旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・カペラ(CB型) 

110130a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1978年にマツダから発売された3代目カペラ(CB型)です。“国際車宣言、カペラ。驚異の「空力ボディ」で新発売!”ということで華々しく登場しましたが、個人的にはいまいち印象の薄いクルマでした。それもそのはず、マツダからはこのカペラが登場した半年前に、強烈な印象を与えた歴史的な名車、サバンナRX-7が登場していましたので、私の関心はそちらへ全部向かってしまっており、カペラにまで注意が行っていなかったんですね。

 当時のマツダのラインナップは武田鉄矢さんが映画で乗られていたファミリア、サバンナRX-7、縦2灯ヘッドランプのルーチェ・レガート、そしてこのカペラ等でした。現在のように全てがマツダ顔で統一されているラインナップとは正反対で、それぞれがまったく異なる雰囲気を持っていました。似たような顔で大きさだけ異なるラインナップも考え物ですが、あまりにも方向性がバラバラのラインナップもちょっと考え物ですね。

 さて、この3代目カペラ、“国際車”と謳っているように、海外、それもヨーロッパに主眼を置いて開発されていたそうです。現在でもマツダ車は欧州では高い評価を受けていますが、国内での評価はいまひとつ。マツダはこの頃からそんな状態に慣れちゃっていたんでしょうね。
 ちなみに個人的には、このカペラは“外れタクシー”というイメージを持っています。なぜか、この型のカペラセダンはタクシーとしてよく使われていました。タクシーを拾おうと通りかかるタクシーを待ち、クラウンやセドリックが来ると“当り”、そしてこのカペラが来ると“外れ”。カペラには申し訳ないですが、当時そんなふうにこのカペラのことを見ていました。

 今あらためてこのカタログを見ると、2ドアハードトップはなかなかカッコいいですね。しかし4ドアセダンについての印象は残念ながら当時のままです。今見ても条件反射のように心の中で“外れ”と呟いてしまいます。同じ顔をしていても2ドアと4ドアではずいぶん印象が異なるものですね。

 ところで、マツダの“国際車”といえば、ミニバンでは珍しくMazda5として国際展開されているプレマシーが、日産へOEM供給されることなりました。どの程度の差別化がなされ、どのような名前で日産プレマシーが販売されるかはわかりませんが、国内販売においては、マツダ・プレマシーよりも日産・プレマシーのほうがたくさん売れそうで、マツダファンとしてはちょっと複雑な気分です。まあ後々“外れタクシー”という印象が残るよりは日産のスポーティーミニバンという印象が残ったほうが良いのかもしれませんが・・・。

カペラ1800ハードトップ・スーパーカスタム(CB2VS型)
全長×全幅×全高 : 4305×1660×1355mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1015kg
エンジン : 直4OHC 1769cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2011/01/30 12:59 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(11)

旧車・マツダ・ボンゴマルチワゴン(BA2型) 

100523a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100523a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100523a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100523a04.jpg
(画像クリックで拡大)

 1978年にマツダから発売されたボンゴマルチワゴン(BA2型)です。先行して発売されていたトラックとマルチバンで好評を得ていた後輪小径ダブルタイヤによる「まったいら」がセールスポイントなので、カタログのキャッチコピーも『ついにワゴンも“まったいら”』となっていますね。
 この時代のワンボックスワゴンの例に漏れず、ボンゴマルチワゴンも完全に商用車ベースのクルマなので、カラーリングを派手にしてRVの雰囲気を出してはいるものの、商用バンにしか見えないのは他社のワゴンと同様ですね。
 ボンゴマルチワゴン、当時どれぐらい売れていたのかはちょっとわかりませんが、個人的にはかなり印象が薄いです。愛知県に住んでいるのが影響しているかもしれませんが、タウンエースやライトエース、それに日産のバネットはよく目にすることはあっても、マツダのボンゴマルチワゴンはほとんど見かけたことがありませんでした。
 初代ボンゴでワンボックスワゴンというカテゴリーを他社に先駆けて提案したマツダでしたが、ワンボックスワゴン人気が出てきた頃にはトヨタや日産といった大手においしいところを持っていかれるという、いつものパターンがこのときにもあったのかもしれませんね。
 さて、このカタログの2枚目画像にもイラストが描かれているように、当時、ボンゴのイメージキャラクターは山城新伍さんでした。独特の口調でボンゴをPRするテレビCMが記憶に残っておられる方も多いことと思います。あのテレビCMでユーモアを交えつつもさわやかなイメージを視聴者に与えておられた山城新伍さんが、晩年あのような寂しい最期を迎えられることになるとは、当時考えもしませんでした。人間、先のことはわからないものですね。
 現在、ボンゴの直系と思われるビアンテのイメージキャラクターは、多才でさわやかハンサムの劇団ひとりさんです。大沢親分のお孫さんとご結婚されてますますご活躍の幅を広げておられますね。まあボンゴとはまったく関係ない話ですが・・・。

ボンゴマルチワゴン・ハイルーフカスタム(BA2V型)
全長×全幅×全高 : 3995×1620×1985mm
ホイールベース : 2155mm
車両重量 : 1205kg
エンジン : 直4OHC 1769cc 95PS



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/05/23 09:08 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(8)

旧車・マツダ・タイタンライト(EXR15/EVB12型) 

100510a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100510a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100510a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100510a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100510a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100510a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1971年にマツダから発売されたトラック、初代タイタンです。このカタログは1977年にマイナーチェンジされた小型トラック・タイタンライト(EXR15/EVB12型)のものです。
 現在のタイタンは1.5トンまでのタイタンダッシュを除いていすゞ・エルフのOEM供給車となっていますが、この時はまだ全てマツダオリジナルで、当時の小型ボンネットトラック・プロシードともなんとなく共通の雰囲気が感じられるマツダ・スタイルをしていますね。
 さて、私は現在マツダ・アクセラに乗っていますが、プライドだけ高く能力が伴っていないブランド志向の親戚からよく、「マツダなんて百姓が乗るクルマだ」と馬鹿にされています。まあ私は農業をしていますので、「だから乗っているんですよ」といつも応えていますが。
 「百姓が乗るクルマ」であるマツダ・タイタン、ちゃんとマツダもわかっています。カタログには絶対に百姓仕事などしないであろう美人のお姉さんがトラクターを操ったり白菜を荷台に載せたりしています。現実にはまずありえないシーンですが、こういうカットを見るとなんだかほのぼのしますね。
 そういえば私はまだ中学生だった頃から親の手伝いでこのお姉さんのようにトラクターを運転していました。自走で畑まで行っていましたからトラックに載せたことはありませんが、まだクルマの運転ができる年齢ではなかったので、トラクターの運転が楽しくて仕方がありませんでした。あっ、自走で畑まで行ったといっても、畦道を走っていただけですから公道ではありませんよ。念のため。
 百姓の味方であるマツダのクルマも合理化のため徐々に他社との境がなくなってきましたね。タイタンはいすゞのトラック、スクラムはスズキの軽トラ、ファミリアバンは日産のADバンです。この先アクセラにプリウスのシステムが積まれたりするようになると、マツダファンの百姓としてはちょっと寂しいですね。どうなることやら。

 「マツダなんて百姓が・・・」の親戚、法事のたびに彼のバ○息子が出た四流大学の自慢を、慶応大学出られた息子さんを持つ別の親戚にしています。その方の困ったような作り笑いを見ると、ほんのちょっとでも彼と同じ血が自分の中に流れていると考えるだけでとても恥ずかしくなってしまいます。

タイタンライト・1.5トン積み・ディーゼル2500(EXR15型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1980mm
ホイールベース : 2495mm
車両重量 : 1760kg
最大積載量 : 1500kg
エンジン : 直4渦流室式ディーゼル 2522cc 77PS


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/05/10 16:44 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(10)

旧車・マツダ・ルーチェAP(LA22S型) 

090214a01.jpg

090214a02.jpg

090214a03.jpg

090214a04.jpg

090214a05.jpg

 1972年にマツダから発売された2代目ルーチェAP(LA22S型)です。ルーチェといえばこの時点ではまだマツダのフラッグシップ車種、初代ルーチェの洗練されたスタイルが好きだった私はこの2代目のスタイルを見てちょっとがっかりしたものでした。
 さてスタイルの話はともかく、この2代目ルーチェのポイントは「AP」の部分です。「AP」とは「Anti Pollution」、いわゆる低公害車のことです。この時代、公害問題がクローズアップされ、自動車の排気ガスは目の敵にされておりました。そこで当時の運輸省が排ガス中のCO、HC、NOx量についての低減目標を作ったため、各メーカーはそれをクリアしなければならなくなってしまいました。今でもよく耳にする「50年排ガス規制」というやつです。
 そんな中、マツダは他社に先駆けてマツダRE公害対策システム、「MAZDA REAPS」なるものを開発し、それを早々に搭載した車がこの2代目ルーチェです。面白いことに当時、マツダやホンダといったマイナーメーカーは排ガス規制対策を積極的に打ち出していたのですが、乗用車の7割を占めていたトヨタと日産は後手に回っていたようです。
 トヨタはホンダからCVCC技術のライセンスを受け、コロナやカリーナにCVCC搭載車をラインナップするという、現在のハイブリット王者・トヨタからすると想像もつかないことをやっていました。
 かたや日産は、なんと小型車サニーに低公害ロータリーを搭載しようとしていたのです。しかしながらこの計画は頓挫して実現しなかったのですが、もし実現していたら「ロータリー搭載のサニー」が存在していたわけですから、ちょっと見てみたかったですね。
 「50年排ガス規制」を様々な苦労をしながら乗り切った自動車各社、今回の不況も何とか乗り切ってほしいものです。この際、当時のように各社協力するところは協力したほうがいい部分もあるのではないかと勝手に想像しております。

ルーチェAP・ハードトップGS?(LA22S型)
全長×全幅×全高 : 4320×1675×1380mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1080kg
最高速度 : 180km/h
エンジン : 2ローターロータリー 573cc×2 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/14 12:18 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(6)

旧車・マツダ・ボンゴ・マルチバン 

090131a01.jpg

090131a02.jpg

090131a03.jpg

090131a04.jpg

090131a05.jpg

 1970年代に発売されたマツダのボンゴ・マルチバンです。特にこれといってクルマ好きをうならせる特徴がある車というわけではないのですが、このカタログはすばらしいです。「マルチバン」というぐらいですから、これはもちろん商用車のバンのカタログ。しかしこのカタログには仕事に励む労働者のカットは一切出てきません。タイヤハウスのないスクエアな荷室をアピールするために「人々の楽しい時間」ばかりが強調されています。
 大勢の綺麗なお姉さま方が乗っているカット、これはもちろん仲間内で旅行へ行けるということのPR、その次の写真では幸せそうな家族のキャンピングカーとして、そして極めつけ、最後の写真は野郎4人が麻雀に興じているカットです。うーん、さすがマツダ、デザインセンスだけでなくユーモアのセンスも持ち合わせていますね。
 このカタログを久しぶりに見て改めて思ったのですが、最近のワンボックス車は後部スペースが旅客機のファーストクラスと化しています。しかし本当のファーストクラスとはある時は大勢のお姉ちゃんを同時に詰め込め、またある時は家族水入らずのキャンプが楽しめ、さらに野郎同士で雀卓も囲めるというのかもしれませんね。

ボンゴ・マルチバン・600キロ積
全長×全幅×全高 : 3995×1620×1825mm
ホイールベース : 2155mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4OHC 1272cc 77PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ


[ 2009/01/31 21:11 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。