旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・初代スバル・サンバー 

090223a.jpg

090223b.jpg

090223c.jpg

090223d.jpg

090223e.jpg

 1961年にスバルから発売された初代サンバーです。初代からずっとリアエンジン・リア駆動を基本としていますので、『農道のポルシェ』といわれている軽トラです。スバル360の開発と同じ方が主任技術者を務めたため、この初代サンバーもとても愛嬌のあるスタイルをしていますね。
 さて、サンバーといえば『赤帽トラック』です。ご存知の方も多いと思いますが、赤帽で使われているサンバーは耐久性を強化した特殊仕様、20万キロまでオーバーホール不要で使用可能なスーパー軽トラックです。赤帽側の厳しい要求に唯一真摯に向き合ったスバルが一生懸命開発した自信作で、過酷な業務をこなす赤帽ドライバーからの信頼を勝ち得ました。そのため、赤帽で使われている軽トラはスバル・サンバーのみです。
 サンバーに限らず軽トラックというのは田舎でも都会でも一番身近な貨物車なのですが、意外なことに運転していてとても楽しいのです。非力なエンジンなのでスピードは出ませんが、遮音効果がほとんど考慮されていないため、スピード感はとてもあります。3リッタークラスの乗用車ではとてもゆっくりに感じられる時速60キロ程度の幹線道路巡航でも、軽トラなら高速道路を走っているような緊張感を味わえます。
 ご自身のクルマに飽きが来たら、レンタカー等で一日軽トラを運転してみると、愛車の魅力が再発見できるかもしれません。ひょっとしたら軽トラの魅力に惹きつけられて愛車のほうを手放してしまうかもしれませんが。

サンバー・トラック
全長×全幅×全高 : 2990×1300×1520mm
ホイールベース : 1670mm
車両重量 : 425kg
最高速度 80km/h
エンジン : 空冷2サイクル2気筒 356cc 18PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

スポンサーサイト
[ 2009/02/23 11:39 ] 1960年代スバル | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。