旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・いすゞ・ピアッツァ(JR120/130型) 

090520a01.jpg

090520a02.jpg

090520a03.jpg

090520a04.jpg

090520a05.jpg

 1981年にいすゞから発売された初代ピアッツァ(JR120/130型)です。このカタログはヤナセから販売されていたピアッツァ・ネロの最終型のものなので、本家の可動式ヘッドライトカバーが付いていませんが、基本的に同じクルマです。
 いすゞ自動車の中ではフラッグシップモデルであり、1968年以降生産を続けられていた名車117クーペの後継として誕生しました。117クーペ同様、ジウジアーロ氏によるデザインでとてもカッコいいと思うのですが、117クーペが素晴らしすぎたことと、当時スペシャリティクーペとしてトヨタ・ソアラが絶大な人気を誇っていたために、ちょっとマイナーなクルマというイメージがありましたね。にもかかわらず1991年まで、実に11年間にわたって生産が続けられたということはいかにもいすゞらしいです。
 かなり斬新的なスタイルのピアッツァですが、スタイルだけでなく運転席も斬新的でした。通常のウインカースイッチとワイパースイッチにあたる部分にエアコンやハザード等のスイッチもズラリと並べ、「サテライトスイッチ」という呼び名でハンドルから手を離さずにいろいろな操作ができることをアピールしていました。
 私はこのクルマを運転したことがないので「サテライトスイッチ」が便利なのかどうかは分かりませんが、きっと慣れれば使いやすいのだと思います。
 ピアッツァの「サテライトスイッチ」のようにゴテゴテしたものはあまり見ませんが、最近の車もハンドルのスポーク部分にいろいろなスイッチが付くようになりましたね。私の愛車・アクセラにもハンドルにオーディオスイッチが付いていますが、私は運転中にあまりオーディオをかけないのでハンドルスイッチが便利なのかどうかはいまいち分かりません。
 さて、マイナーながらもそれなりに熱狂的なマニアを獲得していったピアッツァでしたが、1991年に発売された2代目ピアッツァはまったく毛色の異なる車となり、とても存在感が薄くなりました。そして93年にいすゞは乗用車生産から撤退しましたので、存在感どころか存在がなくなりました。
 とはいえ現在もトラックメーカーとしてトラックやバスを生産していますので、また117クーペやピアッツァのようなクルマを出してほしいものですね。

ピアッツァ・ネロ XEハンドリングbyロータス(JR120型)
全長×全幅×全高 : 4385×1675×1300mm
ホイールベース : 2440mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4SOHCターボ 1994cc 150PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

スポンサーサイト
[ 2009/05/20 16:49 ] 1980年代いすゞ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。