旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・カルタス(AA41S/AB41S/AB51S型) 

130202a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にスズキから発売された初代カルタス(AA41S/AB41S/AB51S型)です。スズキが発売した小型車としては60年代のフロンテ800以来の2台目。ホンダ・シビックのケース同様、二輪メーカーが四輪に参入し、軽自動車から小型車へステップアップするのはなかなか大変だったようですね。

 さて、この初代カルタス、地味で目立たない存在でしたが、このクルマもトヨタ・カムリ等と同様の世界戦略車です。海外では「スイフト」という車名が付けられていた地域もありましたので、現在のスイフトの始祖でもありますね。国内ではあまり存在感がありませんでしたが、米国では「下駄グルマ」としてずいぶん売れていたようです。

 このカルタスは、1981年に業務提携をしたGMとの共同開発車です。1981年と言えばスズキの二輪の中で今なお根強い人気を保ち続けているGSX1100S刀が海外で発売された年。既にバイクでは第一級の存在感を世界中に示していたスズキが小型車に本格参入したのがこのカルタス、そしてこのクルマは海外では「スイフト」と呼ばれていたこともあったというと、なんだか街で見かけるスイフトはスズキの四輪の象徴のように見えてきますね。

 ところで、現在のスイフトは先日世界累計販売が300万台を超えたとの報道がありましたが、そのうちの45%はインドでの販売なんですよね。GMと共同開発したカルタスから始まったスズキの小型車の流れは現在スイフトが担い、今後中国と並ぶほどの巨大な市場と見込まれているインドでカー・オブ・ザ・イヤー(2006年)を受賞するまでになりました。

 初代カルタスが出たとき、個人的にはまったくカッコいいクルマとは思えず、舘ひろしさんをCMに起用してしまったらカルタスのカッコ悪さが余計に目立ってしまうだろう、と思っていました。そんなカルタスからスタートしたスズキ・スイフト、トヨタ・カムリやホンダ・アコードとは異なる分野での日本を代表する世界戦略車に育ってほしいものですね。

カルタス1000・3ドアGS(AA41S型)
全長×全幅×全高 : 3585×1545×1350mm
ホイールベース : 2245mm
車両重量 : 640kg
エンジン : 直3SOHC 993cc 60PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/02/02 12:10 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(18)

旧車・スズキ・エブリィ(DA71V/DB71V型) 

100527a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にスズキから発売された2代目エブリィ(DA71V/DB71V型)です。現在の軽自動車と比べると、全長で20センチ、全幅で8センチ小さな規格のクルマですから、なんとなく雰囲気が異なりますね。この時期の軽はタイヤも現在ではほとんど見られない10インチが主流でした。10インチタイヤといえば、50ccスクーターのホンダ・ディオやトゥディと同じサイズですね。
 1990年に排気量が660ccに変更され、全長が10センチ拡大されました。そして1998年にはさらに全長が10センチ拡大され、全幅も8センチ拡大されました。つまりこのサイズの軽は今から20年前に生産が終了されているんですね。
 にもかかわらず、最近よくこの規格の軽を目にします。皆様のご近所にも出現していると思うのですが、あの不用品を無料で回収するという廃品回収業者のクルマです。あの方々が乗られている軽トラックって、なぜかとても古いものばかりなんです。いろいろなトラブルをよく耳にしますが、なにか関係があるんでしょうかね。
 さて、話がちょっとずれてしまいましたが、このクルマも軽規格が改正されるたびにフルモデルチェンジされ、現行型はずいぶん立派なワンボックスカーとなりました。スズキのサイトで現行エブリィワゴンの価格を見てびっくり、169万円もするグレードがあるんですね。私のアクセラよりも高価です。時代も変わったものですね。
 先代プリウスがプリウスEXとなって現在は189万円、ホンダ渾身のハイブリットカー・インサイトが189万円、マツダのi-stop搭載アクセラが189万円、そしてエブリィワゴンが169万円。なんだか物の価値がわからなくなってきますね。素人感覚ではこれらの三台とエブリィワゴン、どう考えても20万円以上の違いがあるように感じます。
 まあ軽自動車のメリットは今となっては自動車税を始めとする維持費が安いという点のみ。軽自動車優遇税制見直しの声もチラホラ聞かれるようになりましたから、この先はどうなるんでしょうね。
 もっとも素人が考えているよりもメーカーはずっと深く考えていますから、スズキ等は軽自動車中心から普通小型車への移行を真剣に進めているようですね。

 話は変わりますが、今日、スズキのサイトを見たら、ジムニー40周年ということで、歴代ジムニーのカタログをPDF形式でダウンロードできるスペシャルサイトが用意されていました。
 全部で14冊、持っていないのもたくさんありましたからちょっと嬉しかったです。他のメーカーもこういうことしてくれるといいですね。

エブリィ・ハイルーフPL(DA71V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1860mm
ホイールベース : 1840mm
車両重量 : 720kg
エンジン : 直3OHC 543cc 30PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/05/27 18:39 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(8)

旧車・スズキ・ジムニー(JA71型) 

090723a01.jpg

090723a02.jpg

090723a03.jpg

090723a04.jpg

090723a05.jpg

 1986年にスズキから発売されたジムニー(JA71型)です。ジムニーについては、以前に初めて550ccとなったSJ10型を取り上げましたが、今度は初めて4サイクルエンジンとなったJA71型です。
 軽規格の変更等により、エンジンや細かな造形は何度も変更されていますが、基本的にはこのJA71型はSJ30型から続く2代目ジムニーということになっています。ちなみに3代目ジムニーは1998年に発売された現行型ですので、初代11年、2代目17年、3代目も現時点ですでに11年と、それぞれに息の長いクルマですね。
 さて、このJA71型ジムニーが販売されていた頃、アメリカではジムニーに関する良からぬ話が出ていました。記憶に残っておられる方も多いと思いますが、あの『サムライ転倒訴訟』です。サムライとは北米で販売されていた1300cc版ジムニーのことで、なんでも急旋回すると転倒しそうになって危険だという実験結果が出たとのこと。
 実験しなくとも見るからに重心が高いクルマですので、急旋回すれば転倒しそうなことぐらい誰が考えてもわかりそうなものなのですが、あえて実験をすることにより、「サムライは危険なクルマ」という印象が持たれてしまったようです。
 結局あの騒動はサムライを含めた日本製の小型SUVが本家・クライスラー・ジープの販売にとって障害となると考えた米メーカー首脳が日本車追い出しのために展開したらしいですね。
 今から考えてみると、あのときに政治的にサムライを追い出すのではなく、本家が1500ccぐらいのミニ・チェロキーを開発してサムライとガチンコ勝負に出ていれば、20年後に会社が破綻なんてことにはならなかったのかもしれませんね。
 なにはともあれ、我らがジムニー、これからも今のキャラクターを保ったままずっと生き残ってほしいものです。なんといってもジムニーは国産車では数少ない独自の世界を持った名車ですから。

ジムニー・インタークーラーターボ・フルメタル(JA71C型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1670mm
ホイールベース : 2030mm
車両重量 : 800kg
エンジン : 水冷4サイクル3気筒インタークーラーターボ 543cc 52PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/07/23 07:42 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(6)

旧車・スズキ・アルトワークス(CL11V/CM11V型) 

090513a01.jpg

090513a02.jpg

090513a03.jpg

090513a04.jpg

090513a05.jpg

 1988年にスズキから発売された2代目アルトワークス(CL11V/CM11V型)です。初代アルトワークス(CA72V/CC72V型)は前年に2代目アルトの特別シリーズとして誕生しました。88年にアルトが3代目にフルモデルチェンジしたことにより、アルトワークスも初代のじゃじゃ馬ぶりそのままに2代目となりました。
 87年に初代アルトワークスが誕生したとき、軽自動車でありながらツインカムターボエンジンを載せたホットモデルとしてずいぶん話題となりました。現在も続いている軽自動車の64馬力規制は初代アルトワークスの出力が元となっています。
 さてこのアルトワークス、550ccで64PS・リッターあたり117PSと、カタログでもエンジンの高性能さが詳しく紹介されています。現在でも根強いマニアが存在しているように、その走りは軽快を通り超えてちょっと怖いぐらいでした。
 昔よく行っていたスナックのお姉ちゃんがちょうどこの型のアルトワークスに乗られていたので、何度か運転させてもらったことがあります。まるでカートを運転しているような感覚で、好きな人にはたまらない運転フィーリングだと感じましたが、ちょっと過激すぎるような気もしました。いずれにせよ軽自動車の世界に新しい価値観を持ち込んだ名車であることは間違いないですね。
 アルトワークスには何度か乗らせてくれたお姉ちゃんでしたが、お姉ちゃん自身には一度も乗らせてくれませんでした。まあ会社の交際費でちゃんと取引先の方と一緒に「仕事で」行ってただけだから別にいいけど・・・。バブル期ならではの感覚ですね。

アルト・ワークス4WD・RS/R(CM11V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1400mm
ホイールベース : 2335mm
車両重量 : 660kg
エンジン : 直3DOHCインタークーラーターボ 547cc 64PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/05/13 18:56 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。