旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あれから5年・・・ 

160311a.jpg

 今日は3月11日、あの大震災から5年が過ぎました。5年前のあの日、収穫したナバナを袋詰めしているときに立ち眩みになったかと錯覚するような奇妙な揺れを愛知のこの地では感じました。今日もあの日と同様、ナバナを収穫して袋詰めしていましたが、午後2時46分には作業を中断して1分間の黙とうをしました。この地でも毎年その時間には近所のお寺が一斉に鐘を鳴らしているようで、黙とうの間、どこからともなく鐘の音が響いていました。

 この地域では毎年この時期にナバナ収穫のピークとなりますので、ナバナを収穫するようになるといつもあの奇妙な揺れを思い出します。と同時に、あの地震及び原発事故がなければ毎年暦に合わせて同様の農作業を続けておられたであろう被災農家の方々の悔しさも他人事とは思えずにいます。あの震災以降、大地からの恵みで生活をさせてもらっている以上、やがて私自身も大地から牙を剥かれることもあるという覚悟が必要だと認識するようになりました。

 さて、5年という時間が過ぎましたが、まだ行方不明の方が大勢おられ、17万人以上の方々が避難生活を余儀なくされています。ずいぶん前に収束宣言が出された原発も、素人目にはまったく収束していないように思われます。その一方で、「アンダーコントロール」と大口叩いてまで招致したオリンピック競技場ではすったもんだの挙句に「聖火台がない」状態。きっとオリンピック会場に聖火台を設置することは「想定外」だったんだと思います。津波も想定外、原発事故も想定外、五輪会場の聖火台も想定外、なんだかちょっと複雑な気持ちですね。

 私自身、震災当日、大量のクルマや漁船、住宅が津波によってまるで木の葉のように流され、また温室が一気に濁流に飲み込まれていく映像を目の当たりにし、なんだか考え方がそれまでと変わってしまいました。高性能なクルマも、強固な耐震住宅も自然の驚異には全く無力なんだとつくづく思い知らされました。

 昨今、自動車業界では自動運転技術が主要テーマのひとつとなっています。個人的にはまったく興味がありませんが、2020年の東京オリンピックの折にはある程度の実用化が見込まれているようです。くれぐれもバグによる暴走事故等が起きないようにしてほしいものですね。どのような状況を「想定」して運転プログラムが作られているのかはわかりませんが、クルマを運転していると平時でも「想定外」によく遭遇しますので、ちょっと心配ですね。

 震災後、自然に対してより謙虚な姿勢に移行していくかと思っていましたが、どうも逆方向へ進んでいるような気がします。地元名古屋でも新たな高層ビルが次々にオープンしていますし、都市高速もどんどん延長されています。さらにはリニア新幹線も走るそうで、過密化の一途を辿っています。まあ、優秀な方々があらゆることを「想定」して都市設計をされているから大丈夫なんでしょうが、なにかあったときに「想定外でした」とは言わないでほしいものですね。「想定外のことが起こりうる」ということがあの震災の教訓だったはずですから。

 (このところ、すっかりクルマネタが少なくなってきてしまいました。震災後、やはり自分の中でクルマへの興味が少々小さくなってきているようです。人間、考え方は変わるものですから、何卒ご容赦願います。)


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2016/03/11 18:13 ] その他 | TB(0) | CM(2)

農地は既にマイナス金利 

 このところ、「マイナス金利」という言葉が毎日のようにニュースを賑わせています。先日日銀が発表した金融政策の一つで、要は銀行はお金を眠らせていないでどんどん市中に貸し出し、投資や消費を活発にしなさいということのようですね。この政策の是非は別として、またこれをきっかけにしてなのかどうかはわかりませんが、毎日為替相場も株式市場も大混乱。これほどの大変動を毎日見続けていたら、素人考えでも多少のマイナス金利を覚悟してでもお金を眠らせておくことが一番リスクが低いような気もしてきてしまいますね。

 お金を有効に生かそうとしてメガソーラーを建設したとしても、電力会社の事情で無期限に接続拒否されてしまうかもしれないし、アパートを建設したとしても、人口減時代の今、やがて空室ばかりになってしまうことは目に見えているし・・・。結局何もしないことが一番安全、という結論に至っている方が多いんでしょうね。

 さて、この「マイナス金利」というのは、本来お金を預けると金利をいただけるはずのところ、逆に手数料を支払わなくてはならないという状態のことですが、私の住んでいる地域の農地は既にかなり前からこの状態になっています。地主が農業者に農地を貸し、農業者は地主に地代を支払うというのが本来の姿だと思いますが、この地では地主が農業者に手数料を支払い、田んぼで稲作をしていただいています。もちろん収穫したお米をいくらかいただくということもありません。田んぼの税金、用水代は地主が支払い、用水路の管理(どぶ掃除や止水板の設置等)も地主が行い、農業者に快適に稲作を行っていただく準備は地主がすべて行います。農地の費用や煩わしいことはすべて地主が負い、さらに地主から手数料を取っていても、稲作農業者は割に合わないからもう止めたいと言っています。おかしな状況ですね。

 このようなおかしな状況になっている稲作を、偉い方々は大規模化を進めて海外に売り込もうとしています。米どころと呼ばれる地域の事情がどうなのかは分かりませんが、住宅地と農地が入り混じっている、いわゆる都市近郊地域というのは、おそらく多かれ少なかれこんな状態になっているのではないかと思います。地主のボランティア行為を前提としても成り立たない稲作、いったいどうすればいいのでしょうね。ちなみに、そんな状態ならばどうして田んぼを手放さないんだという意見も出るかもしれませんが、実は地主のほとんどがタダでもいいから田んぼを手放したいと思っているのが本音です。しかし上記のように、仮に農業者がすべての田んぼを自分の田んぼとしてしまったら、税金負担、用水代負担、用水路の管理等を農業者自身でしなくてはならなくなり、地主からの手数料収入もなくなってしまうために稲作が成り立たなくなってしまいます。つまり、都市近郊地での稲作はまったく成り立っていないということですね。

 TPP関連の報道でもこのような中途半端な地域の稲作はまったく話題に上らないので、ちょっと身近な事例を書いてみました。私自身、農業をしていますが畑作のみで稲作はまったくやる気はありません。いくら超低金利、マイナス金利時代と言われても、たかだか2、3反ほどの田んぼのために稲作用農機を購入するような自殺行為はできません。うちのご近所さんも、ほとんどがその程度の規模の田んぼの持ち主ですから、皆考えは同じです。

 金融政策でいくらお金を動かしやすいような環境を作っても、投資するに見合う対象がないのですから動かしようがありませんね。なんだか根本的な部分で歯車がずれてしまっているような気がしてなりません。

160212a.jpg

と、こんなことを焚火をしながら考えていました。都会ではやってはいけないことですが、田舎では剪定した木を皆、タイミングを見計らって庭や畑の片隅で燃やしています。この灰を畑にまくととても良い肥料になるんですよね。ホームセンターでは「草木灰」としてかなり高価な値で売られていますが、もちろん田舎では自家製です。正式には、剪定した庭木は地域のクリーンセンターに処分量を払って引き取ってもらわなくてはならず、さらにホームセンターや農協でお金を払って草木灰を買ってこなければなりません。こんな些細なことだけでGDPがいくらか増えます。しかしながら、田舎ではそんな間抜けなことはせず、剪定し、その場で燃やし、その場の畑にまいています。GDPはまったく増えませんが、明らかに効率的ですよね。GDPを600兆円にするのもよいですが、意外と生活の豊かさはそれだけでは計れないかもしれませんね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2016/02/12 20:34 ] その他 | TB(0) | CM(2)

サンタさんの贈り物 

151224a.jpg

 今日はクリスマスイブ、私が住んでいる愛知県ではホワイトクリスマスとは正反対の、ポカポカ陽気の一日となっています。前回書きましたように、依然として冬物野菜は激安状態。最近ではもうミカンや柚子などの果樹しか出荷していません。おかげで毎日楽させてもらっています。

 こんなとき、私は愛車を車庫から庭の日の当たる場所に移動し、後部座席で音楽を聴いたり読書をしたりして時間を過ごしています。まさに至福の時間、サンタさんからの贈り物でこれ以上のものはありません。かなり寒い真冬の日でも、日が当たれば車内はポカポカなのですが、今日は暖かいどころか暑いぐらいで、上着を着ていられないほどです。サンタさんもちょっと気を利かせすぎですね。

 後部座席にゆったりと座ってアイポッドで音楽を聴いていると、知らないうちにうたた寝状態になってしまい、ウトウトしながら「私はなんて幸せなんだ~」と思ってしまいます。もっとも、誰か他の家族も同乗してしまうと至福の時間を味わえませんから、あくまでも車内では一人きり。幸いなことに昨日、今日と他の家族は旅行へ行きましたから、誰も私の時間の邪魔をする者はいません。今日の午前中、思う存分サンタさんからのプレゼントを堪能することができました。今日の夕食はサンタさんからいただいたエネルギーをもとに、私がサンタさんをしなくてはなりませんが・・・。

 さて、世間では相変わらず暖冬にも関わらずお寒いニュースが多いですね。天下の東芝は大規模なリストラ発表、中国では建設工事から発生した残土の山が土砂崩れして多数の方が行方不明に、日本でも、犠牲者こそ出なかったものの、またトンネルの天井が崩落したようですね。クリスマスだというのになかなかサンタさんはやってきてくれないようです。

 皮肉なことに、誰のもとにもサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるように頑張れば頑張るほど、サンタさんは遠ざかってしまうような気がします。枕元に置いてあった1000円もしない凧を見て、満面の笑顔を見せてくれた子供も、やがて知恵をつけ、サンタさんを交渉の道具に使う立派なネゴシエーターに成長してしまいます。そうなると親もサンタを卒業し、商社の購買担当者へとランクアップ。さらに時を経ると「贈り物」の概念が金銭的価値へと変遷を遂げ、今度は金融機関の融資担当者へと格上げです。このあたりで、凧をもらった時が一番嬉しかったと気づくことができる子にはきっとずっとサンタさんが来てくれるでしょうが、そうでない子にはおそらくサンタさんはやがて来なくなると思います。

 はたしてうちはどうだろうか、自分自身はどうだろうか、「子供の貧困」と叫ばれている現代の子供らはどうだろうか・・・。ポカポカ陽気の中、快適な後部座席でゆっくりと音楽を聴きながら考え事をする時間を与えてくれたサンタさんに感謝です。皆様のもとにもサンタさんがやってきますように。メリークリスマス。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/12/24 14:26 ] その他 | TB(0) | CM(2)

豊作貧乏! 

151202a.jpg
(ダイコン、大豊作)

 このところニュース等でも報道されている通り、過去最大級のエルニーニョ現象により季節外れの温暖な日が続いています。おかげで畑の野菜はどんどん成長し、収穫時期は軒並み前倒し。日本全国ほとんどの地域でこの傾向となっているようで、農家の方々はみな豊作貧乏状態になっているようです。ほんのちょっと前まで「野菜が空前の高値となっている」なんて報道されていたのが信じられないですね。大規模農家の中には、ダイコンなどを廃棄処分して出荷調整しているところもあるようです。

 うちも他の農家の方々と同様、珍しくほとんどの作物がとてもよくできており、大量に収穫して袋詰めし、タダの隣りのような安値で出荷しています。うちは栽培技術が未熟なので今まであまり「豊作貧乏」状態を体験したことがありませんでしたが(うちはいつも「不作貧乏」)、うちでさえ豊作となるのですから技術が伴った農家の方々の「豊作貧乏」度合はとてつもないものでしょうね。

 さて、昨今偉い方々は農業を成長分野に、とか、輸出ができるような大規模化を、とかいろいろとおっしゃっています。いろいろとおっしゃっている方々はきっと農業をしたことがない方々だと思います。数少ない成功事例を大々的に報道して、「さあ、若いやる気のある君、魅力ある農業で存分に力を発揮して稼いでみないか!」といった類の話をよく耳にしますが、あれは真に受けていいものなのでしょうかね。

 個人的には、農業に魅力があることは否定しませんが、稼ごうと思っているのなら農業はやらないほうがいいと思います。今の世の中、農業よりもリスクが低くて効率よく稼げる仕事はたくさんありますからね。逆に言うと、農業で稼げるような方はどんな仕事をしても稼げる方ですので、他で行き詰ったから農業で、という考えの方はまず間違いなく稼げないと思います。

 私自身、ある小さな事務所を経営しており、収入のメインは農業ではなくそちらの仕事のほうです。やがては農業だけでやっていきたいとは考えていますが、なかなか難しいものですね。管理できないほどの自分の農地があり、倉庫も農機具も作業場もすべて揃っていてもこの状態ですから、若者が見ず知らずの地域で農地を借りて農業を始めるなんて、ほとんど自殺行為のような気がします。農業に興味を持つ若者が増えることは大歓迎ですが、「農業でバリバリ稼ぐ!」なんてことは考えないほうがいいような気がします。

 農家の平均年齢がどんどん上昇しているなか、後継者不足を心配して若者を農業へ振り向かせようと一生懸命なのはわかりますが、そのような状態になったのはそれなりの理由があってのことだと思います。偉い学者先生が農業の可能性について数少ない成功事例をもとにもっともらしく解説されている番組をよく拝見しますが、そのような学者先生はまずご自分では農業をされません。また、農業に携わっていて、現在何とか食べていくことができているような方は、自身のノウハウを他人には言いません。農業って本当に難しいんですよね。

 農業の魅力とは、実際に農業をしてみて初めて感じるものであり、その内容は人それぞれに異なると思います。場合によっては何も魅力を感じないまま、苦痛を味わうだけで挫折するケースも多々あると思います。いや、苦痛を味わうだけならまだましで、いわゆる「専門家」のおっしゃることを真に受けてハウス等の投資をしてしまい、魅力を感じることなく借金を抱えてしまうことすらあります。農業を成長産業にするなんてことをまるで合言葉のように偉い皆さんはおっしゃっていますが、おそらくとてつもなく困難な道だと思います。

 私は農業が好きで、魅力も感じています。バリバリ稼げるとは思っていませんし、また稼ごうとも思っていません。しかし体が動く限りどんな高齢になっても続けようと思っています。もしこれから就農をお考えの方がおられるなら、くれぐれも昨今の偉い方々の言うことは真に受けず、冷静にご自分の状況を分析したうえで、ご自分なりの取り組み方をしてくださいね。取り組み方を間違えなければきっと素晴らしい農業の魅力を感じることができると思います。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/12/02 18:31 ] その他 | TB(0) | CM(6)

電気タウンカーという乗り物 





 2020年の東京オリンピックが開催される頃には自動運転のクルマがごく普通に街中を走っている時代になるようですが、個人的にはそんな薄気味悪い光景よりも、都市の交通手段としてもっと超小型モビリティと呼ばれていたものが普及する光景を期待していました。しかしながら、一国の総理が自動運転車が走り回っている社会の実現を表明した以上、その方向へ進んで行ってしまうんでしょうね。

 モーターショーが開催される度に各メーカーから超小型モビリティと呼ばれるEV等が発表されてきましたが、残念ながらかつてどれ一つとして普及に至ったものはありません。最近ではトヨタ車体のコムスが販売されましたが、私はいまだにコムスが街中を走っている姿を一度も見たことがありません。現実問題として、価格が高すぎるんでしょうね。コムスの場合、ほぼ軽トラと同額です。いくらコンセプトが素晴らしいとはいえ、私なら絶対にコムスではなく軽トラを選びます。

 さて、そんな中で、少し気になる存在を見つけました。モービルジャパンという仙台の会社が開発、販売している電気タウンカーというもの、これ、面白そうですね。もう数年前から販売を開始しているようですのでご存知の方も多いと思いますが、私自身、つい最近までその存在を知りませんでした。この手の乗り物は中国製の怪しげなものがそのまま低価格で輸入販売されているのが相場と思っていましたが、この会社のものは、製造こそ中国ですがあくまでメーカーとして電気タウンカーを開発販売しているようです。実際の完成度はどんな具合なんでしょうね。実物を一度見てみたいと思っています。

 何種類か電動トライクのラインナップが揃えられていますが、その中でひときわ興味をそそられたのが、ETC-1/ETC-2という三輪の小型トラックです。昔のオート三輪を思わせるスタイル、1度の充電で60㎞走ることができ、積載重量は200㎏、それでいて価格は29万円とのこと。HPで公開されている動画を見る限りしっかりしていそうな車体に見えますが、実物はどんな感じなんでしょうね。ミニカー扱いで軽自動車税や自賠責保険は必要ですが、車検がないのは当然として、任意保険もファミリーバイク特約で済むらしく、貧乏人の私にはとても魅力的です。まだ東海地区には数店しか販売代理店がないようなので、実物を見られないのがとても残念です。

 中国ではこのような鉛蓄電池を使った安価な電気自動車がとても普及しているようですが、日本の大メーカーが開発する小型モビリティはどうしてもリチウム電池を使った高価なものになってしまうんですよね。完成度や信頼性はもちろん比較にならないでしょうが、同様に価格も比較にならないので小型モビリティのメリットがかすんでしまっています。大手には最先端の自動運転車を実用化することに注力してもらうとして、ぜひ中小ベンチャー企業にはこの手の安価な小型モビリティ市場を盛り上げていってほしいと思っています。誰もが自動運転車を望んでいるわけではありませんからね。

モービルジャパン ETC-1
全長×全幅×全高 : 250×87×123cm
荷台 : 113×78×66cm
重量 : 186㎏
積載重量 : 200㎏


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/10/05 06:55 ] その他 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。