旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・フロンテ7-S(SS10/20型) 

091202a01.jpg

091202a02.jpg

091202a03.jpg

091202a04.jpg

091202a05.jpg

 1976年にスズキから発売されたフロンテ7-S(SS10/20型)です。ボディ形状は1973年に発売された4代目フロンテ(LC20型)の流れを汲むものですが、この代のフロンテは軽自動車規格の変更や排ガス規制の影響で、外見、エンジンともにかなりころころ変更されていました。しかしながらコークボトルラインと呼ばれた丸っこいスタイルと、RR駆動方式はずっと維持されていましたね。
 カタログ中の文面には「ワイド」「広い」等の言葉が頻出していますが、1976年の軽規格変更により外寸上限が全長3.2m、全幅1.4mとなり、それぞれ20cm、10cm拡大されました。排気量もそれまで360ccだったものが550ccとなり、大幅なアップ。これだけ変わるとまったく別の車格ですね。ちなみに現在は全長3.4m、全幅1.48m、排気量660ccで、さらに大きくなっています。
 さて、日本独特の規格である軽自動車、確かに昔の軽自動車は小さくて安くてスピードも出ないものがほとんどでしたので自動車税が大幅に安いのも当然のような気がしていました。しかしながら現在の軽自動車でターボエンジンを搭載したものなどは1.5リッタークラスの乗用車よりも高価で、それなりにしっかり走ります。さらにi-MiEV等の電気自動車はターボエンジン搭載車よりもよく走るにもかかわらず、軽自動車税が5年間免除となる自治体も多いようですね。
 自動車産業の黎明期にはとても重要な役割を果たしていた軽自動車でしたが、自動車自体が大きく変化している現在、「軽自動車規格」というものは必要なのでしょうかね?おっと、この話題を続けていくと『社団法人 全国軽自動車協会連合会』に天下る官僚OBの立場が悪くなってしまうからこの辺でやめておきましょう。

フロンテ7-S・4ドア・カスタム(E-SS20型)
全長×全幅×全高 : 3190×1395×1300mm
ホイールベース : 2030mm
車両重量 : 555kg
エンジン : 2サイクル3気筒水冷 539cc 28PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2009/12/02 12:46 ] 1970年代スズキ | TB(0) | CM(2)

旧車・初代スズキ・アルト(HSS30V型) 

090211a01.jpg

090211a02.jpg

090211a03.jpg

090211a04.jpg

 1979年にスズキが発売した初代アルト(HSS30V型)です。昨日ご紹介した日産の初代シーマが高級路線での大ヒット作なら、こちらは低価格路線の大ヒット作です。
 当時スズキはフロンテという軽乗用車を販売していました。そのフロンテを4代目へフルモデルチェンジする際に、4ナンバー登録の姉妹車であるこの「アルト」を発売したのです。現在でも軽自動車では同じ車種で4ナンバーと5ナンバーが同時にラインナップされているものが多いですが、それはこの「フロンテ」「アルト」から始まりました。4ナンバー登録の狙いはもちろん税金対策。低価格をとことん追求するためには、車両価格だけではなく、購入時にかかる全てのコストを考慮しなくてはなりません。こうして生まれたのがいわゆる「軽のボンバン(ボンネット・バン)」というカテゴリーです。
 当時のCMコピーで「アルト、47万円」というフレーズが記憶に残っている方も多いはず。ちなみに30年後の現在、アルトバンの最廉価グレードは62万5千円(税抜)です。車体も排気量も大きくなったことを考えるとほとんど変わっていませんね。
 鈴木社長が昔よくおっしゃっていた言葉に「トヨタさんのクラウン1台分の儲けは、うちでは10台売らないと稼げない」というのがあります。真偽のほどはわかりませんが、もしそうなら、クラウン1台の減産はスズキにとって10台分の減産ということになりますね。しかしながら自動車不況の現在、スズキは販売台数を増やしています。
 軽が売れるから軽を造ればいいとは思いませんが、やみくもに大型化、大排気量化、高価格化を進めてきたメーカーには反省が必要だと思います。

ちょっと参考資料として、
1979年
アルト:47万円、クラウン4ドアハードトップ2800ロイヤルサルーン(最高グレード):280万7千円。
2009年
アルトバン:62万5千円(税抜き)、クラウン3000ロイヤルサルーンG(最高グレード):約500万円(税抜)。

 この比較だけでもちょっとクラウンの値上がり幅が大きいような気がしますね。しかしこの比較を真に受けてはいけません。1979年当時は上記クラウンの上にはセンチュリーしかありませんでした。しかし現在は違います。マジェスタがあり、レクサスLSもあります。ですから実質、79年のロイヤルサルーンの後継としてはLSが相当すると思われます。こうなるともう1000万コースの4.6リッター。ちょっとトヨタの値上がり率と大型化の度合いは激しいような気がしますね。

アルトMX(HSS30V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1335mm
ホイールベース : 2150mm
車両重量 : 545kg
エンジン : 2サイクル3気筒 539cc 28PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/11 09:58 ] 1970年代スズキ | TB(0) | CM(6)

旧車・スズキ・ジムニー55(SJ10型) 

090127b01.jpg

090127b02.jpg

090127b03.jpg

090127b04.jpg

090127b05.jpg

 1976年に発売されたスズキ・ジムニー55(SJ10型)です。スズキ・ジムニーはホープ自動車が1968年に発売した「ホープスター」の製造権をスズキが譲り受け、1970年に軽規格4輪駆動車として発売したものです。その名の通り、ジープを縮小した「ジープミニ」なので走破性には定評があり、軽量な車体ゆえトライアル競技御用達車両となりました。
 このSJ10型ジムニーは360ccから550ccへ軽自動車規格が変更になったことによりモデルチェンジされた車体です。スズキ・ジムニーという車、初代誕生時から現在に至るまでほとんど性格が変わっていない数少ない車のひとつです。660ccとなり安全性の観点から大型化した現在の軽自動車規格の中にあっても軸にブレがありません。それゆえに熱狂的なマニアが多数存在する名車となっています。
 大型車のように有り余るパワーによって車を動かすのではなく、小さなエンジンの限られた出力を最大限に活かしながら、軽量で小回りの利く車体を己が持つ全てのテクニックを駆使して導いていく醍醐味は一度味わったらなかなか忘れられません。
 このような硬派で楽しい車をいつまでも世に出し続けて欲しいと願う今日この頃です。

スズキ・ジムニー55(SJ10F)
全長×全幅×全高 : 3170×1395×1845mm
ホイールベース : 1930mm
車両重量 : 680kg
エンジン : 2スト3気筒 539cc 26PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/01/27 15:12 ] 1970年代スズキ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。