旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型マークXに試乗してきました。 

091112a01.jpg

091112a02.jpg

 先日発売されたトヨタの新型マークXに試乗してきました。試乗したのは2.5リッターの250G・リラックスセレクション、最廉価のFパッケージではありませんでしたが、269万円のスタンダード・グレードです。
 運転席に乗り込んだ感じは先代マークXと同じくややタイト気味、ミニバンの広大な運転席に慣れた方だと窮屈さを感じると思いますが、スポーティーカーが好きな方にはちょうど良いタイト感ですね。ちなみに私のアクセラよりもタイトに感じられました。
 走り出してよい意味で少しびっくりしました。先代マークXもずいぶんスポーティーな味付けになっていましたが、新型はさらに「上質なスポーティーさ」になっているように感じられます。BMWを目指しているだけあって路面のインフォメーションがしっかり伝わってくる足回りですね。最近のマツダ車に慣れている私にはとてもしっくりくる運転感覚だったのですが、「路面のインフォメーションを全て吸収してしまうフワフワの足回り=高級な乗り心地」と考えている一昔前のトヨタ車ユーザーには「乗り心地が悪い」と捉えられてしまうかもしれませんね。
 2.5リッターV6エンジンはレギュラー仕様になったとはいえ、パワーは十分、踏み込めばしっかりした加速をしてくれます。この加速感というもの、上を見ればきりがないですが、2.5リッターグレードで十分スポーティーな走りを楽しむことができると思います。

 私はアンチ・トヨタですが、この新型マークX、とてもいいですね。この路線で大トヨタがスポーティーカーを熟成させていくと、スポーティーさが売りのマツダはピンチになってしまうのではないかと思ってしまったほどです。新型プリウス発売以降、トヨタもぼったくり体制をやめて極めて良心的な価格付けを行っていますから、価格競争力も抜群です。
 2.5リッターで考えると、新型マークXとマツダ・アテンザ、価格はほとんど変わりません。寸法もほとんど変わらないとはいえ、マークXはV6エンジン搭載のFR車、アテンザは直4搭載のFF車、内容はマークXのほうが一枚上です。(しかしながら同じ車両価格のマークXとアテンザの場合、最終的な購入価格は「マツダ値引き」によってアテンザのほうが数十万安くなるとは思いますが。)

 ここまでスポーティー路線で新型マークXを発売してくれたのですから、願わくばMTグレードを追加してかつてのツアラーVのようなモデルを出して欲しいものです。日本全国どこでもプリウスだらけになるであろう半年後以降、きっとクルマ好きを惹きつけてくれる貴重な存在になると思いますよ。

マークX・250G・リラックスセレクション(GRX130型)
全長×全幅×全高 : 4730×1795×1435mm
ホイールベース : 2850mm
車両重量 : 1520kg
エンジン : V6DOHC 2499cc 203PS
希望小売価格 : 269万円

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2009/11/12 18:13 ] 2000年代トヨタ | TB(0) | CM(2)

新型マークX(GRX130/133/135型)を見てきました。 

091026a01.jpg

091026a02.jpg

091026a03.jpg

091026a04.jpg

091026a05.jpg

091026a06.jpg

 昨日の日曜日、近所のトヨペット店で発売されたばかりのトヨタ・新型マークX(GRX130/133/135型)を見てきました。基本的に先代からキープコンセプトのモデルチェンジなので、パッと見ではあまり変わっていないように思えますが、よく見ると精悍かつグラマラスになってかなりカッコよくなっています。
 ハイブリット車を始めとするエコカーブームの真っ只中なので、かなり存在感が希薄になってしまったマークXでしたが、じっくり見ていくととても魅力的なクルマです。
 そもそもこのクルマ、クラウンやレクサスISとエンジン・トランスミッション・プラットフォーム等が同じです。にもかかわらず、もっともお買い得グレードは238万円から用意されています。V6・2.5リッター・6ATを搭載したFRサルーンが238万円。ウレタンステアリングや鉄ちんホイールであることを考慮しても非常に良心価格ですね。
 3.5リッターを搭載した高級グレードももちろんありますが、このマークX、売れ筋はおそらく2.5リッターの最廉価グレード、「250G・Fパッケージ」になると思います。
 そもそもプレミアム感を求めるのならマークXではなく、クラウンやレクサスを選ぶことでしょう。マークXを選んでいる時点でプレミアム感からは開放されているわけですから、最も賢明なマークXの選択は、238万円の250G・Fパッケージを素の状態で購入し、オートバックスへ行って台数限定の型落ちナビを10万円以下で後付。そうすれば250万円以下で性能的にはクラウンやレクサスISとまったく遜色のない高級FRセダンが手に入ります。
 デザインも決して悪いわけではありません。ディーラー営業マン氏いわく、『新型マークXはBMWをかなり意識して(参考にして?真似して?パクって?)デザインされています』とのことなので、ドイツの高級セダンの隣に駐車しても見劣りすることはありません。
 個人的にはこの新型マークX、とてもカッコいいと思いますので、後はトヨタお得意の「木目調プラスチック」内装をやめてくれると嬉しいのですが・・・。
 レクサスのように本物の木で内装を作るのなら高級感も出ますが、どうもあの「木目調プラスチック」を見ると、建売住宅の安っぽい建具を見ているようで興ざめしてしまいます。プラスチックを使うのなら単色のプラスチックを使ったほうがずっと高級感が出るような気がするのは私だけでしょうかね。
 少々ケチを付けてしまいましたが、コストパフォーマンスが極めて高いクルマであることは間違いないと思います。こういう素晴らしい車が安価に提供されることは我々にとっては素晴らしいことですが、自動車メーカーにとっては大変な時代になってしまいましたね。もう以前のようにボることができなくなってしまいましたから。
 今回は試乗車がまだ用意できていないとのことだったので試乗はお預けになってしまいましたが、「いい車が安く買える」とても良い時代になってきましたね。

トヨタ・新型マークX・250G・Fパッケージ(GRX130型)
全長×全幅×全高 : 4730×1975×1435mm
ホイールベース : 2850mm
車両重量 : 1510kg
エンジン : V6DOHC 2499cc 203PS(レギュラー仕様)
価格 : 税込238万円

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/10/26 15:15 ] 2000年代トヨタ | TB(0) | CM(2)

新型プリウス(ZVW30型)に試乗してきました。 

090521b01.jpg

090521b02.jpg

090521b03.jpg

090521b04.jpg

090521b05.jpg

 本日、近所のディーラーで新型プリウス(ZVW30型)の試乗をしてきました。私はアンチ・トヨタなのですが、この新型プリウス、結構いいではありませんか。
 カタログに『スーパー・ハイブリットカー誕生』と書かれている通り、本当に『スーパー・ハイブリットカー』だと思いました。営業マン氏の話によれば、すでに8万台を超える受注をしているとのこと。ハイブリットカーとしてのプリウス・ブランドのすごさが表れていますね。
 試乗したのは「G・ツーリングセレクション」という上級グレードでしたが、205万円のグレードでも基本性能は同じだそうです。
 運転席に乗り込み、ブレーキを踏んでスタートボタンを押します。「READY」と表示されたら発進可能という、プリウス独特の「エンジンが動いていないのにクルマは動きますよ」という雰囲気には未だに慣れませんが、走り出せば想像以上に元気に走ります。ハイブリット車特有のブレーキ感覚にだけ注意すれば、「2.4リッター車並のパワー」でグイグイ走ることも十分可能です。
 これだけ元気に走っても、営業マン氏いわく、「燃費が22km/Lを切ることはまずないでしょう」とのこと。トヨタの技術力はさすがですね。
 とにかく素晴らしい出来の新型プリウスですので、他社の2リッタークラスのクルマにとってとても脅威になることは間違いないのですが、トヨタのカローラ、プレミオ、オーリス、ブレイド、場合によってはノア、ヴォクシーまでもを喰ってしまうのではないかと余計な心配をしたほどです。
 私はマニュアルミッションの古典的なクルマを愛する中年オヤジですが、時代の変化に応じて、今後はこういうクルマが主流になっていくんだろうな~としみじみ思いました。
 プリウスの素晴らしさの余韻に浸りながら、帰りにアクセラを買ったディーラーに寄り、新型アクセラの簡易資料をいただきました。見てびっくり、MTがないじゃないですか!それに1.5リッターグレードはCVTのみとのこと。こちらでも時代は確実に変化しているようでした。

新型プリウスG・ツーリングセレクション(ZVW30型)
全長×全幅×全高 : 4460×1745×1490mm
ホイールベース : 2700mm
車両重量 : 1350kg
エンジン : 直4DOHC 1797cc 99PS
モーター : 交流同期電動機 82PS

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/21 18:00 ] 2000年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。