旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサーセレステ(A72/73/77型) 

121223a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1975年に三菱から発売されたランサーセレステ(A72/73/77型)です。ギャランクーペFTOの後継という位置付けで世に出されましたが、翌年発売された兄貴分であるギャランΛ(ギャランGTOの後継)と比べるとなんとなく中途半端な感じが否めない存在でしたね。

 さて、このランサーセレステ、今改めて見てみると性能よりもスタイルを重視した「ハイ・パーソナルカー」というコンセプトも含めてなかなか魅力的なクルマに見えるのですが、当時はこの発音しにくい「セレステ」という車名の影響もあってか、個人的にはセリカLBのまがい物のようなイメージを抱いていました。

 ちなみにトヨタ・セリカを始めとするこの手のスペシャリティークーペというのは各社「カッコいいクルマで彼女とドライブ」というシーンを想定しているのですが、ランサーセレステのテレビCMは他社と差別化を図るためなのか、なぜか「男同士セレステ」がキャッチフレーズだったんです。まあ硬派といえば硬派なのかもしれませんが、スペシャリティカーのCMに「男同士」というのはちょっと似合いませんね。

 「男同士セレステ」のCMを久しぶりに見てふと思ったのですが、そういえば三菱車って「男同士」のシーンが連想されるクルマが多いですね。例えばスタリオン、映画「キャノンボール2」でジャッキー・チェンさんと大男の俳優さんが二人で乗っていましたね。それからランエボやパジェロ、言うまでもなくラリーで活躍しているクルマはドライバーとナビゲーターが乗っています。「男同士」、これはある意味で三菱のイメージなんでしょうね。

 そんな三菱、最近またリコール問題でゴチャゴチャやっているみたいですね。このカタログの表紙には「セレステは青空、晴れた日には未来が見える」という素晴らしいフレーズが書かれています。くれぐれも「三菱といえば隠蔽体質」なんてイメージが付いてしまわないように、「晴れた日には未来が見える」三菱自動車になってほしいものですね。

ランサーセレステ・1600GL(A73型)
全長×全幅×全高 : 4115×1610×1340mm
ホイールベース : 2340mm
車両重量 : 895kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2012/12/23 12:21 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(20)

旧車・三菱・ランサーEX(A172/174/175A型) 

111222a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年に三菱から発売されたランサーEX(A172/174/175A型)です。初代ランサーの丸みを帯びたスタイルから一変して直線基調のスタイルとなり、一回り大きくなってEX(EXCEED)というサブネームとともに登場しました。「EXCEED」とは「超える」という意味ですが、三菱車には過去も現在も、EXCEEDというグレードがいろいろな車種に設定されていますね。きっと三菱が好きな言葉なんでしょうね。

 さて、この2代目ランサーEX、後に追加されることとなる1800ターボエンジンモデルが走り屋の間で『ランタボ』として人気となる一方、一般グレードのランサーEXはFF版のランサーフィオーレ登場によってその存在が中途半端となっていましたね。ランサーEXと聞くとターボモデルだけが思い浮かぶのは、エボ以外のランサーがいまいち存在感が薄かった後のランサーと同様ですね。「超える」が好きな三菱も、なかなか過去の悪しきパターンを「超える」ことは出来なかったようです。現在、“ランサー”はエボリューションしかありません。まあ、ある意味ではやっと「超えた」のかもしれませんね。

 当時、ランタボをコテコテにいじって草レースを楽しんでいた友人がいました。給料はほとんどタイヤやガソリン代、パーツ代に消えていたそうです。同じクルマ好きといってもちょっと私とは方向性が違っていた方なので一緒に走りに行くということはありませんでしたが・・・。

 数年前、遠出の折に久しぶりに彼と会いました。お互いもう若くはないのですが、相変わらず今もコテコテのランエボで草レースをしているのかを尋ねたところ、「あっ、もうクルマはやめた」とのこと。当時の熱の入れようをよく知っていたので彼の口からその言葉を聞いたときにはとてもびっくりしました。

 クルマをやめた彼、なんでも「クルマは金がかかるから自転車にした」とのことでした。彼のご自宅で趣味の自転車を拝見したのですが、これがまた見てびっくり、マウンテンバイクからロードバイクまで高そうなのが何台もありました。フレームやパーツを個別に入手して自分で組み立てているとのこと。「これが40万ぐらい、こっちのはもうちょっとかかったかもしれない・・・」と説明してもらったのですが、人間の性格って変わらないものですね。ちょうどその頃、4万円程で購入したGIANTのマウンテンバイクの高性能さに感激していた私にはまさに未知の世界でした。

 ランサーEXは私の中ではその友人とセットで記憶されています。今、改めてランサーEXのカタログを見てみたら、彼のコテコテのランサーターボしかじっくり見たことがなかった私にはとても新鮮に感じられました。ランサーEXって意外とシンプルで良さそうなクルマですね。

ランサーEX・1800GSR(A175A型)
全長×全幅×全高 : 4225×1620×1385mm
ホイールベース : 2440mm
車両重量 : 985kg
エンジン : 直4OHC 1795cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/22 16:19 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(12)

旧車・三菱・ランサー(A73/A14#型) 

110110a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1973年に三菱から発売された初代ランサー(A73/A14#型)です。1600GSRがサザンクロスラリーやサファリラリーを制したことは有名で、その流れが現在のランエボにつながっていますね。現在ラリーアート製のパーツでコテコテに決めたランエボを街でたまに見かけるように、当時も異様に大きなフォグランプや泥よけを付けたランサーを見かけることがありました。時代が変わっても人間の行動はあまり変わっていませんね。

 さて、この初代ランサー、個人的にはあまりカッコいいクルマだとは思っていませんでした。このカタログは1977年に発行されたもので、初代ランサーとしては最終型にあたります。1973年に登場した初期型ランサーもちょっと時代遅れで平凡なスタイルだなぁと思っていたのですが、マイナーチェンジでフロントグリルやテールランプのデザインが変わるたびに、さらに平凡なスタイルになっていきました。まあ感じ方は人それぞれですから、たまたま三菱の感性と私の感性が異なっていたんでしょうね。
 そういえば2000年に発売されたランサーセディアも、出た当初は結構カッコいいクルマだと思っていたのですが、途中からブーレイ顔になって急にカッコ悪くなりましたね。
 現在ランサーの後継にあたるギャランフォルティスは個人的にとてもカッコいいクルマだと思っています。マイナーチェンジをしてもあまりデザインをいじってほしくないですね。どうも三菱がマイナーチェンジで意匠変更するとカッコ悪くなるケースのほうが多いようですから。

 かつてトヨタ、日産の次の座を争っていた三菱もリコール隠し問題以降、急激にポジションが低下してしまいました。現在のラインナップを見ても寂しい限りですね。生き残りをかけて日産との協力関係を強化するそうですが、いくらラインナップが寂しいからといっても、ティーダやフーガにスリーダイヤを付けて販売するような状況にはなってほしくないですね。
 素晴らしいクルマを造れるメーカーなのですから、何とか今の厳しい時期を乗り切って、この初代ランサーのように良くも悪くも三菱らしいクルマが1台、また1台と増えていって欲しいものです。

ランサー1600GSR(A73型)
全長×全幅×全高 : 3995×1535×1365mm
ホイールベース : 2340mm
車両重量 : 890kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/10 17:53 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(16)

旧車・三菱・デリカ(LO30系) 

100702a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100702a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100702a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100702a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100702a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100702a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年に三菱から発売された2代目デリカ(LO30系)です。乗用ワゴンであるスターワゴンのカタログについては以前ご紹介しましたが、今回は商用タイプのバンとトラックが載っている総合カタログです。現在、乗用ワゴンはデリカD:5として三菱が生産しているものの、バンとトラックについてはマツダ・ボンゴのOEM車となっていますね。
 同時期のタウンエースやバネット等と同様、このデリカも同じ面構えで乗用ワゴン、商用バン、トラックの3タイプが揃っていました。現在乗用ワゴンだけが独立した“ミニバン”として別の車体になっている点も各社同様ですね。

 さて、ちょっと前に何かの記事で働くクルマであるトラックの販売台数が現在は極端に減っているということを書いた記憶があります。立派なマグロを荷台に積んでいるカットが載っているマイティローのページを見て、我ながらトラックの販売台数減少を改めて納得してしまいました。
 このページの下半分には、荷台スペースを説明するために、プロパンガスボンベ、バナナ、ビール瓶、トラクター、洋服箪笥が使われていますね。
 このうち、プロパンガスと洋服箪笥は最近ずいぶん減ったと実感しています。私が住んでいる田舎は都市ガスが来ていない地域なので、以前は私もプロパンガスのお世話になっていました。しかし数年前に自宅を建て替えた折、エコキュートを使ったオール電化にしたので、現在はプロパンガスを使っていません。洋服箪笥にしても、今の住宅ってクローゼットが各部屋についているから箪笥を置く必要がないし、置く場所もないんですよね。一昔前は箪笥をトラックの荷台にたくさん積んで、紅白の幕で覆ってこれ見よがしに新郎の家へ向かう嫁入りトラックをそこらじゅうで見かけたものですが、最近はほとんど見ることがありません。これも時代の流れなんでしょうね。

 この先どんな時代になり、小型トラックを取り巻く環境がどうなるのかはまったく予想も付きませんが、ひとつだけ確かなことは、スターワゴンのページのように、極小ビキニ姿の綺麗なお姉様をモデルとしたカットだけは絶対になくならないでしょうね。“草食系男子”なる言葉が最近よく聞かれますが、私自身、食生活はかなりベジタリアンのほうだとはいえ、このようなビキニの美人は大好きです。国境なきインターネットが発達した現在、ビキニの中身も簡単に見られるようになりましたから、いい時代になったものですね。おっと、デリカとも小型トラックともまったく関係ない話になってしまいました。どうも美しい女体を見ると思考がそちらに集中してしまう悪い癖があるようで・・・。

デリカ・マイティロー・1トン積みロング(LO34P型)
全長×全幅×全高 : 4405×1695×1860mm
ホイールベース : 2350mm
車両重量 : 1070kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 86PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/07/02 16:32 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(2)

旧車・三菱・ギャランΛ(A131/A133型) 

090512b01.jpg

090512b02.jpg

090512b03.jpg

090512b04.jpg

090512b05.jpg

 1976年に三菱から発売されたギャランΛ(A131/A133型)です。同年発売された4ドアセダンのギャランΣの2ドアクーペ版として誕生しました。このカタログは1978年にカープラザ店用として発売されたギャランΛエテルナのものです。
 今見てもカッコいいですが、発売当時に見た印象は、「すげーかっこえー!外車みたい!」でした。当時は現在ほど外国車を見かけませんでしたから、見慣れないカッコいいクルマはすべて「外車みたい!」という感覚でした。
 ちなみにまったく同時期、76年12月にトヨタの3代目マーク?(X30型)が発売されていますから、両者を比較するといかにこのギャランΛが「外車みたい」なのかがわかります。
 すばらしいスタイリングで人気を博したギャランΛでしたが、80年のフルモデルチェンジではほとんどスタイルが変わっていない2代目となりました。「美人は3日で見飽きる」ではないですが、やっぱり多少はスパイスを効かせないと人気が続かないようですね。2代目ギャランΛは後継の地位をスタリオンに譲って消滅してしまいました。
 それにしてもギャランΛ、スタリオン、そしてGTOと続く三菱のスペシャリティーカーの流れは徐々に「外車みたい」度が激しくなっていきましたね。GTOに至ってはアメ車風なのかフェラーリ風なのかポルシェ風なのかまったくわからず、マイナーチェンジを繰り返す度に「痛車」風になっていきました。しかしながら「ブスは3日で見慣れる」ではないですが、最近中古屋でGTOを見ると、一度乗ってみたいなと思ってしまいます。人間、歳を重ねると許容範囲が広くなってしまうのかもしれませんね。

ギャランΛエテルナ2000・スーパーツーリング(A133A型)
全長×全幅×全高 : 4650×1695×1330mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1165kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/12 17:46 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。