値に換算・・・なんだか嫌な世の中になってきましたね。貨幣価値に換算できないけど大切なものってたくさんあると思うんですよね。

----- 雑談終わり -----

ファミリア・カブリオレ(BFMS型)
全長×全幅×全高 : 3990×1645×1380mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 1090kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/21 17:56 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(13)

旧車・マツダ・ペルソナ(MA8P/MAEP型) 

130507a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年にマツダから発売されたペルソナ(MA8P/MAEP型)です。カリーナEDのヒットに触発されて出されたカペラベースの4ドアハードトップ車ですが、後発だけあってそのインテリアにはかなり力が入っていましたね。

 さて、このペルソナ、カタログによると『初めに、美女ありき。』ということで開発されているようで、助手席に乗った女性が美しく足を組めるようにグローブボックスを廃したり、女性がタバコの煙を嫌がらないように灰皿を廃したりと、かなり女性を意識したクルマになっています。きっと当時流行っていたジュリアナのボディコン女達がこのペルソナの助手席で太もも丸出しにして足を組んでいたんでしょうね。そこまで考えるのならさらにもう少し気を利かせて助手席の座面の前方に角度調節できる小さなミラーを付けてくれると運転席の殿方もいろんな意味で楽しめますね。もっともそんなクルマには女性は乗ってくれないでしょうけど。

 ところでこのペルソナのカタログ、バーグマンのごとく・・・。の頁にとても良いことが書かれています。ちょっと長いですが引用します。

 「クルマの進歩をスペックの数値でしか語れないとしたら、それはクルマ自体にとっても、またクルマを愛する私達にとっても、不幸なことだと言わなければならないでしょう。数値は進歩を裏づけるものであって、決して目的であってはならない筈です。肌で感じ、眼で、そして心で計れる驚きや喜びや悲しみ。それらがあっての進歩。数値を絶対的なものとし、崇拝するようなクルマ造りでなく、心で受け止められるクルマ造り。言わば、私達の感情や生理にとって、意義の高いクルマを造ってみたい。という志が、この《ペルソナ》開発の根底に流れていました。・・・」

 この文章で言われている「数値」は当時の時代背景としてエンジンのパワーを指していると思われますが、現在重視されている燃費性能に置き換えてもとても納得できる文章ですね。このペルソナのカタログには『すべての技術と性能は、官能的表現のために。』と書かれていますが、現在のクルマも、カタログの冒頭から『官能的表現』がずっと紹介され、最後の仕様表にさり気なく「JC08モード燃費:50km/L」と書かれるようになってほしいものですね。

ペルソナ・タイプA(MAEP型)
全長×全幅×全高 : 4550×1695×1335mm
ホイールベース : 2575mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/05/07 15:30 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)

旧車・マツダ・サバンナRX-7(FC3S型) 

121214a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売された2代目サバンナRX-7(FC3S型)です。ロータリーエンジン搭載の純スポーツカーとして高い人気を誇っていた初代のコンセプトを引き継ぎながらも、エンジンの大型化を始めとして各部を大幅にブラッシュアップし、よりスポーツ度を高めたクルマとして誕生しました。まあスポーツ度を高めたと言えば聞こえはいいですが、マニアック度を高めて一般的な感覚からは乖離した、と言えなくもないですね。

 さて、この2代目サバンナRX-7、当時はプアマンズポルシェという別名で呼ばれることも多かったのですが、よりプアマンでマイカーを持つことができなかった私からすれば高嶺の花そのもの、まったく縁のないクルマでした。知人でこれに乗られている方がおり、ガソリンがみるみる減っていくとよく愚痴っていましたが、みるみる減っていくガソリンも補充できるような方がプアマンと呼ばれるなんておかしな時代でしたね。

 まあ実車にはまったく縁がありませんでしたが、なんと言ってもカタログを貰うのはタダ。より下層階級に属する私でも、プアマンなりにこのカタログでRX-7を十分堪能することができました。

 このカタログ、マニアック過ぎて読んでいてもよくわかりません。セールスポイントのひとつであるリアサス部分の説明では、「・・・横力、制動力、駆動力、エンジンブレーキ力などの入力荷重が0.4G以上にならないと変形しないプリロードの入ったラバーブッシュを、トーコントロールハブのB点に設けた。つまり、入力荷重0.4G以下では、トーコントロールハブは作動せず、トレーリングアームのブッシュコンプライアンスによって、後輪を積極的にトーアウトさせる。・・・」とこんな調子で続きます。

 サスペンション部分の写真や、作動イメージのイラストを何度も見て記述された状況を想像し、なんとなく理解できるまでにはずいぶん時間がかかった記憶があります。まあそれだけマツダが走りにこだわるユーザーへ熱いメッセージを発していたということではありますが、熱すぎてメッセージを受け取れなかった方もずいぶん多かったのではないかと想像しています。

 マツダは2017年にRX-7をプレミアムスポーツカーとして復活させると明言しているようですが、どんな形で世に出されるんでしょうね。なんでも価格はフェアレディZよりも高価になるとのことなので、またカタログだけで堪能しようと思っています。

サバンナRX-7・GT-LIMITED(FC3S型)
全長×全幅×全高 : 4310×1690×1270mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1280kg
エンジン : 直列2ローターターボ 654cc×2 185PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/12/14 16:11 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(10)

旧車・マツダ・カペラ(GD型) 

111017a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a05.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にマツダから発売された5代目カペラ(GD型)です。このカタログはCGと呼ばれる5ドアハッチとセダンのものですが、他にC2と呼ばれるクーペとステーションワゴンのカーゴがありました。多彩なバリエーションの中でもマツダがメインに据えていたのは5ドアハッチバックのCG(City GEAR)。当時は不自然な5ドアハッチが多かったですが、このカペラCGについては現在のアテンザ・スポーツと同様、とてもカッコよくまとめられている5ドアハッチバックですね。

 さて、この5代目カペラ、“ベーシック&アドバンス新型カペラ”というキャッチフレーズが用いられているように、カタログでもあらゆる部分で“基本を大切にする”と連発されています。いかにもマツダらしくて好感が持てますね。“見せかけではないシンのところで”基本性能をしっかり高めてよいクルマを造る。現在のスカイアクティブ技術もこの延長線上にありますね。

 一方で、“見せかけではないシンのところで”とカタログでPRした、その舌の根も乾かぬうちに“見せかけ”だけを変えた姉妹車を乱発し、経営不振に陥ったのは皆様ご存知の通り。言うまでもなく次のクロノス兄弟のことです。マツダファンの私が言うのもなんですが、メーカーのカタログに書かれている文面を文字通り真に受けてしまうのも注意が必要ですね。

 それにしてもこのカタログに載っているショートカットのモデルさん、すばらしく綺麗な女性ですね。こんな綺麗な方が乗られていてもとても様になっているマツダのカペラCGなのに日本ではどうしてマツダというだけで百姓グルマと言われるんでしょうね。ちょっと疑問に思ったので、脳内でこの女性を作業着姿の私に変換してみました。そして女性がハッチを開けて花束を抱えているカットは、ハッチを開けて作業着姿の私が醗酵鶏糞15kgの袋を抱えているカットに変換してみました。助手席に置かれているリボンが付けられたプレゼントらしきものは、ザルいっぱいの採れたて新鮮ミニトマトに変換してみました。もちろん停められているのはしゃれたレンガ造りの建物の前ではなく、野菜直売所の駐車場。うーん、やっぱり似合っているようです(合成画像はご想像にお任せします)。さすが百姓グルマ、農家の味方ですね。乗り手に応じてセレブなクルマにも百姓グルマにも見える、これはある意味すごいことだと思います。レクサスにはとても真似ができませんね。

 このカペラ、車速感応型4WSとともに、スポーティーなスーパーチャージャー搭載ディーゼルエンジンが技術的な目玉となっています。マツダからもうじき発売されるCX-5も、スカイアクティブ-Dと呼ばれるディーゼルエンジンが国内版でも搭載されるようですね。

 この代のカペラを境に“見せかけ”路線に転換してカペラを消滅させ、大ピンチに陥った反省から“基本を大切にする”路線に戻りカペラを復活させ、現在はその後継として素晴らしいアテンザを世に出しているマツダ。そのマツダが“基本を大切にした”スカイアクティブ技術をフルに盛り込んで世に送り出すCX-5もとても楽しみなクルマですね。マツダファンとしては、くれぐれもこのカペラのように、舌の根も乾かぬうちに方針転換することはないようにと願うばかりです。

カペラCG・SG-Ri(GD8P型)
全長×全幅×全高 : 4515×1690×1375mm
ホイールベース : 2575mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直4OHC 1789cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/17 11:42 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(14)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。