旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ヤマハ・DT50 

120916a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120916a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にヤマハから発売され、その後1997年頃まで小変更を繰り返しながら販売され続けた原付バイク、DT50です。写真のモデルはおそらく最終型で、記念すべき私の初バイク、生産終了後、かなりの期間販売店で寝かされていたもので、オドメーターは数キロなのですが、ところどころに小さな錆が発生していました。

 さて、このDT50、一昔前は原付免許を取ったばかりの高校生が初めて乗るバイクの定番の1台でしたが、私が乗ったのは本来の時期とは異なり中年と呼ばれる年齢になってから。ラジコン仲間の溜まり場(飛行場)に乗っていったときなどは、皆が懐かしがってこのDT50で遊んでいました。

 私が出入りしているラジコン仲間は皆ほとんど同じ趣味の流れで、若い頃原付に乗り始め、その後本格的にバイクに凝りだし、そして家庭を持ったりして落ち着いてきたのでバイクを止めたり、またバイクで行き着くところまで行って(大型を所有)、次の趣味としてラジコンヘリへ、という方ばかりです。

 そんな方々ですから、このDTに乗っても、「これぐらいのパワーだと気楽に遊べるから一台あると面白いよね」という反応でした。しかしながら、私にとっては初バイク、「原付なのにこんなにスピード出るのか!」とちょっと怖いぐらいでした。とはいえ、慣れてくると時速60km超えたあたりのちょうど気持ちの良いところでエンジンがぐずり出す(スピードリミッターのため)感覚がどうにも我慢ならず、CDIを交換してリミッターカット、というまるで高校生そのものの行動をして悦に浸っていました。

 甲高い2ストサウンドを響かせながら原付とは思えぬスピード感(スピード感ではなくスピードかも)を堪能していたのですが、ある時、ふと「もしこれでネズミ捕りに捕まったらどうなるんだろう?」と考えたら、急にCDIによるリミッターではなく、精神的なリミッターがかかるようになってしまいました。原付の法定速度って時速30kmなんですよね。

 それ以降、なんだかDTで走るのがちょっと苦痛になってきたので、まだ購入して1年も経っていませんでしたが、全然走らない今のXR50モタードに買い換えました。XRに乗り換えた当初は反対にあまりの走らなさに愕然としましたが、これも慣れればどうということはなく、今はトコトコとのんびり走る快感を堪能しています。

 今、国内もゴタゴタですが、お隣の国における反日行動も心配な雰囲気になってきましたね。こんな時こそ、周囲のムードに流されず、地に足をつけて自分自身の原点を振り返り、自分なりの視点で冷静に物事を判断し、行動していきたいものですね。

120916a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 この写真はミニソーラーでインパクトドライバーのバッテリーを充電しているところ。今、少しずつ母屋以外の建物の棚や家具等に耐震対策を施しています。我が家のミニソーラー、今はダンボールの上に一式を置き、太陽の方向へ向けて定期的にダンボールごと向きを変える「手動太陽追尾型」になっています。周囲の雰囲気がどうなっていようとも自分自身がすべきことが変わるわけではありませんからね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/09/16 18:56 ] オートバイ | TB(0) | CM(6)

ヤマハ・テッセラクトはどうなった? 

101021a01.jpg
(画像クリックで拡大)

 2007年の第40回東京モーターショーでヤマハが参考出品車として発表したテッセラクトです。この年のモーターショーは日産GT-Rが展示されるということで、私も名古屋で開催されたときに見に行ったのですが、個人的にもっとも惹かれたのはGT-Rではなく、このテッセラクトでした。

 動力源はV型2気筒エンジンとモーターのハイブリットということでしたが、動力源が何だろうとそんなことはどうでもよく、ただただこのメカメカしさにノックアウトされ、真剣に市販を熱望していました。しかし残念なことに、その後のモーターショーで「市販予定車」としてテッセラクトの改良品が発表されることはなく、この話題が上がることもなくなってしまいました。

 まあテッセラクトが発表された後、リーマンショックが起きて自動車産業そのものが冷え込んでしまいましたからもうこのような乗り物が世に出ることなんてないんだろうな~と私自身も半ば諦めていました。

 先日、「超小型車」という規格が新しく設けられ、原付と軽自動車の間に位置する1人から2人乗りの電気自動車がこの夏にも公道走行可能になるというようなニュースを見ました。地方の高齢者が近場の足として利用することを前提に置いているようですが、想定しているイメージはコムスよりも少し大きな車体のようですね。

 このニュースを見てから、私の中でテッセラクトへの熱望がまた甦ってきました。超小型車の規格、ぜひ成功させて、新たな車両区分として定着してほしいものですね。まだ十分使えるクルマを次から次へと買い換えさせて経済を回転させるよりも、こういう新たなジャンルを確立して経済を回転させるほうがずっと健全ですし、新たなジャンルが生まれることによって新たな文化も生まれ、今の閉塞感を打破することにつながっていくと思います。

 「超小型車」というジャンルが確立すると、現在の軽自動車や普通車の販売台数は減少するかもしれません。しかしそれはそれでいいと思います。超小型車に負けないように軽自動車がより魅力的なものになり、超小型車や軽自動車に負けないように普通車がより魅力的なものになっていけばいいだけの話です。「超小型車が1台あれば十分だよね」という状況になるのであれば、そもそも現在の軽自動車や普通車がそれだけ無駄な存在だったということですからね。

 数日前、ちょっと用事があり、京都まで往復300km程の行程をデミオで走ってきました。高速主体のドライブで大人4人が乗るということだったので1.3Lのデミオではちょっと厳しいかな~と思っていましたが、パワー不足を感じることもなく、とても快適に走ることができました。自動車雑誌では評論家の方が「多人数乗車や長距離移動の機会が多いのなら1.5Lモデルを」なんて書かれていますが、1.3Lでも十分ですね。

 さらに言えば、京都の街中って、デミオでも大きすぎますね。それこそ「超小型車」が欲しくなってきます。京都市内をクラウンクラスのクルマで走る方って、ちょっと尊敬してしまいます。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/07 16:38 ] オートバイ | TB(0) | CM(10)

旧車・スズキ・コレダ号 

090608a01.jpg

 1953年に誕生したスズキ初の本格オートバイ、コレダ号です。この画像は『月刊オートバイ』誌1957年12月号に掲載された広告ですので、初代のCOX-1型90ccモデルではなくST?型125ccモデルですが、初代コレダ号もほぼこんな格好をしています。
 さてスズキといえば1909年に創業された「鈴木式織機製作所」がルーツで、もともとは繊維産業向けの織機製造会社でした。鈴木式織機は海外に輸出されるほど成功していましたが、創業者の鈴木道雄氏の判断で、徐々に自動車も手がけるようになっていきました。
 しかしながら戦争が勃発し、なかなか自動車分野へ進出できずにいたのですが、戦後しばらくしてまずバイク生産を開始しました。最初はバイクといっても自転車にエンジンを取り付けたバイクモーター、ダイアモンド・フリー号でした。その後、本格的なオートバイとして最初に生産されたのがこの『コレダ号』、そしてコレダ号の量産体制が整った1954年に社名が『鈴木自動車工業株式会社』となります。
 ご存知の方も多いと思いますが、『コレダ号』の名前の由来は『オートバイはこれだ!』の『これだ!』です。バイクモーターには『ダイアモンド・フリー号』というカッコいい名前が付いているのとは対照的にずいぶん安易な決め方ですね。それでも後年『コレダ・スポーツ』や『コレダ・スクランブラー』というバイクが発売されたとき、それなりにカッコいい名前に聞こえていましたから不思議なものです。

 ところで、織機会社といえばトヨタももともと織機会社でしたね。鈴木式織機の販売を始めた頃、既にトヨタは大きな工場へ動力式織機を納入していました。『鈴木式織機』は足踏み式で、主に中小工場をターゲットに販売されていました。現在の自動車製造においても構図があまり変わっていませんね。スズキは軽自動車にしてもバイクにしてもとても面白い製品を出す会社ですから、『次世代車はこれだ!』の『新・コレダ号』をいきなり発表して世の中を驚かせてほしいものですね。


にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/08 18:20 ] オートバイ | TB(0) | CM(2)

旧車・昔のオートバイ 

090422a01.jpg

090422a02.jpg

090422a03.jpg

090422a04.jpg

090422a05.jpg

 倉庫の整理をしていたら、昔の自動車雑誌やバイク雑誌がたくさん出てきました。こういうものが出てくるとそちらに注意が向かってしまい、作業が一向に進みません。困ったものです。
 さて、その中の一冊、『オートバイ』誌、1956年1月号をご紹介します。表紙の他は全て1頁広告を抜粋しました。
 現在でこそ国内には4社しかバイクメーカーはありませんが、当時はとてもにぎやかです。ホンダ、ヤマハはもちろんですが、新明和、みづほ自動車、片倉オート、トーハツ、エーブ自動車、富士自動車、中島工業、大槻工業、陸王、丸正自動車・・・、まだまだ他に沢山あるようです。
 私は二輪免許は持っておらず、たまに原付に乗る程度なのであまり単車には詳しくないのですが、53年前のバイクとはいえ、四輪ほど古さは感じませんね。
 現在の二輪車といえば、ビッグスクーターやスーパースポーツ等の現代的なバイクももちろんありますが、ホンダ・スーパーカブやヤマハ・SR等は数十年前からスタイルが変わっていません。それどころか、あえてクラシカルスタイルで発売される新車が数多くありますね。四輪の世界ではハイブリット化一色の感がありますが、その波はそのうち二輪にも波及してくるかもしれませんね。電動アシスト自転車の技術進歩はすごいですから。

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/22 17:40 ] オートバイ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。